お散歩に持って行くもの

さて、お散歩に出かけるようになったら
当たり前ですが、ウンチ袋を持ち歩きます

室内で排泄を覚えさせても生理現象は仕方ありません


ココで持ち物です

●ウンチ袋
●トイレットペーパー(ティッシュペーパー
●ペットボトルに水を入れたもの(お酢が少し入っているとイイかも


この3つは重要です

ここ数年でオシッコをさせたらペットボトルの水で流す

これが主流になってきています
ウチは田舎だからイイよ・・・とかは言わないで下さいね

全く持って民家の無い場所なら・・・とは思いますが
家が何処かにはあるはず

家の前で万が一、オシッコしてしまったら?
家の壁にオシッコしてしまったら?

迷惑なんですよ。犬を飼っていても、犬を嫌いな人からしても
そして、ウンチがゆるかったりした場合にもお水があると流せるので便利


道に落ちてしまったウンチを取る時に、ゆるかったら
道にはウンチが残ってしまいます

そこでティッシュペーパーなどで拭いて、汚れをとるのですが
ティッシュだけじゃ取り切れません
なので、水で流しておけば誰かが踏んでも、すっごく嫌な思いはさせないです


あとは、たまに外で吐いてしまう仔もいると思います
道端で吐いちゃってそのまま・・・ってのも失礼ですよね
なので、水でサっと流す


我が家はペットボトルに水を入れて持ち歩いてたのですが
最近になって、食器洗い用の洗剤容器の空に、水を入れてます

容器のタイプは押すとチューーーーーーーーーーって洗剤が出るタイプ
母上から貰いました

チューーーーっと出るので水圧があるのですっごく便利!!




ウンチをよく土に埋める方もいますが
糞は土に返るまでに、相当な時間が掛かります
まずは深さ30cmはなきゃイケません

雨などが降ったら、浅く埋めた物は出てきてしまいます


土に返るまでに雑菌の固まりになりながら、土の中の微生物によって

糞をバラバラにしてくれます


よく道端で、そのまま放置されて乾いた糞ってありますよね
アレは雑菌の固まりです
自分の家の犬が近づかないように気を付けてください!!


人間にも良くないのですが、一番危険な状態なのが
乾いている糞が一番危険です
雑菌の中には、犬にとって病原体となる事があります


7種~8種混合の予防接種をしていても人間と同じで
犬にも体調のリズムがあります
少しリズムを狂わしていたら、あっと言う間に、病気にかかります


これは調べれば、多く出てきますので、自分で調べて
どんな病気になるか、なぜ危険なのかを知って下さい


ココで書けばイイのかもしれませんが
調べるって事も、自分への勉強でイイと思います
私も相当ネットで調べて、何で埋めちゃイケナイのか
何で乾いた糞が危険なのかなど勉強しました





持ち物は3点上げましたが、公園などで一服する愛煙家の方は
ちゃ~んと携帯灰皿は持ち歩きましょう

写真を撮るのが好きな方はカメラを持って歩きましょう♪

手で持つのが不便と感じたら1000円ぐらいのショルダーバックを買って
その中に入れて持ち歩けば、ペットボトルの水だって
そんなに重くは感じませんよ♪


ペタしてね







ちょいと、ポチっとな♪してくれると嬉しい広告





パワーストーンのアクセサリー販売中♪
お買い求めはコチラいから
       ↓



ランキング参加ちぅ(・∀・)ゞ        
    ↓      
天然石  


お散歩デビュー

お散歩デビューする前にトイレの躾けをやりましたよね
さて、コレがポイント!!



散歩に行く前に排泄を済ませてからお散歩に行きましょう


お散歩=排泄ではないのです


あくまでも、散歩は散歩


散歩に行く時間に近くなったらトイレに誘導して排泄をさせます
上級者になれば、お出かけした先で駐車場でトイレシートを敷いて
コマンドを入れて排泄させる方もいます




楽しいお散歩ですが、この頃には信頼関係は築かれ始めています
なので「ヒールポジション」を教えましょう


ガンガン引っ張って、好きなように歩かせてあげればイイじゃん!!


・・・と思う方も多いと思いますが
飼い主の前を歩かせる事によって、今まで苦労して覚えさせて来た事が
水の泡になる確率も高く出てきます



自分よりも後ろに歩く飼い主=自分が散歩をさせてやっている


そう思われても仕方ない事になります
また、メス犬とオス犬の違いもあると思うのですが
特にオス犬を飼っている方は、少し慎重になってもイイかと思うのです


女の子の方が躾けも入りやすかったり
テリトリーの主張が出にくかったり(中には主張する気が強い仔もいます)
違いが凄く大きく出てくるので、ココではオス犬に対しての散歩目線ですが
メス犬に覚えさせれば、もっと楽にお散歩が出来ます




まずはリードですが、伸びるリードはやめましょう
アレはお散歩の道具ではなく、広場で走らせるための道具で開発されている物です
なのに、超小型犬などの流行でフレシキリード(伸びるリード)が流行りました

大人しい仔、言う事を聞く仔、飼い主が性格を分かった時点で使う分には
問題ないとは思いますが子犬のうちは、まずは普通のリードでお散歩させます



この時に、嬉しくてガンガン引っ張って、アッチコッチとフラフラ
時には拾い食いなどもしたり、葉っぱを追いかけてしまったり
飛んできたゴミを追いかけたり、自転車を追いかけたり、吠えたり・・・


きりが無いので、ソレらを抑えるために「ヒールポジション」を教えます


引っ張って歩き出したら、向きをクルっと変えて逆方向を歩きます
犬は当然ながら嫌がります

ですが「来い」を教えながら歩きましょう

オヤツなどを使っての誘導を必要とする仔もいるので、オヤツ大好きな仔には
オヤツで誘導して、来れたら褒めてオヤツ


また歩き出して、引っ張ったらクルっと反対を向いて歩き出す



コレを何度も繰り返します



歩いている最中にガンガン引っ張るようでしたらコマンドを入れながら
自分の横に引っ張って歩かせます

我が家のコマンドは「後へ」です

「後へ」と言うと2匹とも、ちゃんと横を歩きます
銀次郎の場合は横で歩くと歩調が分からないと勝手に判断して
「後へ」のコマンドを入れるとスっと私の後ろに回り
足を見ながら歩きます

なのでリードも少したるんだ状態で、ピタっと急に止まっても
同時に止まります


このヒールポジションの良い所は

●飼い主を見ながら歩かせる
●他の吠える犬に喧嘩を売らないでスルーして一緒に歩ける
●他の躾けにも繋がる
●カッコイイ(笑



これもまた、そう簡単には行かない仔も多くいます
そして、犬は毎日が躾けなんです
大人になっても躾けの中で生きています
でも、その躾けが信頼関係ともなります


ちなみに我が家では、まめ太郎ともも太郎はジェントルリードという物を使いました
マズル(口)にもリードの一部が掛かるようになるリードで
引っ張ると、顔をクイっと上げるようになるので下を向いて
何か落ちてないかと探るのを防止する事もできますし
ガンガン前へと歩こうとすれば、顔が後ろに回ってしまうので自分で気が付くようになります


ただ、マズルにリードを掛けるので「噛むんですか?」と聞かれる事も多いですし
「可愛そうに」と言われる事も多かったですが
好き勝手に歩かせて、犬に喧嘩売って、飼い主の言うことは聞かない
躾けもまともに出来てない・・・そんな犬にはなって欲しくない
そう思ったので何を言われようが、お構い無しで半年間、着用しておりました

普通のリードでも良いと思いますが、出来ればハーフチョクと言う物を使うとイイかもです
半分が布で半分がチェーンになっているヤツです
首がクっとしまるので、苦しいと思ったら自分から引っ張るのをやめる仔もいます

ただ、首から抜けないように、ちゃんとサイズと首輪の調整はしてください
指が一本でも入ればOKな代物です




横に並んで歩き、前に出たら引っ張る
この時に「後へ」と言いながら半年ぐらいやると、殆どの犬は出来るはず
出来ないのは、やり方が甘いか家での躾けも入っていないからとか
色々と抱える物が出てきます


子供は親の鏡
犬は飼い主の鏡



そう言われて私は躾けを入れ始めました
自分がダラしないと犬もダラしなくなるんだ



我が家の犬はコレでもかってぐらいやったのですが
躾けを教えてくれた方によると今では甘い点数をつけてくれますが
過去は、こんなに入っているのに?って思うのに
50点も貰えませんでした(´・ω・`)





ちょいと、ポチっとな♪してくれると嬉しい広告





パワーストーンのアクセサリー販売中♪
お買い求めはコチラいから
       ↓



ランキング参加ちぅ(・∀・)ゞ        
    ↓      
天然石