Windyの気まぐれ山歩

山歩きのはなし


テーマ:

 山ボーイさんが先日歩かれた 若桜町の西の稜線を歩いた

 

 諸鹿集落奥の中国自然歩道入口近くに駐車し 自転車で若桜浄化センター前まで下る

 道路の温度表示は1℃だった

 

浄化センター前から朝日を浴びた千石岩を見上げる

 

 町境をたどろうと田んぼの畔を歩いて斜面に取り付こうとするが あまりに急斜面だったので尾根の先まで回り込んだ

 

7:45尾根取り付き

なんとなく踏み跡がある

 

朝靄に包まれた尾根

 

展望が効く岩の上から若桜の町を見下ろす

 

東山 弁天山方向

 

千石岩付近は急だが 意外とコース取りには困らなかった

 

急坂が終わると歩き易い自然林になる

 

 山ボーイさんが597P付近から迷いやすくなると書いていたので 地形図とコンパスを頼りに進んでいく

 

639.9三角点9:21着

 

なかなかの上物

 

 639.9Pから634Pまでは快適な稜線歩きだったが 654.5Pまでは地図読みが求められた

 

654.5三角点10:32着

 

屏風岩の上の稜線

ここも危険個所はなく なだらかで歩き易かった 

 

広留野の農道に出る

奥に扇ノ山が見える

 

氷ノ山の山頂付近は白く見える

 

717.6三角点11:32着

 

 717.6Pから北へ向けて町境を進んでみたが 畑の中を歩かなくてはならず 農道もぬかるんでいたので途中でやめて引き返した

 

開墾地

 

 時間がまだ早かったので 滝を見に行くことにした

 広留野には何度か来ているが 滝まで降りたことはなかった

 

大鹿滝

開墾地から130mの標高差を下った

何度か滑りそうになった

 

 

出合の滝

木が邪魔をしてきれいには見られない

 

虹がかかる雲竜の滝

見事な滝だが 出会いの滝からは悪路だった

 

717.6三角点近くまで引き返して中国自然歩道を下る

 

中国自然歩道入口

 

 自然歩道は途中崩落したところがあり 一般には通行止めになっている

 下りだと少し厳しい

 

もともとこんな急なところを自然歩道にしたことに無理があったのではないだろうか

 

自然歩道入口14:25着

 

 このあと自転車を回収して帰った

 なかなか面白い地図読み山行だった

 これで若桜町境の95%以上を歩けたかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 天気の予報はあまりよくなかったが 予定していた三室山へ行った

 

 赤西渓谷に着くと 舗装工事のため途中で通行止めになっていた

 通行止は10月25日からとなっていたが ベストシーズンに通行止はないだろうヽ(`Д´)ノ

 

 仕方ないので 通行止のゲート手前に停めて 歩き始める

  

渓谷沿いでも黄葉は終盤で 落ち葉のじゅうたんを踏んで歩いていく

 

本来ならこのトイレの少し先のゲートまで車で入れる

ここまで30分かかった

 

 林道を奥へ進み 地形図で確認していた尾根を竹呂山に向けて登る

 どこを登ったかは書かないでおく

 一部踏み跡はあったが イバラがあるところがあり大変だった

 

尾根に取り付いてから1時間15分で ガスガスの竹呂山着

 

 三室山に向かっていると 小雨が降り出した

 

ガスガスの三室山

 

 予定では赤西山へ行ってみようと思っていたが 天気が悪いし 体調もいまいちだったのでテンションが上がらず 引き返すことにした

 戻っていると 雨が上がり ガスも晴れてきた

 

往路ではガスで見えなかった枯れ木が目に入った

テンションMAX v(^-^)v

袋がすぐにいっぱいになった

 

 下山は往路とは違うルートを降りたが これもなかなか大変だった

 

 赤西渓谷は 2度目だが美しい渓谷だ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

3週連続で鍵掛峠で車中泊

今回が一番カメラマンが少なかったが 一番条件が良かった

 

 

 川床を7:19に出発し 阿弥陀川へ向かう

 

いくつかある堰堤は巻いていく

 

今日は東谷ではなく 阿弥陀滝へ

水量は少ない

 

 滝の横から宝珠尾根に向かう道に入る

 

2年前に歩いているが その時より倒木が多かった

 

雪化粧と黄葉がきれい

 

三鈷峰

 

宝珠尾根に入ると雪がたくさん残っている

 

中宝珠近くからの三鈷峰

 

北壁

 

上宝珠からユートピア分岐までは ほぼ雪上歩き

 

三鈷峰の登り

 

地震で崩れているが 何とか通れる

 

三鈷峰山頂からの北壁

 

同宝珠尾根 孝霊山方向

水平線近くの薄い線が気になる

 

野田ヶ山 矢筈ヶ山方向

 

象ヶ鼻から

 

 

ちょっと上まで

 

振子沢

 

1636Pから

今日はここまで

稜線には何人か人が見えた

 

象ヶ鼻から振子山へ向かっていると 鳥が飛んで行った

ハヤブサかな?

 

 

振子山から

 

 

先週歩いた東谷を見る

 

親指ピークと野田ヶ山

 

親指ピークから見た大休峠避難小屋

 

 12:52大休峠着

 避難小屋の中でキノコパーティーをやるのでお気軽にどうぞと hiroさんからお誘いを受けていたので寄ってみた

 スキ焼き 田楽 ラスク シフォンケーキetcをいただいた

 何も差し入れもせず参加して 1時間余りいてお暇した

 総勢7人 みなさん気さくな方だった

 ごちそうさまでした(^O^)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 11月4日 まだ歩いたことのない東谷に行ってみた

 4年前にスパクアさんが 親指ピークまで登っているが 無理なら引き返すつもりだった

 

 川床10:08発

 

阿弥陀川を渡る

 

いくつかある堰堤は巻いていく

 

赤いマークがあるので迷わず歩ける

 

黄葉はまずまずきれい

 

 

東谷に入る

 

東谷にはマークなどは全くない

 

三鈷峰が見えてきた

 

親指ピークも

 

自然の造形

この少し上で 伏流した水が流れ出ている

 

ピナクルが見えてきた

 

 

 

 見当をつけて尾根への斜面に取り付く

 激急斜面で 灌木が行く手を遮るが 灌木に頼らないと登ることはできない

 

残置ロープや菓子の包みが落ちていたりして それなりに歩く人はいるようだ

 

狭いテラスで一息ついて 三鈷峰方向を振り返る

中央下にピナクルが見える

 

 気力 体力を擦り減らし 取り付きから35分で親指ピーク近くの尾根に出る

 

親指の先から東谷を見下ろす叫び

 

野田ヶ山方向

 

野田ヶ山方向に進んで親指ピークを振り返る

地震前とそんなに変わっていない感じがする

 

大山の稜線付近には雪が見える

 

誰もいない大休峠

 

川床道も黄葉が見ごろなのだろう

 

 川床14:54着

 この日山中で人と会ったのは 阿弥陀川に入渓した時に写真を撮っていた1人だけだった

 東谷から尾根への登りは 二度と歩きたくはない

 

 このあと 自然歴史館 豪円湯院 モンベルに寄り 鍵掛峠まで移動した

 この日の天気予報は 昼前まで曇りでその後晴れるとのことだったが 晴れたのは午後4時ごろになってだった

 鍵掛峠での星空はきれいだった

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 絶好の紅葉狩り日和だった

 

 先週と同じく 鍵掛峠駐車場で車中泊

 初冠雪と紅葉を狙ってか 前回よりカメラマンが多かった

 

残念ながら雪は融けていた 

 

 

 今回は文珠堂駐車場へ移動して 6:55出発

 

文殊越

 

 

 

烏ヶ山方向

 

剣ヶ峰の下の沢には雪が残っている

 

尾根に何人か見える

 

 きょうは ピークには寄らず三の沢へ下山

 

 

最終堰堤上の黄葉

 

二ノ沢右俣の黄葉

 

二ノ沢ゴルジュ

 

ゴルジュ奥の万年雪

 

金ヶ谷山~毛無山が良く見える

 

二ノ沢左俣の黄葉

 

V

 

二ノ沢上部

 

一ノ沢右俣

 

一ノ沢の黄葉

 

黄葉は環状道路の上まで降りてきている

 

 環状道路には歩道がないので 歩くのはちょっと気を使う

 

 文珠堂駐車場12:17着

 鍵掛峠駐車場は満車だったが 渋滞はそれほどでもなかった

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日の地震により被災された皆様の 1日も早い復興をお祈りいたします

 

 烏ヶ山の登山道の崩落など 大山界隈でも被害が出ているようなので 状況を見に行ってみた

 

 朝焼けが見たかったので 鍵掛峠駐車場で車中泊することにした

 23時前に着いた時にはすでに3台駐車しており 朝にはほぼ満車になっていた

 

カメラマンがずらり

 

イマイチの日の出だった

 

 

 三の沢を降りる予定なので 文珠堂から出発すればよいが 帰りに鍵掛峠で渋滞するのが嫌だったので 健康の森入口から出発することにした

 健康の森入口も7時ごろで10台くらい止まっていた

 入口近くにhiroさんの車が駐車してあり 隣に停めて 7:09出発

 

鳥越峠

 

 まずは烏ヶ山の偵察に

 

ササが繁っており きのうの雨のせいでびしょぬれになった

 

遠目には被害があるようには見えない

 

1箇所クラックがあるところがあった

 

乙女岩は健在

 

山頂付近も特に変わりなかった

 

南峰

こちら側は無事のよう

 

 

 鳥越峠から烏ヶ山までは 地震前とあまり変わりはないようだが 厳しいことに変わりはない

 

鳥越峠までもどって地獄谷へ下る

 

振子沢出合いから上流方向

紅葉は なんとなく鮮やかさがないような気がする

 

イノシシ岩も健在

 

先ほど登った烏ヶ山

 

振子沢上部

 

象ヶ鼻からの振子沢 烏ヶ山

 

三鈷峰にはたくさんの人が登っていた

 

 

クラックが入っている

 

1636P

こんなに崩れていなかったような気がする

 

天狗ヶ峰分岐から剣ヶ峰までは 小さな崩落やクラックがたくさんあった

 

 剣ヶ峰に向かう途中で まびさんやライダーさんたちとすれちがった

 ライダーさんの家は瓦が落ちて ブルーシートで覆っているそうだ

 

山頂碑は無事

 

ラクダの背は崩落して通れなくなっているとのこと

(個人的には何年か前に通るのをやめている)

 

三の沢~一の沢

 

槍尾根を歩くまびさんたち

 

槍尾根にも崩落やクラックがいくつもあったが なかでも槍ヶ峰が一番崩落が大きかったような気がする

自分の力量では もう槍の先に立つことはないだろう

 

最後の1輪

 

紅葉は最終堰堤の上まで降りてきている

 

 

 最終堰堤の少し上で まびさんたちに追いついて 堰堤の上で休憩した時に 収穫したマイタケを見せてもらった

 なんと一抱えもあるものだった

 自分はムキタケを少しばかり採って帰った

 

 健康の森入口13:54着

 結局 文珠堂から鍵掛峠へ向けての渋滞はなかった

 健康の森側からは20~30台渋滞していた

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 朝は秋祭りの準備があり 遠くへは行けなかったので 泉山へ

 泉嵓神社下の駐車場からAコース-山頂-笠菅峠登山口を往復した

 秋らしいさわやかな天気だった

 

ナデシコ

 

絶好の山登り日和

 

稜線はリンドウロード

 

アキノキリンソウ

 

氷ノ山方向

 

山頂

 

大山方向

 

今年は文字の刈り払いはやらないのだろうか?

 

笠菅峠登山口

ここで昼食

 

 今日会ったのは12人+柴犬1匹+シマヘビ1匹

 福ヶ乢から笠菅峠登山口までは全線ササが刈られていた

 大神宮原コースも刈られていたようだったが Bコースはヤブのままだった

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 朝食を摂りながら 天気予報を見ていると 8時ごろと午後3時以降が雨との予報だった

 夕食はたくさんの人が小屋のカレーを食べていたが 小屋の朝食を食べていたのは7人しかおらず みんな早発ちしていた

 

 一応餓鬼山避難小屋を目指して 6:18に小屋を出発した

 

 阿曽原谷を渡り 標高差130mほど登り 少し下ると水平歩道になる

 予報より早く 7時半過ぎから雨が降り出した

 初めは降ったりやんだりだったが 欅平に近づくにつれ本降りになった

 

 

この沢は堰堤の中を歩く

 

折尾滝

 

欅平が見えた

近かそうだが なかなか着かなかった

 

 

大太鼓

 

 

思ったほど怖くはなかった

 

志合谷

 

志合谷トンネル入口

ヘッドライトなしでは歩けない

気を付けて歩かないと靴が水没する

 

このトンネルは短い

 

 

最後は水平歩道から250mほど激下って 9:55欅平着

 

 昼食には少し早いが 雨がやまないので 時間つぶしで駅の立ち食いうどんを食べた

 食後も雨は止まないので とりあえず祖母谷温泉まで歩いて 小降りになったら登ることにした

 

唐松岳登山口

 

祖母谷温泉

 

 結局雨は降り続いていたので 登るのをやめ温泉に泊まることにした

 

ひと風呂浴びて 「岳」を読んでいると 昼食のそばが余ったとのことでサービスしてくれた

真ん中の黒いのは イワナの甘露煮

 

河原の温泉にも入ってみた

石でせき止めて水の量を調整するが 川の水位が高いので 水のほうが多くぬるかった

 

今回はどこの宿も食事がおいしかった

 

 雨は夜中中降り続き 翌朝起きて宿の前の祖母谷を見ると 濁流となっていた

 今回は無理して登らなかったのが正解だったようだ

 避難小屋泊用に持って行った寝具や食料が重いだけで終わってしまった

 まあ「山は逃げない」と思うことにしよう

 

 翌朝は小降りになったが 一番列車で宇奈月温泉に着いても雨は降っていた

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 7日はモルゲンロートで夜が明けた

 

剣山荘

 

剱御前

 

 

 

 剱沢小屋5:51発

 剱岳にも登ってみたかった

 

剱沢を下るが 前日到着した時に注意書きを渡されて 説明を受けた

雪渓は割れているので歩けないとのこと

 

小さくなった雪渓だが氷河のようだ

 

洞窟の入口のよう

 

平蔵谷出合で朝日が射す

 

ここから鎖をたよりに高巻していく

 

残雪がほとんど消えた平蔵谷

 

板が渡してある岩の斜面

 

雪渓を渡り終えて振り返る

アイゼンを着けずに何とか渡れたが つるつるだった

 

長次郎谷

 

真砂沢

 

真砂沢ロッジ前で振り返る

 

 真砂沢ロッジはすでに小屋締めしており 小屋の前で主人と思われる人が迎えのヘリを待っていた

 

内蔵助平への分岐

 

いろいろな補助があるのでだいじょうぶ

 

二股の吊橋

 

三ノ窓雪渓 北股方向

 

仙人新道から三ノ窓雪渓 八ツ峰を見る

 

 

池ノ平山と北股

 

鹿島槍ヶ岳

 

爺ヶ岳へ続く棒小屋沢

 

仙人池ヒュッテが見えるようになる

 

南方向

山の同定はできない

 

池ノ平への分岐9:43着

真砂沢ロッジまではてこずったが 予定より早く着いたので 池ノ平へ寄ってみることにした

 

池ノ平が見えてきた

 

池の平小屋

 

小屋から北方向

 

南方向

 

平の池

 

 

 

 分岐まで戻り 仙人池へ向かう

 後ろ立山の山々が良く見える

 

白馬岳

 

天狗平 天狗ノ頭

 

唐松岳

 

仙人池ヒュッテ

 

昼食にオムライスを食べる

もう少し大きくてもよかったがおいしかった

 

小屋の前から見た剱岳

 

 小屋から100mほど下ると沢に出る

 ここで給水した

 ヒュッテの水もここから引いている

 

この沢は仙人谷の上部に当たるがなかなか急だ

 

 あれっ?と思われた人もいると思うが 痛恨のミスを犯していた

 なんと仙人池に寄るのを忘れていたのだ

 簡単に来られる場所ではないが 残念ながら引き返す余裕はなかった

 

仙人温泉小屋

絶好の布団干し日和

 

源泉

 

温泉のぞきから

 

1629P

ここからは黒部川に向け急坂を下って行く

 

五竜岳

 

黒四地下発電所からの送電線の出口

 

仙人ダム

 

仙人谷を渡る

 

はしごを下り

 

こんなところを歩くと

 

仙人ダムに着く

 

扉を開けて中に入り

 

通路を歩く

 

ちょうど列車が入ってきた

 

100mほど上り水平道に出て 今度は150mほど急坂を下ると

 

阿曾原温泉小屋15:08着

下りが8割ほどなので 体力的には比較的楽だったが 脚にきた

左足に大きなマメが1つできていた

 

 温泉は小さなプールのようで 男女1時間交代で入れる

 

今まで食べた山小屋のカレーの中で一番おいしかった気がする

 

 下の廊下の整備が終わってから最初の週末なので宿泊者は多く 12人部屋に21人で寝た

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 初めの計画は 室堂-一ノ越-大汝山ピストン-ロッジくろよん(泊)-下の廊下-阿曾原温泉小屋(泊)-欅平-祖母谷温泉-餓鬼山避難小屋(泊)-唐松岳-八方池山荘 だったが ほとんど計画どおりにいかなかった

 本来は5日の夜 JRで出発予定だったが 台風の接近のため6日の朝の出発にした

 

初北陸新幹線

金沢で乗り換えが必要になり 金沢富山間の特急料金が追加になったので関西から富山へ行くのにメリットはない

 

 朝一の新幹線に乗ると いろいろ乗り継いで室堂に13:30に着く

 当然ロッジくろよんまでは行けないので 予備ルートとして検討していた仙人池へ下るコースに変更した

 

 弥陀ヶ原あたりまではガスの中だったが 徐々に晴れてきて 室堂に着いた時には立山の稜線が見えた

 今年の紅葉はここ数年で最も良くないそうだ

 夏の高温や9月の日照不足が影響しているのだろう

 

室堂13:35発

 

みくりが池

 

血ノ池

 

地獄谷からのガスが目やのどにしみる

 

雷鳥平

ライチョウには会えなかった

 

雷鳥坂から雄山をズーム

 

剣御前小屋

 

別山乗越に着いた時には剱岳はまだ雲の中だった

 

剱沢山荘へ向け下っているとガスが取れてきた

 

八ツ峰

 

野営場近くになるとすっかりガスが取れた

 

逆さ剱

 

剱沢小屋15:37着

 

アーベンロート

 

食事はおいしく シャワーがあり 寝床も快適だった

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。