フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
37回目を迎える西行祭短歌大会が、本日、世界文化遺産平泉の関山中尊寺本坊の大広間を会場に、百数十余名の参加者のもと、厳かに、そして楽しく行われた。
例年通り、午前9時より西行法師追善供養が本堂で営まれ、その後場所を本堂裏手の大広間に移し、中尊寺の山田貫首のありがたいご講話を頂戴した。
その後今回の選者である吉川宏志(塔短歌会主宰)先生の記念講演が始まった。

演題は「西行の息」
西行法師の詠歌15首を取り上げ、法師の人柄や人生観にも触れた内容は実に興味深かった。
また、新聞の記事等は事象を後追いする内容だが、詩歌は先追い、或いは先読みし、時として予言する内容を伴う作品があるとの解説には共感を得た。
また、短歌は、亡霊との会話をも可能にする。亡くなった者と繋がりを持つことができ、その「息」を感じることができると説かれた。
吉川宏志先生の説示により、西行法師の息を感じたような気がする。

その後応募された作品143首(欠席含む)を一首一首、吉川先生の優しさ溢れる懇切丁寧な講評により、寒い一日だったが、出席された皆さんの心も温まったのではないだろうか。

入選作品は次のとおり
<中尊寺貫首賞>滝沢市の山口明子さんが受賞
作品:西よりの繊き日照雨に湿りつつ我が子見てゐる初めての虹


<平泉町長賞>宮城県の大津美智子さん
作品:瓦礫より拾ひし鐘のよみがへりふる里の寺新年祝ふ

<平泉観光協会長賞>一関市の佐藤政勝さん
作品:ぎこちなく赤児を抱けば仏間から「めんこいなあ」と妻のまぼろし

<岩手日報賞>奥州市の阿部洋子さん
作品:水張田のまはりは草の刈られゐて乾く匂のただよひゐたり

<IBC岩手放送賞>一関市の小野寺政賢さん
作品:立春のけふは日ざしも明るみてわれに小鳥のこころ萌せり

<岩手日日新聞社賞>北上市の高橋重光さん
作品:吹くとなき風にひろがる稲穂波とまるとんぼもたゆたふ如し

佳作受賞者は
佐々木さやか(紫波町)
菊池 陽(盛岡市)
遠藤吉光(盛岡市)
菊田 顕(奥州市)
伊藤せい子(宮城県)
川辺邦子(北上市)
伊藤淑子(北上市)
畠山喜一(一関市)
がそれぞれ入選された。

私の友人、菊田顕君も今回初参加にも係わらず佳作入選を果たした。
作品:この春も売れ残りたる雛たちの髪のほこりを筆先に掃く
彼の実家は陶器店を営んでいるが、商いとしての立場よりも、雛たちに対する愛念、慈しの心が伝わってくる秀歌である。

今回最高賞の中尊寺貫首賞を受賞した山口明子さんは、私の元同僚の奥方である。

因みに私の作品は・・・
その心境をフォト短歌に、啄木の本歌取りで詠んでみた……。


 選者の吉川宏志(塔短歌会主宰)先生

 中尊寺貫首賞を受賞した山口明子さん



 游の会代表の千葉利英 さん。 会員募集中!!

 菊田顕君



フォト短歌「寿司」

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
岩手県西磐井郡平泉町の中心部から、弓弭の泉を源とする一級河川、流路延長249km、流域面積10,150km2の北上川を挟んで東側に、風光明媚な足 引の稜線が印象的である束稲山(たばしねやま)が見える。その束稲山の7合目付近に、今の季節、薄紅色の広がりが目に留まる場所がある。
オオヤマザクラなど100種3000本余の桜が咲き誇る「西行桜の森」である。
勿論、今から900年ほど前の平安時代、西行法師が仏道と歌 道を極めるべく歌枕探求の途に就き、当時奥州藤原氏が栄華を誇る奥州平泉を訪れ、「ききもせずたばしねやまのさくら花よしののほかにかかるべしとは」と詠 んだように、束稲山に咲き誇る桜の花群に感嘆した当時の山桜とは異にするが、後に育てられた桜が今見頃を迎えている。

西行法師は2度にわたり奥州平泉を訪れ、数首の和歌を残している。
なかでも奥州藤原氏2代目当主基衡公の好意により、その舘に滞在していた折り、陸奥国に流罪となったある僧と出逢った。西行法師が今の都の様子を話して聞かせると、その僧は涙を流して都を懐かしだとのことだった。
その様子を詠んだ和歌が、
「涙をば衣川にぞ流しけるふるき都をおもひ出でつつ」と口吟んだ。
また、仏道と歌道修行のひとり旅は、孤独であり、命がけの辛く厳しい日々であったに違いない。
「常よりも心細くぞ思ほゆる旅の空にて年の暮ぬる」と詠んでいるのが印象的である。

その西行法師を偲び、天台宗東北大本山「中尊寺 」では、毎年桜の咲く頃に短歌大会が開かれている。
今年は短歌結社「塔短歌会 」の吉川宏志氏を選者に招き、今週の4月29日(金)、中尊寺本堂裏手の大広間を会場に行われる。因みに私の役割は受付係。本堂前の仮設テントの下で諸先輩方をお迎えする係となったが、ふてぶてしい態度を慎み、図体をできるだけ小さくしながらお迎えしたいと思っている。

第36回西行祭短歌大会の様子
第35回西行祭短歌大会の様子
第34回西行祭短歌大会の様子


熊本地震への募金 Yahoo!ネット募金(Tカードポイントでの募金もできる)


フォト短歌「西行桜」  
 


昨日花巻市のバラ園(花巻温泉付近)に立ち寄ってみたが、バラならぬサクラがちょうど見頃を迎えていた。

 
 



AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
人の性格、性分と云うものはなかなか変えられないものだが、それと同じように、企業や国の体質もなかなか変えられそうにないようだ。2002年1月10日、大型トレーラーから走行中にタイヤがはずれ、歩行中の主婦に直撃して死亡するといった不遇の事故があった。
その事故に端を発し、三菱自動車のリコール隠しが明るみになり、社会問題となった。
その同社が、またもや不正行為の隠蔽で再び我々消費者を失望させることとなった。根本的な体質、隠蔽体質は変えられないと云うことなのか。次に購入する時は三菱車と思っていたが、実に残念でならない。

人の性格、企業の体質、いくら反省したところで根っこの部分は変えようがないと云うのが実態なのだろうか。
国の体質もやはり同じようなもので、政権が変わらなければ本質的には変わらないだろう。
先週から続いた熊本の群発地震の影響を懸念し、鹿児島にある川内原発を停止すべきと思うのが一般的な考えだと確信していたが、「問題ない、停止する必要なし」との判断を下した原子力推進委員会、オッと、失礼、原子力規制委員会委員長の発言には流石に驚いた。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「菜の花」


フォト短歌「桜並木」


フォト短歌「鏡田の影」

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日無事に稲の種まきが終わった。
今冬の暖冬もあって、桜の開花が例年よりも一週間程早く、この辺でも今が満開、いや、既に散り始めている。
種まきを終え、3日・4日育苗機にて発芽を促してからビニールハウスに移動する。
手間はかかるが致し方なし。
父が健在なうちは我が家の慣行に従わねばならない。手間を惜しんでは、決して良いもの、美味いものはできない。

東日本大震災から5年が経つが、当時は地震により圃場のいたるところに不具合が生じていた。
今は何事もなかったかのように農作業を進めることができる。非常に有り難いことだ。

九州地方は熊本地震により、多くの人達が不安にかられながら暮らしておられる。
まずもって心よりお悔やみとお見舞いを申し上げたい。
一刻も早い地震の鎮静と、平穏無事な日常生活の再開を願うばかりである。

Yahoo!ネット募金(Tカードポイントでの募金もできる)
熊本地震に台湾の支援拡大 「日本の友人は常に最大の協力をしてくれた」


フォト短歌「土起きる」  フォト短歌「種まき」


 |  リブログ(0)

テーマ:
熊本地震の災害対応をめぐり、与野党による罵り合いなど、鍔迫り合いが繰り広げられているとのこと。
そんな時ではないというのに。「不謹慎だ」と云わざるを得ない。
今は与野党の垣根を取っ払って互いに協力しあい、被災者支援にあたるべき時だと云うのに、いったい何をやってるのか。九州地方の被災地では、地震の恐怖に怯えながら、生きた心地のしない状況のなかで必死に頑張っている。揉めている時ではないだろう。
我々東北の人間も5年前の東日本大震災 の折り、地震発生直後から電気がストップした為に、テレビもダメ、電話も不通、水も出ない。周りの状況が全くつかめない状態が暫く続いた。

唯一、外部の情報を知ることが出来たのはラジオだった。
しかしながら残念なことに、スイッチを入れると国会議員らの政府(民主党当時)に対する批判ばかり。
「批判するより先ず政府に協力すべき時だろうが」「そんな事は後でやれ」もっと今必要としている、大切で身近な情報を何故もっと早く放送しないのかと、た だただ呆れるばかりであった。ただ今回の放送局の対応は、被災地の身近で必要な情報を随時提供しているようだ。

また、それ以外に非常に気になるのは、震源地から遠いとの判断からか、川内原発が未だ稼働していることだ。なぜストップしないのだろうか?
電力供給、電源確保はよく理解できるが、しかしながらいざ事が起きてからでは絶対に遅い。

現在頻発する大地震の震源地より南の活断層も、既に地震活動が活発化しているとの専門家の発表があった。
今回の地震活動から誘発され、何処が活発化しどう活動するかは神のみぞ知るということだろう。「絶対に安全だ」などと云うのは正しく絵空事であり、間違いなく現実的ではない。
万が一の事態を想定し、早急にストップすべきではないだろうか。
今回の群発地震は過去に例のない、不規則性があるとのことなので、不安材料は出来るだけ、しかも早急に払拭するのが賢明であろう。早め早めの対応を期待したい。
福島原発事故による風評被害などに苦められた東北地方の人間として、同じような苦渋や辛酸を九州地方の人たちには絶対に嘗めて欲しくはない。

Yahoo!ネット募金(Tカードポイントでの募金もできる)
熊本地震に台湾の支援拡大 「日本の友人は常に最大の協力をしてくれた」


フォト短歌「熊本地震」  フォト短歌「桜は桜」



 |  リブログ(0)

テーマ:
熊本で大きな地震があった。
震源の深さ約11km、マグニチュード6.5、最大震度7の大地震が14日から15日の未明にかけて起こった。
今朝の時点での死者数9名、避難者数は約4万5千人。怪我人の数は約860名との発表があった。
我々東北の人間は幾度となく経験しているが、嘗てあまり経験のない場所での大地震に、住民の方々は本当に恐ろしかったと思う。
まずもって心よりお悔やみとお見舞いを申し上げたい。

5年前の東日本大震災では被害があまりにも広範囲に及び、行方不明者数も凄い数だった。
その為、捜索には多くの警察官や自衛官、消防士、地元消防団員らが瓦礫の中を一心不乱に探しまわった。
津波の被害はあまりにも甚大であり、あまりにも強烈だった為に、行方が掴めたにしても殆どが心肺停止の状態だった。その捜索に大きく貢献したのが捜索活動の訓練を受けた警察犬であった。

犬の嗅覚は凄い。
先日、埼玉県東松山市で所在不明(女性)の捜索のため、警察犬の出動要請があった。出動したのは「アルノルト・フォム・マイネ・ヴンシュ号」と云う11歳雄犬のシェパードだった。
東松山署によると、3月15日午前中、川島町の女性が寝間着姿で所在不明になっていると家族から通報があり、捜索したが夕方になっても見つからなかった。
それを受けての出動だったが、なんと僅か10分で女性の居場所を探し出したそうだ。実に利口で賢い。

我が家の愛犬ロッキーが亡くなって1年近くになる。
裏山の一角に小さな墓石を置き、その下で眠っているが、私の心のなかでは今でもしっかりと生きている。16年間、毎日毎日、雨の日も晴れの日も雪の日も一緒だったのだから。

「犬の十戒」と云う詠み人知らずの詩があり、犬の立場、犬目線で飼い主に語りかける10項目の言葉がある。
そのなかに、「私を信頼して欲しい、それが私にとってあなたと共に生活できる幸せなのだから」との一文がある。
飼い主と愛犬とは深い絆で結ばれ、互いに心底から信頼し合わなければいけない。
犬は受けた恩を一生忘れないと云う。また、いつかその恩を返そうとする。我が家でも過去にその返報行為とでも云おうか、不思議な体験 を今でも決して忘れることはない。

犬たちは飼い主の病気を教え、我が身を犠牲にしてまでも飼い主を救おうとする。
「飲水思源」「報恩謝徳」犬たちは忠実で愛情深い動物であり友達である。だからこそ、殴ったり、いじめたり、罰として閉じ込めたりしては決していけない。
我々飼い主も、犬たちの期待に応えるべく、報恩謝徳の精神を決して忘れてはいけないのではないだろうか。


フォト短歌「ロッキーと桜」  犬の十戒



 |  リブログ(0)

テーマ:

フォト短歌「そらほでり」


蝶蛾雲泥とは、読んで字の如く「蝶」と「蛾」は雲泥の差があると云う私の造語である。一般的には雲泥万里が当てはまるだろうか。
対極を成す人らによる金の問題が巷で注目を集めている。国民に納税を課す側の公人たちが、租税回避地なるタックスヘイブンでの税金逃れの問題だが、パナマ文書の流出によって急浮上している。
一部報道によるとその総数は1150万件。すごい数だ。  
それによると、タックスヘイブンの恩恵にあずかる各国の首脳たちが、自国の租税逃れの為に合法を盾に隠覆していた問題だ。情報流出の原因となったのが Wordpressのプラグインの脆弱性にあるとの指摘である。もともとWordpressはオープンソースなので責任の所在が不透明だ。

続きを読む・見る>>


 |  リブログ(0)

テーマ:
作家の及川和男先生(元・一関市立図書館名誉館長)より、私の拙著、3作(冊)目のフォト短歌エッセイ集「泡沫」 謹呈へのお礼にと、幸甚なるお手紙と近著が自宅に届いた。
頂戴した近著「戊辰幻影 みゆき女口伝 」の見返し部分には、先生直筆のサインがあった。
及川先生のご先祖は武士。一関藩士である。曽祖父及川盛氏は戊辰戦争にて最期を遂げた。若年28才であった。
その盛氏の長男虎太郎(先生の祖父)氏の妻みゆき(先生の祖母)さんの語録を核に、正雄(先生の父)氏が書き留めた回想録を元に、一関の歴史的背景と哀歓を描いた私小説である。
登場する人物は全て実名で、内容も史実に基づいたノンフィクションである。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「戊辰幻影」

 |  リブログ(0)

テーマ:
息子の著書 に続き、私の本が漸く届いた。
「泡沫」と題したフォト短歌エッセイ集3作(冊)目 の上梓となる。
日頃書き留めたエッセイや、写真に短歌を詠んだフォト短歌、それに詩を加えたものをフォト詩歌と名付け、自作のホームページやブログに投稿した一部を本に纏めたものだ。
エッセイは特に、私見による思いや心証も多いことから、思考の相違による違和感や不快感を持たれる場合もあろうかとは思うけれども、もしご興味があるのであれば、「こんな考え方や意見もあるんだ」と寛大なるお心でご通読頂ければ幸いである。

2011年3月11日の東日本大震災から5年の歳月が流れた。 続きを読む・見る>>


フォト短歌「泡沫」

 |  リブログ(0)

テーマ:
明日、元ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ(愛称エル・ペペ)さんが来日するとのこと。
ムヒカさんと云えば、2012年6月、各国首脳によるリオの環境会議(リオ+20)で、あまりにセンセーショナルなスピーチで一躍有名になった人物である。
我々人類が生きる上で、本当の「幸せ(仕合わせも含む)」とは何なのかを改めて問うたその内容には、計り知れない説得力があり、誰しもが耳を傾け、感動したに違いない。
お金がいっぱいあるから幸せなのか?
物が沢山あるから幸せなのか?

ムヒカさんが云う
「グローバリゼーションに翻弄されてはだめだ。我々人類がグローバリゼーションをコントロールしなければならない」
「我々人類が、消費社会にコントロールされているが、マーケットを我々人類がコントロールしなければいけない」
「発展は我々の幸福を阻害するものであってはならない。発展は人類に幸福をもたらすものでなければならない」
「環境問題を論議するならば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素である。また、その環境問題は環境危機ではなく、政治的な危機問題である」と。

そのムヒカさんが、明日、本当の幸せ とは何かを問いに、日本にやってくるとのことだ。


フォト短歌「迷路」

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。