KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗の有料テイスティングです。
オーストラリアのリースリングです。
グロセット スプリング・ヴェイル・リースリング 2014を飲みました。



世界のリースリングを集めた
「リースリング・ワールドカップ」でドイツやアルザスを抑えて
優勝したのがこの一本!という触れ込みでした。

実際、ジェームスハリデー評などは
95点オーバーが非常に目立ち、安定した実績を誇っているようです。
1つ前の2013年ヴィンテージはWA92点評とのことです。

参考:Wine Searcher.com


 ■グロセット スプリングヴェイル リースリング S[2014](750ml)白 Grosset Springvale Riesl...

試飲の専用機械エノマティックでの価格は
25ml 250円
50ml 500円
75ml 700でした。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入する必要があります。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※試飲可能な銘柄も掲載していますが、随時入れ替えられています。
銘柄の更新頻度にもばらつきがありますので、
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います



{ACF78064-E748-47AE-BC34-3803383A9AD0:01}


香りはレモン、バニラパウダー、ナッツ
鉄っぽさ、パインのような果実など。

香りから甘さを感じ、とても華やかな印象を受けます。

味わいはヴィンテージの若さからか、酸が強いものの、
レモン、ラムネ、石をなめるようなミネラルなど爽やかな味わいがします。

香り立ちも複雑さがあり、
味わいもラムネというかソーダのアイスのような清涼感があるのが
とても良いと思います。

2014年ヴィンテージですので、
香りはフレッシュさが先行しているものの、
現段階で感じる複雑さを考えると今後もう少し期待できそうな気がします。


■オススメ記事

カーリーフラット・ピノ・ノワール 2010を飲む
ウインダウリー・エステート サクラ・シラーズ2012をテイスティング
コールドストリームヒルズ リザーヴ ピノ・ノワール 2012をテイスティング
トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ 2012をテイスティング
ワッシーズ中之島店の「オーストラリアワイン」試飲販売会 に行ってきた
AD
いいね!(18)  |  リブログ(0)

テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗で有料テイスティングです。
サクラ・シラーズ 2012 ウインダウリー・エステートです。



非常に日本でもここ数年いろんなお店で見るようになりました。
印象的な桜のラベルのワインであり、毎年2月ごろにリリースされ
3月にはたいがい在庫も無くなったりしているようなそんな印象があります。

このラベルのエピソードは第二次世界大戦からきています。
第二次世界大戦の際に、オーストラリアに捕虜としてとらえられていた日本兵が
大脱走を計画し、200名もの死者を出すという惨事がありました。

これが起きたオーストラリアの「カウラ」の地の人は心を痛め、
日本との友好関係を深めるために、日本人墓地や日本文化センターを設立。
さらに、そこから5kmにわたり2,000本もの桜を植え、
今もその出来事は語り継がれていると言います。

オーストラリアと日本の友好の証、というバックグラウンドもあり
かつラベルの美麗さから非常に印象深いワインです。


サクラ・シラーズ[2012]ウインダウリー・エステート(赤ワイン)[Y]

ボトルの価格は3,000円+税
試飲の専用機械「エノマティック」での価格は
25ml 200円
50ml 400円
75ml 550円
です。別途試飲の機械専用のカードが500円/枚必要です。
一度購入すれば、ICカードのように繰り返し金額がチャージできます。

店舗の場所は以下からご確認ください
http://takamuranet.com/

{4E18A78A-0487-4E29-8B79-01766841874D:01}


ブルーベリーの香りの他に、ハッカを思わせる清涼な香りがします。

味わいは香りをストレートに伝え、
やや甘みを感じ、口当たりはやわらかくのみやすい印象があります。
口の中でブルーベリーやイチゴのキャンディ香、
ハッカのニュアンス。青い茎など。

非常にシラーらしい特徴がでている点に加え、
オーストラリアらしさでしょうか、清涼なニュアンスが強い一本です。

ラベルからすると奥ゆかしい古風な味わいを想像しがちですが、
実際は非常にキャッチーでフルーツ感が強い印象を受けました。
高級感という部分はありません。飲みやすい部類に入るかと思います。

出来ればワイワイ楽しむ雰囲気の場に合うワインかと思います。

サクラ・シラーズ[2012]ウインダウリー・エステート(赤ワイン)[Y]
AD
いいね!(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
リカーマウンテン北新地店さんで有料テイスティングです。
オーストラリアの コールドストリームヒルズ リザーヴ ピノ・ノワール 2012を飲みました。


【2月の特価品】リザーヴ ピノ・ノワール [2012] コールドストリーム・ヒルズ <赤>

カリフォルニアの「カレラ」が
カリフォルニアのロマネコンティと言われ
こちらのコールドストリームヒルズはオーストラリアのロマネコンティなんて言われています。

ワイン漫画「ソムリエ」という作品でその昔取り上げられた経緯があるようです。

ワイン評論家のジェームス・ハリデー氏が立ち上げたワイナリーであり、
かつ、このリザーヴは良年にしか作られないという特徴を持っています。

リカマン北新地店さんでの
有料試飲は入会金に専用カードが必要。レジでの申し込み制です。
カードのチャージは1,000円単位で実施。
購入すると店員さんが2Fの機械の使い方を教えてくれます。

リカマン北新地店さんの場所は
リカーマウンテンさんの公式ページ
でご確認ください。

本銘柄は
10ml 300円
25ml 600円
50ml 900円
の試飲価格でした。

{3CE9DC05-C0DC-4180-A64D-202A223991F5:01}



12年ヴィンテージ。醤油のような熟成香、
ブドウやメロン皮を思わせる青い果実味、
グリセリンのような科学臭、トースト香など。

味わいは石を思わすミネラル感や、透明感がありながらも
イチゴやラズベリー、メロンの皮など。

うーん…?かなり香りが独特というか
醤油のような熟成香が強く、これはボトルコンディションの問題でしょうか。
開けてからだいぶ経ってるのかな?という印象を受けました。
少し残念な味わいですね。

うーん、何とも判断がしがたい所です。
試飲の機械の難しい所です。またいつかチャレンジしてみようと思います。
AD
いいね!(19)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーストラリアの「ベンチマーク カベルネ・シラーズ2012」を飲みました


【[2012] ベンチマーク・カベルネ・シラーズ(スクリューキャップ)

私これをエノテカさんがちょくちょく阪神百貨店などで売り出している
ワインのお楽しみ袋で購入したわけです(1,500円くらい)

当たりはシャンパーニュなど「なで肩タイプ」のボトルが多く、
わざわざ袋の上から触って買ったわけですが、
まぁ、このベンチマークが数百本単位で用意されていると後から気がついたわけです。
(店頭でキチンと当たり本数は記載されているのですが…)

ですので、お楽しみ袋の中での一番下の等(6等か7等かは忘れました)のワイン。
まったく期待せず飲んでみたわけです。


グラント・バージという1855年から経営をする老舗ワイナリーの一本。
カベルネ・ソーヴィニヨン 約50%、シラーズ 約50%のセパージュ。

スクリューキャップです。
何故か開けたら噛み合わせが悪いのか閉まらないという
悲しい事態になりましたが…。


香りはブルーベリーやヨーグルト、プラム、カラメル、スパイスなど。
カベシラ(カベルネ・シラーズ)の割には
味わいは初日は軽く、すっきりと終わってしまったので
(1週間立ったプリミティーヴォの方が旨かった)
翌日も再度飲んでみました。

よりシラーらしい後味が際立ってきていました。
カベルネの要素は香り立ちの土などの要素はあるものの少しおとなしめ。
後味に青い葉のようなニュアンスが立ってきて味わいが複雑に。
しっかりと開かせてから楽しみたい一本です。


とはいえ、お料理と一緒に楽しみたいタイプのワインです。
個人的には先般飲んだ南アフリカの
「ゴーツ・デュ・ローム」並みの印象かなぁ、と言う所です。
1,500円手前くらいで抑えてほしい価格並みという印象があります。
(実際、エノテカオンライン見てみたらENOTECA Online 20%OFF以上!ラスト在庫セール!で1,200円台まで行ってますね…)



ちなみにお楽しみ袋を売っていた店員さんが言っていました。
「高いワインはボトルの作りがしっかりしているから、より重い方がいい」
なるほど、今回はボトルの形状だけしか見てなかったので
次回は重さ重視で頑張ってみます。
いいね!(26)  |  リブログ(0)

テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗で
有料試飲をしてきました。

オーストラリアの著名ワイン「トルブレック」より
トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ 2012です。


トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ[2012]年・デイヴィッド・パウエル(トルブレック社)

シラー種で造られた2,000円程度のデイリーワインです。
トップキュヴェの「ラン・リグ」は言わずもがな2010年ヴィンテージが
パーカーポイント100点という偉業を達成した事でも知られるワイナリーです。

さてどうでしょうか。

{AB042980-0CEF-4C12-8B80-1AC2ECB819D5:01}


ボトルは2,580円
有料試飲の機械エノマティックでの価格は
25ml 150円
50ml 300円
75ml 400円
です。

草などの青さを感じるニュアンス、ブルーベリーの香りと味わい、花の香り。
イチゴのような酸味も感じ、化粧品のような香りもあり
印象に残る一本です。チャカナ・マルベックなどと方向性は似ています。

ほのかな甘さと酸味はおとなしく、スパイシーさがのこる部類です。
香水のような香りの部分が強いながら、味わいの酸味とのバランスが取れていて
中庸によくまとまっている印象を受けます。

2,000円台の一本としてはバリュー感があると言えます。
人気の一本ですからそれも納得です。

果実みというよりは香水系の香りがインパクトありますね。
女性受けしそうな印象があります。


いいね!(68)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。