1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>
2016-03-03 03:34:03

お客様からの質問②「ワインを飲むと頭が痛くるのは何故?」

Theme: ワイン
「ワイン飲んだら頭が痛くなって、それからワインがなんとなく苦手になりました。何故頭が痛くなるんですか?」

それは二日酔いの症状の一つです。

が、気になる。

体質と言うこともありますが、1本2本一人で飲み干せば、

まあ二日酔いにはなるでしょう。

しかし、話を聞くと、ボトル(750ml)でなくグラスで1,2杯

くらい飲んで、次の日頭痛だったそうです。

ピンときた!。

「どちらでワイン飲んだんですか?」

と尋ねたら

「カラオケボックス」

だそうです。

やはり!

いわゆる「飲み放題ワイン」です。

この手のワインは要注意です。

美味しくワインを飲むには、「温度」「鮮度」が非常に重要です。

飲み放題ワインにはそのような「愛情」は注がれてない。

安くたくさん飲めるからと、たくさんのワインビギナーが

この手の「残念ワイン」からワインというものを体験し、

「マズい!」「シブい!」「酸っぱい!」

のようなマイナスイメージを覚えていくのです。

飲み放題用ワインはいわゆる

『人工ワイン』

です。

自然のメカニズムによって造られたワインとは別物です。

日本で500円以下で販売されているワインは、ほぼ間違いなく

人工ワインと言われています。

先進国でインチキワインが国産ワインの生産量の大半を

占めている状況であるのは、日本だけ!。

関係省庁は速やかに対処すべきです。


AD
いいね!(5)  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-03-02 19:13:42

ソムリエを雇っても売り上げが上がらない理由

Theme: ワイン
ソムリエとは、ワインのエキスパートではなく、

『接待』のエキスパートである。

メニュー作りや、料理、飲み物の配膳、様々な商品の説明は

誰でもできることです。

接待とは、『非日常の演出』です。

レストランなんて非日常の代名詞です。

なのに

営業業務の一員として使っていたら、それはもはやソムリエでなくともよいわけです。

接待のエキスパートとしての能力や、スキルを発揮させない限り、

ソムリエは単なるコストのかかるお荷物になるのです。

蕎麦屋や、焼き鳥屋、大衆バルでワインを扱うのは結構です。

でも、見栄でソムリエをおくはいいが、思うような結果がでない

なんてことは、よく聞く話です。

ソムリエは『接待』のプロです。

上手にソムリエを使いましょう。
AD
いいね!(1)  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-03-01 19:32:33

買ったワインを美味しく飲むコツ

Theme: ワイン
井手です。

年間約1500本くらいのワインを抜栓しておりますが、

どんなタイプのワインも美味しく飲みたいものです。

それが人の心情。

さて、

白赤全てのワインを美味しく飲むコツをご紹介しますが、

今回は赤ワインでのご紹介です。

ワインは価格帯が様々です。

高額なワインもあれば、スーパーで500円で売られているワインもあります。

ワインを美味しく飲むコツ

『安いワインでも、デキャンタせよ!』

高額ワインならなおさら。

理由は、ワインは空気に触れさせることによって、味も香りもより複雑になるからです。

デキャンタ(花瓶みたいな大きめの器)がない時はどうすれば良いですか?

丼で対応して頂いて構いません。


AD
いいね!(1)  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-03-01 01:00:58

ソムリエ試験勉強法

Theme: ワイン
これからソムリエ試験勉強を始める皆様に、

コツをご紹介します。

①ワイン産地は地図で覚えよ!

②ワイン勉強(ソムリエ試験)は英語、フランス語、ドイツ語など、語学の勉強と知るべし。

③とにかく暗記せよ!

以上です。


いいね!(3)  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-02-22 20:54:52

お客様からの質問①「美味しいワインの選び方教えて。」

Theme: 岡本
最も多い質問はこれ

「美味しいワインの選び方教えて。」

です。

僕も知りたいです、と言いたところですが、質問に対する答えはだいたいこうです。

「ワイン会のような、ワインそのものの鑑賞ならば、『単一品種』で造られたワインを選べば間違いないでしょう。」

「例えば、ピノノワールや、カベルネソーヴィニヨンなどです。」

全てのワイン用ブドウ品種には各々の良さが必ずあります。

そして、

「食事の共に、なら『ブレンド』ワインを選べば間違いないでしょう。」

例えば、イタリア・ワインは食事との相性を基に意図的にブレンドされています。

フランス料理は起源はイタリアンであり、ロシア料理でもあると言われています。

アルマンドソースやベシャルメソースなど基本中の基本ソースでも幾つかの材料で成り立っています。

中には例外も勿論ありますので…(長々と続きます)

種類豊富なワインの中から予算の範囲内で最上のセレクトをしたいですよね。

『単一品種』ワインと『ブレンド』ワインをTPOに合わせてセレクトしましょう(^^)。


いいね!(4)  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。