小さなお店を繁盛店に変身させる方法

ブログには書けない話をお届けします。

メールアドレス:

氏:
名:

問い合わせフォーム

無料特別レポートプレゼント中
なぜあなたの会社ではスタッフが育たないのか?99%の社長さんが知らない指示待ちスタッフを変える方法を、指示待ちで困っていたクリーニング店の事例をもとに解説していきます。
特別レポート 指示待ちスタッフを変える方法はこちら
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-29 13:19:22

人を育てるのなら褒めないでコレをする

テーマ:人材育成のノウハウ
こんにちは、小さなお店専門の経営コンサルタントの菅(すが)です。

先日の、

褒めるなキケン!!

の記事をアップしたあと、たて続けにアメーバ申請をいただきました。
↓こんな感じで。
アメンバー申請メール

申請してくださった方、ありがとうございます。

これからも一般公開できないお話はアメンバー限定記事でアップします。

経営者さんからのアメンバー申請は100%お受けしておりますので、まだ登録して無い方は申請して下さいね。

アメンバー登録はこちら

さて、先日、

人を育てたいのなら褒めちゃダメです


というお話をしましたので、今日は、

褒めても人は育たないのならどうしたらいいのか?

これ、お話ししておきますね。

人材育成をしたいのなら褒める必要はありません。

先日の記事でもお話しましたが、

褒めるのはとても難しいことですし、褒めても育ちませんから。

では、どうしたらいいのか?

答えは簡単です。

出来ているところを見る

そして、

出来ている理由を聞く

ただそれだけ。

褒めるということ と 出来ているところを見る ということは似ているようで全く違います

なぜ、違うのか?
どうして、褒めるとダメで出来ているところを見つけると上手くいくのか?

それは、話し出すと3時間くらいのセミナーが簡単にできてしまうほどです。(笑)
だから、今日は結論だけにしておきますが、大事なところなのでもう一度だけ言っておきます。

人を育てたいのなら褒めるのではなく出来ているところを見るそしてその理由を聞く

ぜひ、覚えておいてくださいね。

ちなみに、それを踏まえて、

・ 社員を上手く褒められない人がすること ※アメンバー限定記事

・ 特別レポート指示待ちスタッフを変える方法

・ 人材育成成功事例集

これらの資料を読むとものすごく納得出来るはずですよ。

ぜひ、

褒めているのに上手く人が育たない・・・

なんて悩んでいるあなたはじっくり読み返してみてくださいね。



それでは、また。

今日も最後までおつきあいありがとう。



無料特別レポートプレゼント中
なぜあなたの会社ではスタッフが育たないのか?99%の社長さんが知らない指示待ちスタッフを変える方法を、指示待ちで困っていたクリーニング店の事例をもとに解説していきます。
指示待ちスタッフを変える方法はこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-26 12:00:57

褒めるなキケン!!

テーマ:人材育成の基本
こんにちは、小さなお店専門の経営コンサルタントの菅(すが)です。

昨日、人材育成成功事例集を購入してくださった美容師さんの電話サポートを行っていました。

すると、

こんな一言が・・・。

―――

あの事例集にもあったように、

スタッフを褒めようとするんですが、なかなか上手くいかないんです。

でも、

褒めるとつけあがってしまって態度が悪くなるんですよ・・・。

―――

さて、あなたに質問です。

もし、あなたが人材育成術をお手伝いするコンサルタントだとして、こんなご相談を受けたらどう答えますか?

もし、あなたなら、

褒めるポイントの見つけ方をアドバイスするのでしょうか?

それとも、

褒めるときの言葉遣いなどをアドバイスするのでしょうか?

ちなみに・・・、

私の場合はこうでした。


―――

ああ~、それは勘違いしてますよ。

人材育成成功事例集をもう一度読み返してみれば解りますが・・・、

人が育った会社ではスタッフを褒めたとは書いてないですよ。

人を育てたいのならスタッフは褒めちゃダメです。
ここ、大事なことなので、もう一度言っておきますが、

人を育てたいのなら褒めちゃダメです

―――

そうなんです。

私はスタッフは褒めちゃダメだと思っています。

実際に、

人が育った会社ではスタッフを褒めていません

では、なぜ、褒めないのか?

答えは簡単です。

褒めてもスタッフは育たないから

ほら、冒頭の美容師さんも言っていたでしょ?

―――

あの事例集にもあったように、

スタッフを褒めようとするんですが、なかなか上手くいかないんです。

でも、

褒めるとつけあがってしまって態度が悪くなるんですよ・・・。

―――

って。
なぜこうなるかというと、

実は褒めるって本当はものすごく難しい技術なんですよ。

実際にあなたも試してみて、難しいと思ったことがありますよね?(笑)

実は、私も試してみて、

「 こりゃ無理だっ! 」

て思ったんですね。(笑)

褒めて育てるって考え方は解るんですが、あまりにも難易度が高すぎて結果につながらない。

つまり、

褒めても人は育たない

ほとんどの人にとってそれが現実です。

でもね、

心配は無用です。

先ほども言ったように、褒めなくったって人は育ってます。

実は、この話、すでにこのブログで書いています。
褒めて育てようとして上手くいかなかったあなたは、ぜひ読んで見てくださいね。


・ 社員の褒め方がわからないあなたへ

・ 社員を上手く褒められない人がすること
 ※アメンバー限定記事


それでは、また。

今日も最後までおつきあいありがとう。


無料特別レポートプレゼント中
なぜあなたの会社ではスタッフが育たないのか?99%の社長さんが知らない指示待ちスタッフを変える方法を、指示待ちで困っていたクリーニング店の事例をもとに解説していきます。
指示待ちスタッフを変える方法はこちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-25 12:26:59

遅刻を無くしたいのならこれをしてください

テーマ:人を動かす方法
こんにちは、小さなお店専門の経営コンサルタントの菅(すが)です。

スタッフの遅刻が無くなったネイルサロンでしたこと

の記事の続きです。
前回の記事で、

───

遅刻を無くしたいのなら、遅刻をなくそうとすることを止めること

それが第一歩ですよ。

───

というお話をしました。

そんな話をすると、当然、

遅刻を無くそうとするのを止めるだけで本当に遅刻が無くなるのか?
遅刻を無くそうとするのではなくて何をすればいいのか?

という疑問がわいてくるかと思うのですが、

遅刻を無くそうとするのを止めるだけで本当に遅刻が無くなるのか?

これは、本当にそうなります。

普通は遅刻を無くそうとするのを止めれば遅刻はなくなります。

ただね、

それには一つだけ条件があります

その条件というのは、

遅刻はあきらめてもいいけれどもスタッフを信じるのはあきらめない

ということ。

それはどういうことかと言うとこういうことです。

「 遅刻をしたスタッフも本当は遅刻なんかしたいわけではない 」ということを信じる

そうなんですよ。

つまり、

スタッフに問題があるから遅刻するのではない

と思えるかどうか?

ただそれだけなんですね。

もし、それが信じられるのなら遅刻は無くそうとしなくても大丈夫です。

なぜなら、たとえ遅刻があったとしても、本人は、

遅刻をして迷惑をかけて申し訳ない、きちんと約束の時間に来れるようになりたい

と、あなた以上に思っているはずですから。

あなただって、自分が失敗したときにあれこれその失敗について言われたら嫌でしょ?

「 そんなことはわかってるよ!! 」
「 わかってるのにできないから困っているんじゃないか!! 」

って思うでしょ?

スタッフだって同じですよ。

だから、あなたがすることは遅刻を責めたりその理由を問い詰めることではありません。
では、どうしたらいいのか?

遅刻を無くそうとするのではなくて何をすればいいのか?

答えは簡単です。

遅刻をしないスタッフの話を聞く


ただそれだけ。

前回の記事で、

───

あたりまえに定時に来てきちんと仕事をするスタッフからすると、あなたの行動はこう見えます。

自分たちは何も悪くないのにワケのわからない規則ばかり増えて大迷惑!!

───

というお話をしたのを覚えていますか?

これ、

ひっくり返してみたらどうでしょう?

───

あたりまえに定時に来てきちんと仕事をするスタッフからすると、あなたの行動はこう見えます。

自分たちは当たり前のことをしていたのに社長はこんなに気にしてくれているんだ!

───

当たり前のことを当たり前にしていただけなのに、評価してもらえる。

もし、そんなことが起こったらそのスタッフはどうすると思います?

多少大変でも当たり前のことをきちんとしよう

そう思うと思いませんか?
当然、今まで以上にきちんと決められた時間に出勤するようになりますよね?

さて、そんな同僚たちを見たときに、遅刻をしてしまったスタッフはどう感じるでしょう?
周りのスタッフは、

決められた時間に来るのが当たり前、それは当たり前だけれど大事なこと

と、当然のように考えて実行している。

それなのに、

自分だけが遅刻して迷惑をかけている

と感じたらどうでしょう?

すごく、居辛いですよね。

だから、そうなると、遅刻をするスタッフの行動は1パターンしかありません。

1.居辛いからなんとか遅刻を克服する
2.居辛いからお店を辞める

ほら。

どちらにしても遅刻するスタッフがいなくなるでしょ?(笑)

今朝、ある美容師さんとお話してたんですが、その方もこうおっしゃってましたよ。

───

昨日菅さんのブログ読んでいて、

「 あー、これ、お店あるあるだなぁ・・・ 」

って思ってましたよ。(笑)

うちも、一時期遅刻ではないですがお店の始業時間がダラダラと遅くなってカリカリしていたときがあったじゃないですか。

でも、最近なんも言わなくても勝手にやっているんで。

遅刻もいないし。

───

どうやら、実際に、

無くそうとするのを止めた

ということを経験した方たちは、

「 うん、うん、うちもそうだった~!! 」

と、ものすごく納得しているみたいですよ。(笑)
それでは、以上、

遅刻を無くしたかったら遅刻しないスタッフの話を聞いてね!

というお話でした。
それでは、また。

今日も最後までおつきあいありがとう。


無料特別レポートプレゼント中
なぜあなたの会社ではスタッフが育たないのか?99%の社長さんが知らない指示待ちスタッフを変える方法を、指示待ちで困っていたクリーニング店の事例をもとに解説していきます。
指示待ちスタッフを変える方法はこちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>