フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
年の瀬を迎え、何かと気ぜわしい今日このごろ。2013年も残すところ後一日となった。
今年一年間を振り返ってみると、色々あった。
「あーすればよかった、こうやるべきだった」と後悔先に立たずである。
悔いなき人生をと思うけれども、多少なりとも悔いは残るのもまた人生。

私にとっての直近の悔いはいうと、後々見返そうと、予てより書き溜めた記録やノウハウを綴った、回顧録代わりのブログが、サーバー側の都合により全て消去されてしまった。
経営不振の為か、或いは無料利用の所為なのかは定かではないが、現在問い合わせ中だが、一向に埒が明きそうにない。

使いがってがよく、簡単に作成できるワードプレスなどのホスティング型無料ブログだったが、大手のサーバーやブログ提供会社ならまだしも、地方の弱小ベンチャー企業の提供だった。

勿論、弱小ベンチャーが全てダメだという訳ではない。
何れにしても今更ながらバックアップをとっていればと後悔しきりである。
そんなこともあって、今後はバックアップの作成を必須課題として、パソコンドライブへのデータ保存や外部ハードディスクへの保存と平行して、クラウドの利用を最大限に活かす為に、マルチポストのリスクを承知の上で、有料サーバーを使った私的ホームページ 上にも保存することにした。

もっとも、既に同じようなことをやってはいたが、より充実させたいと考えている。
故・大宅壮一さんが、「本は読むものではなしに引くものだ」との名言を残され、蔵書が3万冊以上とも4万冊以上とも云われ、大事に書庫に保管されておられたとのことだが、現在はサイトがその書庫代わりであると私は思っている。

最後に
今年一年、拙い弊ブログにお越しくださり、心より感謝申し上げます。来年も引き続き更新して参りたいと思います。
変わらぬご愛顧、宜しくお願い申し上げます。
                                   ひで

フォト短歌「冬山」

    
AD
 |  リブログ(0)
同じテーマ 「自然詠」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ここ数年、12月25日は夜更かしをして、至極の音楽番組『クリスマスの約束』を観て聴くことにしている。
今年も小田和正氏をはじめ吉田拓郎氏、ミスチルの桜井和寿氏やスキマスイッチ、根本要氏や松たか子さんなどゲストも多彩だった。
曲や歌は勿論、会場を染める照明に何時も心奪われるが、今年は一段と綺麗さを増したように感じた。
何時かは会場に行き、生で観て聴いてみたいと思っているが、せめて仙台辺りでやって欲しいものだ。小田さんの母校も近いことだし…。

それと今回はミスチルの桜井氏も来ていたが、できればBank Bandの「to U」でもやってもらえば最高なのだが…。




その他の写真やYoutube>>

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
ここ2・3日めっきりと寒さが厳しくなってきた岩手県南地方だが、今年植えたジャンボニンニクはどうなっているのだろうか。根っこが凍ってはいまいか…。





迷犬ロッキー(うっ失礼、名犬ロッキー?の間違い)との朝の散歩は何時も我が家の畑から始まる。とは言っても最近膝の調子が芳しくなく、畑をグルっと一周するのみで終わりだ。
以前ある親戚が、老犬となった飼い犬を散歩に連れ出し、戻って間もなくあの世に行ってしまったと寂しげに話していたが、よくよく話を聞いてみると、1時間程早足でムッたりと運動させたとのことだった。

人間で言えば90歳以上の老犬である。
いかに四足の動物とは言え、やり過ぎ、過激な運動は避けたい。
老犬となった我が家の愛犬ロッキーにとっては、畑一周程度がちょうどよい距離なのかもしない。


昨日、岩手県歌人クラブの会報とともに、創立30周年記念特集の歌集『短歌いわて2014』が届いた。
岩手県在住ないしは県出身者より、東日本大震災をテーマに詠んだ作品を募り、157人分の1570首が収められている。
不詳ながら、私も10首の下手くそな震災詠を掲載させていただいた。


 



       
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

フォト短歌「水鳥たち」

ここ数日、北上市在住の岩崎実さんのお供 で、平泉から北に向けて車を走らせていたが、一昨日は北上市の総合運動公園に出向いた。野鳥観察で知られる公園西側のため池には、今年も沢山の水鳥たちが飛来し、池の水面を静かに、小波をたてて悠然と泳ぐ姿が確認できた。
このため池で越冬するのだろうか。それともひと時の羽根休めだろうか。
やがて寒さも厳しくなり、氷が張る頃には彼らも南へと向かい、暖かい場所へと移動するのかもしれない。

ひところは、鳥インフルエンザの流行が懸念され、餌を与えぬようにと行政から注意喚起がなされていたものだが、最近はあまり聞かなくなったように思う。
はてさて、今冬のインフルエンザ流行はどうなのだろうか。
厚生省の発表 によると、最近の国内におけるインフルエンザウイルス検出状況をみると、「AH3亜型(A香港型)」の割合がもっとも多いとのこと。
私は毎年予防接種を受けてはいるが、新型は御免被りたいものだ。
 |  リブログ(0)

テーマ:

フォト短歌「キラキラと」

<以下↓はフォト短歌との関連性はありませんので悪しからず!>


ノーギア大会として初のアジア大会が、12月5日~10日までフィリピンのQuezonCityを会場に行われた。
大会の正式名称は
『2013年アジア女子パワーリフティング選手権大会・2013年アジアクラシックベンチプレス選手権大会』
そのクラシックベンチプレス選手権大会の66kg級Mⅳの部に、岩手県北上市在住、県パワーリフティング協会最高顧問であり、現在ジャパンオープンマスターズベンチ66kg級Mⅳの部4連覇中の岩崎実(73歳)さんが、自信の持つ日本記録と同重量の105kg挙上に成功し、見事チャンピオンに輝き、初のアジア記録として認定された。

本日、地元の北上市役所を訪れ、及川義明副市長を始め、松田幸三教育部長、スポーツ推進課・国体推進室の佐々木茂雄課長らと面会し、アジア大会の様子や結果などの報告に伺った。
大会結果もさる事ながら、岩崎さんの歯切れの良い、要旨を的確は捉えた解説を聞きながら、直ぐ横に座りながら感心しきりで耳を傾けていた。流石は元会社役員である。
その模様は、2・3日中(おそらく)に新聞や地元ケーブルテレビでご覧頂けるかと・・・。
明日も再び北上市に出向き、今度は北上市体育協会に訪問する予定。  

他の写真は>>


新聞記事(12月19日木更新)







 |  リブログ(0)

テーマ:
『夢は現実化する』
どこかで聞いたような掲題だが、特定秘密保護法、TPP、消費税の引き上げ、軽自動車税の値上げやらなにやらかにやらと、なんとかミクスの景気対策には縁のない私のような田舎暮らしのひ弱な人間にとっては、「夢も希望も無い世の中になりつつあるな~」と日本の行く末が案じられる昨今の心境だが、結局は選挙で選んだ我々にも責任の一端がある。

一方で夢を膨らませる良い話題もあった。
サッカーが決して詳しくはない私でも、セリエAの名前ぐらいは知っているし、ビッククラブのなかでもレアル・マドリードやACミランが名門中の名門であることぐらいは知っている。

続きを読む・見る>>   


フォト短歌「僥倖祈る」
    






 |  リブログ(0)

テーマ:
命あるもの全てが、この世を去る時が必ずやってくる。
その時がいつなのかは神のみぞしる。
特に肉親の死となれば本当に辛いものだ。幸いにも私の両親は未だ健在である。
父は82才、母は81才になる。
不肖な倅を持って、「未だあの世へは行ってられない」というところだろうと思う。
そういう意味に於いては、私は親孝行者?、なのかもしれない・・・。

私が小学の低学年の頃、遊びの一つに「ぱった(ぺった)」が流行っていた。
この辺の方言では「ぺったぶじ」と呼んでいたものだが、当時、下校の際は必ずと言っていいほど立ち寄った親友の自宅が、小学校の直ぐ下にあった。
その親友宅の土間を利用して「ぺったぶじ」をよくやったものだった。
時にはあまり夢中になり過ぎ、薄暗くなるまで夢中になっていた所為か、心配した祖母が迎えに来ることがしばしばだった。

その所為か、お互い肩が強くなり、中学に進んでからは野球部に所属し、お互いその強肩をならしたものだった。勿論、肩の強さだけではない。
2人とも足にも自信があって、地区の陸上競技大会では常に1・2を競った良きライバルでもあった。
その仲の良かった幼友達は、折しも献金問題で世間を騒がせているどこぞの都知事が、民営化に追いやった現在の東日本高速道路株式会社(旧・日本道路公団)の職員として、金沢市内に居を構えており、今迄なかなか会う機会に恵まれなかったが、一昨日久方ぶりの再会を果たしたのだった。

その時の服装はお互いに黒ずくめ、彼のお父上の葬儀だった。
菩提寺である一関市舞川の常川寺にて、愛惜の念に浸りながら葬儀が厳かに執り行われた。お焼香を済ませ、喪主である彼のお兄さんの惜別の念に満ちた挨拶を聞き、感涙に咽び、俯きながら本殿を出ると、彼らが花束を手に出迎えてくれた。

そそくさと彼のもとに近づくと、私に気づいた彼は、今迄必至に堪えていたのであろう。「よぉっ!」の後に続く言葉はなく、ただただ・・・、暫しの間無言の時を過ごしながら「じゃ、またな」と、ひと言のみを交わし、私はその場を後にしたのだった。
今度会う時は、5年後の還暦祝いの同級会になりそうだ。


フォト短歌「黒狸」
       





 |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜から今朝にかけて冷え込みが厳しくなってきた。
朝は布団からなかなか出られない。
「初雪」と短歌では詠んだが、岩手県南では今年2度目だったかもしれない。
先月の中旬、いっときだが寒さが急に厳しくなり、その後回復し穏やかな日が続いていた。
師走に入り、本格的な冬がやってきたようだ。

つい先程まで、筆ペンを右手に年賀状の宛名書きに打ち込んでいた。
以前は裏面も宛名書きも全てプリントアウトだったが、やはりどうみても味気なさ過ぎである。
そんなことから昨年以来せめて宛名書きぐらいは手書きにしようと頑張っている。

しかしながら肩は凝るは目が霞んでくるはフラフラになるはで、なかなか大変だ。
なにも休み休みやればいいのだが、やり始めると兎に角没頭してしまう性分である。
流石に今回は諦め、次回に残すことにしようと思う。


フォト短歌Amebaブログ-フォト短歌「初雪」







 |  リブログ(0)

テーマ:
ジャンボにんにく物語とはいっても、勿論大それた話ではない。
単なる観察日記だが、我が家にとっては珍しさもあって、来年の収穫時期まで写真に収めていきたい。
我が家は母親がニンニク好きではないので、自ずとニンニクを使った料理が食卓に上って来るのは珍しい。身体に良いのを知ってはいても致し方なし。
なので我が家の畑ではニンニクの芽は珍品の部類に入る。
     続きを読む・見る>>

     
    フォト短歌Amebaブログ-フォト短歌「ジャンボにんにく」



 |  リブログ(0)

テーマ:
北海道更別村に黒ぎつね が出現したとのこと。その話題で盛り上がっているとのことだ。
更別村内の学校や民家周辺に、先月中旬から出没し始めたようだ。
突然変異か否か、確かなことは分からないが、アイヌの言い伝えによると黒いキツネは幸運を呼ぶといわれ、神聖な存在として特別に扱われていたようだ。

黒毛ではないが、キツネといえば2011年3月11日の大震災から約3ヶ月後の6月、通勤途中の道路上でキツネの子らと何度か出くわし、人懐っこい一匹の子狐に「ごんた」と名付け、その様子を以前YouTubeで公開したことがあった。
間近で自然の子狐を確認できるなどとは思ってもみなかったが、私にとっては非常に貴重で感動の数日間の思い出だった。

子狐ごんた(その1)

https://www.youtube.com/watch?v=Zb9b0EAcFLU

子狐ごんた(その2)
https://www.youtube.com/watch?v=dWoB2fTgwps


フォト短歌Amebaブログ-フォト短歌「黒ぎつね」










 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。