KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:

大阪のタカムラワインハウスさんで
DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社)の
「ロマネ・サンヴィヴァン」が有料試飲できるというので行ってみました。

DRCは言わずもがなワインの王「ロマネコンティ」を製造しているドメーヌ。

今回試飲したロマネ・サンヴィヴァンはロマネコンティとリシュブールの東に広がる
5ヘクタール程度のピノ・ノワール種のブドウ畑でです。


やはりドキドキしますね~。
1999年の試飲は
10ml…2,450円
25ml…6,100円
50ml…11,600円
ハーフグラスで1万円超え…。私には25mlが限界…。

$KOZEのワインブログ
25mlっていうとこんなもん。


抜栓をしたのが13時と言う事で、およそ抜栓から3時間後に訪問した事になります。

若干オレンジがかった液体のエッジ。

独特の獣臭にブルーベリーや黄桃の香り。
樹木の雰囲気はそんなに強いものではありません。
舌触りはなめらかで酸味と渋みも上品。

1999年のブルゴーニュと言う事で、偉大なグレードヴィンテージと言われています。

…ですが、まだまだ熟成感は薄いというか、ちょっと物足りないのが正直なところ。
率直に現段階では「これが憧れのDRC…?」と言う感じで先般試飲に伺った
「ラフィット2005」とはそれ相応に開きがあるように感じました。

この有料試飲機の「エノマティック」自体が
窒素ガスを利用して劣化を防ぐタイプのものなので、
基本的に3週間程度、その品質を保てるとのことです。

よって、抜栓3時間程度ではまだまだワインの香りも開かないのかも知れません。
この日も1時間以上その場でグラスを軽く斜めにして待ってみましたが、
結局その真価を見せなかったように思います。

なお、2009年ものと1999年の垂直試飲をこのタカムラさんではやっています。
(2009年物はもっと安く値段設定されています)
偉大なワインはキチンとサーブしてもらうべきなのか…。うーんワインって難しい。



[PR]ディズニーシーの攻略法満載スマホサイト
AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。