本日夜半のFOMCでは利上げが確実視されている。

にもかかわらず、新興国からお金が逃げて世界的リスクオフにはなっていなそうなので一安心。

 

FRBの過去2回の利上げは2015年の12月と2016年の12月と2回だったが、ゆっくりと時間をかけて上げたけれど、その2回の利上げの方がFRBはずっと神経質だった気がする。

 

その証拠に、一回目の利上げの2015年の12月の前には中国の株価が急落したり人民元が暴落したりしていた。2回目の昨年12月直前は中国の資産流出問題で揺れていた。

中国を痛めつけるのがその目的とまで言われた。

 

にもかかわらず、FRBはおそるおそる利上げをした。

 

でも2年経って、「今回は上げて当然だよね~」という印象。
FRBは市場との対話もばっちりという感じ。

恐怖指数VIXも下がったまま。

 

日銀もこのくらい対話してほしいな~

 

ということで、新興国や投資家に慣れさせたところで、FRBは真面目に出口戦略を始める気らしい。

日銀やECBが刷り続けているお金が世界中にじゃぶついているのでそのタイミングを利用しようというわけだ。

 

ということで、米国と世界経済は順調。
リスクオン状態が続きそうだ。

ということはドルは上がるし、株価も上がる...?

 

問題は政治リスク。
そういう点では嵐の前の静けさなの~??

 

オランダの総選挙、フランスの大統領選、北朝鮮問題、イスラエル(イエルサレムへの)首都移転問題。イランとの平和条約破棄問題、中国の南沙諸島占領問題...

といろいろある!

 

そんなことが起こるとリスクオフでドル円が下がることに...?
金利差なんて関係なくなって....

 

今年のマーケットは楽しいぞ!(汗)

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

AD

株が上がればドル円も。

テーマ:

先週米国のムニューシン財務大臣がすごいことを言った。

 

CNBCのインタビュー時に「50年、100年債の発行を検討中」と言ったのだが、これは誰に買わせようというのか?

日本と中国に買わせるということが明白だが、日本は買うとしても外貨準備が急速に減ってきている中国はそうもいかない。

 

もっともトランプ氏が中国を「為替操作国に認定しよう」としているので、米国債買えばそれを止めてもいいよってくらいのネゴはしていると思える。

日本は日本で、「為替操作国に認定」しないので、日銀が刷ってるお金で米国債を引き続き買ってくれってことになる。どっちにしても「は~い」が日本の返事。

 

米国債の半分をもっている米国人はどうなの?

 

FRBがここから何回もFFレートを上げることが分かっているので、すぐには米国債は買いにくい。

じゃ、一体全体誰が米国債を買うんだろ?

 

答えは明白...そうFRBに買わせる。

 

FRBはQE1,2,3をしばらく前に終えたけれど、買い持ちしている2年債、5年債が今年春に一斉に償還になるので、再び同様のものを買うのかというと、EXIT戦略が取れなくなるので、そろそろ同じものを買うわけにも行かないよね~。

 

さりとて、米国政府は財政の崖問題が3月にも起こって来るので、FRBとしては大っぴらには米国債の購入量を減らすのもできない。


そんなことすればトランプ政権は財政的に窮地に陥ってしまいかねない。

それで、50年債、100年債ってわけ。

今なら比較的低い金利で米国政府にお金が渡せるってわけ...

 

結局世界中にじゃぶ付いているお金の量はすぐには変わりそうにない。

リスクオンが続いている間は株は上がり続ける...

 

ウォーレン・バフェット氏が「今の金利水準なら米株はまだ割安。」と昨日言ったと伝えられている。

明日はトランプ大統領の初めての議会演説...なにも大したものが出なくても結局株が上がればドル円も...!

 

ってことにならないだろうかなあ?

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

AD

FOMC後何が起こる?

テーマ:

今晩はいよいよFOMC。

利上げ間違いないというコンセンサスなので無風かなとも思うけれど、前回の利上げ時(昨年12月)以降ドル安になり、株価も急落した。

 

それを少し調べてみた。

前回の利上げは2015年12月17日。
その日をピークにドル円は急落、日経225も急落。
米国債はいったん下がったけれど、その後買われ続けて長期金利が下がった。

 

今回もそうなるのかどうか?
可能性はある。

 

借金でレバレッジをかけるタイプのヘッジファンドの動きからすると充分ありうる。

ということで、今晩利上げが予想通り行われる前提で考えてみよう。

 

コンセンサスが利上げだったので、それを見越してヘッジファンドが銀行からお金を借りるために担保にしてきた米国債を売り続けてきたので、最近長期金利が上昇してきた。

米国債をキャッシングしていったん銀行に借金を返却。

 

ヘッジファンドは、明日から新たに資金を借りるわけだが、
今はクリスマス休暇前なので、なにも借りないかもしれない...

 

いずれにせよ、利上げ後はヘッジファンドの借金額が減ることになるので、投資資金の総量は縮小することになる。

 

ということで、株の上昇の勢いは明日以降は減らざるを得ない。
株が下がると米国債は買われやすくなる。

そうでなくてもイールド狙い+強いドルめがけて米国に流れてくる資金は2.5%近い10年米国債を買う。

 

すると米国債が上がって長期金利は下がる。
日米金利差は縮まる。

ドル円が下がり、日経も売られることになるはずだが...

 

今晩以降世の中が変わるか...?!

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

AD

ミセスワタナベがショートに!

テーマ:

本日の日経新聞に「個人、逆張り姿勢鮮明」という記事が出ていた。

株価が急騰したので、信用売りがが膨らんでいるという話。

「ど~して?」

トランプ次期大統領への期待感でドル円も、株価も上昇して来ているというのが定説だが、「速過ぎる!」

っていうのも根拠の一つだろうと思われる。

 

外国人に比べ、一般的に日本人は逆張りが好きで、かつ損切りしない、ということで有名だ。

 

このまま株価が下がらないと、個人投資家のカラ売りは逆日歩との戦いになってきそうだ。空売りの場合、株をどこかから借りてくるしかないので、コスト(逆日歩)がかかってくる。

 

トランプラリーはいったん止まったように見えるが、ここで調整幅(20%?)を越えるような下げが来ない場合、結局そういう個人のカラ売り投資家のショートカバーでまだ上がるということも考えられる。

 

ところで、FXに話を移すと、日本の個人のFX投資家はミセスワタナベという名前で世界的に知れ渡っている。

基本的にミセスワタナベはクロス円のロングが通常で、昔はスワップ金利狙いが主流だった。

 

そのため、ドル円が急落すると損失が出てしまうことになり、それで結構損をしたという経験が豊富。いい加減学んだのかもしれない。

先週ついにミセスワタナベがショートになったという話が聞こえて来た。

これは実に貴重な情報だ!

 

トランプラリーでドル円が13日間で12.75円もの急上昇。
一日当たり1円に相当する。

「速過ぎる!」

 

マスコミでは、これはトランプさんの財政出動、減税政策期待でドル高になっているので、蓋を開けたら議会に邪魔され、思う通りにならない可能性もあることから、「今の円安は行き過ぎだ~」

という意見も出てきている。

 

ミセスワタナベは初めてクロス円ショートになったということらしい。

問題はどの辺からショートし始めたのか?

これはFXの証券会社にでも聞かない限りわからないので、憶測の域を出ないが、105円くらいじゃないかと思う。
(←まったくの憶測)

 

だとすると最近8円も踏まれてしまっているということ。

「下がってくれないかな~」
と願っているミセスワタナベの悲鳴が聞こえそうだが...。

 

今年の冬は暑そうだー!!

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

ポンドの誤発注

テーマ:

ポンドが急落している。


Brexit後もEURO圏にいたときと同様のEURO市場への関税なしでのアプローチを望み、かつ英国に来る移民には制限を加えようと「良いとこ取り」戦略で臨んだけれど、そんなに虫のよいことにはなるわけもないので、メイ首相は覚悟を決めたようだ。


何事にも決断するには覚悟が必要だ。


メイ首相:「よ~し、行くとこまでいってやるわ~!」


なにが?


ポンドを下げてしまおうってこと。


ということでハード・ブレグジットの始まり、始まり...

これまでのポンドドルの最安値は1.052.
1985年のことだ。


メイ首相はそこまで行っちゃおう!ってことかもしれない。


そのポンドが先週金曜日の「太い指」で午前8時半に急落!
ロイターデータでは1.1450という安値まで付けている!


誤発注を英語では太い指(Fat finger)というらしいが、なんと笑える表現?!日本語の誤発注ってのは面白くないなあ!


せめて御発注にしてみたら?

ブラックユーモアに近いか?!


ところで、誤発注は誰も儲からない。


一番ダメージくってるのはロングしていた投資家だが、FXの証券会社もたいへんな赤になっているらしい。

昨年の1月に起きたスイスショックほどの規模ではないものの(あの時はアルパリがつぶれ、FXCMがやばくなった。)今回も個人投資家を守るためにひと肌抜いているからに違いない。


「太った指」事件でFX証券会社がなぜやばくなるかというと、ポンド円などはカバーする銀行サイドが1000ピップス以上のスプレッドをだしてくるからという。

個人のお客さんにそんな負けを強要できないから、FX証券会社は個人投資家保護のために、自分で損を被るようだ。


話がハードブレグジットから離れてしまったけれど、世の中の不安定要因は誰にとってもきついもの。


トレードにも覚悟が必要だなあ~!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

ドル円は?!

テーマ:

外人が日経を買わなくなってむしろ売り越しているせいで、ドル円との連動がなくなってきた。

日経のポジションをヘッジする人たちがいなくなったからだ。


一方、ドル円は日米の金利差で素直に動き始めている。


米国債が売られ、長期金利が上がり始めると、日米の金利差が拡がってくるので、ドル買い円売りの構図。


ということで、両国の10年債辺りを比較していればドル円の行方が分かりやすくなった。


短期的には、日本の10年債は最近リークされている(?)マスコミの解説では、日銀はこれからは短期金利の深堀と長期金利の拡大を狙っているので長期金利は上昇、みたいな話になっている。


米国の方は、短期金利の上げが遅くとも12月までは決定されるであろうから、長期金利も上がる傾向にあると観てよい。

米国金利の上げのスピードのほうが速そうなので、日米金利はさらに拡大する方向と見てよいだろうと思われる。

なので、ドル円はもう下がらず上がる方向...?


ただ、数年前までの大規模量的緩和(QE1~QE3)で買い上げられた米株がバブル状態にあるのは間違いないので、なにかをきっかけにバブル崩壊の可能性は十分考えられる。今の下げはその序の口か?


最近の最大のきっかけは原油価格。


原油価格が下がっているので、インフレの下押し圧力があって、それで経済指標がかんばしくない...それが直近の米株の下げの原因になっているらしい。


中国のハードランディングリスクも依然としてある。

鉄鋼などの過剰生産状態が続いている。当局は、規制を加えようとやっきだが、あまりに急激にやると失業者が激増...
なんてことになるのかな?

即、社会不安につながってしまう。


そういえば、最近上海株の上昇の勢いがまったくなくなってきてしまっている。


でも最大の不安はやはり、FRBの利上げかも。

ヘッジファンド達の源泉は投資家資金だけれど、買っている資産を担保にしてレバレッジをかけているはずだが、金利が上がるとコストがかさむ。


早ければ来週21日(確率は低そうだが)、12月には利上げの可能性が高い。

ヘッジファンドは、新興国などにおいている株や債券を一斉に売ってドルに戻す動きが必ず出る。

その動きだけでリスクオフとなるはず。


また円高に...?


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

サプライズの大好きな日銀の黒田総裁が、一昨日の講演で、マイナス金利付き量的質的緩和策の副作用というマイナス面に初めて触れたということで、海外のマスコミでも「市場との対話をついに始めた。」と報道された。


今のマイナス金利政策は特に市中銀行からは悪評だ。
マイナス金利では銀行は儲けられないからだ。


9月20-21日に次回の金融政策決定会合が開かれるが、前回の会合で「次回はこれまでの緩和策の総括をする。」と告知していたので注目度が高い。10年債もそれ以来下がったまま。


「総括」ってことは、たとえば、「緩和策を辞めるとか量的緩和の規模を縮小するとかじゃないよ。」と黒田さん。


ということで、一昨日の黒田さんは、最近マスコミに流れている緩和策の限界論をけん制した形。「緩和策は所期の効果が出ている。」と言い続けている。
プラス2%のインフレどころかまだマイナスなのに...


生き抜くためには圧に強くならないといけない!(←そうだよね~)


黒田氏は相変わらず「2%のインフレターゲットを達成するまでは緩和策の拡大、マイナス金利の不可堀リをしますよ。」っと言いきっている。


総括でなにを発表するのか?


国債買いなどの量的緩和はすでに効果が出ているとは思えないので、やはりマイナス金利を深堀させる政策の可能性が一番高そう...

ただ、今年1月にマイナス金利を導入した時から急激に円高になったのでマイナス0.1%をたとえばマイナス0.3%にしたとすると、おそらく100円を切るくらいの円高に成ってしまう可能性もある。


日銀ではこんな会話が...


黒田さん:「マイナス金利の深堀?!それはできね~!銀行株は売られて、日経225も暴落になってしまうしー」


〇〇委員:「銀行株を上げればいいと思います。」


黒田さん:「6兆円で銀行株を買うポートフォリオにしちゃうとか?」


〇〇委員:「いや、そうではなく、イールドカーブのスティープニング(急勾配にする)をしましょ。金利を-0.3にして10年債はしばらく買わないってことにすればだいぶ立ちます。そうすれば銀行も儲けられるでしょー!」


黒田さん:「10年債暴落しちゃわね~か?」


〇〇委員:「いや買わないと言っておいて買えばいいんですよ~!」


黒田さん:「他の株下がったら?」


〇〇委員:「その時こそ6兆円使って株を買いましょ!」


ということで、次回21日の会合では「総括」と称して、マイナス金利の拡大、10年債の購入額は減らすか無くすか...ということになったとか...。

(真夏ではなく残暑の夜の夢)



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

FXと新種の台風

テーマ:

ヘッジファンドが苦境に立たされているという記事が今朝の日経新聞に出ていた。


資金流出がすごいらしい、2009年以来の高水準とか...昨年今年と2年連続だ。

勝てないんだから仕方ない...

2009年と言えばリーマンショック直後だから、ヘッジファンド業界には大恐慌が起こっていることのようだ。


そうだろうなあと思う。


ボラティリティが高くなる、あるいはボラティリティが上がったり下がったりのボラティリティの激変にシステムロジックを組むヘッジファンドは弱い。


過去データでロジックを適用するに当たって、どんなパラメータ(変数)を使ったらよいのか、最適化を図るわけなので、過去に起こったことのないマーケットではロジックが機能しにくい。

最適化っていうのは、パラメーター同志の一番良い組み合わせを見つける作業のこと。過去データでやるっきゃない。


ロジックが機能しないならやらないほうがましだ。
パラメーターのないロジック...ないかなあ??

ちょっと休むかなあ?!


ということなのだが、ずっと休むわけにも行かないので、緊急に最適化を行って再び参戦。


でも新しい値動きなので、データ量も少ないわけだから、最適化がすぐに機能するわけもない...。


最近東北、北海道に上陸している台風もそうだ。

これまでの台風とは生まれも育ちも違う台風なので、予想外の進路を取るということらしいのだ。気象の専門家もこれからは苦労するに違いない。

そうなったのは温暖化が原因なのかな?


最近のマーケットにも温暖化が起こっているに思える。
温暖化を起こしているのは日銀だ。


日銀がETF購入を倍額購入すると決めて一か月。
日経225が下がらない。
その間ドル円は結構下落して今戻ってきた。


日経225の取引量の70%を牛耳っている外人ヘッジファンドは今年は大幅売り越しに回っていたのだが、彼らがまだ買ってきていないので、日経225の上げは限定的にとどまっている。


はっきりしてきた兆候は、ドル円と日経225の順相関関係が崩れ始めてきたことだ。


日銀のETF増額というのは地球の温暖化ということと一緒かもしれない。

つまり、これまで見たことのないマーケットが始まったのかもしれない。
というこの「ニューノーマル」に日銀は気づいているだろうか?


最後はパラメーターのないテクニカル手法しか勝てなくなるのかもしれないなあ...?


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

まだはもうなり...

テーマ:

日本に戻ってからしばらく時が経ったにもかかわらず、テレビも見ず、「おのぼりさん」状態になっていて、時々昔の友達などに会っても、話についていけないので「だめだなあ」と思う気持ちもあって最近はテレビを見るようになった。


といってもバラエティ番組など見ても面白くないので、ついついニュースや相場に関連するものを見がち...
ちなみに会社では日経CNBCとかBBCとかはつけっぱなし状態なので、入ってくる話は政治的なことも含め相場に関わることばっかり。


なので、時事問題以外は結局友人の話題についていけない...汗


ともあれ、テレビに出てくるコメンテーターやアナリスト、ストラテジストの相場観はとっても参考になることが多い。

複数の人(専門家)が同意見を持っている場合は格別だ。


そういう専門家達は、幸いなことにポジションを持っていない人たちなので(金商法上持てないことになっているので)客観的に分析できている人たちだからだ。


よく投資銀行のマーケット予測が紹介されるけれど、もしかして自社のポジションと同じ方向に公表しているのではないかという偏見があるので、参考程度。


もっとも社内のプロップの部門とアナリスト部門の人たちの間は、金商法上隔離されているはずなので、通常は行き来できないはずだ。

従って投資銀行の分析も客観的なものには違いないのだが...


で、テレビに出てくる人の分析を参考にトレードするのか?


というと、実はそうだけれど、最後までではない。

極端に言えば、結局彼らの相場観とは正反対にトレードしている。


つまり、「彼らはいつも間違っているってこと?」


いやそんな大それたことを言うつもりはないですよ。


むしろ、彼らは大抵はあたるけれど、相場の転換点は当たらない。
一部の人を除いてそれが常だ。

みんな当たってしまったら相場がなりたたない...ので。


従ってテレビを見過ぎていて、専門家の言っている方向にあんまり引きずり込まれないように最新の注意を払うことが大事だと思っている。


そうでないと大転換を外してしまう。

結果トレーダーとしては致命的なミスになってします。


タイミングをミスしてしまった場合、通常は「戻ってきたら今度こそ売るぞ~!」
って待ち構えているけれど、結局そのタイミングはやってこない。


皆がそう思ってるから戻ってこないからだ。


じゃ、どうすれば良いかっていうと、100点取ろうとしないってことかもしれない。

60~70点でいいんじゃない...と思うことかな?


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ


ドル円、2日で5円下がれば介入

テーマ:

上海でのG20財務相、中央銀行総裁会議や先日の仙台でのG7会議では麻生さんがしきりに必要な介入は行うということを繰り返してきたが、誰も賛成してくれなかったようだ。


と思っていたら、昨日麻生さんは


「2日で5円も下がるような場合は介入したい。」と明言していた。

出所はブルンバーグとロイターだから間違いないだろう。


同時に、「各国で為替に対する捉え方は違うものだ」
「円を弱くしたいというわけではない。」

という政治的コメントも...


また為替レベルについては珍しく「109円位ならいい。」と言ったとも伝えられている。


為替のレベルがどこであっても、2日で5円動いたので介入したんですというのなら他の主要国にも説明がつくということか。


でもこのくらいはっきり言ってくれるとトレード戦略も練れるのでとてもとてもありがたい。


「麻生さんありがとう!」


2日で5円と言えば起こり得る。


2日で5円なんてセリングクライマックス的な動きなので、急落は目をつぶって買い、というのが相場の定石だが、実際に買う決断をするには根性が要る(笑)


ということからすれば、本当に戦略が立てやすくなったと思える。


それが起こり始めたら成り行きで、あるいは指値で勝っておけばよいっていうこと。

もしかしたらそういうプログラムをMT4で作ってみたらどうだろう。


ところで、最後に日本がやったドル買いの為替介入は2011年だが、その時は4円上がった。


だから2日で5円下がる場所で指値あるいは成り行きで買って4円のところでド転の売りを行えばよい計算...


ということで、2日で5円の事例を調べてみたら、直近では4月28日と29日がそうだった。


111.88円から106.27円まで2日で下がっている。

その前は昨年の8月21日(金)と8月24日(月)で、123.49円-116.46円だから7円の下げ。


不謹慎だが、たいへんおいしそうな下げに見える。


来月には似たようなことが起こるかも...?


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ