フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
何ともお粗末な元郵便局員がいたものだ。
日本郵便四国支社の元社員が、約3万8千通もの郵便物を配達せずに隠し持っていたとのことだ。
憤りを感じる。
勿論その中には届け先でも必要のないダイレクトメールなどもあったろうが、大半は大事な郵便物であった筈だ。
民営化以降、こんなお粗末な事件が増えたように思うのは気のせいだろうか。

聞くところによると、とあるマンションに米などのちょっと重い物を届ける際に、面倒くさそうに悪態つきながら配達したり、郵便物を自宅郵便受けに入れた後、蓋を締めずにそのまま立ち去る配達員がいるとのこと。
今のところ風雨による被害はないとのことだが、被害が生じた場合は損害賠償も検討しているとのことだ。
誰に責任があって、どこが悪いのかは分からないが、何れにしてもモラルが欠けているのは残念なことだ。


フォト短歌「霜降り」

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
先の閣僚人事で、与党議員の中では貴重な脱原発論者で期待の人物が、国家公安委員長・行政改革担当相に就任し、事業仕分けで一瞬だが注目を集めた。
その後フランスのテロなどによって注目が薄れたが、その後事業仕分けはどうなっているのだろうか?
嘗て民主党政権下で、2009年の事業仕分けでは「2位じゃダメなの」との直言が話題となったスーパーコンピューター(以後はスパコンと記載)だが、現在 の自公民政権下でも、河野太郎大臣が「1位が1台」と「2位が10台」ではどちらが有効なのかと文科省を批判していた。

そのスパコン「京」も現在世界第4位と苦杯をなめているが、1100億円余をかけて開発され、その費用に見合っているや否やが問われている。 ただ、現に、医療の分野を初め、身体の臓器の動きを再現し、ウイルスの詳しい構造を明らかにできる複雑な計算が可能になるなど、少しづつではあるがその成果が現れているようだ。
確かに、今現在は未だ税金投入に見合った成果はないのかも知れないが、将来的には未知なる可能性を十二分に秘めていることぐらいは馬や鹿でも理解できる筈だ。
今後その「京」を凌ぐプロセッサーが開発され、超スーパーコンピューターが開発されるのは明らかだが、そうなるためには環境の整備や投資が必要となる。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「固い絆」

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日分家さんの葬式を済ませたばかりだが、その当日、別の親類で不幸があった。
連日の不祝儀により、予定が大幅に変更となった。
現役を引退し、長閑に暮らす毎日ならまだしも、次から次と用事が舞い込む貧乏暇なし状態の身上には、急なる予定変更はかなりしんどいものがあるが、それもまた致し方なし。明日は我が身、お互い様である。

この界隈に暮らす親類は23世帯。ともなれば毎年必ずといっていいほど訃報の知らせが届く。今年は既に5件目、ご近所の弔いを含めれば更に増えるが、震災以前と比べ何故か多いように思うのは気のせいだろうか。
我が家でも半寿過ぎの両親が控えており、覚悟だけはと思っている。

角界では元横綱の北の湖理事長。アフタヌーンショーで司会を務めた川崎敬三さん。
「家栽の人」の原作者、毛利甚八さんも先週の21日、食道がんのため自宅で亡くなったとのこと。
享年57、私と同い年である。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


フォト短歌「長閑けしの里」


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
アフリカ西部のマリで、宿泊客など約170人を人質に、武装グループがホテルを襲撃し立てこもっているとのこと。
また、一週間前に起きたフランスでの連続テロは、フランスのみならず世界を震撼させた。
フランスと云えば、凱旋門、ルーブル美術館、エッフェル塔などの観光名所をはじめ、シャネルやルイ・ヴィトンといったファッションブランド、口にするもの ではフランス料理やワインなど、文化的要素がふんだんにあって、どちらかと云えば「安全な国」といった印象が強い。
そんなテロとは縁遠そうなところで、120数名、200人以上もの一般市民の死傷者がでる大規模な自爆テロが発生した。サッカー場、劇場、レストランと、 ごく一般市民が寛ぐ場所での今回の悲惨なテロ行為は、決して許されるものではない。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「目には目」

 |  リブログ(0)

テーマ:
今日のプエルトルコ戦はどうか?
現在3回裏の攻撃、1対0で押している。

昨日の侍ジャパンにもシビレたね!
予選全勝で決勝トーナメント進出。
特に中田翔選手の活躍は感動もの。本当に凄い。
彼は本物のサムライだ!!
このまま突っ走って世界一だ。
頑張れ!!!


フォト短歌「侍ジャパン」

 |  リブログ(0)

テーマ:

フォト短歌「ゆく秋」

何年ぶりになるだろうか。地元消防団員らと一路函館に。
津軽海峡を横断するのは、函館のとある寺院に婿となって出家した従兄弟の結婚式以来、久方 ぶりである。それ以前は、30数年前になるが、何度も訪れている。訪れるといっても、学生時代を札幌で過ごした為に、帰省の際には必ず通る訳だが、青函連 絡船から降り、後は函館札幌間の特急列車に一目散に乗り込むので、殆ど函館の土を踏むことはなかった。

函館の記憶で一番残っているのは、大学入学の折り、青森港から連絡船で函館に渡り、そのまま札幌に直行するのを止め、函館で一泊することとなった。
その時の印象が鮮明に残っている。「函館は美人が多い」というのがその時の第一印象であった。
勿論、函館のみならず、北海道の女性は全般的に美人が多い。
とまぁ、そんなことを思い出しながら、多少期待を含めながらも、青函トンネルを抜け、函館に到着したの……と。

以上の内容でブログに投稿しようと前もって準備しておいたのだが、直前になって私だけ函館行きは断念せざるを得なくなった。
本来であれば、明日の早朝に出発の予定だった……。



フォト短歌「恋ふ函館」

新しく購入したミラーレスカメラで函館の夜景を撮影する予定だったが、思い叶わず。なのでフォト短歌「恋ふ函館」の夜景写真は、無料の風景写真素材「ふらり」 さんよりお借りすることにした。





 |  リブログ(0)

テーマ:
今日のニュースで、とても許し難い、残念な窃盗事件があった。
岩手県南部、奥州市江刺区のりんご農家から、12000個ものりんご(サンふじ)が盗まれたとのことだ。
金額にして約80万円相当とのこと。
江刺りんごと云えば、ご祝儀相場もあって1箱100万円(2013年)の高値がついた程、美味しい立派なりんごで知られている。
苦労しながら手間暇かけて大事に大事に育てた物を、とても許し難い行為だ。警察の威信をかけて、一刻も早い犯人検挙に努めて頂きたい。

サンふじと云えば、江刺区北側に隣接する北上市立花地区にこけめ農園 がある。そこのサンふじも実に美味しい立派なりんごである。
収穫はこれからで、北上方面に向かった際は度々訪れているが、それが私にとっては楽しみの一つでもある。広い敷地内には、国道(107号線)沿いのガーデンセンター「サンQ」 や、奥には農家レストラン「さん食亭」 がある。
サンふじはそのどちらでも購入できる。

また、農家レストラン「さん食亭」では、千円札でお釣りが来る999円にて、産地食栽にこだわった20数種類もの手料理が、バイキングスタイルで十二分に堪能できる。
北上市街地を一望できる眺望抜群の店内で、是非また、去る秋を惜しみつつも、美味しい手料理に舌鼓を打ちたいものである。


フォト短歌「渋」  サンふじ


 |  リブログ(0)

テーマ:
<嬉>
昨日の世界野球プレミアム12の開幕戦(日本VS韓国)、先発投手(大谷翔平選手)の力投は圧巻だった。
3回迄ノーヒット5三振、最速161km/hの快投で6回迄失点を許さなかった。 
6回で降板したが、後続の投手も失点を許さず、結局5対0で開幕戦を飾った。実に爽快な気分だった。
強化試合を含めると3戦全勝の日本。世界一になりそうな予感がする。

<嫌>
今朝通勤の途中に危ない目にあった。こちらが優先道路を直進中、30m程前方にT字路があるが、左方向から一旦停止を無視して無理やり侵入してくる車があった。
悪質な危険運転である。通報したところで「こと」が起きなければ警察は動いてはくれまいが、本来ならば「こと」が起きてからでは手遅れだ。
以前、交通事故の起こりやすい時期を調べた ことがあるが、それによると年末が近づくにつれて頻発する傾向にあった。今はその11月である。
何かと気忙しい季節だからだろうか。
何れにしても道路法規をしっかりと守って、安全運転を心掛けてもらいたいし、心掛けたい。


フォト短歌「あほんだら」

 |  リブログ(0)

テーマ:
最近は特に、次から次と偽装や虚偽などの不道徳行為、不正行為が頻発している。「儲かれば手段を選ばない」と云った利益優先主義からくるモラルの低下、倫理観の欠如が露呈している。
横浜のマンションのくい打ち施工データ改ざんに端を発し、同じ施工会社の担当者のみならず、次から次と改ざんなどの不正行為が見つかっており、業界全体を震撼させている。今後はどこまで波及するのだろうか。

続きを読む・見る>>



フォト短歌「きり」

 |  リブログ(0)

テーマ:
本日漸くいわい天然乾燥米(元氣) 、第1便の発送にこぎ着くことができた。
今秋は特に色々な行事や用事に追われ、時間調整にかなり手こずった。今後も順次時間をみながら発送の準備に取り掛かっていきたい。

飯米(自家消費分)は土蔵の中で、籾の状態で冬を迎える。今冬の寒さはどうか。お米は生きている為、寒暖の差によって益々糖度が増し、美味しさを増す。冬越しの野菜と同じように。
新米の風味とはまた一味違う美味しさを堪能できる。

今年の農作業もいよいよ大詰めを迎え、残る作業はあまりない。
越冬に備え、大根や人参の雪囲いの準備にそろそろ取り掛かっていきたい。


フォト短歌「新米」

その他の写真>>



 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。