ファイナルダイエット・人生最後のダイエットをはじめるために

ファイナルダイエットの専門家・君崎綾子のブログ


テーマ:
最近徹底してやっているのが
身体の感覚に意識を持って行くことと
身体を緩めること。
 
 
リラックスしていると
直観も研ぎ澄まされるし
なんてったって
いいアイデアやひらめきなんかは
リラックスしているときに
降りてくるもの
 
 
よくお風呂に入ってるときとか
ボケーっとしているときに
色んなひらめきが出てくることがある人
結構多いのですよね
 
 
アーティストとか
クリエイトする人なんかも
お風呂がひらめきの倉庫なんて
いう人もとても多いのですよね。
 
 
 
 
普段から
緩めることを意識して
いつでもどこでも
簡単に緩められたら
それって自然体に在られる感じがして
とてもいいと思うのですよね。
 
 
いつもは普通に過ごしていると
ついつい考え事で頭がいっぱいになり
身体への意識なんてあまり持てないもの。
 
 
また、身体を緩めても
すぐにまた身体って
普段の意識に戻ろうとするから
緊張していることが多い人は
すぐに身体に力が入ってしまうもの
なんですよね。
 
 
私もどちらかというと
緊張して生きてきたことの方が
長いから、そんな傾向があります。
 
 
またスマホとか見続けたりしてると
同じ体勢でずっといることから
身体なんてすぐに凝り固まってしまいます。
 
 
だから意識して
身体を緩めることを
取り入れていかないと
身体は固まってしまいます。
 
 
で、朝はいろんなことして
身体を緩めることから
はじめています。
 
 
例えば
ホットタオルで首と顔を
温めるだけでこれすんごい
身体が緩みます。
 
 
(蒸しタオル後に
保湿するためクリームなどを
すぐ塗るとなんともぷるんぷるんな
お肌になりますよん♡)
 
 
顔や首には神経が
いっぱいあるので
ここを緩めてあげるだけで
温泉に入ったかのような
ほっとした感じや
力が抜けていく時の
ゆるむ感じがとっても感じやすいです。
 
 
私はマッサージの中でも
特に顔のマッサージが大好き♡
だから余計かもしれませんね。
 
 
なので
身体を緩ませるって
自分が何を好きでいるかを
知っている必要がありますね。
 
 
普段のちょっとした「好き」と
いうものをいくつも知っていると
 
 
特別何かをしに行ったり
特別何かを買ったりとか
しなくてもできることっていっぱい。
 
 
それに合わせて
身体も緩ませてあげると
 
 
必要以上に頑張らなくって
いいですもんね。
 
 
最近は「心地よい」と思うことを
日常の生活でより多く
取り入れて
 
 
身体の赴くままに
過ごしてみるというのを
すごーく意識して
やっています。
 
 
するとね、なんか
気になっていた人から
久しぶりに連絡が来たりして
急に会うことになったりとか
 
 
欲しいと思ったものが
ひょんな形で手に入ることになるとか
 
 
なんか頑張ってないのに
いい具合で嬉しいことが
続いたりもします。
 
 
身体って緩ませれば緩ませるほど
何かに委ねるような感覚になるので
その委ねたままで
色んなことがスムーズにいくのでしょうね。
 
 
まだまだ実験途中ですが
自分の直感や身体の声を聞いたり
とことん身体を緩ませてあげることで
自分の変化を観察しています。
 
 
身体に意識を持ってあげたり
本来自分は何をしたいのか
そこを忠実に
身体に聞いてあげたり
身体との対話が多くなると
 
 
頭の思考の考え(エゴの不安や恐れ)ではなくて
本来の自分のニーズを聞いてあげているので
満足感が感じられたり
日常で幸せ感を感じやすくなって
いるように思います。
 
 
これを習慣化にして
落とし込むまでには
意識して続ける必要があるので
今は基礎練(笑)という感じで
楽しく続けていく日課にしています。
 
 
数ヶ月したら
どんな効果があるかな^^
それを楽しみにして
実験継続中です♪
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日も書いた
首が痛くなることで
にも書いたんだけど
 
 
首が痛くなって
あまり動くこともできないから
いろいろと予定をキャンセルしたり
いつも行くトランポリンとかも
行かないでいて
 
 
家でじっとしてることが多かったから
ある意味結構引きこもり状態でした。
 
 
で、動けないから
立ち止まることになり
それによって自分を徹底的に
客観視することにもなって
今までを振り返ってみたりもしてたんです。
 
 
そしたら
私、まだまだ自分の価値観を
優先に生きてなくって
ずいぶんと人に合わせて
生きていたんだなって
 
 
自分の好きなことや
本当にやりたいことを
優先していなかったんだなって
 
 
そんなことを
とことん思い知ることになり
ある意味、自分の好きなことを
してきた「つもり」だったんだけど
 
 
それは寂しさから
人と繋がることを優先にしてたりとか
自分が欠けてるからと思って
まだまだダメだから
いろいろと身につけないと
 
 
という恐れや不安ベースで
動いていたんだってこと。
 
 
ただ単に単純に
ワクワクとか楽しいとかで
動いていることが
実に少なかったなーと。
(全くないわけではなかったんだけどね)
 
 
そんなのに
気づくことになって
結構愕然としてしまっていました。
 
 
好きなことしようよとか
ワクワクすることしようよとか
散々言ってきたのにも関わらず
私全然それしてないじゃん!って
 
 
 
 
 
ちびまるこちゃんの
こんな顔でいることが
多かったのなんの・・・
 
 
まあ、無意識に行動してて
それに気が付いた時点で
良かったということだけど
それにしても
それにしても
それにしても
 
 
かなり衝撃で愕然としてしまいました。ダウン
 
 
なので、
軸がまったく自分というところから
外れていたことに気づいたわけだから
自分が本当は何をしたいのか、とか
どんな活動をしたいのか、とか
そんな方向性や指針といったものも
なんか見失ってしまってしまって
ちょっと路頭に迷うような感じもあり
愕然と共にぼーっとしていたんです。
 
 
自分の指針となるものや
方向性とか好きなこととか
やりたいことっていうのは
外側にあるわけではなくって
自分の内側にあるのにね!
 
 
こうゆうのは色んな人が
色んな形や表現で発信しているので
知識としては知っているのは当たり前!
くらいな感じで「知ってはいたんだよ」!
 
 
だけど、知っていてやってる「つもり」
でずっと行動していたから
全然自分の感覚や直観とかを
使ってきてなかったの。
 
 
思考レベルでずっと動いていたんだなーって
それもまた気づくと愕然としていました。
 
 
で、内側にあるんだから
自分の身体をもっと頼りにしてみようと思って
身体の声を聞いてそれに忠実になって
行動するのを当たり前にしてみようって
思ったの。
 
 
(今までブログでも散々書いてきたことだけどね´д` ;)
 
 
最近は身体の感覚や声
身体の感覚に意識を持っていく
チャクラの呼吸とか
身体を温めて血流をよくするとか
 
 
そんなことを
1日のうちで何回か
することだけをとりあえず
やっていこうとだけ決めて
 
 
自分の感覚を研ぎ澄ませています。
 
 
そしたら
日常の幸せをすごく感じるようになったり
どうしようか選択に迷ったりする時は
必ず身体に聞くことにすると
的確な返事が返ってくるようになりますね。
 
 
今日は首もそろそろよくなってきてるので
トランポリンにでも行って
軽く飛ぶくらいの「ならし」で行くのを
していてもいいかも♪とふと思ったので
行く気でいたのですが・・・・
 
 
首に聞いてみるとね。
速攻「行っちゃダメ!」
「いつもここで無理をして
大丈夫だと勘違いしてやるよね?!」
 
 
「少しの不安を持って行くよりも
完治してから安心感のもとやりなさい」
 
 
「そしてトランポリンに行って
スッキリしたいのであれば
内側に家の中を整えることでも
それはできるはず」
 
 
「運動してスッキリもいいけど
家の中の掃除や片付けも
同じくらいスッキリできるもの。
内側を整える習慣がつくと
それは大きな変化へとつながるものだから」
 
 
そう、私の目的は
「スッキリしたい」
なんですね。
 
 
トランポリンは身体を整えることでもあり
楽しいものではあるのだけど
その先にあるのはスッキリ感」
 
 
そこの目的が達成できれば
手段は別のものでもできるのですよね。
 
 
というか
「そうか、私スッキリしたいんだ!」というのに
首が気づかせてもくれました。
 
 
今はまだ首に負担はかけられないし
労わってあげる必要がまだまだあるようです。
 
 
首の声は親の声のようでもありました(笑)
 
 
そんな感じで
自分の身体と対話をしていくことで
なんか寂しいとかもあまり感じなくなって
自分のニーズを常に聞いてあげてる感じもあって
すごい充実感があるんです。
 
 
身体の声って間違いなしビックリマーク
 
 
身体って英知だなとも思います。
いつもは思考の声に惑わされて
それが自分のハートの声なんだと
感違いすることもあるのだけど
 
 
身体に意識を持って行って
身体から発せられる声は
本来の私の「本当の声。」
 
 
ここの声に忠実になってあげると
私は満足するようです。
 
 
まだまだ始めたばかり。
 
 
これ、習慣化していきたいです。
 
 
今は、自分を満たしてあげて
活力やエネルギーを戻してあげて
体調が万全になるのを第一にして
あげようっとドキドキ
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夜寝る時のベッドに横になって
ふかふかのお布団に包まれた感触と共に
心地よく眠れる幸せ


朝目覚めた時に窓から差し込む
朝日の光を見て
良い天気だなと感じる幸せ


朝ごはんを食べる前の
ご飯が炊き上がる香りと
お味噌汁のお味噌の風味に
包まれたなんとも言えない
美味しそうな匂いを嗅いだ時の幸せ


子供達を学校に見送ったあとの
ゆっくり丁寧に淹れた
ドリップコーヒーを
ゆったりとソファーに腰掛けながら
ホッとしながら味わって飲める幸せ


散歩に連れてってと訴えかけるように
側にちょこんとやってきて
かわいい瞳でじっと私を見つめながら
しっぽを振り続けるバンビとの
アイコンタクトで会話する幸せ


洗濯を干しながら
洗剤の香りと共に
子供たちの服をから感じられる
成長しているなあと確認できる幸せ


1人の時間を
音楽を聴きながら
まったりと過ごせる幸せ


午前中だけでも
何気ない日常の一コマ
日々淡々と過ごしている
普通の一コマ


そこに当たり前の幸せがある


毎日のこと過ぎて
当たり前過ぎて
すっごい幸せ♡って
普段は感じないかもしれないけど




でもね




人が羨む幸せの想像図ってだいたい
日々のありふれた光景だったりするよね


もし、子供ができなくて悩んでる人がいたら
夫婦が並んだ間の手と手の間に子供が居て
高い高い〜〜なんてやってる光景を見て

{99D065D3-1692-4A30-9E66-40B53EA79EC9}

いいな〜〜!子供が居て幸せそう!
って羨ましく思うじゃない?


子供がいる人にしたら
その光景普通のありきたいの日常の一コマ


恋人がいないと思って寂しく思う人は
街を歩いててカップルを見たときに
手を繋いでる光景を見て
恋人が居て幸せでいいな〜〜!
って羨ましくなるじゃない?


{4127C171-9761-4E73-98CF-F9AD85AD515B}

人が羨む幸せの光景って
たいてい何気ない日常の一コマ
特別何かがあった日の特別なことではないのよね。



当たり前の光景
ありふれた普通の光景こそ
めちゃ幸せなことなんだよね


日々の毎日のありふれたことの中で
幸せに感じることは山のようにある。


瞬間瞬間に
あー、普通に幸せなんだなって
感じられる余裕とかゆとりがあれば
誰だって幸せと感じることができる


けど
これって色んな人に
支えられてるし
助けてもらってるし
守られているから
感じられるのでしょうね。


ベースに安心感を
感じられる人間関係や
存在があるからなんだと思います。


私の人生に関わってくれている人が
いることが
本当にありがたいな〜〜と
つくづく思わされるのです(*^^*)





今日も幸せじゃ♡












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3週間くらい前に
原因はよくわからないのだけど
首を痛めてしまって
 
 
強制的に(?)色んなことができなくなり
動かないでいる日がずっと続いていました。
 
 
それと同時に
何もしないで立ち止まるという
私にはあまりない選択肢を
必然的に選ぶことになりました。
 
 
その間ブログもストップしていましたね。
書く気にもならないから
書かないでいて
自分のその感覚に従っていたら
それはそれで、それがとても良かったように思います。
 
 
また、首の痛みはいい具合で
自分を客観視することになったり
いい意味で「動かなければ」みたいな
べきの行動をしないでいる
ストッパーにもなったようで
立ち止まるという休息が
得られていた期間だったのです。
 
 
とはいえ
まだ完全に首が完治したわけではないのですが
だいぶ首の可動域も広がってきて
少しずつよくなってきています。
 
 
激痛で寝れない日もあったり
途中、悪化したりした日もあったので
なかなか治らなくて・・・
というしんどい時期は過ぎたので
だいぶ今はまし!
 
 
でもね、大好きなトランポリンが
強制的にできず(←これが一番こたえた!涙)
 
 
どうあがいても
動けないという状況が続き
どんなけ動いてないと
私って気が済まないんだろう〜〜
 
 
というのが動けなくなって
よーっくわかった次第です(笑)
 
 
まあ、動けないのって
ストレスだったのですが
元々私は「静」というよりかは
「動」の人なので
 
 
動けなくなってみて
よく動いていたよな(笑)って
改めてよくわかりました。
 
 
が、、、
その行動の基準が
べきやねばで動いていることも
実に多かったのですよ。
 
 
色んなことをキャンセルしたり
あれしたいな!と思っても
首が痛いから
動けなかったことで
 
 
それが「本当に私がしたい」のか
どうかを確かめる機会となったのです。
 
 
そしたらね
ほとんどのことが
本当に私が純粋に
好き♡とか
したい♡とか
で選んでなかったということ。
 
 
特にしなくても良かったともいえるかな。
 
 
特にやらなくても良かった。
と思えることも多くて
静かに家にいることも
それはそれでとても楽しかったり
自分を整える時間となったり
内側から静寂が芽生えたり・・・
 
 
案外私って静かなのも好きなんじゃん♪
 
 
という遠い昔は結構こんな感覚あったよな?
 
 
という内側へとしまい込みすぎて
出してあげなかったものが
にょきにょきと出てきたりもしたのです。
 
 
人と会うことが好きと思っていたけど
(いや好きだけどね)
頻度がさほど多くなくてもいいとか
 
 
家にこもっている間
手芸にはまっていたのですが
(以前はよくやっていたのね)
 
 
手芸に限らず
物作りが大好きだというのも
改めてわかったり
 
 
動作がゆっくりしか動けないから
そしたら
マイペースに進むのが
めちゃくちゃ合っていること
 
 
とかね
そんなことに気づかされていました。
 
 
でも一番の収穫は・・・
 
 
何もしないでいても
実はすごい幸せということ。
 
 
何気ない普段のたわいものないことが
すごい幸せに感じること
 
 
・ゆっくり丁寧に作るお惣菜がおいしいとか
・家に居て、子供達が学校から帰ってくるときに
「おかえり」といえる瞬間がとてつもなく心地よかったとか
・バンビ(我が家の愛犬ね)が粗相をしなくなったとか
(私が家にいるからハウス以外のところでおしっこをしなくなった!)
・家の中が片付いた(家の中を快適にしたくなった♪)
 
 
などなど、他にもいろいろあるけど
 
 
これ、普通のことなんだけど
そこにものすごい幸せを感じるようになったのです。
 
 
なんかすごいことをしたいとか
特別なことをしたいとか
もっと成長しなきゃとか
進化しなきゃとか
 
 
そんな「べき」があったんですよね。
 
 
けど、動けなくなって気づけたのは
そんなの必要なかった。
 
 
特に何もしなくても
全然オッケーだった。
 
 
ということ。
 
 
首が痛いのは辛かったけど
首が教えてくれることは
私の心に余裕と心地よさを
与えてくれるものでもありました。
 
 
普通の日常の一コマ
ありきたりのこと
普通で在ること
何気ないこと
淡々とした日々
 
 
そこにこそ
幸せがわんさかあるように
思います。
 
 
そんなことを
考えさせられる3週間だったな^^
 
 
身体ってすごいですね。
ちゃんと真の自分に
いいように働いてくれている。
痛みは特に
そっちの方向じゃないよー!と
教えてくれてるんだと思います。
 
 
何もしないでいること
 
 
立ち止まることで
何もしないでいいという
幸せが十分に感じられたな〜。
 
 
ま、また元気になったら
動き回れる日もそれはそれで
楽しみになるんだろうけど!
 
 
そんなメリハリも大事ですね!
 
 
あー、ブログ書けるのって
それはそれで幸せ〜♡
 
 
出せると気持ちいいですもんね♪
 
 

 
 

 

 
★本質で生きるための個人セッション
★本質生き個人プログラム1ヶ月・3ヶ月


>>>詳細はこちら

 

 読者登録してね

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
何かが起きてつらい状況にある人は
その辛さは何が原因であるのかが
明確になっていれば
 
 
例え傷ついていたとしても
まだ原因がわかっているので
解決策や糸口が見つかり
なんとか対処はできることかもしれない。
 
 
けど、漠然と抱えてる不安や恐怖は
漠然としているだけに
その正体が何から来ているのか
何が原因でそうなっているのか
 
 
そこが不明確なので
対処の仕方すらわからないので
 
 
わからないという渦の中に
もがき続けてしまうため
辛さがどんどん増して行く事があります。
 
 
そんな時は大抵
問題となる辛いと思う
項目というか
アスペクト
が1つだけではなくって
 
 
いくつものアスペクトが
重なっている事が多く
 
 
そのアスペクトの多さとか
一つ一つのアスペクトの
重さというか
深さというか
アスペクトの事の重大さ
みたいな質に重みがあることなので
 
 
より一層、その問題には取り組みたくない
取り組むだけの余力やエネルギーがない
 
 
普段の生活を送るので精一杯というような
 
 
それだけにエネルギーを
費やしておけたらまだ良い
みたいな感じになりやすいかもですね。
 
 
なのだけど
一番何がつらいのか
何をどうしていきたいのか
どうなれたら良いのか
 
 
一つづつ
一つづつ
丁寧に時間をかけて
ゆっくりと進めていけたら
いつかは解決するのですよね。
 
 
めんどくさ〜い!
 
 
って嘆きたくなったりもするのだけど
それでも
一つずつ解体作業をするように
マイペースででも見ていけたら
必ず一歩という前進は必ず
起きてくるのだと思います。
 
 
ここ最近ほんと
漠然とした不安にかられる事が
とっても多くって
ちょっとしんどくなっていたのですが
 
 
自分の内側で何がどう起きているのか
冷静に見れなくなってわからなくなっていた。
 
 
その状態がすごくキツかったんだと
今日はあることがきっかけで
納得したので
ちょっと書いてみました。
 
 
一つづつ
一つづつ
 
 
マイペースにちょっとずつ
取り組んでいきたいものです。
 
 
一気に好転させようとか
一発逆転とかの発想ではなくてね
 
 
地道なコツコツ作業って
ゼロから取り組むと
めちゃ果てしない作業のように
思えるのだけど
 
 
この作業がのちに
自分の肥やしになるというか
土台になるというか
基盤になるというか
 
 
畑でいうと土を耕すような
土壌作りの基盤
 
 
そこに繋げてあげたら
きっと素敵な芽が生えて
輝かしい花が咲き
幹のしっかりした軸ができて
地球にしっかりとした根を生やす事ができる。
 
 
しかし
物事が進まないとか
停滞している時は
 
 
自分では見たくないもの
怖いと思い込んでしまっているもの
それやれてたら前から問題ないわ〜
というくらい
 
 
今までやってこなかった
新しい自分が目の前にいて
その扉が開いたら
めっちゃお宝がゴッソリみたいに
恵の宝箱でも開けるような
そんな手前なのかもですね。
 
 
もしくは明確にしてしまったら
怖いのも潜在意識で
わかってて
明確にしたくないのも
ある場合があるでしょう。
 
 
明確にしたら
それが一番怖い
見たくない
または
明確にする事で
明確にしたくないメリットも
あったりしますからね。
 
 
2017年に入ってからは
自分の本質に沿ってないこと
自分の進む方向ではないこと
自分のハートの声ではないこと
 
をしてると
何やらそっちじゃないよ〜〜!
という警告が
より早く
より鮮明に
そしてより強く
知らせてくれることが
多いように感じます。
 
 
自分が進む方向でないこと
例えば・・・
 
 
知らず知らずに我慢してるとか
不安からの行動をしてたりとか
人に合わせた行動とか
好きでないこととか
やりたくないこととか
 
 
そんなこと。
 
 
宇宙というのは
こうゆうことずっとしてたら
容赦無くちとツラい形で
すぐにそれを感知させられる
知らせが入るようなシステムにでも
なっちゃったかのよう。
 
 
でも逆にいえば
ハートの声に従って
好きなことして
楽しく魂が喜びに満ちたこと
ワクワクしてしょうがないこと
 
 
そんなのの応援や励まし援助も
凄まじいのだと思います。
 
 
ものごとって
一つでもいいから
明確にできると
前に進める力が宿されますね。
 
 
そんなのを感じた今日です。
 
 
ふう
亀さんでいいので
マイペースにゆっくり
ゆったりと自分のペースで
一つづつ
進んでいきたいものです。
 
 

 

 
★本質で生きるための個人セッション
★本質生き個人プログラム1ヶ月・3ヶ月


>>>詳細はこちら

 

 読者登録してね

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)