そらの上には何がある?

中年夫婦のもとにやってきた中年犬 シェルティの「そら」
でも、新しい生活が始まります。


テーマ:
ゴキブリのように平地を這いまわるサイクリストのウィングパパです。

今日は利根川の利根大堰に鮭の俎上を見に行きます。
千葉の銚子から利根川を遡って約130km。鮭って元気ですね。
利根川って言えば、来年、また渋川~銚子230kmやるつもりです。

今日のルートは素直に緑のヘルシーロードを使います。
見沼自然公園からヘルシーロードに入ったらすぐに、

これ、先週の朝日新聞埼玉版に出ていたフナノというワラ塚です。


さらに進むと、この雄鶏も元気ですね、ずっと前から野生化してます。


この辺りもだいぶ紅葉が進んで、用水路の廻りの木々も紅くなってきています。


そして、関東平野に吹く北風が厳しい!
北上するサイクリストの行く手を阻みます。

2時間余りでやっと行田のサイクリングセンター。
この裏の利根川堤外が堰になっていて魚の俎上が見学できます。
俎上見学前に少し休憩。

ここの名物猫兄弟は日向ぼっこです。
そんなに睨まないで 
(´・ω・`)


鮭を見に行ったら、いません。
しばらく魚道の上から見たり
近の観察室から見たり
でも、一匹も見られませんでした。



まあ、自然が相手の事だから仕方ありません。
さあ、どっち行こうか。


ここで、先日、facebookで松浦亜弥の渡良瀬橋(もちろん森高千里のカバー
)の話しが出ていたのを思い出して、久しぶりに栃木県足利の渡良瀬橋見学に行く事にしました。

出来るだけ楽をしようと赤岩の渡船に、

バス停の黄色い旗を揚げると、対岸(群馬県側)から渡し船がやってきます。



客は、私一人。
(無料だから乗客でもないわな)
乗せてもらって係員とおしゃべり
向かい風がきつくって乗せてもらいます。
ほんとの自転車乗りだったらこんな向かい風に向かっていくよな。
すみません。 おっしゃる通りです。
ほんと、そう思うわ。
なんて責められました。 
(^▽^;)

船から降りたら、そこは群馬県です。



でも、目標は群馬県ではなくその先の栃木県。
向かい風を走って行きましょう。


ヒーコラ走って渡良瀬川に到着。
渡良瀬橋に向かう所に森高の渡良瀬橋の歌碑があります。


ここでボタンを押すと、一曲丸ごと聴く事ができます。



橋から街中に入って西に進むと、
床屋の角にポツンと有る公衆電話ボックスです。

ある意味、日本で一番有名な電話ボックス。

信号を渡って対面から写真撮ってると、床屋のご主人が店内から手招きしてる。
お話すると、

窓に森高千里のサイン
足利観光協会のパンフレットをいただいて(電話ボックス内に置いてます)
少しお話しました。

渡良瀬橋はど真ん中の年代なので。
そう言って、今でも時々観光客が来られます。
いやあ、あの歌のおかげでお店も繁盛でしょう。(いやらしい言い方でした)
そうですね、それでわざわざ来られるお客さんもいます。

八雲神社って、火事で燃えちゃったんですよね。
そうです。これから行かれるんでしたらあの赤い自販機の向こうの道を曲がって最初に見える鳥居の所です。
この床屋さん、すっごく親切!


八雲神社、火事になって、新しい社が作られています。
以前のような風格のある神社になるまでまた何十年もかかるんでしょうね。


お参りして、渡良瀬橋近くのお蕎麦屋さんへ。
ここは、前回着た時に入ろうと思っていたのに場所が分からなくってあきらめた店です。
新そばのシーズンです。 ざる大盛り!
まあ、悪くはなかったかな。


それから渡良瀬橋を渡って(といっても、横の自転車、歩行者の橋)
とても寒くて夕陽の頃まではいられません。



東武足利駅から輪行しようかなと思いましたが、
せっかく埼玉に向かうと追い風で楽なんだからと、もうしばらく走る事にしました。

太田市を経由して埼玉県に入って熊谷駅に到着。
このまま自走したら日が暮れます。ここで輪行します。


さいたま新都心まで電車で一本。
そこから暗くなる前に帰って来ました。

しかし、足利まで行って
足利学校や織姫神社を廻らず森高千里追っかけやって、
いかにも私らしい?


** 今回の記録 **
走行距離 : 105.27km
年間走行距離 :3,513.73km
平均速度 : 21.6km/h
平均ケイデンス : 74rpm
平均心拍数 : ---pm
消費カロリー : 2,600kcal
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ウィングパパさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。