2013年はアベノミクスで円安となり、それで理由で株が買われたけれど、もうその
理屈は使えなくなっている。

その証拠に、日本の貿易収支をみると、輸入額に比べて輸出額はさして伸びていない。

もう日本は輸出で食っている国ではないので(輸出立国だと思っている人たちが異常に
多いのは不思議)、円安になって利益が増えたのはほんの一部の会社だけだった。
20年の円高デフレで空洞化が進んでしまったから。

米国の追加緩和政策が、規模は縮小され始めたとはいえまだ続いていて、すでに、
FRB350兆円もの新札を刷ってきたおかげで、米株は新高値を少しづつ更新中。

つまり、米株は実力と関係なく上がってきているわけだから、どこかでたたき落と
されてしかるべきか?

米国の緩和マネーの一部のお金が昨年日本に流れてきて日本株も上げたことになる。

しかし、第3の矢に失望したヘッジファンドが運用しているそのお金は年初に逃げた
せいで今も日本株はさえない。

14000円を切らせまいと誰かが必死で買っている?
ので暴落には至ってないが、日銀のお金を持っているところかもしれない。


日銀のお金は、市中銀行に積まれ、そのまま米国に行って米国債に化けていそうだが
回りまわって幾分は日本株で運用されているのだろう。

いずれにせよ、株と円の相関関係はだいぶ薄くなった感じ。
株が売られると円高、株が上がると円安という図式だった。

つまり、これからは日本株は日本経済と日本企業の業績次第ということか?
という論調がFTなどにもみられるようになった。

GPIF(日本の年金ファンド)が来月から買いを増やすのが分かっているので
それじゃあその前にということで、仕込み始めている投資家もいるのかもしれない。

一方 為替は何に連動しているかというと、日米の金利差と言われて1カ月強。

でも昨晩は米国の長期金利は2.43%とだいぶ下がったけれど、ドル円は
さほど反応しなかった。あまり下がらなかった。

気になるのは、米国の長期金利が目立って下がっていること。

つまり、米国債を買っている人が多いということ。
株も上がっている。

いまさら「ど~して」と思うけれども、結局お金が余っていて他に対象がない
ものだから、米国債が買われているということかもしれない。

この状態は考えてみると、どこかで株価が下がらない限り、つまり、株価が
下がって投資マネーが消えでもしない限り、このまま続いていくということなのか?

今週末にかけて行われた欧州議会選挙でアンチユーロの議員が大幅増加したようだが
(英国もすごいことになった)これを受けたのか金余りで買われ続けてきた国債、特に
スペイン、イタリアの10年債のボラが急激に増した。

ボラの上昇はいつも怖い。最後は悪い方向に行きやすいからだ。

そんな状況下、来週ユーロは緩和策を発表する。

ソブリン債を購入するような米国、日本型の追加緩和策を決定すれば、ユーロ
ドルは暴落間違いないが...はたしてそいう緩和策を決定できるのか??

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
AD

日経225はまだまだ(b)波なのか?

(c)波だとすればなかなかフォローがありません。

6月からGPIFがこぶしき投資の比率を上げて買ってくるのがわかっているので、その前にロング?!

あり得なくはありません。


みんかぶに日経225の予測を投稿しました。

http://minkabu.jp/news/author/6


チャートが見えない場合は下記 を見てください。

↓   ↓






YOUTUBEに今後の予測(サイクルとエリオット分析)をのっけてみました。

5/26日10:00に録画したものです。ちょっと古くなったかもですが。

↓     ↓

http://www.youtube.com/watch?v=G0Sb3-usJTE&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ


まだな方はぜひ見てください。


画像きれいになったんです!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

AD

昨晩の実践エリオット波動セミナーに来ていただいた方ありがとうございました。

結構反響があったのでやったかいがありました!


ただ、ちょっと難しかったかなと思いましたので、少し易しいセミナーを考えようと思います。

誤解ないようにうまく伝えるって難しいですが、やりがいあります。


その時はご案内しますね~!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
AD

米株下がりませんね?!

テーマ:

米国ダウ下がる下がると言いながらさっぱり下がりません。


結局トレンドラインを下に切って引けないと下がらないようです。

(でも中長期的には、暴落前というイメージ!)


YOUTUBEに米国ダウの予測動画を上げました。

よろしければ見てください!

↓     ↓


https://www.youtube.com/watch?v=IMtcOds-KbI&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ

(5月26日10:00に撮ったものです)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

日経225は今週中にも(b)波が終了して下げの(c)波に入りそうです。



詳細は動画で話しました。


YOUTUBEに日経225の予測動画を上げました。

よろしければ見てください!

↓     ↓


https://www.youtube.com/watch?v=G0Sb3-usJTE&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ

(5月26日10:00に撮ったものです)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

メルマガで書いた内容です。


昨日のFTに中国政府が10の地方政府にのみ、独自の地方債を発行してよいという
規制緩和を決めたという記事が出ていた。

中国の地方政府が地方債を発行して資金を調達するのは、1994年以降は禁じられて
いたが、それが再びできるようになったということらしい。

もっとも昔は地方政府は独自の地方債を発行できていたようだ。

1994年までは地方政府は銀行からお金を借りたり、独自の地方債を発行してきたら
しいのだが、最後は自分で責任を取らない地方性の借金が膨れ上がって収支がつかなく
なり、それで地方政府の債券発行が禁じられた経緯があったらしい。

ということでは、この決断はかなり画期的な話!に思える。
その背景は?

と記事を読んでみたら、結局今後も同じ問題抱え続けるんじゃないかとも思える。

米国のカリフォルニアなどもそうだが、税収入を超えた地方政府の独自の借金がコント
ロールできないほどの規模になってしまうと、結局同じ問題が起こってしまう。

地方政府が自分で開発した不動産でも投げ売ってお金を作るしかないかもしれない。

ところで、94年以降、地方債を発行できなくなった地方政府は何をしたのか?

地方政府は、独自につくった地方政府財務機関(LGFV、その数10000もあるら
しい)によって、地方政府が保証し、中央政府が地方政府に代わって国債を売って資金
調達を手伝ってきたようだが、その総額たるや、中国GDPの32%にもなるらしい。

この比率は中央政府が公式に発表している国の債務の実に倍にも登るらしい。

そこで、少し前に中央政府は地方政府のLGFVを閉じさせたり、債券の発行を止め
させたりしてこれ以上借金を増やさないようにしたらしい。

もっとも必要な金はどうしても必要なので、地方政府は結局理財商品や社債などの
シャドウバンキングに走ったということのようだ。

それでデフォルト!

年利10%以上が当たり前の理財商品。
中国の成長率は水増しされているとしても2013年は7.5%。

不動産バブルでも続かない限り、計算上はデフォルトにならないはずがない。

結局、今回の地方債発行権を10の地方政府に与えたということらしいが、地方債を
売り出すとすれば、地方の財務内容など、開示義務が出てくるので風通しがよくなる
はず。もっともどこまで開示するのかについては疑問は残るが。

新しく発行できる地方債のマチュリティは5、7、10年らしいのだが、発行できる
金額は相当制限されるようだ。

制限しないと94年と同じ問題が起こってしまう。

94年までに犯した失敗を繰り返さないために中央政府はかなりコントロールして
債券の発行状況を観ていくことになる。
同様の間違いをすると今度はたいへんなことになるが、結局いたちごっこになって
しまうのかも。

もっとも地方政府の借金の穴埋めに、最後は中央銀行がお金を刷って(=追加緩和を
して)地方債を買った結果、元の価値が下がるのは輸出立国中国の国益にかなう
のかもしれない。


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

日経225はまだまだ(b)波中のようです。

誰が14,000円でサポートしているのでしょうか?

日銀?GPIF? あるいは政府のPKO団体(?あるかないかわかりませんが)


みんかぶに日経225の予測を投稿しました。

http://minkabu.jp/news/author/6


チャートが見えない場合は下記 を見てください。

↓   ↓





YOUTUBEに今後の予測(サイクルとエリオット分析)をのっけてみました。

5/19日10:00に録画したものです。ちょっと古くなったかもですが。

↓     ↓

https://www.youtube.com/watch?v=y2UGfpIg_K0&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ


まだな方はぜひ見てください。


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

米国債は3/3の高値を超えるか?!

超えるとエリオットカウントが狂ってくるのでそうなって欲しくはありません。


超えない限りC波のbが進行中?


YOUTUBEに米国債の予測動画を上げました。


よろしければ見てください!

↓     ↓

https://www.youtube.com/watch?v=8ml_WfBUIcc&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ

(5月19日10:00に撮ったものです)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

米国ダウはここから下がると思います。


でもどのくらいの下げになるのかはよくわかりません。


でも中長期的には、暴落前というイメージ!


YOUTUBEに米国ダウの予測動画を上げました。

よろしければ見てください!

↓     ↓


https://www.youtube.com/watch?v=q_crhhHemLo&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ

(5月19日10:00に撮ったものです)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ