KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
京都 ウェスティン都ホテルで開催された
第六回ワインフェスタでの試飲です。
MHDモエヘネシー ディアジオ株式会社さんのブースです。
ヴーヴ・クリコやモエシャンドンなどを輸入されている会社さんです。

ここでは
・ニュートン クラレット2013(アメリカ・赤)
・テラザス・リザーヴ マルベック 2012(アルゼンチン・赤)
を飲ませてもらっています


①ニュートン クラレット2013(アメリカ・赤)
{83E9F966-BA10-481D-82EF-EAAEB18C9003:01}


香りは樽を利かせたカリフォルニアらしい甘いニュアンスがあります。
その他、ハーブやバニラ、果実みよりも樽感と、
メルローからきているであろう青い印象を強く感じます。

味わいは香りをそのまま伝え甘さがあるものの、
メルロらしい青さやスパイシーさを強く感じます。


②テラザス・リザーヴ マルベック 2012(アルゼンチン・赤)
{2FC7F285-2FD8-42AB-AEF8-39FB1C0EDB44:01}



香りはブルーベリーやハーブなど華やかな印象です。
マルベックで個人的に洗剤のようなフローラルさを良く感じるのですが、
これも同じように感じます。
合わせて土の要素や動物香りなど複雑みがあります。
味わいは香りをそのまま伝える印象です。
酸も強く感じ、余韻にバニラなど感じられます。

価格バランスなども考えるとここではテラザスがなかなかでした。
驚きなどは正直感じなかったのですが、安定感があるという印象でした。


 ニュートン ナパ ヴァレー クラレット[2013] Newton Napa Valley Claret[2013]△


テラザス  レゼルヴァ・マルベック [2012]Terrazas Reserva Malbec

オススメ記事一覧


「マツコの知らない世界」に登場の白ワイン セブンイレブンPB ヨセミテ・ロード シャルドネ
マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
8/25放送 ロンハーでくみっきーが出したワインが話題
テレビで話題になったワインまとめ
MBS「世界の日本人妻は見た!」に登場 スターク・コンデ・ワインズ
ドラマ BARレモンハートに登場したフランチャコルタとは
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ボデガ・ノートン・カベルネ・ソーヴィニヨン 2011を飲みました。

日経新聞の土曜日版特集「日経プラスワン」の15年5月30日版で特集された
「専門家推薦 世界旅行気分に浸れる、あの国のワイン」という記事で
見事赤ワイン部門の1位に輝いた一本です。

日経新聞公式サイト:専門家推薦 世界旅行気分に浸れる、あの国のワイン

なお、以前勘違いをして、12年ヴィンテージかつ
「マルベック」という品種の同ワイナリーのワインを飲んで記事にしています。
そちらは勘違いで購入したものの、個人的には美味しかったので
合わせてご覧ください。

過去記事:ボデガ・ノートン マルベック リゼルヴァ 2012を飲む


京橋ワインさんで販売されているものを購入しましたが、
既に在庫は完売しており、現状は12年ヴィンテージを輸入元のエノテカさんで
引き続き受付を行っていると言う状況です。
お値段2,000円ほぼジャスト。


【NIKKEIプラス1にて堂々第1位!】[2012] カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァ / ボデガ・ノートン アルゼンチン / 750ml / 赤


ただし、ワイン評価誌を見ると
11年…ワインスペクテイター誌88点
12年…ワインスペクテイター誌91点
とWS誌だけ切るとると12年の方が高評価です。

参考:WineSearcher.com


{DE5AE6CF-24BE-4408-8AEC-C1D38F66FD78:01}


香りは、ブラックベリーやスパイス、
少し時間を置くと海苔のニュアンス。
たとえは悪いですが「ごはんですよ」的な香りがします。
他にカラメルやブルーベリー。

味わいは、飲み口は酸味をやや強めに感じ、
香りを率直に伝え、黒いベリーを思わせる味わい。
ブルーベリーやプラムっぽさ。コショウのような辛さもあります。
余韻は短いと思います。

収縮性のあるタンニンが強く、もう少し熟成しそうな期待感はあります。
個人的な好みを述べると、先日飲んだマルベックの方が好きです。
フルーティーな果実実やシルキーさなど、華やかさがあると言うか。

こちらはちょっとビシッとした感じがしますね。
割と酸も主張的ですし、濃さもあるので。
紙面のコメントにあったエレガントさというのは私は感じませんでした。
2,000円と言う値段との対比でいうとぼちぼちかと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日経新聞の土曜日版、日経プラスワンで2015年5月30日に特集された
「1度は飲みたい、あの国のワイン」というランキング。

image

その中で見事1位になった
ボデガ・ノートン カベルネ ソーヴィニヨン レゼルヴァ。

その品種違いです。
マルベック リゼルヴァ2012を飲みました。

NIKKEIプラス1何でもランキング赤ワイン!1度は飲みたいあの国のワイン(15年度版)

カベルネソーヴィニヨンは日経新聞に2011年が掲載されたものの
紙面掲載の段階ですぐに販売は2012年ヴィンテージに
切り替わってしまっていました。

私はと言うと、情報を見つけた発表その日に、
そのまま輸入元のエノテカのお店に行ってゲットしてきたのですが、
なんと品種違いのマルベック。しかも2012ヴィンテージでした。ズコーですね。



スワロフスキー社が所有すると言うワイナリー。
アルゼンチンワインと言えばブドウ品種ではマルベック種が著名ですのでいいのかなという感じです。



{7E44251D-5550-4DE8-B30A-ACF42266C218:01}


香りはブルーベリー、プラムなどの黒い皮の果実。

ハーブのような清涼な香りに、モカ、チョコレートのような甘い香り。
青い茎のような植物っぽさ。こんぺいとうのような甘い香りもします。


口に含むとスパイス、チョコ、コーヒー。
少しいぶしたような風味が広がります。
余韻にカスタードプリンのような甘さ。

濃い口ながら青い植物のようなニュアンスが強く、
各要素はまだまだ荒々しい印象があるものの、
飲み口は今の段階でシルキーで楽しむことができます。

はてさて、勘違いで購入したものの、こちらも良く出来ています。

率直にいえば濃い口のワインですので、
ワインを初めて飲むレベルの初心者の方はご注意を。

とはいえ、嫌味な濃さではなく、「パワフル」という言葉に収まる域で
なんとか親しみやすさもあります。

今飲んでも楽しめますが、数年置いておいても良さそうです。
果実みを楽しむ部類かと感じましたので
5年も何年も置く必要は無いとは思いますが。

この価格帯なら十分なバリュー感でしょう。



さて、肝心のカベルネソーヴィニヨンの方ですが、エノテカさんではなく京橋ワインさんはヴィンテージピシャリの2011年を仕入れてきています。

私も購入しましたがヴィンテージ大丈夫のなのか少々心配ではあります。届き次第また飲んで記事にしたいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。