フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
ちょっと時間に余裕ができたので、DVDを借りてみることにした。
私が主に、観る映画といえば文学的な作品や芸術性の高いもの、深く考えさせられる作品などよりも、単なる娯楽として楽しめる映画が好きで、しかも邦画は殆ど観ない。
もっぱら洋画ばかりだが、それもなんにも考えずに、ボケっとしてただ観たいものだから吹き替えの映画を選ぶといった極めて低俗的な観賞の仕方だが、それが私には合っているようだ。

ただ今回は何を思ったか、邦画が観たくなった。
殆ど足を運ぶことのないコーナーに久方ぶりに足を踏み入れ、ひと通り眺めてみた。
すると以前何かで目にしたか、或いは何処かで聞いたことがあるタイトルが目に飛び込んできた。
それが麒麟の翼 であった。

東野圭吾氏の推理小説だが、作品のテーマは「悲劇からの希望と祈り」だそうだ。
私は推理小説がそれほど好きという訳でもなく、なんらかの事件や犯罪などを合理的に解決へと導く過程に、それほど感銘を受ける訳ではないが、この作品で一番印象に残ったことといえば、松坂桃李氏扮する青柳悠人の父、青柳武明の、息子を思う父親の愛と情だった。

映画の終盤に初めてその真相を知った時、以前私がサラリーマン時代に観て、同じ家長として家族を守ることの責任の重さや辛さ、歯がゆさなどが共鳴し、とても涙なくしては観られない男の魂を揺さぶる名作、壬生義士伝 の主人公、後に新選組隊士となった脱藩浪士の吉村貫一郎とダブって見えたのだった。
奇しくも、その配役は同じ、中井貴一氏であった。


フォト短歌Amebaブログ-フォト短歌「ロッキーの寝床」






ロッキーわんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。