松ヶ岡開墾場 / 2014年秋 しな織の里を訪ねる 庄内の旅 その10 のつづき

鶴岡にある「しな織創芸 石田」 へ目


石田屋さんは元は明治創業の呉服屋さんだそうですが、5代目の故石田誠さんは
しな織のプロデュースに尽力され、しな織の商品開発と普及に努められたのだそうです。

今回のツアーには6代目の石田航平さんがご同行されていらっしゃいました。

関川しな織センターのしな布の展示も素敵でしたが、こちらも素敵~(〃∇〃)ドキドキ

しな布は粗野な布の印象だったのですが…、驚くほど洗練されています。
お土産物屋さんで売っているような民芸品とは一味も二味も違う。

藍や墨で染められたものありました。

しな布の日傘と帯! いつか装ってみたいものです~。

帯には刺し子刺繍がされていました。こんな可愛らしいものもあるのですね!

しな織のタペストリーや衝立て。
需要としてはこちらのほうが大きいのかな…。


石田屋さんの建物も素敵でした。

波ガラスの格子戸としな織の御簾。

しな織の御簾、葦の御簾よりも透け感があり上品な印象。


代々伝わっている、三つ紋付きの黒振袖は桐に鳳凰文様。


趣きある家屋には、しな織の日傘があいます。

この日傘、欲しいです~♪  ←近い将来
麻よりもザックリとした存在感があるので、通年つかえそうです。

石田屋の5代目の奧様と6代目の石田航平さんとカメラ

石田航平さんと高安淳一さんには、たくさん写真を撮っていただきお世話になりました。
心より感謝を!ありがとうございましたm(_ _ )m

「きものカンタービレ♪」のFacebookページ矢印