1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-03-05 10:24:49

ブログを引っ越します。

テーマ:ブログ

ohkoshi chocolate


いつもお越しいただきありがとうございます。

新しくブログを始めることにしました。

アメブロは楽しくて何も不満は無いのですが、
知人にご提案頂いたサイトがかなり自由にできて面白かったのです。

今まで、拙いブログをお読みいただきコメントやペタなど下さったことを
心より感謝致します。
これまで続けて来れたのは、皆様の楽しく優しい声援のおかげです。
本当にありがとうございました。
とても楽しかったです。

こちらのアメブロのアカウントは残して置きますので、これからも
時折皆様のところへは遊びに伺いますね。笑

もし新しいサイトにもお越しいただけましたら嬉しいです。
新しいサイトは文章メインのページと写真メインのページに分かれています。
トップページ
文章ページ
写真ページ
宜しくお願いします。

新しいサイトはWordPressを使用した、かなり自由度の高いものです。
記事の投稿も快適です。
ホームページのように使うことも出来ます。
作成して頂いたのは、BIGBALOONDESIGNの青根一誠さんです。
新しくサイトを作成したいとお考えの方がもしいらっしゃいましたら、彼をオススメします。
熱い男ですので。笑
Facebook プロフィール
Twitter アカウント


ohkoshi chocolate

くどいですが、本当に今までありがとうございました。
友達の少ないぼくですが(笑)、寂しくなかったです。
というか、これからも宜しければ仲良くしてください。
ぼくのFacebookとTwitterのアカウントもリンクしておきますね。
Facebook
Twitter

またどこかでお会いしましょう。
ありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-03-04 10:04:17

ひなまつり

テーマ:音楽
あかりをつけましょ ぼんぼりに
おはなをあげましょ ものはな
ごにんばやしの ふえたいこ
きょうはたのしい ひなまつり

この唄の旋律は哀感がある。
今日は楽しいひな祭りだ、と言ってる割には悲しげだ。

この曲は昭和10年にできたという。
作詞したサトウ八ローが、18歳で亡くなった姉を思って作詞したところから
短調で作られたという説もあるらしい。

ただ古い日本の旋律は、現代の基準・・西洋音楽の浸透した現代からみると
楽しい曲でも哀しく聴こえるかも知れない。
ぼくが子供の頃に音楽の教師から聞いた話では、
日本の楽しい童謡を外国人に唄って聴かせたら
「かなしいかなしい」と言って涙を流したという。

いずれにせよ、雛祭りの曲が陽気な長調でなくてよかったと、
ぼくは思う。
「楽しさ」と「哀しさ」は背中合わせだからいいんだと思う。

ちなみに柏餅より桜餅の方がずっと好きだ。
桜の葉の甘酸っぱさが堪らない。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-03-02 17:07:32

オバチャンたち

テーマ:ブログ
仕事をサボって近くの喫茶店へ。
どうせ午後3時はヒマなのさ。

いつものようにアイスクリームをなめ、
いつものようにコーヒー・・はあまりに不味いので紅茶にした。
いつもレモンもミルクも入れないのだが、
この店は問答無用でレモンの輪切りがついている。

まずレモンを入れずにひとくち。
結構いけるじゃないか。
コーヒーの不味さから推測してた味より
ずっとまともだった。
これなら飲める。

レモンを入れたら却ってバランスを崩すのでは、とも思ったが
(何ごとも経験さ)と呟きながら輪切りを入れた。
かき混ぜるのは面倒くさいので、そのまま入れっぱなしにしておいた。

仄かにレモンの酸味が香って悪くない。

だが、ひとくち飲むごとに次第にレモンの香りは濃くなって来る。
もう取り出した方がいいのだが、レモンをスプーンで掬うのも面倒だし
湿った輪切りを皿の脇に置いておくのも面倒なので
そのまま入れておいた。

タクシーの運ちゃんらしきおっさんが後ろの席にいて、週刊誌を読みながら盛んにタバコを吸っていたが
出ていった。

客がぼく一人になった、と思ったら次の客が入って来た。
60代らしきオバチャンだ。
低い身長が猫背で更に低く見える。
背中が曲がっているというより首の位置が次第に下へ落ちつつあるっぽい。
夕飯の買い物の袋がガサガサうるさかった。

「こんにちは」

常連なのだろう、店のおかみさんと挨拶してから雑談を始めた。

やがてもう一人のオバチャンが来店。

さっきのオバチャンにそっくりだ。
背が低く、猫背で買い物袋をぶら下げて。

二人は待ち合わせしていた様子でも無いのだが、
同じテーブルに腰掛けて雑談を始めた。

きっと、いい時間なんだろうな・・

オバチャンたちは、夕飯の買い物ついでに
この店に寄ってお喋りするのを楽しみにしているんだろうな。

くしゃくしゃでチクチクしそうな髪に、年齢焼けとでも言えそうなくすんだ肌の色。
でも、二人は肌に塗る乳液か何かの話をしていた。

こうぬるとさ。しとっりして、すべすべでさ。

その様子が微妙に微笑ましい感じ。

ああ、何歳になっても女性は女性なのだ。

などと妙に納得しながら店を出た。

喫茶店の前の歩道に立ち、茶色いガラスの店のドアを閉めると
女子高生が一人歩いてきた。

姿勢が良い。
真っ直ぐ前を向き、視線を進行方向から泳がさずに早足で歩いている。
グレーのコートを来ていて制服は見えない。
コートの下から、直ぐににょきにょきと脚が生えていてすらりとしている。

派手にしているワケではないのだが、ちょっと生意気そうな雰囲気だった。
不良的な生意気さではなく、「あたしがこの世の主役」と信じて疑わないような生意気さ。
カワイイ子だったので、きっと男たちの纏わりつくような視線にウンザリしているのだろう。。

おっさんの言うことなど聴く耳は持たないだろう。
世の男は、ほんの一握りの素敵な男性と、残りは不潔で汚れた男ばかりと思ってそうだ。

あのオバチャンたちにも、きっとあんな時期があったことだろうさ。
いや、いまでもそう思ってたり!ということはないのかな???

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-02-28 20:49:27

水滴とクサクサ気分

テーマ:写真
そもそも、ぼくは「コンビニでお昼ごはんを選んでいる」という時点であまり楽しい気分じゃないのだ。
食べた後で笑顔になるようなものは何一つ無いのは分かりきっている。
なのに、コンビニにランチを買いに来ている時点でぼくには妥協と怠慢と悔悟がある。
軽く食べるか、というときに弁当屋では難しいのだ。
何を頼んでも肉や揚げ物がゴロゴロ入っている。
レディス弁当とかヘルシー弁当とか、あまっさえマクロビ弁当とかオーガニック弁当とか、
残念ながらこの地域では需要がないらしい。
いや、そもそも精神的な余裕が無いからコンビニに行くのだ。
ぼくは何かから逃げている。

そんな、はじめから失敗気味なコンビニショッピングで
おっさんが惣菜の棚の前を独占している。
自分が決まるまで、あまり他人に手を伸ばされたくないらしい。
ぼくが横に立っても、少しも譲る気配は無い。

「どけよ」
ぼくは無言の圧力を掛けた。
じわじわとオッサンににじり寄る。
ぼくの方がずっと身体は大きい。

やがてオッサンはそこを立ち去った。
ぼくの立っている方へ行きたいらしかったが、ぼくは1ミリも避けなかった。
そしたら、どん、と奴はぼくの背中に触れながら通り過ぎた。
なんだか不快。
文句つけたくなるのを我慢した。

ああ、「引き寄せ」た。
自分の気分がクサクサしていると、同類を引き寄せる。
普段は、ちっともそんな連中と出会わないのに・・

まあそんな感じで、何か今日はイケてないぜ、オレ・・ってなションボリ気分で帰宅。
奥さんは奥さんで、あれこれとクサクサすることがあったらしい。
また奥さんの友人も同様だったらしい。

ごく身近な3人の例をもって、本日はそういう日だと認定することにした。
きっと日本中の人々が今日はクサクサしているぜ、だから仕方ないよ。
「不機嫌も みんなでなれば 悪くない」
そういう日があってもいい、いやあった方がいい。
「毎月28日は、みんなクサクサしてもいい日です」
ぼくが総理大臣になったら、そう提案しよう。

さて、そんな雨の日の定番で
水滴に濡れたウィンドウ越しの景色を写真に撮ってみた。
少し離れて薄目にして見てみると、何だか絵画のように見える気がして寂しいアート気分。
ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

まあクサクサしてる時の心も、こうして水滴の張り付いたガラスみたいなもんで
このようにデフォルメされて世界が見えているのだろう。
だとしたら、別にクサクサしたっていいと思う。
自覚してればね・・
それで飽きたら、さっとワイパーで視界をクリアにするのさ。

不思議だが、この記事を書き始めたときはクサクサしてたのだが
今はさっぱりしている。

水滴に例えたことで
「何だそれなら拭き取れるじゃん!」と思ったらしい。笑

多分、クサクサを「肯定」したからサッパリしたんだと思う。

だからぼくは人に「ズルい」と言われるのさ。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2011-02-27 23:14:28

とあるビル

テーマ:写真
会社のSさんが「銀行の近くにあるビルがちょっと気になる」と。
少し古そうだとのこと。
まったく心当たりは無かったのだが、先日、銀行へ寄ったついでに付近を見回したら、
すぐに「ああこれか」と気がついた。
今まで何十回と無く前を通ってるのに、何で気付かなかったのだろう・・

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ちょっと中へ入ってみた。

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

確かに古い。
それも中途半端な古さで、まったく注目されることも無さそうな感じ。
多くの人がこの前を通り過ぎるが、気に留める人はいないだろう。

まだ東京のあちこちに、これくらいの古さのビルはぽつんぽつんと残っている。
特に話題となることも無く、ひっそりと役目を終えていくのだろう。

このビルの2階と3階の広めの部屋は空室だった。
「東京R不動産」なら、「レトロなオフィスビル!」などと取り上げてくれそうな佇まい。

古いものを懐かしむ、なんておっさんぽいかも知れないが
それなりの年月を経てきたものって、それだけでぼくは
ちょっぴりリスペクトな気持ちが生まれてしまう。
何か、伝わって来るものがあるような気がしてくる。

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

ohkoshi chocolate

何だろう?
何でか、優しい気持ちになる・・



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。