フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
隣町の一関市東山町に訪れる際、必ずと言っていいほど立ち寄りたくなるのが富士屋製菓 さんだ。
今回も御多分にもれず、知らぬ間に、店先に車を停めていた。何故か引き寄せられるのである。
その原因とでも言おうか、お目当てのお菓子がある。その名はマロンフェッテ。
栗が丸ごと一つ、サクサクのパイ生地に包まれた私イチオシの洋菓子である。アーモンドプードルなどによる菓子職人の絶妙な甘さ加減は、神業とでも言えようか、実に上品な甘さなのだ。
今回もその絶妙な甘さ加減を、じっくり堪能できることの歓びを噛み締めながら、会計を済ませ店を後にしたのだった。


  マロンフェッテ


予定時刻よりも若干時間が余ったので、近くの東山町図書館に寄ってみることにした。
エントランスを抜けると小ホール(東山地域交流センター)があり、何やら色んな作品が展示してある。
和紙で出来た作品の数々だ。
ポスターには東山和紙活用作品展とあるが、迂闊にも、隣町に住んでいるにもかかわらず、手漉きの和紙「東山和紙」を初めて知った。
後で知ったことだが、約800年の歴史があるとのこと。

東山町長坂の北西部に安養寺(幽玄洞付近)というお寺があり、当時、そこのご住職(佐藤和尚)さんが書道を教えていた。今から40年ほど前のこと、私が中学生の頃だが、書道を習いに週末は真面目に通ったものだった。おそらく、地元産の和紙も使われていたかと思うが、一向に記憶が無い。

東山和紙活用作品展に展示された作品を見ると、素材の良さが十二分に引き出された力作ばかり。
時を忘れ、暫し見入ってしまった。
好奇心旺盛な性分に、再び火がつきそうになったのは言う迄もない。・・・

3月2日(日)午後2時30分より、当センターにて、世界的和紙デザイナーの堀木エリ子さん による講演会があるとのこと。
問合せ先:東山和紙活用作品展実行委員会事務局(東山支所産業経済課内)電話0191-47-4525

東山和紙活用作品展の結果など、詳しくは幽玄洞ブログ にて


フォト短歌「東山和紙」   


  







AD
 |  リブログ(0)

ロッキーわんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。