Windyの気まぐれ山歩

山歩きのはなし


テーマ:

5月3日 白山方面遠征2日目

 

 夜中中 続々と車がやってきていた

 2日目は 加賀禅定道を10時まで歩いたところで引き返す予定で歩くことにした

 市ノ瀬から御前峰往復も考えてはいた

 

まだ閉鎖中の岩間温泉への入口の広場へ移動

 

 5:15出発

 ハライ谷登山口からは3年前の夏に登っているので 加賀新道から登ることにした

 

 加賀新道はゴンドラ山頂駅が起点となっているようで 地形図を頼りに進んでいくが 送電線の巡視路の標識があるだけで 登山道の案内標識は全くない

 道も多少荒れ気味で 少し不安になった

 標高が上がるにつれて 残雪も多くなった

 

前日ほどではないが 登山道は直登で結構きつい

 

そうこうしていると イワウチワが現われた

ここのは ちょうど見頃だった

 

イワウチワには やはり朝の優しい光が似合う

 

 

スキー場のゲレンデに出る

標識がないので 下ってきた場合下山口が分かりにくいだろう

 

ゴンドラ山頂駅

 

林道を横断する

 

檜倉(1214m)

3m位の高さの所にテープが付いている

前日以前のトレースが残っていた

 

前日登った笈ヶ岳が見える

 

登ってきた尾根を振り返る

この辺りでアイゼンを付けた

 

しかり場分岐8:30着

 

ここからは御前峰は見えない

 

雪の上にカメラを置いて セルフ撮りしてみた

 

振り返ると大笠山や笈ヶ岳が見える

 

口長倉手前のピークから

 

口長倉には9:05に着いたので 奥長倉まで行ってみることにした

 

奥長倉避難小屋は1階から出入りできる

 

奥長倉手前から振り返る

 

 奥長倉10:06着

 しかり場分岐からここまでは8~9割が雪上歩きだった

 地面が現れるところと残雪の境目が歩きにくかった

 

ここからは大汝峰も七倉山も見えない

 

落差のある2段滝

 

百四丈滝の落ち口が見える

本当はこの滝の滝つぼが見えるところまで行きたかった

 

美女坂方向

この写真ではわからないが 元の写真を拡大すると美女坂の頭までのトレースが見える

 

前日ほどはっきりしないが北アルプスが見える

 

剱 立山方向

 

 昼食を摂ったあと来た道を戻る

 しかり場分岐までに 単独者3人とすれ違った

 しかり場からはハライ谷登山口に向け下る

 こちらのトレースはほとんど消えかかっていた

 

檜新宮

この少し下でアイゼンを外した

 

アイゼンを外した後も残雪は多いが セードができるので歩き易くなった

 

 標高1000mから傾斜は急になるが 残雪はなくなった

 で ここから登山口までは カタクリが延々と咲いていた

 濃淡はあるものの 登山道の上と下の斜面もカタクリに覆われていた

 

写真ではわかりにくいが 登山道の真ん中にも遠慮なく咲いている

 

 

ハライ谷登山口13:03着

しかり場分岐までは こちらの登山道の方が歩き易い

 

 駐車場所に着く手前で 後ろからスーキーを背負って歩いてくる人に気が付いた

 4時過ぎに市ノ瀬を出て楽々新道を下ってきたそうだ(ヤマレコにレポあり)

 

 いつかは残雪期に一里野から御前峰まで歩いてみたい 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

5月2日 白山方面遠征1日目

 

 GWの予定がなかなかたてられず 四国か白山方面かなと思っていたが 残雪期の今しか行けない山ということで 笈ヶ岳に行ってみることにした

 

 尼御前SAで車中泊し 中宮温泉ビジターセンターに向かった

 ビジターセンターに着くと 駐車場にはひもが張られ 来館者以外はレストハウスに駐車してくださいとの案内があった

 たぶんGW前半に 笈ヶ岳への登山者の車で満車となり 来館者が駐車できなかったためだろう

 仕方ないので 1kmほど下流のレストハウス駐車場に止めて出発した

 

ビジターセンター駐車場

 

登山口にある蛇谷自然観察路案内図

登山口6:41出発

 

自然観察路に入ると間もなくこいつが威嚇してきた

 

まだ日が当たっていないので花は閉じたままだが カタクリが歩道脇一面に咲いていた

 

トンネルを2度通る

 

ジライ谷を渡って振り返る

 

 ここから1200mまでは急登だった

 ブナ立尾根以外の急登と言われる一般登山道はだいたい歩いているが ここほど急な所はなかったと思う

 

少し登ると 終盤ではあるがイワウチワがたくさん咲いていた

 

何と言う木かな?

 

標高1000mくらいのところにある巨岩

 

桜が咲いていた

イシヅチザクラに似ている

 

ジライ谷の頭に出て振り返ると白山が見える

この辺りから傾斜が緩くなり 雪上歩きが多くなる

 

中央がまず向かう冬瓜(かもうり)山

 

標高1400m付近

ここでアイゼンを付けた

 

冬瓜山への登り

バックパックに入れたピッケルが木に引っ掛かって難儀した

 

冬瓜山9:36着

白山が美しい

 

 

これから向かう笈ヶ岳

左に見えるのは大笠山だが山容が黒部五郎のようだ

 

冬瓜山のナイフリッジ

雪があり 安定した岩なのでさほど怖くはなかった

 

ナイフリッジを越えたところにある三角点

奥はシリタカ山

 

シリタカ山も絶景が広がる

 

 

北アルプスも見えるようになる

 

シリタカ山から一旦下り 登りかえす

斜面をトラバースするが トレースがしっかりできており 雪の状態もいいので歩き易かった

 

県境尾根に出ると北アルプスが良く見える

中央は黒部五郎岳

 

左に剱 中央に立山

 

笈ヶ岳へもうすぐ

 

笈ヶ岳11:06着

 

ここも絶景が広がる

 

北アルプス一望

右端は乗鞍

 

槍 笠 穂

 

御嶽

 

南アルプス 中央アルプス

山名は推定

 

 昼食を摂り 景色を堪能した後下山開始

 復路はシリタカ山手前からトラバースし 冬瓜平を経由した

 

シリタカ山下のトラバース

踏み外すと100m以上は滑れる

 

冬瓜平へ向かう

 

新しいデブリ

先行者が通過して30分も経っていないと思う

 

 冬瓜平から1500m付近まで登りかえして 往路に合流する

 往路でアイゼンを付けた地点でアイゼンを外した

 急坂の下りはやはり大変だった

 

ミツバツチグリ

 

朝は閉じていたキクザキイチゲが大量に

 

これも朝は閉じていたカタクリ

これだけのカタクリは見たことがない と思っていたが翌日さらに驚かされることに・・・

 

 

 登山口14:45着

 この日会った登山者は30人弱だった

 

 この後 ビジターセンターを見学し 中宮温泉のにしやま旅館で温泉に入り レストハウス駐車場で車中泊した

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 この時期のイワウチワは外せない

 きのうは見られなかったので 妻と上斎原までイワウチワを見に行った

 

絶好の山登り日和

雪はそこそこ残っている

 

まずはイワナシがお出迎え

 

 標高800m辺りからイワウチワが現れる

 

雪が融けて一気に咲いた感じ

 

 

 

ブナも芽吹いてきている

 

 1箇所目は 以前歩いた時葉があるのを確認してた場所で 花の時期には初めて行った

 伯州山には及ばないがまずまず咲いていた

 

 2箇所目は去年も行ったところ

 花の数は去年よりも少なかったが 白花が咲いていた

 

 

 

 

 イワウチワは たくさん咲いていてもブッシュの中や急斜面だったりして 写真を撮るのが難しい

 きれいに咲いていても こっちに向いていないことも多い

 光は朝の方がいい

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 2年前のこの時期に イワウチワを探しに来たが見つからなかった

 その時は東から登るルートを往復した

 再度挑戦したが・・・

 

 2年前と同じように 立尾の林道入口の約200m下に駐車し出発

 

林道入口

 

ヘアピンカーブを曲がったゲートのところから尾根に取り付く

 

 標高差50mほどで 市町境尾根に出る

 

真庭市側は自然林で 鏡野町側は植林

ほぼクマザサに覆われているが 杣道なようなものがあり歩きにくくはない

 

「岡山の山百選」に載っている西尾根ルートとの合流地点

 

7週間ぶりの霰ヶ山山頂

山頂標識は雪の下だったのに

 

 イワウチワを探すため 西尾根を林道まで降りる

 西尾根は南尾根と同じくらいササが繁っていた

 

林道に出て降りてきた尾根を振り返る

ここから山腹を巻く林道を時計回りに歩く

 

日当たりの悪いところに わずかに雪が残っている

 

タムシバが見ごろ

 

北尾根が降りてきたところ

 

富栄山を見ながら昼食

 

東尾根登山口

 

 残念ながらイワウチワに会うことはなかった

 

途中青い鳥が見えた

ピントが合わずはっきりしないが もしかしてオオルリ?

 

ネットで探した写真↓とシルエットが似ている

 

  南尾根を登り東尾根を下ればいい周回コースになるだろう

 

 

 このあと白賀渓谷に寄った

 トイレのある駐車場まで車で行き 大阿曽林道入口まで歩いて往復した

 渓谷は水量が多く見応えがあった

 

大阿曽林道入口にある満開のエドヒガン

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年初めての大山

 

 大山や毛無山に向かう時は 福渡から落合へ抜ける旭川沿いの県道を使っていた

 去年の5月14日 大山からの帰り 旭川第二ダムまで戻ったところで 土砂崩れで通行できないと制止された

 その後長らく復旧工事が行われていたが 先日やっと開通した

 これで5kmほどの迂回がなくなった

 

復旧箇所

 

鍵掛峠に駐車し ワカンを背負って出発

この先は通行止め

 

ヘルメットをかぶり一応完全装備

 

三の沢橋から

 

最終堰堤の上に人が見える

 

堰堤は雪に埋まっていて歩くことができるが 真ん中は暑いので木陰になる端を歩いてきた

 

最終堰堤に上がる

 

 堰堤の上でアイゼンを付け ピッケルに持ち替える

 

先行者は堰堤の上に1人と左右の沢に2人ずつ

 

オブジェが点在

 

槍の下まで雪の斜面を詰めていく

 

時折落石が転がって行く

 

タケノコ岩

 

槍尾根に出て見下ろす

 

槍の山頂にあった烏天狗が落ちていた

槍の上り口に置いておいた

 

烏ヶ山方向

 

槍ヶ峰

 

三ノ峰から弥山 剣ヶ峰を見る

ここで昼食

 

天狗ヶ峰分岐から

 

剣ヶ峰方向

先行者は1人

 

剣ヶ峰

ここまで決して楽ではなかった

 

弥山方向

 

天狗ヶ峰下の危険個所を振り返る

もう少しで滑落するところだった

本沢側に雪がなければ通れなっかただろう

 

1636Pから振子沢を見下ろす

 

天狗ヶ峰方向

 

振子沢を下る

 

ロングシリセードを楽しむ

 

この3人は宝珠尾根から来たとのこと

 

烏ヶ山

 

イノシシ岩

 

地獄谷に出て槍を見上げる

 

地獄谷はまだ雪に覆われている

 

駒鳥小屋の下でキャンプをしていた

 

鳥越峠の上のテラスから烏ヶ山を見る

ここでアイゼンを外す

地獄谷からの登り返しはきつかった

 

健康の森入口

 

 鍵掛峠までてくてく

 結局ワカンを履くことはなかった

 

 

 もう二度と剣ヶ峰に立つことはない

 

 来週は妻とイワウチワを見に行こう

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 去年の地震以来初めて三朝に行ったが ブルーシートをかぶせた家がまだたくさんあった

 満開の桜とは対照的

 

 去年の3月20日に中津から三国山に向かった時に駐車した 橋の手前からスノーシューを背負って出発

 スノーシューはデナリとレボのいいとこどりをして 当面左右別々のを使うことにした 

 

 去年下山予定だった尾根を先端から登る計画だった

 ところが 先週の高温と雨のため 雪解けが進んでしまっていた

 しかたがないので 竹田谷林道の奥から尾根に取り付くことにした

 

竹田谷林道入口

 

大岩が道をふさいでいる

 

2キロ弱林道を歩いたところで鋭角に曲がり 尾根を越える林道に入ってみる

 

尾根の手前にある廃作業小屋

 

 林道は尾根の先へ続いているが 尾根の部分は切り通しで上がれなかったので 200mほど戻って斜面に取り付いた

 斜面に雪はなかったが 尾根に出ると少しずつ雪が増えてきた

 この尾根にはテープやマークの類は一切ない

 去年のぼった尾根と同じような雰囲気だった

 

雪がないところはシカの踏み跡がある程度だが さほど藪は濃くなかった

 

マンサクにいやされる

 

 1211P手前で 3年前歩いた尾根と合流する

 

1211Pへの登り

 

1211Pから伯州山方向

 

ギラガ仙(左)と恩原三国山

 

三国山北嶺が近づく

 

三国山北嶺山頂

ワカンの跡が薄く残っていた

 

高鉢山 河本山方向

 

ゴーロ 高山方向

ゴーロの雪はほとんど残っていないようだ

 

那岐山方向

氷ノ山も薄く見えた

 

 雪が残っていれば 恩原三国山 中津川山と回ってみる計画だったが 1213Pや中津川山はネマガリダケで青くなっているようだったので止めることにした

 で 雪がなくても何とか歩けそうな ゴーロまで行ってみることにした

 

 

1211Pからの下り

 

「無題」

背景は高鉢山

 

1145Pへ向かう

 

1145P近く

 

ゴーロ方向

 

1145Pを振り返る

 

ギラガ仙(左)と三国山北嶺

 

泉山と花知ヶ山(右)

 

1104P

地面が見えるところが増えてきた

 

イワウチワのつぼみ

 

 中北トンネルの上の1081P手前は 3年前と変わらずネマガリダケのヤブコギだった

 

雪がほとんど消えたゴーロ(1136.8m)

 

1142P 高山方向

 

端正な鷲峰山

 

1081Pまで戻り 中北トンネル東側に下りる

 

沢をショートカットして小鹿川に架かる橋まで降りて振り返る

 

中津までの道はまだ7~8割が雪上歩きだが 3年前より残雪の量は少なかった

 

除雪終点

結局スノーシューを履くことはなかった

 

 中津集落は 5軒ほど人が住んでいるようだ

 どうやら平成時代で村が消えることはなさそうだ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 峰越峠まで除雪されたとのことなので かねてから歩きたいと思っていたコースを歩いてみることにした

 

 昨日新雪が積もったようで ちくさ高原スキー場から先は5センチほどの積雪があった

 夏タイヤに替えているので スキー場の駐車場に駐車し 8:51出発

 

ラドンの泉入口

 

 途中抜いて行ったワンボックス車が長義山登山口に駐車しており 3人が出発の準備をしていた

 天児屋山に向かうとのことだった

 

除雪は県境まで

右手の壁を越えて登山口に向かう

まだだれも入山していなかった

 

登山口でスノーシューを履く

前日までのトレースはほとんど残っていなかった

 

3県境の少し上から三国平方向を見る

 

三国平

 

霧氷

 

自然の造形①

 

自然の造形②

 

天児屋山への登り

新雪はこのあたりで20センチほど

 

 10:29天児屋山山頂着

 展望はいいが周りの山にはガスがかかっている

 

後山方向

 

三室山方向

 

くらます

 

 天児屋山から北へ向け下り 1200m辺りから東北東方向の尾根を下る

 

正面に高倉(1137m)が見える

 

だんだん晴れてきて 扇ノ山や陣鉢山が見えるようになった

 

白く輝く東山

 

下りきったところが 小通峠

 

 小通峠から高倉に登るが 取り付きは切り通しで上がれないので少し左手から取り付いた

 地形図どおり 高倉山頂手前が急だった

 

 実は8年前に 同じルートで歩こうとしたのだが 高倉の登りでブッシュがひどくなったので引き返したことがある

 

 高倉山頂11:30着

 ここで昼食

 

くらます氷ノ山方向

西側は木があって展望は利かない

 

三室山

 

1144Pへの登り

ブナの林でいい雰囲気だ

 

1144Pから

 

 1144Pから下ったコルの前後が少し急だった

 

1150m付近から 吉川方面からのトレースが薄く残っていた

 

 くらます山頂12:41着

 北方向は木が邪魔をしているが その他は素晴らしい展望だ

 

沖ノ山 東山方向

 

沖ノ山アップ

 

三国山方向

 

 

那岐山アップ

 

 北峰は今回はパスして 帰ることにした

 復路は1144Pから南西尾根を下り 林道に出てから小通峠まで戻った

 

天児屋山への登りで くらますと氷ノ山を見る

 

天児屋山14:20着

天気が良くなり 三室山もくっきり

 

 3県境から峰越峠へ向かう途中の1091P付近で ワンボックス車の3人を抜いた

 他に天児屋山に登った人はいなかったそうだ

 

 駐車場には15:30着

 車道の雪はすっかりなくなっていた

 岡山側から除雪車の音が聞こえたので 近いうちに県境を車で越えられるようになるだろう

 

 今日もよく歩いた

 4月に新雪歩きができるとは思わなかった

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 赤和瀬の最奥民家前の除雪終点に駐車し 8:49出発

 スノーシューは 引退していたデナリを引っ張り出した

 新しいスノーシューはもう少し悩んでから買うことにして 当面はデナリかワカンを使うことにした

 

除雪最終地点から振り返る

天気予報は曇りのち時々雨だったが いい天気だ

 

林道を歩くが 積雪はおおむね1m以上あり 水流で融けたところとの段差が大きかった

 

林道から別れ 急な尾根を登って行く

この尾根は以前にも登ったことがある

この岩場は右手を直登

 

急登を終えると快適な尾根歩きとなる

 

以前歩いた時に 尾根から見えた滝まで降りてみた

 

下流側

林道から沢筋を遡上してきても良かったかもしれない

 

滝の上の沢を登って行く

 

時折2mほどの深さの大穴がある

 

1087.7三角点への登り

 

伯州山方向

烏ヶ山は見えたが 大山は見えなかった

 

1087.7三角点のシンボル

 

ギラガ仙

 

花知ヶ山 泉山方向

 

 1087.7からの下りで かすかにトレースが残っていた

 

1060Pの下で中央分水嶺から県境が離れるところがある

歩いてみようと思ったが 谷の前後はとても歩けるような傾斜ではなかった

 

1086Pのシンボルの大杉

 

雪が多かったので 雪庇もまだ大きい

 

中津川山手前の広いピーク

 

中津川山の肩に出て 北東のピークを見る

 

中津川山山頂11:23着

左奥に那岐山系

ここで昼食

 

那岐山系アップ

 

ギラガ仙方向

 

ギラガ仙アップ

人影は見えないようだ

 

恩原高原の向こうに花知ヶ山

 

 中津川山からの下りでは トレースが薄く残っていた

 

岩井滝へ続く沢に下りると トレースは岩井滝方向から来ていたのが はっきり見て取れた

 

 1018Pへ直登し 尾根を赤和瀬まで戻る

 昨シーズン赤和瀬から登ったので 逆に歩いてみた

 

途中にある大木

 

921.6三角点付近

 

 尾根の途中で赤和瀬の最終民家方向に向けて 滑り降りた

 

赤和瀬川に架かる橋を渡ると 最終民家はすぐ

 

駐車場所13:21着

オレンジのところを滑り降りた

 

きょう歩いたルート

赤線が初めて歩いたところ

この山域もだいぶ歩く人が増えてきたようだ

 

 イワウチワの開花は遅くなりそうだ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 5年前にスパクアさんが歩かれたコース

 ずっと歩きたいと思っていたが やっと歩けた

 

 野土路トンネルの新庄側に自転車をデポし シデコトンネル入口まで移動し駐車

 

 出発の準備をしていると カメラを忘れたのに気が付いた ショボーン

 せっかくいい天気だが しかたない

 

  9:40 シデコトンネル入口出発

  9:50 シデコ峠

 10:26 一城茂村頭(1024.2m)

 10:48 一城頭

 11:27 耳スエ山着

 11:39 耳スエ山発

 12:13 1007.1三角点

       1007.1三角点西峰立ち寄り

 13:05 高倉山(1060m)

 13:18 石臼山(1043.3m)

 13:58 自転車デポ地点着

 14:11 自転車デポ地点発

 14:58 シデコトンネル入口着

 ※山名の誤りをたくやさんに教えていただいたので 加筆・修正しました

 

 シデコトンネルの手前50m辺りから入山

 作業道か古い峠道かわからないが 道をたどって登って行くとシデコ峠に着いた

 標高900mくらいまでは急だが そこを過ぎると楽になる

 地面が出ているところもあったが ほぼ雪上歩きだった

 

 920mまで登ると蒜山が見えた

 その後は大山 恩原三国山 星山 毛無山などを木々の間から見ながら進んでいく

 霞んではいるがまずまずの展望があったので カメラを忘れたのが悔やまれた

 

 

 

 思いのほかすばらしい稜線だった

 進行方向に蒜山や大山を見ながら歩けるので 北へ向けて歩くのがいいと思う

 

県道のライブカメラ(14:00)に写っていた

 

 最後に野土路トンネルに向け下っていると スノーシューが破損してしまった

 少し前の山行で傷んではいたが まさか壊れてしまうとは・・・えーん

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。