KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
タカムラワインハウスさんでの有料テイスティングです。
カレラ・ジェンセン・ピノノワール 2012を飲みました。



カリフォルニアのロマネコンティの異名をもつ
超がつくほどの著名ワイナリーです。

トップキュヴェはセレック、とジェンセン。
ジェンセンの方が知名度が高い事もあり
価格は軒並み高騰の一途をたどっています。

オーナーはジョシュ・ジェンセン。
ファーストヴィンテージは1975年です。


ワインの試飲の機械エノマティックでの価格は
10ml 300円 25ml 750円 50ml 1,400円でした。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入する必要があります。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います


{7F4EFDA2-D166-4CAF-A7A7-02316A1D5784:01}


WA96点(飲み頃2015年~2025年)
アントニオガローニ評95+点です。

香りは、爆発的なチェリーやバニラ、メロンのような青く甘い芳香に包まれます。
香り立ちからアルコールを強く感じ、樽を感じる木質香りや青い葉のニュアンス。

とにかく全体的に甘露で、シャープな香りがします。

味わいは甘さを豊かに感じます。
チェリーやエタノール、葉やメロン、樽のバニラ的なニュアンスが追いかけてきます。

過去に他所で2011年をテイスティングしましたが、
その時は「メロンとキュウリと接着剤の匂いがする…」と感じました。
その支配的な香りが気に入らなかったのですが、
あれは何かの間違いだったような気がするほど、バランスが取れています。

甘露さが主張的で余韻も長いです。

いわゆるブルゴーニュ的な作りかというと違うようにも感じました。
甘さを豊かに感じるのは非常にカリフォルニア的だと思います。
青い要素が今後熟成するとどのように変化していくのかは非常に気になる所です。


さすがの一本でした。



 カレラ“ジャンセン・ヴィンヤード”マウント・ハーラン・ピノ・ノワール[2012]年



オススメ記事一覧


「ワイン一年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
セブンイレブン 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーを飲む
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タカムラワインハウスさんの実店舗でテイスティングです。
アメリカ・カリフォルニアのワインです。

キスラー・ヴィンヤーズ ソノマコースト・ピノノワール2011をテイスティングしました。



キスラーはカリフォルニアの中でも
シャルドネ、ピノノワールの名手として知られます。

しかしながら、2011年に「キスラー」は、その株式をビル・プライスへ売却されます。

キスラーレーベルで、それまでピノノワールの代表キュヴェであった
「キュヴェキャサリン」そして「キュヴェエリザベス」は
そのままオーナーのスティーヴンキスラーが別レーベルである
「オクシデンタル」というワイナリーを立ち上げ移管します。


以降、キスラーレーベルについては、スティーヴンキスラーの監督が引き続き入るもの、
2011年レーベルより白、そしてAVA(American Viticultural Area=アメリカの地区表示)の赤
のみがこのキスラーレーベルから販売されている事となります。

そんなキスラーの2011年AVA(地区表記)ソノマコーストピノ2011年です。

ワインの試飲の機械エノマティックでの価格は
10ml 500円 25ml 1,250円 50ml 2,350円でした。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入する必要があります。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います


{10AB4B0E-04CA-4BB5-A992-C5738FFD845D:01}


香りはタニックで完熟したラズベリーやミント、
オリエンタルなハーブ、葉のような青い香りに磯のような塩の香り。

複雑ではあるものの、ハッキリとした果実、葉のニュアンスは明瞭で主張的です。

味わいはスパイス、ラズベリー、チェリー、
キュウリのような青さ、石を舐めたようなミネラル。

ピンと張った印象が強く、凛としたイメージがわくワインです。
ただ、現段階では香り立ち、味わいともに閉じているように感じます。

これはしばらく時間がかかるだろうなという気がしました。

過去にも比較的新しい2012年ヴィンテージを飲んでいるのですが、
個人的にキスラーAVA赤は結構時間がかかるだろうなという気もします。
過去記事:エノテカ グランフロント店でカリフォルニア「キスラー」3種の並行試飲をする

当時飲み比べをした際も「白の方がいいな」と感じたのを思い出しました。
ピノも1万なにがし、という価格帯であれば納得ではあるのですが、
2万円台にのるとちょっとしんどい。

オクシデンタルやキュヴェキャサリンクラスを飲んでいないので難しいですが、
いずれもしっかりと熟成をさせたものをいつか飲めればいいなと思います。
今の段階では割と内向的で、パッと飲んだ感じだと
コストパフォーマンスは悪く感じてしまうのかな、と思いました。



キスラー・ピノ・ノワール・ソノマ・コースト[2011](赤ワイン)[S]


オススメ記事一覧


「ワイン一年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
1万円台で購入できる「プレゼント向けのワイン」とは
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
カリフォルニアのワインです。
サントリーさんが輸入・販売している
肉専用ワイン」カーニヴォ 2013です。

そろそろボジョレー解禁時期だよなぁ…と思い、色々考えている中で
「2千円くらいで手に入りやすくて人気のワイン」ってないのかとふと思い購入。
(チリのコノスルはさすがに当たり前すぎるので除外)

2014年10月から発売された当銘柄です。
「肉専用」と銘打たれており、爪で削いだようなラベルは
まさに肉食獣のたくましさを連想します。

ちなみに、サントリーさんの銘柄としては売れに売れに売れに売れているようで、
2千円前後の価格帯ながら、1月~8月の売上で16万本を超えているとのことです。

主に飲食店(当然ステーキや焼き肉)などのお店でウケがいいようです。

以下の販促ツールの画像などを見るとなるほどなぁ、と納得します。
サントリー飲食店向けページ 肉専用 黒ワイン「カーニヴォ」サポートツール



参考記事としてお時間ある方は以下の2つもご覧ください

「ビーフ専用酒」ビーフ・イーターは伊達じゃない ジントニ、バーボン、黒ワイン…
引用元:産経ニュース

サントリーワインインターナショナルの「肉専用黒ワイン」が絶好調
引用元:ワインインポートコンサルティング㈱ 代表取締役社長 岩元 渉のブログ

※特にワインコンサルの岩元さんの記事はなかなか面白いのでオススメブログです


とはいえ、個人的には「そうは言ってもプロモーションだけでしょ…??」なんて
タカをくくりながら買ってみたのですがどうでしょうか。



{E68BA67A-9F3B-4C38-9C15-8844E985278D:01}


画像の通り、スワリングするとハッキリとグラスに跡が付きます。
いわゆるワインの涙です。

購入場所はダイエー(大阪)です。税込みで2千円ちょいごえ。
もともと「肉のダイエー」で打ち出しが強い量販店です。
肉のダイエーが肉専用ワインを売る。
細かい部分ですが、こういう相乗効果も個人的には応援したい所です。


香りはブルーベリーやカシス、チョコレート、バニラ、木質香、ミントのようなハーブにミルク。
香り立ちからしてジャミーで濃い印象を感じます。

味わいはハーブのような清涼感があり、
ブルーベリーのジャミーな味わい、バニラのような甘いニュアンス、
トーストのような香ばしさなどが広がります。香りの印象通りですね。

また、濃い味わいではありますが、後味にわずかにコーヒーに近い酸を感じます。
ただベタッと甘い印象だけを残しません。もったりしない印象があります。

{EE34206D-7C2E-4A0F-99C9-23DF03A003E5:01}


ここで突然登場、湯せんで温めるチーズハンバーグです。画像の通りやる気なく登場です。
3個で328円とかそういうチルドハンバーグです。

なお、この日は妻がカレーを作ってくれてますが、
私はのんきにワインと、このワインの為だけにハンバーグを買ってきており、
少しこの夕飯時に怒られています。


ハンバーグを食べてワインを飲むとなかなか合います。
ほのかにスモーキーなニュアンスが残り、デミグラスソースと相性が良く、
肉の脂も嫌味に感じません。

食が進みますね。先入観がだいぶ後押ししてくれてるとは思いますが、
いざ試してみるとなんだか満足感があります。


という事で、肉専用ワイン「カーニヴォ」でした。

濃く、甘く、カリフォルニアらしいワインです。
スペインを思わせるようなニュアンスもあります。

割と飲み口が後に残らないのでスイスイいきがちで、良いバランスです。

カベルネソーヴィニヨンと書いてはあるものの、
ミルクやブルーベリー的なニュアンスがあったので後から調べると
メルロとプティシラーが入っているそうです。納得です。


とはいえ、正直、2千円くらいであれば最近試飲したスペルバウンドですとか、
ワイン単体で飲むならばもっとワイルドであったり、
インパクトがあったり、複雑な味わいの物は見つかると思います。


ただし、非常に分かりやすくシーンを限定して、
「肉専用」と言い切ってしまった点が秀逸です。

予想以上に良い品質だった事が長文になってしまった一番の要因ですが、
非常にサントリーさんの提案に感心してしまいます。

BBQなんかでも行けそうですね。
個人的には親しみやすさを感じる良いワインでした。気に入りました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
神戸シェラトンワインフェスタでの試飲です。

ジェロボームさんのブースです。
カリフォルニアのスペルバウンドより

①スペルバウンド シャルドネ 2013
②スペルバウンド プティ・シラー 2013
③スペルバウンド カベルネソーヴィニヨン 2013
を飲んでいます。

ロバート・モンタヴィファミリーの中でも
ロバート・モンタヴィの孫であるロブ・モンダヴィ氏が手掛けるブランドとのこと。

まず結論言いますと色々試飲した中でかなりオススメです。
3本ともいずれも高い品質と感じました。


①スペルバウンド シャルドネ 2013
{815A470E-CA09-4EB4-9410-BEA1B3A87FB8:01}


輸入元定価は2,592円(税込)
香りからしてナッツや生クリーム、バニラアイスのような甘露さがあります。
味わいは13年というヴィンテージからか酸をしっかり感じ、
レモンなどの風味があるものの、総じて甘露さが勝っている印象です。

飲み口や余韻に甘露さを求める人にはたまらないでしょう。
非常にむちっとした作りの印象でコストパフォーマンスは高く感じます。


②スペルバウンド プティ・シラー 2013
{958A14EC-6C15-4E83-8240-CFB0C88A76B0:01}


希望小売は2,592円(税込)

香りから樽をしっかりきかせている印象があり、
バニラアイスのような甘露さを感じます。

樽の主張が強いものの、果実はブルーベリー、ラズベリー。
ハーブ、ピーマンのような青さに加え、
カレーに使うクミンシードのようなスパイシーさがあります。

甘露さとスパイシーさが旨く混在していて、
ゆっくりと飲みたい一本であります。


③スペルバウンド カベルネソーヴィニヨン 2013

{FA902FD6-309F-4919-B2F8-83F1ED6DC1FB:01}


希望小売は2,592円(税込)

香りは、これも同様に樽をしっかり感じます。
黒いブラックベリーなどが味を引き締めており、重さを感じます。

カシス、ブラックベリー、スパイスのニュアンス。
余韻も長くあり、カラメルのようなニュアンスがあります。

かなりプティシラーに近い作りではあるものの、
これも2千円台ならば秀逸ともいえるコスパです。




個人的にはとても好きな路線です。
実勢売価が2千円前半で手に入ると言う事もあり、
「うわっこりゃきたな!!」と当日も思いました。
オススメしたいブランドです。

さらに言うと、同じカリフォルニアで当日はハ○ンなんかも飲んでいるんですが、
ぶっちゃけこっちのスペルバウンドの方がいいなと思いました。


というのもかなり主張的に樽が利かせてあり
どうだい!バニラっぽいだろう!!!くらいのプンプンするくらいの樽の利かせ方。
特に赤はそれが顕著だと思いました。

ナパっぽさが前面に出ており、
うわっ、甘いなーという率直な感想がありましたが
なによりも分かりやすく凄く好みです。

ブドウ品種の差から、当たり前ですがプティシラーの方が軽めでカベルネがしっかり系です。

どれが好みかと言われると微妙なんですが、
プティシラー>カベルネ>シャルドネの順でいいなと思いました。
いずれも微妙な差ですのでお好みでどうぞ。

ちなみに、隣で試飲していた男性の方はカベルネを飲んで
「うわっ!これすご!!もうちょっともらお!!!」
と喜んで試飲していたのが印象的でした。ですよね、美味しいですもの。

樽系ワインをお探しの方はおためしください。



 スペルバウンド シャルドネ[2013] ≪お一人様6本限り≫Spell Bound Chardonnay[2013]△



 スペルバウンド プティシラー[2013]≪お一人様1本限り≫ Spell Bound Petite Sirah[2013]△



 スペルバウンド カベルネソーヴィニヨン[2013]   Spell Bound Cabernet Sauvignon[2013]


オススメ記事一覧


「マツコの知らない世界」に登場の白ワイン セブンイレブンPB ヨセミテ・ロード シャルドネ
マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
8/25放送 ロンハーでくみっきーが出したワインが話題
テレビで話題になったワインまとめ
MBS「世界の日本人妻は見た!」に登場 スターク・コンデ・ワインズ
ドラマ BARレモンハートに登場したフランチャコルタとは
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
第35回神戸 シェラトンワインフェスタの試飲です。

フランシス・コッポラ・ワイナリーから
・フランシスフォードコッポラ ディレクターズカット・ジンファンデル・ドライクリークヴァレー(アメリカ・赤)
・フランシスフォードコッポラ ディレクターズカット・カベルネソーヴィニヨン アレキサンダーヴァレー(アメリカ・赤)
・フランシスフォードコッポラ ディレクターズカット・シャルドネ ロシアンリヴァーバレー(アメリカ・白)
の3種を飲み比べしています。

インポーターさんはワイン・イン・スタイルさんです。

このワイナリーですが、映画「ゴッドファーザー」の監督である
フランシス・フォード・コッポラ氏が所有するワイナリーです。

最上位のレーベルは「イングルヌック」ですが、
こちらのディレクターズカットはカリフォルニアのソノマ産のレーベルで、
実勢売価で4,000円前後での購入が可能なようです。

さてどうでしょうか。


①フランシスフォードコッポラ ディレクターズカット・シャルドネ ロシアンリヴァーバレー2013(アメリカ・白)
{228AB151-5EC6-49E1-B8BE-22A7C17481C9:01}


希望小売価格は4,298円。
香りはかなりしっかり樽をきかせている印象があります。
穀類にコーン、ナッツのような香ばしい香りに、柑橘はレモンや梨、オレンジ、ポン菓子っぽいニュアンスもあります。

味わいは香りの要素をストレートに伝えますが、
酸がしっかりしていて、香ばしいボリューム感とのバランスがあり、
リッチ系な印象があります。わずかにカラメルのような余韻があります。

非常に分かりやすいカリフォルニアらしいシャルドネかな、と思います。
価格バランスは適正かと思います。


②フランシスフォードコッポラ ディレクターズカット・カベルネソーヴィニヨン アレキサンダーヴァレー2012(アメリカ・赤)
{676F36D0-E6B4-4837-880C-1A0C7F73CA04:01}


価格は5,594円。
香りは動物香、ブラックベリー、コショウや燻製ハム。
動物的な要素と相まってワイルドな印象を受ける香り立ちです。

味わいは青いニュアンス、ブラックベリー、
樽の木質香、酸もしっかり感じまだハツラツしている印象です。

余韻に木質香の抜けがあり気品さを感じます。

総じて、ワイルド系の香り立ち豊かなカベルネですが、
余韻の上品さが目立ちます。


③フランシスフォードコッポラ ディレクターズカット・ジンファンデル・ドライクリークヴァレー2012(アメリカ・赤)
{F72B9CD4-F497-4121-B61A-4075FE0A8F88:01}


価格は4,848円。
香り立ちはブルーベリー、レーズン、動物香、ハーブ。
樽やバニラをしっかりきかせている印象があります。

味わいは渋みを強く感じ、ハムのような燻製香がありパワフルさを感じます。
ほぼカベルネと同じような作り方ではありますが、
ジンファンデルな分、ブルーベリー的な華やかなニュアンスがこちらの方が濃く、
味わいもパッと派手な印象があります。



個人的には、シャルドネとジンファンデルがいいかなと思いました。
カベルネも良かったのですが、価格帯がともすると5千円に迫る勢いなので、
そこまで行くとちょっと…という印象がぬぐえません。

実際調べると3千円台の購入も可能のようですので、それであれば、という気もします。
総じてカリフォルニアらしい作りで、
ゴッドファーザーの監督の一家が手掛けるワインというハクもあり、
バリュー感こそは強く感じませんが、納得の価格です。



《コッポラ ディレクターズカット》 シャルドネ ロシアン・リヴァー・ヴァレー [2013] フランシス・フォード・コッポラ



【フランシス・フォード・コッポラ】ディレクターズ・カット・ジンファンデル[2012](赤) 750ml カリフォルニア



【フランシス・フォード・コッポラ】ディレクターズ・カット・カベルネ・ソーヴィニヨン[2012](赤) 750ml カリフォルニア


オススメ記事一覧


「マツコの知らない世界」に登場の白ワイン セブンイレブンPB ヨセミテ・ロード シャルドネ
マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
8/25放送 ロンハーでくみっきーが出したワインが話題
テレビで話題になったワインまとめ
MBS「世界の日本人妻は見た!」に登場 スターク・コンデ・ワインズ
ドラマ BARレモンハートに登場したフランチャコルタとは
※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。