もうひとつの卒塾

テーマ:

数日前の20日、講師の送別会が行われ、東所沢教室からは6人の教え子が、今回は講師として二度目の卒塾をしました。

 

ウィルの送別会では、卒塾する講師が後輩講師たちへ遺言(遺す言葉)として、一人一人およそ20分~30分、全体に向けてスピーチをするのが恒例です。

 

みな本当に立派なスピーチをしてくれました。

 

できることなら東所沢卒塾講師6人全員のスピーチについて書きたいところですが、今回はその中でも6年もの間勤めてくれた愛弟子、宮澤について書きたいと思います。

 

宮澤は7期生ですから、今年卒塾した生徒らのちょうど10歳上になるのですね。

 

こうして目をつぶって思い起こせば、まだ小さくて、あどけない姿が目に浮かびます。

 

 

彼の最後のスピーチ、その内容は『子どもの可能性は∞』

 

配られたプリントには、ある生徒の中1の頃の成績が掲載されています。

 

Aくん 中1の成績 

後期 期末  国語42点 数学48点 英語13点 社会10点 理科31点 合計144点

後期 通知表 9科21(理科・音楽・美術以外すべて2) 

 

この成績の生徒を見たら、この生徒はどのくらいの偏差値になると思いますか?

 

宮澤は全講師に呼びかけます。

 

「偏差値50がいいところじゃないか」

 

「いや、45辺りでしょ」

 

そんな声が口々に聞こえてきます。

 

この生徒が、塾長のある言葉を聞いて変わるんです。

 

この生徒が塾長に聞くんですよ、僕でも川越高校とか行けますか?って。そうしたら塾長が言ったんです。ちゃんと言うことを聞いてやれば行けるよって。

 

そこからAくんは頑張るんです。そして成績も徐々に上がっていき中3にはこうなります。

 

Aくん 中3の成績 ※当時二学期制のため最後の定期テストが後期中間テスト

後期 中間  国語47点 数学74点 英語72点 社会75点 理科86点 合計354点 

中3 学年評定 9科31 

 

当時の僕は川口北高校を志望していたんですけど、残念ながら北辰テストの偏差値も60に達することはなく、第二志望の朝霞高校にするしかないかなと思っていたところ、塾長からこう言われるんです。

 

「MARCHレベルの大学を目指すには、是が非でも所沢高校以上は行くべきです。ここは所沢高校へ願書を出しましょう。」

 

私服が嫌だったので、所沢高校なんて僕は一言も口にしていないのにですよ(笑)。

 

でも言われるがままに出願したところ見事合格。

 

その後、このAくんは法政大学に合格して、今ここにいます。

そう、このAくんは僕です!

 

親もそんなところに行けると思っていなかったですし、僕自身も思っていなかった。きっと誰も思っていなかった。でも、信じていてくれる人がいることで僕の人生は変わった。

 

人は自分の経験から、この子はこのくらいだろうって決めつけてしまうでしょう。

 

でも決めつけちゃダメなんです!

 

 

彼、宮澤は法政大学理工学部を卒業後、内定をもらっていた某企業に就職する予定でした。

 

しかし就職する数か月前、「本当は教師になりたい」、彼からそう打ち明けられました。

 

「だったらなればいいじゃないか。」

 

そう言う僕に、「でも教職をとっていなかったですから」という彼。

 

「なら、これからとればいい。人生、本当にやりたいことが見つかっているのなら迷うことはないさ」

 

そうして、宮澤は内定先を断り、科目履修性として大学に残り、今年教員免許を取得。来月から学校の先生になります。

 

決めつけちゃダメ。子どもの可能性は∞。

 

きっといい先生になるでしょう。

 

 

 

さて、最後に卒塾生のみんな。

宮澤がウィルにいるのも残り数日だけ。

最後の勤務日は3月30日だよ!

 

 

 

 

追記① 宮澤の名前や成績を使うことは本人の承諾済みです。

追記② このプレゼン後に、ある講師からの「思い返してみて、なぜ宮澤先生は川越高校には行けなかったと思いますか」という質問に、宮澤は「当時はやっていたつもりだったけれども、講師として川越高校に受かる生徒を見て比べてみると、圧倒的に足りてない。そういうところが大きいと思います」と答えています。

AD