KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
ポルトガルのワインです。
生産者はバラン・デ・ヴィラル/カーザ・エルメリンダ・フレイタスの作る
プロエーザ カベルネ・カステラン ペニンスラ・セトゥーバル 2012を飲みました。

場所は第35回神戸シェラトン ワインフェスタです。
(ひとまず神戸の飲んだやつはこれでひと段落にします)


生産本数7万本の大量生産されているワインです。
ポルトガルのペニンスラ・デ・セトゥバル地域の葡萄を使用しており、
カベルネソーヴィニヨン、そしてカステランという土着品種が
50%ずつ使われているワインです。

この「プロエーザ」ブランドについては監修の大元のワイナリー名は
バラン・デ・ヴィラルですが、ペニンスラ・デ・セトゥバル地域は
カーザ・エルメリンダ・フレイタスというワイナリーが生産をしているようです。

大元が監修のもと、委託に出しているって感じでしょうか。
なお、1個下の?グレードに「ドゥロ レッド」というのがあります。


{61ABAFDF-7A6F-4D19-8FE2-5378D7CEE1CE:01}


希望小売価格は2,484円(税込)です。




何だこれは…

バニラをたっぷり利かせたボリュームある香りがします。

ブラックベリー、チョコレート、レーズン、タバコ、
若干の動物香も感じ取れます。

味わいは香りを伝え、非常にビター。
チョコっぽさや黒いベリー感がハッキリと感じられます。

同時に、酸も強く感じ荒々しいように感じますが、
押し寄せるようなボリューム感があります。

パンパンに張っている印象があり、非常に重厚。
価格を何度見ても2千円台です。率直に驚きました。

なかなかポルトガルも手を出したいのですが、
手が出せておらず、もやもやしている状況ですが
試飲のレベルで「おぁっ」と声が出ました。

たまたまいいものに当たったのでしょうか…。
非常にインパクトがあり、これはもう一度買いたいと率直に思ったワインです。

何よりも情報が他所になく、気になる一本です。
濃いワイン好きの方はお試しいただいてはどうでしょうか。



 カベルネ・カステラン ペニンスラ・セトゥバル [2012] プロエーザ <赤>



オススメ記事一覧


「ワイン一年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
1万円台で購入できる「プレゼント向けのワイン」とは
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗で有料テイスティングです
ポルトガルのカルム・SO2フリー・ティント2011を飲みました。



ドウロ・スペリオールという地で作られるオーガニックワイン。

SO2は二酸化硫黄のこと。
ワインの防腐剤として量の差はあれ、使われるのが一般的ですが、
このワインでは要は使ってないと言う事ですね。



SO2フリー・ティント[2011]カルム

ボトルの価格は3,222円(+税)
試飲の専用機械エノマティックでの価格は
25ml 200円
50ml 400円
75ml 550円
です。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚必要です。
一度購入すれば、ICカードのように繰り返し金額がチャージできます。

店舗の場所は以下からご確認ください
http://takamuranet.com/


{DE8764C5-9598-402B-87B2-6BD56F20FC11:01}


ブドウ品種は
トゥーリガ・ナショナル種というものが100%使われているようです。

色は濃い紫。

牡丹の花のようなビオ香、プラム、ミルク、スパイス。
味わいは石のようなミネラル感。

かなり濃い印象があるが渋みは少なく
まろやかな味わい。メルローのような印象があります。

時間の経過でミルクキャラメルのような香りもし、
青いニュアンスは強く硬質感も高く感じます。

シラーとメルローを足して…という感じ。
スパイス香も強く、ハッキリしながらもかなり口当たりはまろやかです。

個人的にはビオ系はピノっぽいほわほわ~んとした印象が強かっただけに
少し新鮮に映ったワインです。


自然派ですので熟成が可能かどうかは不明です。
もう少し置いておきたい印象は感じたそんなワインです。


オススメ記事一覧


「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
まだアメブロで消耗してるの?ライブドアブログに移転したワケ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
1万円台で購入できる「プレゼント向けのワイン」とは
稲垣吾朗監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
※すみませんが、移転したため移転先のブログにジャンプします


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨今話題のポルトガルのワインです。
値段は千円前後。
大阪ならばスーパーの阪急オアシスなどでも置いてあります。


ワイン王国五つ星獲得!ゴクゴクいける微発泡性”緑のワイン”ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ

ヴィーニョ・ヴェルデは“緑のワイン”の意味だそうです。
色は普通に白の微発泡ですが、「味わいからくるイメージカラー」とのことで…。

{E7BEC15D-CD96-4DD3-9BF7-62CE85807FC6:01}




レモンやライムを思わせる印象が強く、他に青リンゴなどの柑橘・フルーツ系の
フレッシュな味わいが口の中に広がります。

キリッとした辛口の味わいですが、
柑橘系の甘さが若干あり非常に飲みやすい部類に入ります。

非常に後味がさっぱりしているので食前酒としてはまずまず。
お料理に合わせるのはもってこいというか、合わない物を探すのが逆に難しい印象。
微発泡である点からも、ちょっとこじゃれた大人のサイダー的な感覚もします。


そこから余韻やら味のふくらみとかそういうのは期待できませんし、
ポルトガルワインだからすごい、とかそういう事は残念ながらありません。
それなりに価格相応のワインだと思います。
アルパカなど優秀なワンコインワインがそのまま背伸びして微発泡になりました的な。

数日経つと甘みも増し、トーストのような僅かな香りも出てはくるのですが、
同時にライムの皮などの青臭さも立ってきますので
キリッと冷やしてデイリー用として気軽に開けてしまうのが良さそうです。

わざわざ買う、というよりはお店で見つけたからついでに買うとか、
通販ならば同梱一本の枠として買う、という感じの使い方が望ましいです。

ワイン王国五つ星獲得!ゴクゴクいける微発泡性”緑のワイン”ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。