フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
本日、一関文化センターを会場に、平成28年一関地方短歌会(新春短歌大会)が行われた。
選者は宮城県在住の斉藤梢(コスモス)先生。
30余名の参加者の下、互評、選評と和気藹々、楽しく大会は進められた。
仕事の都合もあり、なかなか短歌大会への参加は厳しい私だが、極力参加するように心掛けている。
人それぞれ思いも違えば解釈も違う。時にはハッとするような新鮮な感覚や、感動を覚えたりもする。
勿論酷評された時には内心穏やかではないが、それも一瞬のことだ。「なるほど、そんな見方もあるのか」と、次なる詠歌に活かそう(殆ど活かされていないのが実態)と思うのである。

互評、選評がひと通り終わり、天・地・人・佳作の入選者発表があった。
残念ながら私の作品は番外だったが、嬉しいことに、天賞に輝いたのは日頃お世話になっている一関短歌同好会(游の会) の会長、千葉利英 さんの作品だった。

<天賞>
千葉利英(一関市)
剪定の刃先に飛び出す蜂五匹一直線にわれに向き来る

<地賞>
山平新子(一関市)
生かされて八十ニ歳の誕生日「お芽出とう」って名残雪舞ふ

<人賞>
千葉利ニ(一関市)
春蒔きの花と野菜のカタログを炬燵に眺め予後を籠もりぬ

<佳作賞一席>
菅原優(宮城県栗原市)
尖んがりて葱は静かに伸びている月かげ注ぐこの夜半にも

<佳作賞ニ席>
千田庄子(奥州市)
寡黙なる夫と向かふ雛の膳むすめ二人のはしゃぐ幻

<佳作賞三席>
千葉喜恵(東山町)
雪景色藤の古木の幹太く鎧着たように此処に生き抜く

<佳作賞四席>
佐藤政勝(川崎町)
函館へ青函トンネル抜けるとき思い出さるるかの洞爺丸

<佳作賞五席>
佐々木満綺子(花泉町)
久久の湯宿に背中流し合ふ東京に職の決まりし孫と


因みに私の拙歌は
師の曰くあらたな事に挑む時「身の丈半の本を読むべし」
http://hiraizumi.info/essay.web/


今回はカメラを車中に置きっ放しだったので、以前撮り置きしてあった蜂の写真に千葉利英さんの短歌を書き込み、フォト短歌に代えたい。


フォト短歌「蜂五匹」




AD
 |  リブログ(0)

ロッキーわんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。