今日は朝からあいにくの雨・・・

4時半起床。

でも、全然辛くないんだな、これがニコニコ

今日はVigneronクラブの初日で、

勝沼の畑に芽かきに行くのだぶどう


Vigneronとはフランス語でぶどう栽培者の意味。

一年間ぶどうの栽培に携わり、ワインになるのを見届ける。

“8千円(入会金)払って、労働させられるわけ?!”と

興味のない友人には断られ、1人での参加。

でも、ワイン好きにとっては、ぶどうの成長を

一年間見守るなんて、お金を払ってでもしたい

体験である。


私達が責任を持って育てるのは、鳥居焼きで有名な

鳥居平の畑。

日当たりがよく、斜面になっているため水はけもいいので、

ぶどう栽培に適した場所です。


午前中は室内で芽かきの説明を受け、

お弁当を食べたら、かっぱ姿になり、いざ、畑へ。

元気に枝葉を伸ばしている新緑の木々たちが待っていた。


ぶどうの木


うっそうと葉が茂った状態では光合成ができないし、

葉と葉が重なった場所は病気にもなりやすい。

不要な芽を落として、十分に栄養が行き渡るようにするのが、

芽かきの目的です。


芽かき後・・・


芽かき後

こんなにさっぱり、見通しがよくなっちゃいます。

最初はおっかなびっくり、どの芽を落としていいのか

迷いますが、やっているうちにだんだんコツが

つかめてくる。

最後の方は、皆、大胆に潔く芽をかいていました。


落とした芽は・・・

もちろん、持ち帰りました!!


芽 葉っぱ










やわらかい新芽の部分はてんぷらに。

畑に生えている野草も摘んで、たまねぎやにんじんと一緒に

かき揚げにするとおいしいそう。

大きい葉っぱはお魚やちまきを包んで蒸してみよう♪


大事な戦利品を抱え、鈍行電車で帰途につく。

旅のお供はもちろんワインワイン


ワンカップワイン

ワンカップのワインなんて、おしゃれなような

おやじっぽいような・・・

でも、畑仕事を終えた私達とこのカップ酒は

なぜかぴったりくるのでした。

(いつの間にか禁酒を解いておりました(^▽^;)

まゆ

AD

禁酒の身ゆえ

テーマ:

こんばんは!

GW終わっちゃいましたねしょぼん

皆さんはどのように過ごしたのでしょうか?

私はワインのボトルが足の親指に直撃!!

全治一ヶ月の大怪我をし、悶々とした日々を過ごしております。

理由が理由なだけに、同情もしてもらえず、

もちろん飲酒はNG。

固定しているので、手持ちの靴はどれも入らず、

ナースシューズみたいな、いけてないサンダルで

ゆっくりゆっくりと歩く毎日です。


“骨を治すなら、チーズをいっぱい食べなくちゃね!”

とチーズ関係者は誰もが口を揃える。

そう、チーズはカルシウムが豊富な完全食。

なかでも、パルミジャーノレッジャーノはカルシウムが

通常のチーズの2倍、脂肪分は32% と低いので、

骨にひびが入っていて、運動できない私には最適!!
パルミジャーノ

このチーズをたっぷり使って、今日はカルボナーラにするぞ!!


カルボナーラは、カーボン=炭からきているそう。

北イタリアの炭焼き職人が寒い中での作業に耐えるため、

クリームとチーズのたっぷり入った、スタミナ満点のパスタを

作ったことから、この名前がついたとか。


私もよく失敗したけど、温度を間違えると、炒り卵状態になっちゃう。

フライパンにオリーブオイルとベーコンを入れてよく炒めたら、

火を止めて、フライパンを冷ましておくことがポイント。

スパゲッティが茹で上がったら、フライパンに手早く入れて火をつけ、

塩をして30秒であえる。

予めあっためておいたボールに麺を入れたら、手早くたっぷりおろした

チーズと黄身を2個分を混ぜて、黒胡椒をパラパラ。

ほら、おいしそうでしょうドキドキ
カルボナーラ

こってりしたパスタにはさっぱりとしたゆず胡椒とビネガーのソースをかけた

まぐろとアボガドのサラダと一緒に。
マグロのサラダ

これだったら、ソアベとかやっぱりワインが飲みたくなっちゃう。

一口だけ・・・っていって飲んだら、フランクフルトみたいに

指が腫れてしまった(T-T)

まだまだ、禁酒の禁は取れそうにありません・・・え~んあせる


まゆ

AD

神戸より愛をこめて2

テーマ:

今日も神戸は気持ちのいいお天気でした晴れ

春の日差しというのは、穏やかでさわやかで前向きな気持ちにさせてくれるねえ。

道路脇に生えている背の低い雑草でさえ、小さい花をつけてるんよコスモス

自然よありがとう 黄色い花ヾ(@^▽^@)ノ黄色い花

自然に感謝したこんな日は、身体にも自然なものを取り入れたいね~

ナチュラルショップで、有機にんじんを見つけたので今日はコレに合うワインを考えよう

んん、、野菜とワインのマリアージュって難しい汗

有機ってところだけムリクリ合わせて、今日のワインはコレだ ヽ(゚◇゚ )ノ


有機にんじんグラッセ

IL VEL Gutturnio 2006 [イル・ヴェイ グットルニオ]

イタリア エミリア・ロマーニャ

バルベーラ65% ポナルダ35%

1900円

ぶどうエチケットで一目瞭然。ビオデナミよんてんとうむし

  夫婦二人三脚でゆっくり作られるというこのワイン、

  ぶどうの葉が芽吹こうとしているエチケットからも力強さとやさしさを感じるね。

ワイン赤紫色。まさに完熟ぶどうの絞りたてのような色合い

  ローズマリー→ゼラニューム→生のイチジク→ドライブルーベリーの香り

  口に含んだ瞬間、舌先にピリッと感じる微量の発砲。

  ビオ独特の青みを感じつつも、口に広がるとスパイシーな味わいに。

  飲み進めると青みは、エグ味でなく奥深い旨みに変わった!

ナイフとフォーク自然の恵みに感謝し、「有機にんじんのグラッセ黒こしょう」とともに。

  そういえばバターが店頭から消えて品薄!

  洋食ピンチですな ヽ(;´ω`)ノ


それでは、どうぞみなさま健康なワインバカでお過ごしください。

ふみ





AD