GOWINS01

楽しく春 設備のご案内

NEW !
テーマ:

今日、5月27日は
サッカー選手の柳沢 敦さんのお誕生日

どんな方なのでしょう?


三浦知良を尊敬する。
幼稚園児だった1983年10月、その年富山県で開催された第7回全国育樹祭開会式に出席していた
皇太子明仁親王・同妃美智子(現在の天皇・皇后両陛下)の前で他の園児たちとお遊戯を披露する。
子どもたちは美智子妃を「近くにお見せしたいものがある」と誘い、美智子妃は子どもたちと手をつないで走り出し、
柳沢も美智子妃のすぐ後ろを走った(その瞬間の報道写真が現在も残っている)。
それから18年たった2002年、日本代表対スウェーデンの親善試合を天皇・皇后両陛下が観覧した際、
選手ひとりひとりに声がけをした際、柳沢は皇后に「昔、富山に来られたときのことをご記憶でございますか」と尋ねた。
皇后はすぐに思い出され、柳沢が「そのときにお遊戯をしました」と明かしたところ、大変驚かれたという。
日韓W杯を前にした2002年4月29日のスロバキア戦で、「柳沢の右足でのセンタリングが恐ろしいほど正確だ」として、
トルシエが柳沢を右ウイングバックに置くプランを実行がある。
しかし実践ではこのテストマッチ1試合だけにとどまり、アイディア倒れに終わった。
ドイツW杯2戦目の対クロアチア戦では加地亮のシュートがフリーの位置に詰めていた自身に来たものの、
セオリー通りのインサイドでなく難易度の高いアウトサイドを選択し決定機を逃してしまった。
集中力を欠いたパフォーマンスと受け取られ、世界各国から批判される。
ジーコも柳沢を批判している。
これは、試合後の「急にボールが来たので」とのコメントとあいまって、
それまでの代表におけるパフォーマンスの象徴とみなされている。
この発言はQBKとの略称が生まれるほどの反響を呼び、同年の現代用語の基礎知識2007年版にも掲載された。
なお、帰国後のインタビューにおいて、「加地がシュートを打つ体勢だったから、打つと思ってキーパーに
つめていこうという意識だったんですけど、シュートが急にこっちに来て、足を出して・・・。
うん、予測できてなかったと言えばそうだった。
ああいうのに反応できてこそとは思うし、やっぱり決めるべきチャンスだったと思いますね」と弁明している。
また2001年11月7日に行われたキリンチャレンジカップ・イタリア戦で稲本潤一からのパスを
アウトサイドからのボレーシュートで先制した記憶が、あの場面でのアウトサイド選択につながったと
中山雅史が柳沢の引退セレモニー(2015年7月5日。引退試合と同日)で明かしている。

2011年にベガルタ仙台へ移籍し、直後に東日本大震災に遭う。
クラブの活動再開の目途が立たない中、市役所に電話をかけ自らボランティア登録をし、ボランティア活動に参加。
リハビリ中も継続してボランティア活動を行った。
震災を経て「僕が仙台を選んだのではなく、仙台が僕を選んでくれた」と考えるようになったと語った。


今はベガルタ仙台で活躍中のようですね
これからも応援して行きたいと思います

今日は金曜日!いよいよ週末ですね!
ご予定決まりましたか?
さて、お休み前に、もうひと踏ん張り、頑張りましょう!!
それでは今日も一日

あそびつくそう!

 

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。