旅から帰って。

テーマ:

約一週間の旅から帰ってきました。

楽しかったー。


ずっと、相方の実家にお邪魔してました。

相方パパ(寡黙でダンディー)と相方ママ(面白くて料理上手)とパグ2匹(寝るのが大好き)と過ごしていました。



セントレア


2日、みかんの国から各駅停車でセントレア→馬刺しの国空港へ。

診療を終えて迎えに来てくれた相方と愛車のワゴンRで帰宅。

すごい髪をばっさり切っていたので、始めわからなかった(笑)

高速に乗って1時間弱。

半年振りに訪れた相方実家は、全然変わっていませんでした。

ちょっと寄った相方のじいちゃん宅(病院併設)も全然変わってなかった。

じいちゃん、ばあちゃんも笑顔で迎えてくれました。


写真は、セントレアの駅。



水前寺公園


3日、電車で熊本城近辺へ。

すごく暑かった…。

熊本の繁華街をふらふら歩いたり、熊本唯一のLUSHに行ってシャンプー買ったり。

熊本のデパート、「鶴屋」も初めて行った!

水前寺公園にも行って、鯉にえさをあげてました。


写真は、水前寺公園で鯉を見に行く相方。



鵜戸神宮


4~5日、宮崎へ。

都井岬で野生の馬を見たりサルを見たり。

水曜どうでしょうに出てくるモアイのあるサンメッセ日南に行ったり。

片っ端から道の駅に行って、地場産のものを見て回ったり。

西都原古墳群で普通にその辺にたくさんある古墳に唖然としたり。

それから、15年ぶりに母方の祖父のお墓をお参りしたり。

宮崎にあることはわかってたんだけど、まさか本当に行けるとは。

↑曖昧な場所しか覚えてなくて(母も大体の場所しかわからなくて詳しく教えてもらえなかった)、諦めかけた時に墓地を発見。ちょっと感動。

祖父や曽祖父母、大叔父、親戚のお墓を見つけたときは嬉しかった。

もう道も覚えたから、いつでも行けるし。

母に見つけたって電話したら、ちょうど誕生日だった祖母も一緒にいて、嬉しい報告ができました。


写真は、鵜戸神宮にある「運玉」を投げる亀岩。

女性は右手、男性は左手で素焼きの運玉を投げ入れる。

5球あるんだけど、入ると願い事が叶うんだって。

私は入らなかったけど、相方が一つ見事に入れました!



6日、相方と相方じいちゃん(80歳現役)の病院をお手伝い。

と言っても、大したことできるわけじゃないので、薬を入れたり包んだり保定したり、ぐらいです。

診療の後、相方の高校の時の友達に会いに行って、夜ご飯をご馳走になりました。

7ヶ月になる男の子もいて、ほっぺがぷくぷくでころころ寝返りしていて可愛かった!

相方もビールをガンガン飲んで酔っ払って、大変でした。

結局、飲まなかった私がワゴンR君を運転して帰る羽目に…。

幸い、田んぼの畦道をカタコト走って、無事に帰ることができました。



7日、飛行機の時間までゆっくりしようって思っていたら、相方じいちゃんから応援コール。

急患が入って、私もお手伝い。

飛行機が全便満席だったから、変更するわけにもいかず、間に合うかヒヤヒヤでした。

なんとか、間に合って(しかも直前の便は天候不順でキャンセル…危なかった!)羽田経由で帰ってきました。



相方の実家の人はみーんな優しくて、とても居心地がよかったです。

よすぎてもっといたいぐらいだった(危険です)

周りはいぐさの畑や田んぼばっかりののどかなとこで、クルマがないと不便すぎるところだけど。



そういえば。

相方が友達から「マック君」と呼ばれていました。

なんでも、マック鈴木(野球選手)に似ているから、だって。


……あー。ほっぺたをもうちょっとすっきりさせたら、似てるかも?



そういえば、同級生が結婚して子供もいるっていうことに結構衝撃を受けていたみたい。

私はあまり実感がないけど…。



今日は社会復帰が大変でした。

これだから連休は辛いのよね。

AD

旅行に行ってきます。

テーマ:

GWは暦どおりのお休み(+代休)をいただきました。

代休については…昨日、屋外で顔をトーストにしてしまいましたので(別にそれが理由ではないです。日曜日に勤務したからです)

普段日陰でPCがオトモダチな生活なので、日光に対する耐性が弱くなっているような。


閑話休題。


明日から数日間、旅に出てきます(・∀・)

行き先はいつもと同じです。

といっても、南方面です。



行きの飛行機が遅いので、ゆっくり空港まで行くつもりです。

名古屋、見て回る時間あるかなぁ。



アメブロは携帯から更新できないので、更新は帰ってきてからになりそうです。

それでは、行ってきます。

AD

旅に出ました。

テーマ:

一ヶ月に一回の旅。

今回は、長崎へ。



その前に、相方の実家の病院を邪魔しに行って(汗)、一晩相方の実家に泊まりました。


二日目、早朝に家を出て、相方の愛車で近くの港へ。

そこからフェリーで一時間、長崎は島原へ。

遠くに雲仙普賢岳を望む、静かな城下町でした。

でも、土石流に埋まったまま保存してある家を見て、やはりここが被災地だったことを実感。


そこから雲仙温泉へ行き、一泊。

登別のような温泉地獄を堪能して、温泉でのんびり。


最終日は長崎市へ行き、そこから高速を経由して福岡へ。

夕方、私は飛行機で、相方は一人で車を運転して、それぞれの家に帰りました。



なんで、楽しい時間ってすぐに終わっちゃうんだろうね。

「久しぶり」って手を振って迎えに来てくれたのに、すぐに手を振って「またね」って離れ離れ。

遠距離って、会える喜びと離れる悲しみが、いつも会える環境の数十倍。


また一ヵ月後、西へ向かう飛行機に乗る日を指折り数えて待ってます。

次は、夏休みを使うのでいつもより長めなので、楽しみです。



帰り際に、相方がピアスをくれました。

大事にします。

AD