北朝鮮ー米国と日本は?

テーマ:

米国経済が調子が良いだけでなく中国をはじめとした新興国の経済も良くなってきているので(例外はブラジルだけ?)、FRBの利上げは市場のコンセンサスの通り、3月だろうと思われる。

 

10日(金曜日)の雇用統計が予想よりとんでもなく悪かった場合ドル円は急落すると思われるが、それでもその後上がりそうな気がする。

世界中お金が余ってるからだ。

 

でもここにきて、経済に関係ないきな臭い動きが出てきた。
つまりリスクオフの要因...

 

そう、北朝鮮の動き。

 

先日北朝鮮は弾道ミサイルを日本海に向けて4発撃った。

北朝鮮はマレーシアとの国交断絶目前。
中国は北朝鮮から今年は石炭を買わないと言っている。

 

「窮鼠(きゅうそ)猫を咬む」状態!

 

曰く「北朝鮮のターゲットは在日米軍だ。」と公言。

北朝鮮はかなり焦っているように感じる。

 

オバマさんは北朝鮮の核開発にたいしてまったく無視だった...

トランプさんは、マティス長官を通して「撃ったら撃ち返すぞ!」と言っている。

 

北朝鮮は「米国がやっと反応してきたー!」と思っているに違いない。

「そこで、直接会談しよ~ね!」ってわけだが、
実際は北朝鮮と米国の間で話し合いが秘密裏に行われているはずだ。

北朝鮮は「キムジョンウン体制を永遠に保証するなら弾道ミサイルを撃つのをやめる。」

なんて一方的な条件を突きつけているのだろう。

 

米国:「それを保証したら核開発を止めるか?」

 

北朝鮮:「やめるよ~!」

 

米国:「(といっても信用できね~~)じゃ、米国の調査団を常駐させろ!」

といって日本人と米国人の(表向きは)核開発専門が北朝鮮に常駐...
することになる。

 

日本人は拉致被害者を捜索、米国人は傀儡(かいらい)政権樹立に向け画策...1年もあればできんじゃないかな~?

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

 

AD