フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:

昨日、一関文学の蔵の編集者会議が世嬉の一(蔵元レストランせきのいち)で行われた。
これまでは不定期の会報を発行していたが、今年度より装いも新たに100頁程度の年間誌を発行することになった。
誌名は「ふみくら」初版部数は700部を予定、来年3月の刊行を目指している。

巻末の30頁には「文学の蔵ものがたり」と題して、作家の及川和男(一関文学の蔵)会長が担当され、その他については一関に関連する内容のエッセイ、詩、短歌、俳句などの文芸の掲載。勿論我々編集部員も頁を埋めることになりそうだ。

 

ここ一関は、岩手県の最南部に位置し、内陸部の交通の要所でもある。関東方面からの往来も多く、他文化の伝播や文化人も多く来関している。なかでも島崎藤村や井上ひさし、終の棲家として一関を選んだ色川武大(阿佐田哲也)。

地元では直木賞作家の三好京三(一関文学の蔵初代会長、前沢町出身)や及川和男現会長を初め多くの文人や学者を輩出している。

 

初版の「ふみくら」発刊までの編集体制は、及川和男会長を筆頭に、畠山祥夫編集長、千葉万美子副編集長、佐藤竜一副編集長、編集委員(実務担当)として佐々木明子さん、関俊昭さん、原田徹郎さん、そして私伊藤英伸。

編集委員(助言・協力)として佐藤晄僖さん、畠中良之さん、那須照市さん、松本健樹さんの12人体制で編集に携わり、発刊を目指すことになった。

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

ロッキーわんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「フォト短歌」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。