みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナー川嶋美保です。

 

今回は、つみたてNISA特集、“第3回目”、

 

つみたてNISA”と “iDeCoどう違う!?

 

をテーマにお届けしますニコ

 

   ※最近、事務所にやってきた、招き猫ちゃん達♪

 

               

 

“節税+投資”の国の制度、と言えば、

もう1つありましたよね!?

 

そう、昨年から話題になっている“iDeCo

(個人型確定拠出年金)です!

 

実は、iDeCoとNISA、比較をすると、

節税面では、圧倒的に“iDeCoに軍配があがります。

 

NISAは、

 

「利益に対して非課税」というメリットだけですが、

 

“iDeCoはそれに加えて、

 

「掛金に対して所得控除が受けられる」

 

というメリットがあります。

 

例えば、所得税率5%の人が、年間24万円iDeCoに積立すると、

住民税10%合わせて、15%×24万円=36万円の

税金が戻ります。

 

つまり、24万円の積み立てで、毎年3.6万円もの税金がもどる!

 

さらに、税率が高い方は還付がもっと多くなります。。

例えば所得税率20%の方なら、住民税と合わせて、

7.2万円の還付です!

 

しかも、これらは、60歳まで毎年です!!

 

スゴイと思いませんかニコニコビックリマークはてなマーク

 

ただし“iDeCoの最大の注意点は、

60歳まで引出しが出来ないということ!!

(途中の積立のストップはOKです)

 

ですから、“iDeCoで積み立てるお金は、

主に老後資金だという事を踏まえて資金を配分しましょう。

 

これに対して、つみたてNISA

いつでも積立ストップも資金の引き出しもできるので、

気軽な気持ちで始めることができますね。

 

投資信託のラインナップも国の基準にクリアした商品

(現行114本)なので初心者が安心して選びやすいはず。

1000円程度からスタートできるのも魅力です!

 

つまり、まとめますと、

 

☆節税面は最強!60歳以降のお金は断然“iDeCo

 

☆節税面では中程度。でも、60歳までの

様々な使用目的に使えるのが、“つみたてNISA

 

となります。

 

どちらの制度を選んだらよい?ではなく

ぜひ、両方の制度をうまく活用して頂きたいですねニコドキドキ

 

これから投資するお金は、

いつ、いくら、どのような目的で使いたいのかを明確にして、

どの制度に、いくらずつ配分するのかを考えていきましょう!!

 

その為にも、ライフプランを考えることが大切ですね!

 

ライフプランについては、たくさんお伝えしたい事があるので、

また改めて書いていきます。

 

次回は、投資によってお金はどのくらい増えるのか?について

書いてみたいと思いますショボーン

 

どうぞお楽しみに(^^)/チョキ

 

☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…
夢を叶えるためのマネー設計術をお伝えします!

女性FP事務所

株式会社ワイズチョイス

ライフマネーコンサルタント

川 嶋 美 保
HP:http://www.wisechoice.jp/index.html

☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…

 

こちらのブログも、ぜひご覧ください♪

女性起業家にもおススメ☆

【次世代を担う経営者・起業家のための

知っておきたい「経営」と「お金」のお話】

https://ameblo.jp/wisechoice2

☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…

 

3つのメリット(節税・社保料削減・ふやす)の

「選択制」401Kを活用して、福井の中小企業の

皆さまの“じぶん年金”づくりを支援しています!

 

 『ふくい401Kプロジェクト』

 https://www.facebook.com/fukui401k

☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…☆☆…
 

 

 

AD