そらの上には何がある?

中年夫婦のもとにやってきた中年犬 シェルティの「そら」
でも、新しい生活が始まります。


テーマ:
一ヶ月前に走ったスズキセンチュリーランですが、
その時は120kmコースでした。
やっぱり160kmコースも経験しておこう。

でも、出発時間が遅れて、川越CRをぐるーっと廻る時間がもったいなくなって、
川越の街中を突っ切ります。
ついでに、車の交通量が多く、サイクリングにはまったくむいていない国道16号線を使って飯能に向かいます。

飯能の町に入る直前でアイス食べて最初の休憩。

このアイス、小豆がハンパネエ。

埼玉県飯能市と東京都青梅市を行ったり来たりしながら
標高は徐々に上がっていきます。
成木街道を進むと、滝成トンネル。


これは短いしまっすぐです。

その後、結構な急坂を登った直後の小沢トンネル。
これは、長いし曲がって先が見えません。
 

この新トンネル開通前の旧トンネルは心霊スポットとか...
そちらには行きません (キッパリ)

スズパセンチュリーのチェックポイントの名栗湖、さわらびの湯はそのまま通過して先に進みます。

キャンプ場との分岐点。
 

ここから山伏峠への本格的な登りです。
き、きつい........

呼吸を整えます。
ふ----、はっはっ。ふ----、はっはっ。
心拍数をあまり上げないように。
山伏峠到着の瞬間に足、攣っちゃいました。

 
だいぶ落ち着いてからの写真

反対から登ってきた川越のサイクリストに、
「正丸峠は、あと2kmほど、標高差も50m程で、右に5回ほど曲がれば着くよ」
と教えていただいて、じゃあ、行くか!という気持ちになりました。
(お話しなければここで引き返していたかも)

お話の通り、すぐに正丸峠に到着。
ここは数年前に吾野側から登って、茶屋で食事して引き返した事があります。
これでこのルートがつながった。
 
 
戻って、再度の山伏峠から名栗湖の手前までは快適な下りです。

しかし、ここから左折して原市場名栗林道で竹寺方面に向かいます。
このコース、完全にマゾコースです。
脚はとっくに売り切れて回りません。
仁田山峠の手前で1回休憩して、アップダウンの繰り返しを進みます。

人にも自転車にも車にも会いません。
ところが、突然 日本猿の集団。20匹以上は居たのではないでしょうか。
道路で集団になったりガードレールの乗っかったり。
写真撮る余裕はありません。
背中の補給食取られないかな、襲われないかな。
犬は好きでも、猿に近寄られたら、ちょっと怖い。
降りの道でよかった。 登りだったら引き返していたかも....

やっと人家が見えて村に入って、広い道に出たと思ったら
今度は山王峠です。

もう、峠はいいや。

やっと東飯能駅まで降りてきて、コンビニで今日2個目のアイスは
ガリガリ君キウイ味。
 



ああ、平地を快調に走って帰るぞ!
でも、脚はなかなか回ってくれません。
できるだけ往路と同じ近道で帰ります。

さいたま市に入ったところの山田うどん指扇店で
うどんとそばの合盛り(2玉)食べて
 
なんとか暗くなる前に家に着きました。

結果、
私にはこの160kmコース、無理です。
次回のスズパセンチュリーに参加する事があっても120kmで十分です。




** 記録(CATEYE V3データ) **
走行距離:145.10km
年間走行距離:1,558.76km
走行時間:7時間16分
消費カロリー:3,310kcal
平均速度:19.9km
最高速度:59.3km

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ウィングパパさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。