日銀の予想外のサプライズ

テーマ:

本日は夜FOMCで、明日が日銀の金融政策決定会合。


FOMCはイエレンさんの記者会見もないので無風と思われる。

一方、日銀の金融政策決定会合はなんかありそう。


金融機関にマイナス金利で貸し出すという話とか、ETF購入の増額とか、熊本の激甚指定で量的緩和の増額するとか、いろいろ出ていて、それですでに最近のマーケットが上げってきている。


ということで、なにもやらないという結論は日銀としては出せなくなって来ている状態。


「またしても噂を買って事実を売れ!」
状態になっているのだが、結局は会合後、株もドル円も下げられてしまう。


サプライズしかない状態!

なにがあるのか...?


(以下妄想)
日銀の総裁室では黒田総裁、副総裁その他理事たちと秘密会議中。


黒田さん「明日サプライズないとドル円が売られちゃうと言われてるけど、なんかサプライズないかな?」


副総裁1「金融機関へのマイナス金利での貸し出しの話はブルンバーグに書かせましたけど、結構効きましたよね~!」


副総裁2「でも市場では織り込まれちゃってる...だからサプライズにはならないかも...」


黒田さん「そうだよね~、不動産ローンをマイナスにするように金融機関に言ってみるか!それでもペイするようなマイナス金利にしてあげればいいわけだが...」


理事1「総裁!お言葉ですが、それでドル円が上がらなかったらどうしますか?マイナス金利での貸し出しはデンマークなどでは一部やってるようでが効果はどうも。ECBのTLTROなどの効果も出ているとはまだ聞こえてきていません。」


黒田総裁「そうか..サプライズがないとなあ? こまったな?安部さんにもきつく言われてんだよね~」


理事1 「サプライズあります!」


黒田総裁「お。そうか?!なんだね?」


理事1「会合後発表を思い切り遅らせちゃうんです。トレーダーやマスコミがなにか相当なことがあるに違いないって勝手に買って行きますよ!1時間遅らせただけでもすごいです!
いっそうのこと参院選以降まで遅らせてしまったらどうでしょう?」


黒田総裁(無言、面白いかも...)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

AD

上海は上がりそう?!

テーマ:

上海株は落ち着いてきましたね。

このままゆっくりと上昇傾向にはいりそうです?


ただ、中国の赤字が気になる。


youtubeに予測動画を載せました。

ご興味あればこちらからどうぞ。


↓ ↓


https://youtu.be/y8W157BvuSA



(4月25日10:00 に撮ったものです)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

AD

ドーハで開かれたOPECとNONーOPECの原油会議が物別れになったのに

原油は上昇。

下がりたがっていないので、ついていくしかないのかも知れません


かつ日銀がマイナス金利で金融機関に貸し出しとか...??

youtubeに予測動画を載せました。


↓ ↓

https://youtu.be/O5X0GuyHdI8


(4月25日10:00 に撮ったものです)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

お金使っちゃったサウジ

テーマ:

カタールのドーハでの産油国会議は結局サウジとイランの物別れに終わって、原油価格はクウェートの石油従事者のストライキでもなかったら暴落し続けただろうと思われる。


石油のトレーダー時代から長年OPECの動きを眺めてきたが、彼らがまとまったことは数えるほどしかない。

いつも産油国に極端に不利な価格になってきてからというのがお決まりのコース。

ともかく、サウジは増産態勢に再び入るのだろ。


サウジとイランが今度まとまることがあるとすれば、たとえば、原油価格がまた30ドル切ってきたらみたいな、よほどの状態でなければ合意はないかも...

と思っていたら、サウジアラビアも、資金が底をついてきたらしく国家予算もやばくなってきているようだ。


今朝のフィナンシャルタイムスのトップ記事は「サウジが100億ドル調達」という記事だった。1兆1千億円の国債を発行することになるという。


サウジとしては国債発行は25年ぶり。1991年にサダムフセインがクウェートを侵攻した時に国債を発行して戦争費用をまかなった経緯があった。


今回のような海外発行の国債はサウジにとって初めてのようだ。

売れ行きは極めて順調で、利率は米ドルLibor+1.2%らしい。


原油価格は数年後にはおそらく上がってくるので、サウジのリスクは地政学上のリスクしかないので、今後はこうした産油国の国債は増加していくのだろうと思われる。


サウジアラビア等の産油国は地政学的にはますます借金を増やすべきではないかと思う。


米国はシェールが出てくるまでは中東の石油を手に入れられるかどうかは死活問題だったのでサダムフセインまで攻めたが、今にいたっては中東の石油の位置づけは低くなった。


中東を助けるモチベーションが減っている。


でも、これからは、自国の企業が買い持ちしている国債の発行国に対して直接的な債権があるのでそれを守る必要がある。


近い将来中東で軍事行動を起こすことががあるとすれば、昔は「石油があるから」だったが、これからは「金貸してるから」という裏事情になるに違いない。


ところで、産油国にお金がなくなってきたとすると、日本にとって困ることがある。
つまり、日経を買い上げてきた産油国ファンドによる日本株の買い上げは当分ないかもしれない...。




にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ

日銀の介入はいつ?

テーマ:

最近麻生大臣が「為替の急激な変動はよろしくない。」とか「円高進行が一方的。場合によっては必要な措置を取る。」と繰り返し発言している。


日銀の介入があるかもしれないといううわさが絶えないが、介入は日銀ではなく財務大臣の権限なので、麻生さんが決めるわけなので、麻生さんの発言には特に気を使う。


麻生さんの笑顔は見ていて楽しいが、最近の為替に関するときの顔は苦虫をかみつぶした時のような顔で痛々しい。

昨日は明日からワシントンで行われるG20の財務相、中央銀行総裁会議で先日から大きな話題になっているタックへイブンへのVIP口座のリーク、「パナマ文書」についての話し合いが行われるのか?

という記者団の質問には本当に苦虫を噛み潰した顔だった。


いずれにせよ、財務省の依頼を受けて日銀が介入に入るわけだが、「急激で一方的なドル円の動き」は何をもって『急激』かという日銀の定義があるらしい。


日経CNBCによれば、それは3カ月で10%以上動いた時ということらしい。


今年の高値は1月29日の121.68。その10%というと、12円強だから、下値は109.50くらいということなのでとっくに10%を超えている。


ということで、理屈上はいつ介入があってもおかしくない。


ただ、マスコミで言われているのは2月の上海G20財務相、中央銀行総裁会議で、中国が日常的にやっている為替介入のことを意図して、「為替の介入はやめましょう。」という合意がなされたということになったとか。
ただ、声明には出ていない。


今週それに続くG20の財務相、中央銀行総裁会議が明日からワシントンで開かれる。
そこでも似たような話になるのかもしれない...。


そして来月は伊勢志摩のG7会合...だから、日銀としては安易には介入はできないというのがコンセン
サス。


でも日本のマスコミではドル円が「ここ」まで下がったら介入だと
いう噂が絶えない。


マスコミがいろいろな人に聞きまくっている。
105円という人あるいは100円という人...

ということで、ここからのドル円の売りは要注意。


久しぶりだから4~5円は吹っ飛ぶ可能性がある。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ