みんかぶに日経225の予測を投稿しました。

http://minkabu.jp/news/author/6


日経225は調整終わって来週も続騰。

直近底値圏は11/27に終了した模様。


みんかぶにチャートがのっからないので、下にのっけておきます。



杉田勝のFXブログ



動画による解説もみてください!(11/25)

動画アップデートしました!

http://www.youtube.com/watch?v=TkIMvZs8t2Q&feature=em-upload_owner



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
AD

スコットランドの独立?

テーマ:

私が長く住んだ英国というと、イングランド、ウェールズ、スコットランドと北アイルランドの4つの国(地域)の寄せ集めだ。


ロンドンのあるブリテン島にはイングランド、ウェールズ、スコットランドの3つ。


だからこの3つの総称はグレートブリテンと言われている。

隣の北アイルランドを入れるとUK(ユナイテッド・キングダム=連合王国)になる。ロンドンの日本大使館に行って、住民登録をするのに、国名は「連合王国」というなじみのないものになる。連合王国ロンドン市...


ところで、イングランドの人をイングリッシュ(イギリス人)というので、他の地域の人をイングリッシュと呼ぶと怒られる。特にスコットランド人はイングリッシュと間違われるのを嫌う。

ブリティッシュはOK。
さしずめ、英国人という訳なのか?


日本人で知ってる人はどのくらいいるのかわからないが、初代007をやったショーンコネリーや昨年ウィンブルドンテニスで勝ったアンドレーマレーはスコットランド人でイギリス人ではない。


だから、イギリス内での人気はいまいち。

スコットランドはサッカーとかラグビーでは国際試合ではイングランドと別れて登場してくる。(ウェールズもアイルランドも)

「な~んで?」
と思っている人も多いと思うが、一緒に組めない間柄だからだ。


そコットランド白書というものが出来上がったらしい。

そのスコットランドが2016年に国民投票をやってイギリスから独立するかもしれないと言われているが、スコットランド人の英国全体に占める割合は人口で8%、GDPで10%。


虫d系内大きさだが、ポンドドルには全く影響が見られない。
FTの解説記事では本当に独立を望んでいるスコットランド人は33%とか。


ということは独立の可能性は高くないわけなのかな...?。

最近のニュースによれば、独立後、核は撤去して欲しいらしいが、通貨とと王制はそのまま使いたいとか。本当に独立したいのか、わからないなあ。

AD

みんかぶに日経225の予測を投稿しました。

http://minkabu.jp/news/author/6


日経225はここからちょっと調整かも。

直近天井圏は11/25に終了した模様。


みんかぶにチャートがのっからないので、下にのっけておきます。



杉田勝のFXブログ

動画による解説もみてください!(11/25)

動画アップデートしました!

http://www.youtube.com/watch?v=TkIMvZs8t2Q&feature=em-upload_owner



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
AD

金は5波の下げの中??

テーマ:

先週、10月末に開かれた今年最後から2番目のFOMCの議事録が発表されて世界中が仰天した。


追加緩和策(QE3)の縮小は、ハト派のイエレンさんが1月からFRB議長になるので、縮小は今年はないだろうとみな感じ始めていたからだ。

そんな予想とは裏腹に、10月の議事録は次(12月)のFOMCで縮小もありそうなタカ派のニュアンス。


まったくニュースってあてにならないなあ。


縮小があれば、ドルの増えるスピードが落ちるで、ドルの価値が上がると連想されるからユーロは下がり、円も対ドルで下がった。


ドル円は101.50円はなかなか超えないと思ったら、なんてことはなかった。
すぐにでも5月の最高値である103.73円を狙う勢い。


ドル円と連動している日経は昨日引け値ベースで今年の最高値だった5月22日の引け値15627円の至近距離まで上昇した。


縮小の思惑の影響は円や、株だけではない。
他のマーケットにもタカ派議事録の影響が出ている。

金がその一つ。


ドルが上がると金は下がる。

金価格はドルベースだから当たり前っていえば当たり前だ。


金はチャート的には(5)波の下げの中に居る可能性もあるので、下サイドの値動きは予想はされたものの、緩和縮小が原因と言うことは、金は長期的には上がりにくいのかも?

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

ドル円どこまで?!

テーマ:

ドル円が節目の100.60円超えてきました。

次は101.50.


今のところ100.84円くらいで抑えられてますが、当然101円手前には売りがたくさんいるはず。


いずれにせよ、エリオット的にはちょうどa波の50%上昇した形。

これを超えると、101円では相当な抵抗があると思うが、61.8%は101.65円近辺なので、101.50円のレジスタンスも強烈のはず。


まだ押し目で拾えそうだ。



杉田勝のFXブログ





にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

みんかぶに日経225の予測を投稿しました。

http://minkabu.jp/news/author/6


日経225の短期上値ターゲットは15,750円かな??


みんかぶにチャートがのっからないので、下にのっけておきます。






杉田勝のFXブログ





動画による解説もみてください!(11/18)

動画アップデートしました!

http://www.youtube.com/watch?v=-o6v0_mA100&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

新興国の株価、債券、通貨が5月のバーナンキさんによる緩和縮小発言以来下げトレンドに入っていて、この間のイエレンさんのハト派発言以降でも大きな戻りにはなっていない。


ジャネット・イエレンさんの次期FRB議長への指名が終わって、バーナンキさんよりもハト派のイメージが確認された。


公聴会で冒頭から「回復の道のりは長い。」と述べたそうだ。


緩和縮小するためには、著しい回復が持続的になってからだというような趣旨のことを述べたらしい。

市場は、12月、1月の緩和縮小の可能性はあるとみている筋もあったが、彼女のこの言い方をそのまま受け取れば、緩和縮小なんて来年中にもあるのか?!

という印象だ。
緩和どころか、QE3の増額?!もあるんじゃないだろうかと考えたくなる。 


にもかかわらず、新興国の株価や通貨はほんのちょっとしか戻らなかったようだ。

9月に市場が緩和発表を期待していた時に、バーナンキさんの「緩和なし」発言で新興国株価、通貨、債券にお金が戻ったが、そのレベルをまだはるかに下回っている状態。


例外は日産が日産車の世界一の生産量をもくろんでいるメキシコだけ。


つまり、マネーが新興国から流出するトレンドは続いているとみたほうが良い。

5月以降新興国でトラップされたヘッジファンドのマネーが、イエレン発言直後の戻りで売り逃げしたとみれば説明できる。


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

みんかぶに日経225の予測を投稿しました。

http://minkabu.jp/news/author/6


日経225は最後の上昇かな?!


みんかぶにチャートがのっからないので、下にのっけておきます。





杉田勝のFXブログ




動画による解説もみてください!(11/18)

動画アップデートしました!

http://www.youtube.com/watch?v=-o6v0_mA100&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

みんかぶに日経225の予測を投稿しました。

http://minkabu.jp/news/author/6


日経225は長期上昇トレンドへ。でも来週は下がるかも。


みんかぶにチャートがのっからないので、下にのっけておきます。




杉田勝のFXブログ



動画による解説もみてください!(11/13)


http://www.youtube.com/watch?v=4dqsK1kk3HA&list=UUN8BYlEr8ALAeVfHDxXkDsQ&index=1

今日どこかで動画アップデートします。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ