KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:

きました!!!オーストラリアの有名カルトワイン!!
「グレッツァー・アモンラ・シラーズ 2011」が解禁されています!!!!

このワインはマンガ「神の雫23巻」における『第七の使徒戦』で
主人公の神崎雫が使徒候補として持参したワイン。
※使徒は「シネ・クア・ノン'03 ザ・イノーギュラル・イレブン・コンフェッションズ・シラー」でした。

作中で神崎雫が「発見」と表現されたこのワインは
樹齢120年の古木から生み出される
ベン・グレッツアーの作りだす豪州髄一のカルトワインです!!!


グレッツァー・アモンラ・シラーズ 2011

『超パワフルな味わいというよりも、リッチで複雑な味わいが堪能でき、
どこかエレガンスさえ感じさせる多彩な味わいが凄いんです!!
ですから超濃厚!とかエレガント!とか一言で表すことは不可能!!
時間と共に味わいも変化し、壮大で多彩な味わいに思わず溜息がでてきます!!』
(お店コメントより)

とにかく2010年の瞬殺と言っていいほどで
一日程度しか在庫が持たなかったのが非常に印象的でした。
あるうちに!!!とオススメします!!!

グレッツァー・アモンラ・シラーズ 2011




[PR]ディズニーシー攻略法満載サイト(スマートフォン)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ワイン漫画「神の雫」
ワイン好きの方なら一度は目を通したことがある
ワインブームの火付け役ともいえる作品です。

最新作36巻にある巻末コラム。
その中で大絶賛のワインを見つけました。

南アフリカの新生ワイナリーの一本「マウント・バレット」です。
(コラム内でのヴィンテージは2007年)


マウント・バレット 2011



伝統のあるフランスや、おなじくイタリアなどと異なり、
新しい生産国であるニュージーランドやチリや南アフリカで作られたワインは
「ニューワールド・ワイン」と呼ばれます。

伝統が無い分比較的安価でありながら、その恵まれた気候から
時に高級ワインを凌駕する実力のあるワインが産出されます。

南アフリカのワインというとニューワールドの中でも特に馴染みがありませんが、
私も以前南アフリカの希少ワイン「ブーケンハーツクルーフ」を飲みましたが、
同価格帯のワインより遥かにポテンシャルを感じたものです。


コラムの著者は、官能メルローの三角形と称し、
シャトー・ル・パン」「スリーパーム・ヴィンヤード」「プロヴィダンス」を挙げていますが、
今回の「マウント・バレット」をその一角に加え「四角形」と表現しています。
どれも一万円をゆうに超えるワイン、
特にシャトー・ル・パンはワイン好きなら憧れの10万円超えの超高級ワインです。

シャトー・ル・パンが20万円ならマウント・バレットは23万円が妥当
とまで表現してしまった評価があまりに印象的です。

問題はこのワイン、年間生産で日本への割り当てがわずか300本しかないという事。
希少ワインの一つなのです。しかしながらお値段は6,000円程度!!

飲み頃はまだまだ先ですが、ついつい私も購入。しばらく寝かせて飲もうと思います。

ワイン好きな方への贈り物としても喜ばれそうですね。オススメです。
マウント・バレット 2011
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカのナパ・ヴァレーと言えば
カリフォルニアワイ ンの最高峰「オーパス・ワン」をはじめ、
数々のカルトワインを生み出す銘醸地。

本日はその地で作られる赤ワイン
「マッケンジー・ミューラー・ナパ・ジャズ」をご紹介します。


マッケンジー・ミューラー・ナパ・ジャズ 2006

マッケンジー・ミューラーは80年代に
ロバート・モンタヴィの醸造長を務めた
ボブ・ミューラー氏が立ち上げた小規模なワイナリーです。
生産量は年間2,5000ケース。

アメリカの有名ワイン専門誌「ワイン&スピリッツ」で
「2000年エステイト・ワイナリーオブ・ザ・イヤー」を受賞。
実力確かなワイナリーです。

現地では100ドルするともいわれるマッケンジー・ミューラーのワインを
もっと手軽に、という思いからリリースされたのが
今回ご紹介する「マッケンジー・ミューラー・ナパ・ジャズ」です。

印象的なラベルと、その名前「ジャズ」は即興によるブレンドとのこと。

『豊潤な果実味と豊かな酸味とのバランスが素晴らしい
ミディアムボディの味わいに、きめ細かく滑らかな口当たりが
なんとも心地よいワインです!!!!
今直ぐに飲んで美味しいので、『飲みごろはいつ?』
『デキャンタしたほうがいい?』なんて考える必要は 全くありません!!!』
(お店コメントより)


ブドウ品種は、カベルネ・フラン44%、カベルネ・ソーヴィニヨン28%、
メルロ10%、マルベック18%。

ナパのワインというとなにより高価なイメージですが、
これは安心して飲めそうです。お勧めします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ペスケラ・ティント・クリアンサはスペインのワイン。
アレハンドロ・フェルナンデスの作る一本。


ペスケラ・ティント・クリアンサ 2009


このワイン、私がここしばらくで「すごい!!」と率直に感じた一本。

お値段的には3,000円前後と思いますが、
某大阪の百貨店と、ワインショップ両店で試飲させてもらって購入を決定。

バニラを軸にしたようなスパイシーな香りが広がり、
口に含んだとたん更に独特の香りが際立ってきます。
ワインの面白さを感じ取れる一本です。

で、家に帰って抜栓したのですが、なかなか開かない…。
お店で試飲させてもらった時と違って香り立ちがなかなか立ってきません。
予想に反して気難しいワインです。

是非とも大きめのグラスをご用意いただき、
ゆっくりと香りが開くのを待ちながら週末などに飲んでいただきたい一本です。

『ボルドー・タイプのグラスを使用されていたのですが、
その中に広がる、しっとりとしたダーク・チェリーやスパイスの香りが、
なんとも心地よく、豊かに広がる香りと、滑らかで、
程よいボリュームを備えた味わいは、つい、一口、もう一口と、
グラスが進む美味しさでした。』
(お店コメントより)

ブドウ品種はスペインでおなじみのテンプラニーリョ100%。
アメリカンオークの樽で18ヶ月、瓶内で6ヶ月という一本です。

ペスケラ・ティント・クリアンサ 2009

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
五大シャトーの筆頭「シャトー・ラフィット・ロートシルト」

その2005年ヴィンテージが大阪のタカムラワインハウスさんの実店舗で
本日7月13日13時に抜栓されてました。

KOZEのワインブログ-130713_1753~02.jpg

ボトルでは189000円。
有料試飲で、
10mlで1800円、25mlで4500円くらい、50 mlで8600円くらいでした。
(別途デポジットカード代が500円)

香りは高級ワインに感じ取れる西洋杉や鉛筆のような石の感じ。
個人的にはほんのりブルーベリーのような雰囲気もあって、ずっとグラスに鼻をつけてました(笑)

どっしりとした重厚さの中に気品のあるニュアンス。
素晴らしいです。


近々まではまだあるでしょうし、概ね三連休の間にヘタるようなワインでもないでしょう。

貴重な機会、オススメです。

※追記:最近よく見るワインサーバーの「エノマティック」を調べると、窒素ガスを入れておよそ三週間の品質保持が可能、との事です。なるほど。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。