リアルワインテイスティングメモ

日々の試飲したワインのコメントを掲載

ワインの風味は日々刻々と変化していきます。
ワインの今をリアルにお伝えします。


テーマ:
こんばんは、渡邊です。
 
段々と暑くなり季節も梅雨、そして夏へと進み始めてきましたね。それに伴い配送の梱包もこの時期はなかなか大変で...保冷剤の冷気を長持ちさせるため、エアパッキンを二重巻きにするなど、まるで危険物の梱包のように厳重になっています(笑)。平野弥からワインンが届く際は荷解きがかなり大変な事がありますが、どうかご容赦を...全てはワインの美味しさを保つためなのです...
 
さて、今回は27日(土)におこなったドメーヌ・コルディエの新着試飲会のご報告です。全部で14種類。一部現在庫と同じヴィンテージのワインもありますが、最新の2015年ヴィンテージも入荷致しました。
 

●Macon Aux Bois d'Allier 2015 (マコン・オーボワ・ダリエ)
シトラスやグレープフルーツ、レモンといった黄色い柑橘系のアロマが、弾けるように広がってきます。口に含むと洋ナシや桃の濃密なエキスが口いっぱいに溢れ、果実そのものを食べた様な感覚を覚えます。この後の2015年ヴィンテージに共通することですが、とてもミネラルが強く飲みごたえがあります。
 
●Bourgogne Blanc Jean De La Vigne 2015 (ブルゴーニュ・ブラン・ジャン・ド・ラ・ヴィーニュ)
マコン同様、グレープフルーツの様な柑橘系の香りがありますが、こちらにはさらに白い花を想わせるフローラルな香りがあり、とても品があります。あと、ほんの少しアプリコットのような香りも。例年のように美しい酸はありますが、入荷したてだからか少しなりは潜めていました。しかし、コンディションが整うと大きく化けそうです!ポテンシャルが凄いです。
 
●Vire Clesse en Brechen 2015 (ヴィレ・クレッセ アン・ブレシェン)
柑橘系の香りがレモンの黄色の他にオレンジの香りが混ざっています。さらには白カブの様な根菜のニュアンスも少し、ハーブもありますね。とても複雑な香りです。ミネラルがとても強く、2015年に共通する果実の濃さはありますが、液体に重さは無くとても軽やか。喉を軽やかに流れていきます。
 
●Saint Veran En Faux 2015 (サン・ヴェラン アン・フォー)
石灰そのものの様な硬質なミネラルの香りに、パインの様な濃厚なエキス、そしてオレンジ。香りからの印象は男性的なワインを想像します。口に含むと、香りの要素がそのまま感じることができ、厚みのある力強いワインです。酸は柔らかく、落ち着いてくればエレガンスな部分も出てくると思います。
 
●Macon Milly Lamartine Clos du Four 2014(マコン・ミリー・ラマルティーヌ クロ・デュ・フォー)
コント・ラフォンと共同で借りていた区画で、2013年から一部を買い取りリリースしているキュヴェだそうです。百合のような華やかなフローラルな香りに、フレッシュなオレンジのニュアンス、香り全体に透明感と輝きがあります。酸がとても綺麗で美しく、香りにもあった透明感と繊細さを口の中でも演出してくれます。バランスが非常に良く素晴らしい品格を持った即戦力のワインです。
 
●Pouilly fuisse Vieilles Vingne 2015 (プイィ・フュイッセ ヴィエイユ・ヴィーニュ)
アルコール感が非常に強く、熟れに熟れきったパインや洋梨の香りが全面に出ています。酸は大人しくとてもジューシーな味わいで、カリフォルニアワインに近いでしょうか...この感じが好みの方にはたまらないワインだと思います。
 
●Pouilly fuisse Les Vignes Blanches 2014 (プイィ・フュイッセ ヴィーニュ・ブランシュ)
バニラの花の様な白い花の香り、グレープフルーツ系の柑橘の香りもあり、香りの質はとても柔らかく、まっすぐ鼻に入ってくるのではなく、ゆっくりゆっくりと広がっていくイメージがあります。酸がとても綺麗で、ミネラルと果実のエキスとの調和が楽しめます。美しいワインです。
 
●Pouilly fuisse  Ver Cras  2014 (プイィ・フュイッセ ヴェール・クラ)
ヴィーニュ・ブランシュとは対照的に、こちらはジューシーな香りが特徴。石灰のミネラルに、洋梨とオレンジのエキスと八角のようなスパイスの香り、フローラルな香りもありますがこちらは紫色の花のイメージ、ちょっとミントっぽい清涼感も。味わいもジューシーで、硬質なミネラルにしっかりと支えられた、厚みのある酸と果実味が感じられました。個人的には甲殻類と合わせてみたいです。
 
●Pouilly fuisse  Vers Pouilly  2014 (プイィ・フュイッセ ヴェール・ピュイィ)
こちらの花のイメージはオレンジ色の花の香りが...マリーゴールドの様な香りが心地よく流れていきます。その後にメロンのような瓜系の香りが追っかけてきて、この瞬間に鮎や岩魚が食べたくなりました。清涼感を伴った良い意味での青さがあり、後味にすっきりとした印象を与えてくれます。この14年の3種の違いはどれも個性的で、とても面白かったです。

●Pouilly fuisse Jean Gustave  2013 (プイィ・フュイッセ ジャン・ギュスターヴ)
男性的な力強く硬質なミネラル、その次にはバニラの香り、カリンやリンゴの蜜も後に続き、香りでどんどん引き込まれていきます。2013年ですが、既に腰が据わっているというか、まとまっている印象があり不思議なワインです。今後の経過を見ていきたいです...
 
●Pouilly fuisse Fine Josephine  2013 (プイィ・フュイッセ フィーヌ・ジョセフィーヌ)
女性の名を冠しているだけあり、香りも味わいもとても女性的でエレガントです。花はユリやバニラ、果実は桃、酸はしなやかで美しく、繊細なミネラルが全体を程よく引き締めています。じっくりと向き合ってみたいワインでした。素晴らしい!
 
●Pouilly fuisse Juliette La Grande  2013 (プイィ・フュイッセ ジュリエット・ラ・グランデ)
貴腐付きのシャルドネを使用した、辛口の珍しいワイン。トップにはやはり貴腐由来の花と蜜の混ざった高貴な香りが感じられます。レモンピールとハーブのグラデーション、シャンピニオンニュアンスも奥から感じられます。味わいはフレッシュで、まったりとした甘さは無く、酸とミネラルが程よく脇を支える深みのある味わいです。
 
●Beaujolais Villages Rose Josephine Rose 2015 (ボージョレ・ヴィラージュ・ロゼ ジョセーフィーヌ・ロゼ)
フレッシュなフランボワーズの香りと味わい、ディルのようなハーブのニュアンスもあり、瑞々しくも骨格のあるロゼです。合わせるならば魚ではなく豚肉、シャルキトリーが良いと思います。あとは野菜の旨味も感じられたので、キャロット・ラぺなんかも。
 
●Juliette Louise 2012 (ジュリエット・ルイーズ)
ボージョレ・ヴィラージュ、つまりガメイの赤です。ジャム状にしたブルーベリーやブラックベリーの濃いベリーの香りに、土の香りと、紫色したコスモスのような花のニュアンスも。酸がしっかりとあり、タンニンもガメイとしては豊富。コンディションが整えばもっと深みが出てくると思います。

以上、足早に個々のワインにコメントしていきましたが、全体的に言えば輸入直後ということもありパフォーマンスとしてこれからというワインもありました。
しかし、2015年のワインは総じてミネラル、酸がとても強く、整った時の爆発力は計り知れません。そして、2日目のワインも試飲したら、その時点でかなり味わいが回復していたので整うのはそこまで時間はかからないと思います。
間違いなくビックヴィンテージです。2014年はバランスが良くワインに品格が美しさが表現されているので、今から十分楽しめます。
 
既に店頭で販売しておりますので、気になった方はぜひ試してみてください。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。