フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
脱法ハーブから脱法ドラック、そして危険ドラックと名称の変転があった。
これによって痛ましい事故や惨劇が繰り返されないことを祈るばかりだが、ネーミングと言うのは非常に大事で、心理的影響力はかなり大きい。
国民感情に働きかける「積極的平和主義」なる曖昧模糊とした言葉の綾、巧みさによって洗脳され、右傾化の波に呑まれそうになったりもする言葉の影響力だが、「脱法ハーブ」と言う名称によって、ハーブのイメージが著しく悪くなったことも事実だろう。

本来一般的に言うハーブとは、薬用に使われるものやスパイスとして有用な植物を指すものであって、有名なところではラベンダーやミント、ローズマリーやローリエなど、香辛料として香りを楽しんだり、リラクゼーション効果が期待できる植物として非常に親しまれてきた。
「脱法ハーブ」と言う紛らわしいネーミングから「危険ドラック」への改名によって、ハーブのイメージや市民権が復活することを願ってやまない。

これまで、ダークで汚れたイメージで誤解されがちだったハーブそのものは、いったいどう思っているのだろうか。
ハーブにだって心があるかもしれない。ハーブの気持ちになって考えてみたいものだ。
そんなハーブの気持ちと言えば、ハーブの気持ちをライトの色で表現する器械が通販で売っている。
器械の名称はそのものズバリで『ハーブのきもち』という優しいネーミング。工作キットになっていて、プラモ感覚で作る楽しさを味わう事も出来る。
用土に含まれる水分が不足すると赤ランプが点滅し、水を補給すると青ランプに変わるなど、ハーブの気持ちが目で確認できる優れものだ。
勿論、ポットで育てる鑑賞ハーブのみならず、家庭菜園や本格的な野菜栽培にだって利用可能な面白い器械である。





フォト短歌「ハーブの気持ち」
AD
 |  リブログ(0)
同じテーマ 「教訓詠」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
東北でも漸く梅雨が晴れたと報じられた。
ムシムシジメジメはもう沢山。
電気カミソリでの今朝の髭剃りは実に快適だった。梅雨晴れの一報は実に嬉しい。
本格的な夏到来とあって、今後は猛暑激暑に注意が必要。

夏の曲と言えば、最近の曲はよく知らないので、チューブやサザンの曲が真っ先に思い浮かぶが、私の青春時代の一番の思い出の曲と言えば、永ちゃんこと矢沢永吉さんの『時間よ止まれ』だ。
ジャンルは永ちゃんなのでロックということになるのだろうけれど、よく分からないが、ブルースっぽく、ちょっと気だるい感じがする。またその気だるさがなんともたまらないのである。
私の20番でもある。

フォト短歌「朝の髭剃り」


◆時間よ止まれ

作詞:山川啓介
作曲:矢沢永吉

罪なやつさ Ah PACIFIC 碧く燃える海
どうやら 俺の負けだぜ
まぶた閉じよう
夏の日の恋なんて 幻と笑いながら
この女(ひと)に賭ける

汗をかいたグラスの 冷えたジンより
光る肌の香りが 俺を酔わせる
幻で かまわない
時間よ 止まれ
生命(いのち)の めまいの中で


幻で かまわない
時間よ 止まれ
生命の めまいの中で

罪なやつさ Ah PACIFIC
都会(まち)の匂いを 忘れかけた この俺
ただの男さ
思い出になる恋と 西風が笑うけれど
この女(ひと)に賭ける
Mm- STOP THE WORLD
  …………
Mm- STOP THE WORLD




それにしてもシブイなぁ~

太平洋が何故罪なのかは分からないが、夏の日の恋なんかは幻だと笑い、光る肌の香りが俺をも酔わせたのだった。
あ~、時間よ止まれ!! あの日に帰れたならば……。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
高校時代、同じ応援団リーダーのひとりに、当時は随分世話になった、というよりかは散々っぱら迷惑をかけた人物がいる。彼は私と同じように、短歌を趣味の 一つに持っている。その友人から、地元岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)出身の元総理、斎藤實夫婦を偲ぶ等短歌大会があるから出品してみないかと、要項とメ モ書きが届いた。
実を言うと、短歌のセンスや上手さは彼の方が一枚上手で、冷静沈着な観察眼による独特の表現には、時折ハッとさせられたりする。

私が作る単純で一方的で単細胞な拙歌では、とても出品するのは痴がましいと思ってはいるが、折角の誘いなので一首ひねろうかと思っている。
その為にはまず、実際に斎藤實記念館に赴き、肌で感じ、我が目でしっかりと確認する必要がある。
実は以前にも一度訪問した記憶があるが、何分にも30数年前の高校生の頃だ。外観のイメージぐらいしか記憶にない。そんなことで、仕事の合間を縫って一路水沢へと車を走らせた。

その他の写真など、詳しくは>>



フォト短歌「賢者の花」
 



AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
今年の5月17日に、3本の夕顔の苗と同じく3本のズーキーニを植えたものが、一応順調に育っているようだ。但しズッキーニは期待していた程ではないようだ。もっとも、東北地方は寒冷地に分類されるので、これからが本格的な収穫期、今後に期待だ。
夕顔については、まずまずの育ち具合といいたいところだが、親蔓の摘芯を怠ってしまった為に、若干の不具合は覚悟しなければならないかもしれないが、それでもまぁ~、収穫期には十分に堪能できる筈だ。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「夕顔の育ち具合」  フォト短歌「ズッキーニ」

 |  リブログ(0)

テーマ:
旧一関市立図書館の老朽化や駐車場などの問題で、地元市民からは新築、移転の要望が多かった図書館だが、本日、念願の新館がオープンを迎えた。
御多分にもれず、旧図書館閉館の前に借りた本の返却も兼ねて、早速私も入ってみることにした。
有難いことに駐車場がかなり広い。以前の図書館とは比べ物にならない。車が足代わりの田舎では非常に有難いことだ。

早速館内に入ってみたが、初日ということもあってかなりの人で賑わっていた。
今日は30度以上のあちいあちい一日となり、クーラーの効いた館内はなんとも有難い。
館内には、岩手県下でも県立図書館に次ぐ蔵書があるとかで、スペースもかなり広い。
エントランスの左側、1F交流スペースには喫茶店「CAFE JOURNAL」が併設され、コーヒーを味わいながらページをめくることができる。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「オノマトペ」

 |  リブログ(0)

テーマ:
あじさいには、「辛抱強い愛情」という花言葉がある。
それは、高野長英や二宮敬作らの蘭学の師であり、長崎出島のオランダ商館医だったシーボルトが、日本滞在中に娶った妻の楠本滝(通称お滝さん)を残し、祖国ドイツに帰国した。その際に、日本の生物や植物にも関心を持っていたシーボルトは日本固有の植物なども持ち帰った。
そのなかにガクアジサイがあり、名前を「オタクサ」として紹介した。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「オタクサ」

 |  リブログ(0)

テーマ:
昨年、植栽して約10年目に生ったポポ(ポーポー)の実が、今年は沢山実をぶら下げている。昨年は実がならなかった木にも数個の実がついており、2本合わせるとかなりの数だ。
つい2・3年前迄は、今秋もダメかと、見に行っては肩を落として引き返すばかりだったが、なんと嬉しいことか。

ポポの説明は以前別ブログ でも紹介したように、果実の形は決して良いとは言い難いが、熟した実はどんなフルーツよりも甘く、フルーティーでエキゾチック、トロピカルな香りが口いっぱいに拡がる。

昨年の種は保管してあるので、今年の種も大事に残し、今後は、種からじっくりと育ててみたい。出来る事なら田んぼでも潰して、「ポポの果樹園でも作ろうか」などと夢を膨らませている。
もっとも、植栽して約10年目で初めて実が生ったことから、種からともなればいつの日のことかは定かでないが、何事も愚公移山。諦めずに、信じてやれば必ずいつかは実現できるのである。

その他の写真>>


フォト短歌「ポポのおぼこ」


 |  リブログ(0)

テーマ:
烏兎匆匆、光陰矢の如し、月日が経つのは早いものでお盆まであとひと月と迫った。
岩手県平泉町毛越寺では、8月16日午後7時より、世界平和を祈る読経のもと、ご先祖様の供養や願いが書かれた灯籠を浮かべる法灯会(ほうとうえ)が行われる。

昨年は忙しさにかまけ、8月に入ってから訪れたが、今年は早めにと思って今日、毛越寺の事務所を訪れた。何時もは用意されてある筆ペンで認めていたが、今年は筆と墨汁を持参し、特に心を込めて書くことにした。
久しぶりの毛筆とあって、些か緊張気味だったが、何とか読める文字にはなったのではないだろうか。

奉納金は灯籠一個につき1.000円だが、全てが、震災孤児や世界の恵まれない子供たちに寄付される。
受付は8月16日の当日迄だが、出来るだけ早目に行かれることをお勧めする。
また、遠方の方は郵便振替でも申し込み可能だ。

詳しくはチラシ↓をご覧あれ。


  
 
その他の写真など>>



 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日今日は然程ではないが、一昨日は実に暑かった。うだるような暑さだったが、まだまだ序の口。これからが本番だ。
暑い夏に良く似合う着物といえば、私が真っ先に思い浮かべるのが浴衣である。
しかも、特に女性の浴衣姿にはついつい、とろっ、ほろっ、うっとり、でれでれっとなってしまう愚生だが、その浴衣姿で参加するイベントが、岩手県一関市千厩町で開催される。
そのイベントとは  続き、その他の写真はこちら>>


フォト短歌「あかしたつ」  ゆかたで夜市



祭りと言えば、第6回いわて力祭りが8月10日(日)、北上市で開催される。
ベンチプレスの部の参加申し込みが明日(18日)と迫った。
まだ申込をしていないという方、お急ぎください。

第6回いわて力祭り開催要項(全体)>>

ベンチプレスの部要項・申込>>

アームレスリングの部要項・申込>>

ボディビルの部要項・申込>>
 |  リブログ(0)

テーマ:
去る2014年7月13日、第3回北海道・東北ブロック選抜選手権大会が、岩手県北上市の北上総合体育館で行なわれました。
出場選手数は26名。パワーリフティングの部とシングルベンチプレスの部(全てノーギア)で、選手らによる日頃のトレーニングの成果が遺憾無く発揮され、 暑い会場が更にヒートアップするなど、暑い熱い戦いは実に圧巻でした。

続きや、結果表や写真はこちらをご覧ください>>


フォト短歌「ブロック選手権大会」

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。