ほぼにちパート2

定年まで3年を残し33年間の教員生活に終止符。
平成23年3月に退職。元校長から憧れの赤帽に大転身。

①納豆のように粘り強く
②本気
③あきらめない

をモットーに、
波瀾万丈な第二の人生、赤帽人生を綴った痛快ブログです。


テーマ:

パラグライダーのライセンス取得については、①パラメイトコース→②ベーシックパイロットコース→③プライマリーパイロットコース→④パイロットコースと進級し、パイロットコースを修了すると日本全国のエリアでフライトすることができるようになります。ふるさと運送は現在、プライマリーパイロットコースで講習中です。


プライマリパイロットコースからパイロットコースに進級するためには、山頂からのフライトに加え、地上でのショートフライトが最後の仕上げとなります。この課題をクリアすると、いよいよパイロットコースに進級です。快晴の本日、朝からショートフライトの練習に汗を流しました。



☆ライズアップ(立ち上げ)もかなり安定してきました

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

次のヒロロ教室(7月2日)までだいぶ時間があるので、DVDビデオを観ながら自主学習で縁編みを行い、製作途中のポシェットを編み進めました。



☆縁編みを終え、縄状のヒロロをきれいにカットしたところ


この先の作業はDVDを観てもよく分からないので、次回の教室で講師の先生から指導を受ける予定です。


☆「ヒロロ細工ができるまで」を解説したDVDビデオ

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

2013年から活動を開始し、3年間にわたり地域の公民館や老人施設等を訪問しながら演奏活動を継続してきた平均年齢71歳のスーパー老人バンド「しまむらミニバンド」ですが、本日、境島村の「みずべの杜デイサービスセンター」で行われた演奏を最後に、当分の間活動を休止させていただくことになりました。



☆職員のみなさんにお手伝いいただき演奏準備をするミニバンド


☆軽快に手拍子を打ちながら文部省唱歌「茶摘み」を演奏

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

利根川上流のダム貯水量が例年と比べ著しく低下し、関東地方の水不足が心配されている今日この頃ですが、約2週間ぶりにグランボレ・パラグライダースクールに出かけ講習を受講してきました。


久しぶりの梅雨の晴れ間とあって、講習会場の三峰山は早朝から大勢の講習生やパイロットのみなさん、ビジターのみなさんで賑わっていました。



☆三峰山山頂で出発の順番を待つ講習生、パイロットのみなさん


☆大空に向かって次々と飛び立ちます


☆着陸後、機体を折りたたみ再び山頂に向かいます


この日、ふるさと運送は山頂から2本フライトすることができ、高高度のフライトもトータルで80本となりました。山頂からの100本のフライトまで、残りあと20本となりました。

 |  リブログ(0)

テーマ:

首都圏の水源となっている利根川上流のダム貯水量が例年と比べ低下していることから、島村付近を流れる利根川も一段と水位が下がり、島村渡船の運航が当分の間運休となっているようです。



☆渡船運休のお知らせ


☆水深が浅くなり安全な航行ができなくなった利根川


 |  リブログ(0)

テーマ:

☆今週、一気に10cm編んでみました


なぜか形がいびつになってしまいました。たて糸(縄状にしたヒロロ、グリーンの部分)に交互に編み込むよこ糸(モワダ、シナノキの皮。茶色の部分) が細かったり、太かったりしたため、ゆがんでしまったようです。モワダの糸が細いと縮み、太いと膨れてしまいます。編み目の横のラインも水平でなく、細いところや太いところがあり、波を打っているのがよくわかります。(残念!)


明日、第3土曜日は6月2回目のヒロロ教室です。三島町に行き作業の続きを行う予定でしたが、赤帽の会議が入ってしまい欠席となりました。次回(7月2日)のヒロロ教室まで、作業はしばらくお休みとなります。

 |  リブログ(0)

テーマ:

長浜市木之本町で賤ヶ岳古戦場と糸とり工房を見学したあと、今回のお出かけの第一の目的である京都市内で開催される「今、甦る!木琴デイズ」vol.5のコンサートを聴きに行くため、北陸自動車道~名神高速道路を走ってコンサート会場に向かいました。


演奏会は昼・夜の二回公演ですが、昼の部は既にチケット完売で当日券はありません。相変わらず人気の高さが伺えます。今回のタイトルは「宿命のライヴァル、マリンバ登場」、木琴VSマリンバの対決です。


コンサートが始まる前、会場となる京都文化博物館別館内に店舗を構える前田珈琲で軽いランチをいただきました。こちらのカフェは旧日本銀行京都支店の金庫室を改装したお洒落なカフェです。



☆旧日本銀行京都支店の金庫室を改装した前田珈琲


☆京都文化博物館別館 中庭オープンテラス


今日のお昼


ホットドックセット  800円


☆チケット


☆演奏会場の京都文化博物館 別館ホール


今回の「木琴」VS「マリンバ」の競演、京都に行かなければ絶対に聴けないコンサートでした。


☆京都のおみやげはいつもの「京のよすが」(初夏バージョン)

 |  リブログ(0)

テーマ:

日にちが前後しますが、先々週、賤ヶ岳山頂からの絶景を満喫したあと、賤ヶ岳リフトのすぐ近くにある日本でただ一軒、繭から糸をとり琴や三味線など和楽器の原糸を製造している糸とり工房を訪ねました。


賤ヶ岳の麓にある長浜市木之本町大音地区は平安時代の頃から養蚕業や製糸業が盛んで、昭和初期の大音集落では7割が和楽器用の生糸を生産していました。しかし、第二次大戦後は化学繊維の普及、邦楽器を手にする人の減少もあり、伝統的技術による製造は衰退し、現在は明治期から続く4代目の佃三恵子さんの工房が残るだけとなっています。


実は、以前に一度、こちらの工房を訪ねたことがあります。その時の様子はこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/wind8818/entry-11481335728.html



☆糸とり工房①


☆糸とり工房②


☆糸とり工房③


工房周辺を一回りしましたが、工房の中に人影はありません。糸とりの機械も動いていないようです。工房の中をのぞいていたら、グラウンドゴルフの道具を持ったおじいちゃんが隣の家から出てきて、「糸とりは6月20日以降にならないと始まらない。20日過ぎに来るといいよ」、と教えてくれました。春蚕(はるご)の収穫が6月20日以降になるそうです。糸とりの様子を見学させていただく予定でしたが、来るのが少し早すぎたようです。6月下旬から7月ごろ、もう一度こちらの工房を訪ねてみたいと思っています。


☆大音の里に残る清水(ショウズ)


☆清水の説明板

 |  リブログ(0)

テーマ:

人口1,600人余りの小さな町に、二日間で約2万人が来場するという「第30回ふるさと会津工人まつり」に行ってきました。今回のイベントには全国から190店もの作り手が集まり、会場となる三島町生活工芸館前の林の中は、早朝からお目当ての工芸品を買い求める大勢の観光客でにぎわっていました。


群馬県からも農耕具や刃物の「群馬のかじや」(安中市)、木工の「Evanista」(伊勢崎市境島村)、藍染め製品の「今勇織物」(桐生市)の3店が出店していました。



☆生活工芸館前の広場は人でいっぱい


☆商品の販売は午前9時から(時間厳守が徹底されています)


☆買い占めを防ぐため販売前の予約や取り置きはできません


☆箒の店


☆庄内刺し子の店


☆和紙帽子の店


☆農耕具や刃物を売る「群馬のかじや」


午前9時の販売開始とともにお目当ての商品をゲット!


☆こちらの店は事前に整理券を配布、あっという間に配布終了


☆例年、人気のお店には長蛇の列ができるようです


☆午後になっても来場者が絶えません


☆地元食材を使用した模擬店も多数出店


☆休憩所のテントも満席です


☆シャトルバスの乗降場も長蛇の列

 |  リブログ(0)

テーマ:

毎日、深夜2時ごろまでヒロロ細工(ポシェット)の製作作業に取り組んでいます。しかし、なかなか作業が進みません。筋肉痛と腱鞘炎が心配です。現在の進行状況は以下のとおりです。



☆前回の教室で取り付けた底板の部分


☆一週間で約6cm編み進みました


☆なかなかお手本のようには編めません

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。