KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
南アフリカのワインです。

クリスタルムの最高峰、クリスタルム・キュヴェ・シネマ・ピノノワール 2014を飲みました。
インポーターはラフィネさんです。
購入店はワインショップ ワインホリックさんで買いました。

クリスタルムは南アフリカのウォーカーベイのヘルマレス地区に位置します。

マスターオブワインのティムアトキン氏による南アフリカワイン格付けでは第1級。

{84C061AD-F61A-48D2-8032-20832EC7BDD7:01}


キュヴェ・シネマは当ワイナリーの最高峰。
畑により、マハベル、ボナファイドなどのワインがありますが、
価格はエントリーキュヴェのピーターマックスピノノワールを除き
6千円に満たないくらいのワインです。

ワインレポートさんでも直近で大々的に取り上げられたワイナリーです。
さてどうでしょうか。

{F5B5A785-944E-4B3F-B85B-EEB29AE96AD7:01}


香りはラズベリーやイチゴ、マッシュルーム、わずかに梅、
土やバニラ、血液、ミルク。

複雑な香りでどこかキノコを思わすニュアンスが
ブルゴーニュ的な印象を感じさせます。草っぽさはあまり感じません。

味わいは抜栓直後はアルコールを強く感じ、スパイシーなニュアンスを強く感じます。

香りを率直に伝え、赤いベリーに加え、石のようなミネラル。
時間の経過でスミレ、バニラ、ハムのような燻製香、あんこのような甘いニュアンスが蠱惑的です。
「あんこっぽい」というのはちょっとカミュのマゾワイエールシャンベルタンを思い出させますが、
クリスタルムは他の要素がハッキリしているのでいい塩梅です。

抽出はやや高い印象がありますが、口にタンニンが残る印象はありません。
余韻は割と短く感じます。

今の段階では当然ですがまだ飲むには早いです。
硬いのではなく、色々な要素が混在していて、
アルコールも強めに感じるので外交的で派手な印象があります。
味わいの向かう先は軽く、しなやかな印象があります。


抜栓1時間後くらいの香り立ちから
カリフォルニアっぽさとブルゴーニュっぽさを足して2で割ったような感覚があります。
オークっぽさや派手な感じがアメリカらしさを思わせるのでしょうか。

初日はノリがいい香りですが、2日目から減退。5日目くらいでは苦味がたちますが荒々しい印象があります。少々チリっぽい印象が出てきました。
開けて1週間を超え、青っぽいニュアンスが出て甘露なニュアンスもぶり返してきました。
これは旨いですね。ぐっと盛り返してきています。

{140694B5-D9F8-4970-AD09-D38969049E8D:01}
※ロットナンバー入りで貫禄感じます


■所管

5千円台、という価格を鑑みると素晴らしいバリューです。

南アフリカの5千円前後の価格帯のピノノワールは
こちらのクリスタルム・キュヴェシネマ ピノノワール2014、
そして以前に、別の生産者となりますがニュートンジョンソンファミリーヴィンヤード ピノノワール 2012を飲んでいます。

過去記事:南アのエレガンスとは ニュートン・ジョンソン ファミリーヴィンヤード ピノノワール2012
※こちらのインポーターはモトックスさん

個人的には価格を無視すれば、クリスタルムの方が複雑味は長けています。
これに対して、ニュートンジョンソンはよりピュアで軽やか。うまみがあるタイプで、翌日以降も美味しく飲めるという安定感があります。

「厚み」や「派手さ」という点ではクリスタルムの方がありますが、
この辺は好みが分かれそうです。
ニュートンジョンソンはスイスイ飲めますが、
クリスタルムはちょっと考えながら飲んでしまいます。

もちろん2年間のヴィンテージ差はあるので、
クリスタルムも数年してこなれてから出会いたい所ではあります。

ただ、双方共通してブルゴーニュ的です。
樹齢が若いはずなので、森のような清涼感や静けさや染みいるような感じはこのワインにはありません。
また、ちょっと濃い感じが見て取れます。
「しいて言えばブルゴーニュ」という感じです。

ただし、実売的な価値を言うと、ブルゴーニュのプルミエクリュですと言われたら信じちゃいそうな勢いがあります。
当然ブルゴーニュもピンキリですので上位生産者クラスとは言いません。その辺は私の感度ですが。
グランクリュ並み!とか言ってしまっているショップもありますけど、さすがにそこまでは無い気がします。


■まとめ

貴重なクリスタルムのキュベシネマですが、あえて2014年ヴィンテージを早々に飲みました。
ギリギリ市場も在庫はある為、
「まず飲んで、あるうちにもう1本保存用に買いたい」
という確認の意味で飲みましたが、正解でした。ストックしたい1本です。

引っかかるのは14年ヴィンテージという若いワインとしては非常に外交的で
素人から見ても、これがいい方向に熟成するかどうかはさっぱりでした。

参考程度に、2012年ヴィンテージはワイナリーは10年は飲めると書いてあるのですが、
この2014年は個人的には向こう3~5年くらいで飲んでしまうのがいいようには感じました。

南アのワインに五千円も出せないよ~というのが今の消費者の本音ですし、
内心私もそう思います。
本来は、2千円くらいで倍値くらいの価値のあるワインを探すのが南アの楽しみとも思っています。
しかし、それでも一言この銘柄についていえば
あるうちに買え、です。



2014年は冷涼な年で抜群のでき!クリスタヘルム / キュヴェ・シネマ・ピノ・ノワール [2014]
上記ワインホリックさん私は購入しました



キュヴェ・シネマ・ピノ・ノワール[2014]クリスタルム(赤ワイン)[S]

タカムラワインハウスさんでギリギリ在庫があります。

オススメ記事一覧


「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワイン会に参加して感銘を受けた話
南アフリカ クリスタルム・キュヴェ・シネマ・ピノノワール 2014を飲む
南アのエレガンスとは ニュートン・ジョンソン ファミリーヴィンヤード ピノノワール2012
南アフリカ最高峰 ブーケンハーツクルーフ シラー 2011を飲む
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
※すみませんが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
南アフリカのワインです。
ニュートン・ジョンソン ファミリーヴィンヤード ピノノワール2012を飲みました。

インポーターはモトックスさんです。


兼ねてから、南アフリカのピノ・ノワールが非常に気になっていました。
というのも、南アフリカのワインは全体的にコストパフォーマンスに優れた印象があり、
白ワインのシャルドネやシュナンブラン、赤でいうとシラーは非常にレベルが高く
「ピノノワールはどうなんだろう」という期待をもっていました。

それと、個人的に「5千円までのブルゴーニュ的ピノ」を
新世界で探し当てたかったのです。

欲しいのはエレガント系ピノ。
チリは過熟感があり塩気がある、NZは赤や黒のベリー感が濃く、ドイツやオーストラリアは上質な物は価格がやや高い、
カリフォルニアは甘露なニュアンスが強いなど。

コスパの欲求を満たせる可能性があるとすれば、ニューワールドの中で「未開拓」ともいえる新興国である南アではないかと思っていました。

{DACFF439-6556-4F34-818B-5CC30537418B:01}


ニュートン・ジョンソン ファミリーヴィンヤード ピノノワール2012。

南アフリカワインの権威あるガイド本
プラッターズガイドで最高評価の★5つ。

2012、2013と★5つ評価ですが、
おそらく2013は早いと言うか、南アフリカのワイン全体が
割と長熟を予感させる味わいなので、わざわざ2012年ヴィンテージを探しました。


飲む前に心配していたのは、南ア特有の泥臭さがあるのでは、と言う点と、
過去ニュートンジョンソンの白で感じた「塩気」が過度に出てないか、と言う点です。

こちらのピノは…

{5E22E54B-2F44-44C1-B90E-DCD0DE67696A:01}


う  ま  い   。


チェリー、ラズベリー、スミレ、バニラ、葉の茎、ミネラルなど。華やかな香りがします。樽っぽさはあまりありません、

味わいはミネラル感、チェリー、アセロラのような酸。
あまりプラムやゴムっぽさは感じません。
わずかに甘さ、余韻にバニラのような甘さが残ります。

感覚的には少し前に飲んだオーストラリアのカーリーフラットに近い感覚もあり、
色みは淡さを感じるものの、抽出としてはそれなりにあります。
しかし、非常に塩梅がいい。

一点が極端に主張せず、うまみがあり優等生的なピノです。
ちょっとブルゴーニュからすると抽出感が高い気もしますが嫌味ではありません。

いやーこれいいですね。
価格対比で考えると非常に満足感高いです。

目的としていたエレガント系ピノという部分はクリア。ピュアな印象もあります。
2日目以降ちょっと抽出感が濃いのが目立ってきましたが、
開けた直後は「これは!」と思える瞬間がありました。

で、ブルゴーニュ的かと言うと一致する所もあるのですが、
やはり腐葉土とか森のような香りと言うか、静かな要素は薄いです。
ハツラツ系ブルゴーニュ寄りという印象。
2012年とはいえ、熟成でどうかなるかはわかりません。


目的の6割くらいはクリアと言う所でしょうか。期待値よりは高かったですし、下手なブルゴーニュを探して首を捻るより安定感はズバ抜けてます。

特筆すべきは5千円前後と言うバリュー感です。素晴らしいくらい。

今回の2012年ですが、もう2、3年待ちたいですね。
既に現行ヴィンテージが2013年に移行しており、
同じく2013年ヴィンテージもプラッター★5評価です。


2012年は楽天にロクに在庫ないですけど、
本音をいうと数本ストックしたい所です。

南アのピノはこれからも追いたいと思います。


余談ですが、当ブログは南アフリカワインをかなり推しています
割と「オススメワイン」カテゴリに選出してますので、
その辺り加味いただきご参考ください



ニュートン・ジョンソン ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ ピノ・ノワール [2012]

■オススメ記事(オススメワイン&南ア)

南アフリカ最高峰 ブーケンハーツクルーフ シラー 2011を飲む
南アフリカワイン ロバートソンno.1シラーズ2011を飲む
南アフリカの最高峰「ブーケンハーツクルーフ セミヨン 2007」を飲む
南アフリカ ポールクルーヴァー シャルドネ2013を飲む
南アフリカ ド・トラフォード・シュナン・ブラン 2010を飲む
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
南アフリカ最高峰のワイナリーとして名高い
ブーケンハーツクルーフのトップレンジ
ブーケンハーツクルーフ シラー 2011を飲みました。

日本への入荷が各銘柄100~150本前後と極々少量であり、
かつ品評会などには自らは出展しない「ノー・ショー・ワイン」であり、
日本での入手の困難さから、カルトワイン的な位置づけになっている銘柄です。

インポーターは株式会社マスダ。
ワイナリー名は「土着のブナの木」という意味で、各銘柄は
・ウルフトラップ
・ポークパインリッジ
・チョコレートブロック
・フラグシップ(7つの椅子)

となっています。フラグシップは
レイトハーベス(甘口)、セミヨン(白)、カベルネソーヴィニヨン(赤)、
そしてトップレンジのシラー(赤)です。
他にジャーニーマンというボルドーブレンドがあるようですが、
日本への入荷はおそらくされていません。

個人的には過去に2008年カベルネを飲み、感銘を受け
南アフリカワインが好きになった経緯がある憧れのワインです。

南アフリカの権威あるワインガイド本
「Platter's South African Wine Guide」では
2011年シラーは5点満点中4.5点。この年はカベルネが5点満点です。
2012年シラーは5点満点。さて2011年はどうでしょうか。


{17900356-D68B-4BFB-9284-E889A583D747:01}


フランスローヌのエルミタージュを感じさせます。

香りはブルーベリー、プラム、バニラ、スパイス、キャンディ香、
煙のような要素、肉の燻製香。香りの奥にシナモンのようなスパイスの香り。

抜栓して2時間も経つと
トーストのような要素やプラム、ミルク、
木質香、シャボン玉のような香り。

味わいはスパイシーさ、ブルーベリー、ヨーグルトっぽさが主体。
余韻にはカラメルなどがあり、分かりやすいシラー的な味わい。

余韻はそんなに強くなく、比較的穏やかでなだらかに収縮するイメージです。
口にはあまり残る印象がなく、スッと上品にフィニッシュします。

総評して、さすがに南アフリカのトップクラスのワイナリー。
色んな要素がギュッと詰まっていて、旨いです。

ブルーベリー主体のエルミタージュっぽさ、
赤いベリーを思わせる軽やかな余韻、グラーヴっぽい煙っぽさ、
バニラ香をしっかり効かせたナパカベっぽさなどなど。

南仏+アメリカっぽい感じがするのが率直な所ですが、
要素を追いかけると「これはどの国のワインだっけ…」とうろたえるくらい、
一言では終わらない要素がくるくると変化していくので飲んでいて楽しいですね。


飲む前に予想していた、南アフリカ特有の土っぽさはあまり感じません。
ブログを始めるより前に「カベルネ 2008」も飲んでいて、
土っぽさを強く感じたので、シラーも絶対土臭いとあると思っていたんですけど。
シラーは果実実が先行している印象です。


ハッキリ言って素晴らしいのですが、
個人的には、「今飲む」という前提であれば、
年始に飲んだロバートソンno.1シラーズ 2011の方が好きかも知れません。

余韻に甘いのがドッとくるとんがったワインが個人的に好きなんですが、
ブーケンハーツクルーフはあくまで色々な要素を詰め込み、かつ上品なので。


抜栓後から日持ちはします。閉じたり開いたりを繰り返すので難しいですが、
2日目>初日>5日目>3・4日目みたいな感じでしぶとく味わえます。

今飲んでもおいしいですが、飲み頃はもう少し先だと思います。
というのも、内包する要素がかなり多い一方、
果実みがかなり主張的で、もう少し待つべき印象をもったためです。


もし熟成させて果実実が抜け落ちてくる事を想定すると、
煙っぽさが生きて、今度は重厚なイメージが出てくると素人なりに感じます。


ということで、5年先にもう一度出会いたい所ではあります。
11や12年などストックはあるのでこれは寝かせておきます。


<追記>
上記でべた褒めしている
ロバートソンno.1 シラーズの最新ヴィンテージ2012を飲みました
南アフリカ ロバートソンCR No.1シラーズ 2012を飲む
明らかに早かったので、ちょっとブーケン代替としてはオススメしませんすみません



ちなみにいわゆるセット販売でしか在庫が無い状況です


【送料無料 お買い得3本セット!】ブーケンハーツクルーフ シラー [2012] 1本、マリヌー・ホワイト・ストロー 2013 マリヌー・ワインズ 375ml1本、リーボスクルーフ スパークリング クラシック ブリュット [2007] 1本




オススメ記事一覧


「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワイン会に参加して感銘を受けた話
南アフリカ クリスタルム・キュヴェ・シネマ・ピノノワール 2014を飲む
南アのエレガンスとは ニュートン・ジョンソン ファミリーヴィンヤード ピノノワール2012
南アフリカ最高峰 ブーケンハーツクルーフ シラー 2011を飲む
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ

※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
ユーフロリア アロマティック・ブレンド 2013を飲みました。
過去に少し気になるワインと言う事で記事にもしましたが、
カリフォルニアワインとNZワインのYANAGIYAさんで購入しました。


ユーフロリア プロプライエタリー・ホワイト "アロマティック・ブレンド" ワシントン [2013] (正規品) Eufloria Aromathic Blend

2013年が初ヴィンテージ。
変わり種なのがセパージュ。

ワシントンで収穫されたリースリング、ミュスカ、
シュナン・ブラン、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリ
以上5種のブレンドとのこと。


なお、個人的な巡回ブログの「オタクdeワイン」さんでもレビューされています。

○参考
オタクDEワイン!シンクのティスティングノート「楽園?それとも幻影?美味いのかダサいのかすら最早わからない、ゆめにっきファン必見の不思議な世界観 ユーフロリア2013」

上記のブログはみなさんご存知かとは思いますが、
非常にレビューが参考になるので巡回先に加えていない方は是非ともご覧ください。


{6596F351-8C38-4039-A178-21747BC0AB44:01}


リンゴ、ライチ、梨、白い花を思わせる甘い果実の香り。
僅かに麦わらのような香ばしい香りもあります。

味わいはライチやリンゴに梨。
はちみつを思わせる甘さがあり
しっかりとした「甘口」の部類ですね。

ですが、柑橘のキリッとした風味もあり、
さらに余韻には僅かにお米のような穀類の風味も感じられます。

エグみや甘ったるさを感じないのが好印象です。
口に入れた時のファーストタッチは甘く、でも嫌味な甘さではない。

甘さの余韻が長くないので
クイクイと飲んでしまうスタイルのワインです。

ゲヴェルツトラミネールやリースリングの風合いが主体ではあると思います。
多くの品種ブレンドをしているからか香りは色々な要素があります。

これは手ごわいんじゃないでしょうか。
女性やワイン初心者の方にも受け入れられると思いますし、
飲み慣れてる方は、各品種の要素が楽しめる。

とても気に入りました。
香りも味もうまーくバランス取れてます。

販売元のページにも書いてあるんですが甘いんだけど甘くない。
これが3,000円というなら悩みますが、ほぼ2,000円ジャストなのも◎。

ワインを飲みなれない方にも一度触れてほしいワインです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スペインの赤ワインです。
レアル・デ・アラゴン・ガルナッチャ・センテナリア 2010を飲みました。

購入店は京橋ワインさんです。
輸入も京橋ワインさんで行っているようです。


レアル・デ・アラゴン・ガルナッチャ・センテナリア 2010

作り手はボデガス・ランガ。
過去に記事にした「π(パイ)」も同じつくり手です。
過去記事:円周率のワイン「π(パイ)2008」を飲む

こちらは樹齢100年のグルナッシュ(ガルナッチャ)種のブドウ100%のセパージュ。
2008年ヴィンテージはWA91点と言う評価を得ているようです。
実際2008年ヴィンテージは実に美味しかった記憶があります。
2010年ヴィンテージはどうでしょうか。


{372478A8-E6F8-4176-A414-0F8A29E4A492:01}


バニラ、スパイス、ブラックベリーや燻製ハムの香り。
結構バニラや樽をきかせた印象のあるパンチのある香りです。

味わいはやや甘みを感じます。
バニラっぽさを主体に、木質香、カスタードクリームのような余韻が口に広がります。
若干ミントのような清涼感もほのかに感じます。

非常に樽やバニラのニュアンスを利かせた分かりやすい味わいのワインです。
しっかり濃く、甘みを感じ、余韻もバニラっぽい感じ。
安くてうまいスペインワイン、という印象を率直に伝えるワインです。

例えが悪いですが、こってりとんこつラーメン、じゃないですけど
こってりバニラ(樽)香、という感じで個人的には直球勝負で好きです。

08年はさすがに更に複雑みがありましたが
10年でも1,500円くらいの値段であればバリュー感あるでしょう。

抜栓してから数日たってもなかなか風格ある香りがします。
もう少し寝かせておきたい気もしますが、
京橋さんで過去購入した中でも2ヴィンテージともにいい感じでした。
価格対比で非常にオススメです。

レアル・デ・アラゴン・ガルナッチャ・センテナリア 2010
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。