KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗でテイスティングです。
日本のワインです。

登美の丘ワイナリー メルロ&カベルネソーヴィニヨン・ロゼ2013をテイスティングしました。



こちらのワインは先般結果発表された
日本ワインコンクール2015のロゼ部門で
ロゼワインの部では唯一の金賞を獲得した一本です。

Japan Wine Competition 2015審査結果発表

2011年ヴィンテージまでは登美の丘ワイナリーの場内でしか
購入できなかったようですが、一般向けに解禁されているようです。

ワインの試飲の機械エノマティックでの価格は
25ml 200円 50ml 400円 75ml 550円でした。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入する必要があります。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います

{16D4D241-3898-4BB1-B809-88CC5B7CCCC8:01}


香りはナッツやイチゴ、角砂糖やハーブに樽のニュアンス。
香り立ちは非常に甘い印象があり、たっぷり砂糖がけした
まさにお菓子のような印象が広がります。

味わいはやや強い酸を感じ、アセロラや梅、
樽のような木質香や穀類を思わせる香ばしい味わい。

ナッツのような余韻も残ります。

香りのイメージとは反してだいぶ酸が強く、
やや白ワインのムルソー的な味わいでギャップがある印象です。

香りはキャッチーなのに味わいは正統派です。
ロゼワインと言う事を考えると、万人受け感はあまり感じませんが、
品質は高いと思います。今後も注目です。



【2015年日本ワインコンクール金賞&部門最高賞受賞!】登美の丘ワイナリー場内限定発売シリーズ メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン・ロゼ[2013](ロゼ)


オススメ記事一覧


「ワイン一年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
1万円台で購入できる「プレゼント向けのワイン」とは
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
京都 ウェスティン都ホテルで開催された
第六回ワインフェスタでの試飲です。

山梨県の日本のワイナリーであるシャトー勝沼さんの
①Imamura 赤 BlackQueen&MuscatBaileyA
②鳥居平 赤 100%
の2種を飲ませてもらいました。


①Imamura 赤 BlackQueen&MuscatBaileyA
{C639F7DF-942E-432D-A705-5786939484EC:01}


1,100円。
香りはわかりやすいブドウキャンディのような香りがします。
動物香、黒砂糖を思わせるニュアンスなど。

まさにフォキシーフレーバーという感じで、
香り立ちは飲みものの「ファンタ」っぽさがあります。

味わいはキリッとくるスパイシーがある辛口ですが、
口の中に残る余韻は甘さがあります。
脂の乗った肉など、ジャンキーな食べ物と合わせたい所ではあります。
ちょっと軽い印象はありました。


②鳥居平 赤 100%


{160C1CD7-6496-416D-8072-57B86DDCAD5D:01}


2,700円。
しっかりした作りの印象です。

動物香や樽の香り立ち、ブラックベリーのニュアンス、燻製肉など。
味わいは香りを率直に伝え、ブラックベリーのニュアンスに軽めの木質香、
軽やかで酸を感じます。

香りはしっかりしているのに対して飲み口は軽いので、
香り対比でボリューム不足のようにも思えます。
色々な要素は感じます。


白を飲んでいないのが申し訳ないのですが、
うん、こんなものかな…という印象を受けたのが率直な部分です。
全体的に味わいが軽やかで食事に合わせるタイプという印象を受けました。

濃口が好きな方は物足りないかもしれません。



シャトー勝沼Imamura  赤 750ml.hnBlackQueen&MuscatBaileyA



シャトー勝沼鳥居平100% 赤 

オススメ記事一覧


「マツコの知らない世界」に登場の白ワイン セブンイレブンPB ヨセミテ・ロード シャルドネ
マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
8/25放送 ロンハーでくみっきーが出したワインが話題
テレビで話題になったワインまとめ
MBS「世界の日本人妻は見た!」に登場 スターク・コンデ・ワインズ
ドラマ BARレモンハートに登場したフランチャコルタとは
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
京都 ウェスティン都ホテルで開催された
第六回ワインフェスタでの試飲です。

サントリー酒類株式会社さんのブースで
・ジャパンプレミアム 甲州 2013
・登美の丘ワイナリー 登美の丘シャルドネ 2012
・登美の丘ワイナリー 登美の丘 赤 2011
を飲みました。

①ジャパンプレミアム 甲州 2013
{6FF74C75-3AFB-493A-B0D1-F26F0D388C67:01}


香りはフルーティーさを感じます。
マスカットや梨のようなニュアンス。

味わいは率直に甘さを感じるすっきり系。
香りをそのまま伝え、マスカット、梨、樽を思わせる香ばしさもあります。
アルコール感は高く感じ、柑橘や果実が主体。

だいぶ飲み口が軽く、ボディ感は薄い。
千円台ならまずまずという印象を受けました。

②登美の丘ワイナリー 登美の丘シャルドネ 2012

{2A002597-C0D6-45C2-AD65-ABC7DEE7A8C4:01}



これは良かったです。樽がしっかり効いていて香り立ちから風格があります。
香りは穀類やナッツなどの樽のニュアンス。
シャルドネらしい柑橘のニュアンスももちろんですがふくらみがあります。
味わいもボリューミーで余韻に柚子のような爽やかな風味があります。


③登美の丘ワイナリー 登美の丘 赤 2011

{1476AEB6-371C-4DD1-A50E-7FC56E1A1BBE:01}


香り含めやや軽く、樽感はあるものの、
総じて飲み口やわらかな軽めのボディ感と思われます。

味わいは酸を感じ、樽、青い茎、ブラックベリーなど
メルロらしい味わいが主体になっています。
酸がハッキリしているので、もう数年おいてもよさそうな雰囲気でした。


サントリーの方が教えてくれたのですが、
2012年ヴィンテージは特に山梨県にとっては非常に良い年だったようです。
降水量が少なく、台風による被害もなく、病気などもなかった。
非常に果実の色実もハッキリと色づいた年でいわゆるグレートヴィンテージと言える年だったようです。

それに対して2011年は難しい年で
台風も上陸し、病気もあった、そのため収穫量自体がだいぶ減った年だったようです。

ここでは登美の丘シャルドネ2012が良かったです。
フラグシップの「登美」は過去に白を飲んでいて、
それは同価格帯のカリフォルニアの品質の高いものに負けていませんでした。
安心感のあるワイナリーかと思います。


サントリー 登美の丘ワイナリー 登美の丘 シャルドネ 2012 750ml瓶 LWT12


オススメ記事一覧


「マツコの知らない世界」に登場の白ワイン セブンイレブンPB ヨセミテ・ロード シャルドネ
マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
8/25放送 ロンハーでくみっきーが出したワインが話題
テレビで話題になったワインまとめ
MBS「世界の日本人妻は見た!」に登場 スターク・コンデ・ワインズ
ドラマ BARレモンハートに登場したフランチャコルタとは
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗でテイスティングです。
日本のワインです。マンズワイン ソラリス信州小諸シャルドネ 2013を飲みました。



マンズワインはみなさんおなじみ醤油のキッコーマンのグループです。
日本で栽培した葡萄のみを原料にして、国際的に高い評価を受けるワインを作る事を目標にしているとのこと。

マンズワイン ソラリス信州小諸シャルドネ樽仕込は
マンズワインの白のトップキュヴェです。
赤ワインはソラリス マニフィカというものがあり、
ソラリスシリーズのトップレンジになっています。

{3216270C-135B-4F09-8EC8-4FA5D44D478B:01}



試飲の専用機械エノマティックでの価格は
25ml 400円 50ml 800円 75ml 1,400円でした。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入する必要があります。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います


{1F5B9BB1-3389-4D93-A151-00853A8DB0EE:01}


香りはナッツ、レモン、オレンジの皮、バニラパウダー、糊、ポン菓子。

味わいは、香りを率直に伝え、柑橘よりもナッツっぽさや穀類、ポン菓子っぽさが主体です。
時間の経過で甘みも出てきて、全体的にボリュームのある作りのように思います。

余韻には小麦やコーンのようなニュアンスがあります。
ミネラル感もあるのですがちょっとムルソー的な印象を受けます。

柑橘のニュアンスが割と品があるように思うのですが、
日本のワイン、と言われないと分からないですね。

価格帯も6千円台と言う事でちょっとアッパーではありますが、
海外のヘタなシャルドネには負けていない印象を受けます。

今後の熟成でどうなるかという期待が高まるワインです。


長野県・日本ワイン【6本~送料無料】信州小諸シャルドネ樽仕込 2013 マンズワイン ソラリス


オススメ記事一覧


「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
まだアメブロで消耗してるの?ライブドアブログに移転したワケ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
1万円台で購入できる「プレゼント向けのワイン」とは
稲垣吾朗監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
※すみませんが、移転したため移転先のブログにジャンプします
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本のワインです。
滋賀県のヒトミワイナリーの白のフラグシップ
「タータル・ブラン 2012」を飲みました。


【ヒトミワイナリー】タータールワイン [2012] ブラン

ヒトミワイナリーは滋賀県の東近江地区に位置するワイナリーです。
主要路線から外れているため、アクセス難な箇所にありますが、
無ろ過の「にごりワイン」をベースに様々なワインを販売しています。

銘柄は一定は固定ですが、かなり実験的な銘柄を定期的に投入しているため、
1ヴィンテージのみの販売、と言う事もザラにあるようです。

タータルについては赤・白があり共にフラグシップ。
白は滋賀のシャルドネで作り上げているようです。

{6D79ADF1-5DF3-429A-A47B-111B257D9E16:01}

{08B9CD44-8323-4D69-A6F5-F88970C1081A:01}


2枚目の写真にあるように色は濁りがあります。

香りは花梨、麦わら、木質香、ロウソク、甘酒の酒粕、など。
かなりドライな印象があります。

味わいは、口に含むと香りを率直に伝える印象があります。
花梨のような花、麦っぽさ。かなりアルコール感は高く感じ、
すぼむようなキュッとした味わいがします。

正直、初日・2日目と野暮ったいイメージが強く、
うーん…個人的にはあんまり…という気がしていましたが、
4日目くらいにだいぶ開いてきて、蜜入りのリンゴや甘栗のニュアンスが出てきました。

ワイナリーの販売ページを見ると「抜栓は1日前」と書いてありました。
こうなるとなかなか面白いですね。
この甘ーいゴロッと大きな栗が乗ったケーキのような風合いは非常に魅力的な香りです。
もう少し様子は見てみましょう。

抜栓直後は、表現として「田舎っぽさ」があるワインで
じいちゃんばあちゃんの家的な雰囲気があるワインと言うか、華やかな印象は無いです。
2012年自体はさして暑くない普通の夏と記憶していますので、
これがヴィンテージによる冷涼さ、なのかは不明です。

ある意味ヒトミワイナリーの個人的に好きな所は
香りプンプンの「前のめり加減」が好きなので、
人によってはこのタータルは「あれっ」と思うかもしれません。

日が経つと味わいが変わり、どっとお菓子のような風合いが出てきます。
おそらくこの辺りがこのワインの見せ場と言う所で、
ボトルで数日に分けてゆっくり楽しみたい所です。

個人的には熟成なども踏まえ、今後に期待するべきワインかなぁと思います。


■オススメ記事

滋賀県 ヒトミワイナリー「Cuvee Y(キュヴェ・ワイ)2014」を飲む
ヒトミワイナリー邂逅 kaiko 2012他6種をテイスティング
岩の原ワイナリー 岩の原ワイン 深雪花など4種をテイスティング
紫波ワイン グランヴァンSHIWA 他1種をテイスティング
余市ワイン ツヴァイゲルトレーベ 2011をテイスティング
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。