KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
今日は大阪梅田のルクア1100にあるワイン居酒屋「赤白(こうはく)」の
オープニングイベントで5大シャトーのテイスティングです。
フランスボルドー5大シャトーの筆頭
シャトー・ラフィット・ロートシルト 1997年です。


Ch.Lafite Rothschild シャトー・ラフィット・ロートシルト 1997

ワインにこだわりのあるフレンチおでんの居酒屋と言う事で、開店早々人気店です。

今日のラフィットは特別に用意されたもので、
かつ値段はオープニングイベント(本日まで)ということで、
ちょっと引くくらい安かったです。整理券配布で開店20分くらいで売り切れてました。
30mlですが。

1997年ラフィットはオフヴィンテージの部類に入ります。
WA92点、WS誌90点、ステファンタンザー評88-93点とのことです。

{2200734D-0467-4908-8CAF-EBC3C8D38D9F:01}


色はややオレンジを帯びたルビー色。
ミルクや杉、鉛筆や腐葉土、熟成から来る鰹出汁。
ファーストノーズは深みがあり、凛とした印象の香りがします。

口に含むとブランデー香、ブラックベリー、わずかにキノコのような香り。
余韻にはやはり鉛筆の芯やレザー、墨汁、オレンジの皮。

アルコール分はまだ高くへたれた印象はありません。
引き続き、余韻には鉛筆や杉の印象が長く続き、
ハーブやキノコの香りが開いたり閉じたりを繰り返しています。

非常に高貴で素晴らしいワインです。
一方でオフヴィンテージなりに僅かながらパワー不足(香りの強さや持続性)は感じました。
遠い昔にテイスティングした2005年などと比べると
(対象が偉大過ぎですが)さすがにちょっと見劣りすると。

飲み頃は評論家のレビューを見るといいタイミングのはずですが、
それについてはピシャリだと思います。
空気を含むとアルコール感は感じますが
個人的にはそれを超えると物足りなくなるだろうなぁと。


非常に貴重な体験でした。


ついでですが、お料理も頼みました。
フォアグラ入りのラヴィオリと、グラーシュというハンガリー風の牛煮込みです。
{7DF16535-6A46-48EC-BB22-3BFDB775D1AF:01}

{66F8031B-D497-4FF9-B90B-EB860228E444:01}


ボリューム感は少ないものの、
ラヴィオリはフォアグラのコクとホワイトソースがしっかりマッチングしていて、
グラーシュはあれですね、ビーフストロガノフ。こちらも美味しかったです。
AD
いいね!(23)  |  リブログ(0)

テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗の有料試飲です。
いわずもがなの5大シャトー「シャトー・マルゴー2006」をテイスティングしました。


シャトー・マルゴー[2006]年・メドック・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・メドック格付第一級

WA誌では94点を獲得。
飲み頃は今~2034年ごろまで。

セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン90%、メルロー4%、
プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン2%です。

ボトルの価格は59,000円
有料テイスティングは
10ml 1,350円
25ml 3,350円
50ml 6,400円
です。

{88AAAFED-0AB1-4664-BDC6-1D6879CFFFE8:01}


鉄や鉛筆を思わせる香り、土や埃を感じるアーシーさ、動物香などの要素。

最初はおとなしく、しばらく経つと石のようなミネラリーな香りが立ち、
風格をましてきます。

口に含むと透明感がありシルキー。イチゴのような赤い果実み、
あとからエレガントな木質香(西洋杉)、鉛筆のニュアンスが、押し寄せてきます。

うーん…非常にエレガントな作りなのは間違いなく、
特にセパージュからは想像するような重さはなく、
むしろ軽やかさと重厚さがバランスよく整っている印象を受けます。

ただ、率直に閉じている印象は強く、まだまだ飲んではいけないのでしょう。
たとえば「うわ!何これ!すごい!」みたいな感覚には私のような味覚ではなかなか感じられず、
現時点でこれが6万円弱、というのは難しい世界だと感じています。

初めてのマルゴーですが、貴重なテイスティングだったと思います。

シャトー・マルゴー[2006]年・メドック・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・メドック格付第一級
AD
いいね!(68)  |  リブログ(0)

テーマ:
タカムラワインハウスさんで
シャトー・ラフィット・ロートシルト2006を試飲しました。

{AEE281ED-4621-494B-89C2-D8CB47E0D381:01}



ボトルでは58,000円(税抜)
試飲の機械「エノマティック」での値段は
10ml 1,300円
25ml 3,250円
50ml 6,150円


シャトー・ラフィット・ロートシルト 2006


鉄や鉛筆、西洋杉の香り。ペンキのような化学臭。
味わいはブラックベリーやバニラのようなスパイスや皮。
余韻はエレガントで一本芯がある香り立ちから、凛とした印象を受けるワイン。

2005年のものも同様に試飲していますが、
2005については、熟成が途中であるという強い印象を受けながらも、
香りのスケール感が一回り大きい印象でした。

対して2006は当然味わいや香りの方向性は同じながらも
2005よりはこじんまりとしている印象でした。

連載が休載してしまった神の雫のようにたとえると、
2005年は重厚な雰囲気がありありとあり、お城にある玉座のような印象。
2006年は杉の香りがほんのりと香るシックな書斎のような印象です。

参考までにパーカーポイントでは
2005年…93~96点(WA誌164号評、その後170号で94~98点に上方修正)
2006年…91~94+点(WA誌170号評、その後181号で97点に上方修正)
とのこと。

値段はともかくとしてやっぱり素晴らしいワインです。
AD
いいね!(45)  |  リブログ(0)

テーマ:
五大シャトーの筆頭「シャトー・ラフィット・ロートシルト」

その2005年ヴィンテージが大阪のタカムラワインハウスさんの実店舗で
本日7月13日13時に抜栓されてました。

KOZEのワインブログ-130713_1753~02.jpg

ボトルでは189000円。
有料試飲で、
10mlで1800円、25mlで4500円くらい、50 mlで8600円くらいでした。
(別途デポジットカード代が500円)

香りは高級ワインに感じ取れる西洋杉や鉛筆のような石の感じ。
個人的にはほんのりブルーベリーのような雰囲気もあって、ずっとグラスに鼻をつけてました(笑)

どっしりとした重厚さの中に気品のあるニュアンス。
素晴らしいです。


近々まではまだあるでしょうし、概ね三連休の間にヘタるようなワインでもないでしょう。

貴重な機会、オススメです。

※追記:最近よく見るワインサーバーの「エノマティック」を調べると、窒素ガスを入れておよそ三週間の品質保持が可能、との事です。なるほど。
いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。