フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。

NEW !
テーマ:
本日6月29日(正確には2011年6月26日に登録決定となった)、平泉では「平泉世界遺産の日」として色んなイベントが企画されている。
私も午前中のみの参加となったが、中尊寺に於いて、俳聖・松尾芭蕉が今から327年前(1689年6月29日)の今日、初めて平泉に訪れたのを記念して、第55回平泉芭蕉祭全国俳句大会が行なわれた。

そして午後4時30分より、毛越寺境内にて「平和の祈り」が開催された。
今から920年程前、流血の戦乱に心を痛め、平和と平等、安らぎを基調とする平安の地を築くべく、奥州藤原氏初代清衡公がここ平泉に居城を構え、1108年に中尊寺を造営した。その後約100年続いた栄華と平安は知るところであろう。

その平和への思い、願いを脈々と受け継ぐ平泉の地、毛越寺にて、僧侶による練行の後、本堂を参拝し、大泉が池の袂、南大門跡祭壇にて、藤里明久毛越寺貫主代行読経による平和祈願の法要が行なわれた。その間、大泉が池では龍頭鷁首船の船上散華が行なわれた。

法要が終わり、場所を本堂前に移し、早めに集まっていた地元平泉小学校の生徒らによる『平泉讃歌』の合唱があった。
子供らの無垢で清らかな歌声が、平和への思いを更なる呼び水として、境内に集まった町民はもとより、戦禍に苦しむ異国の地に届くことを願わずにはいられない。

その後、平泉ユネスコ協会文化財愛護少年団団長による「世界平和へのメッセージ」の朗読があり、来賓の紹介と青木幸保平泉町長の挨拶で幕を閉じた。
青木町長は午前中にも、中尊寺の平泉芭蕉祭全国俳句大会で挨拶されていた。本当にお疲れ様でした。
また、僧侶一行の中に、見慣れない服装、赤の装束に身を包んだ方を目にしたが、中尊寺、毛越寺と親交のある中国の僧侶一行とのこと。

全世界に、宗派を超えた平和への祈りが、輪となって広がることをただただ願うばかりである。


フォト短歌「祈り」




毛越寺のあやめ祭りは7月10日まで、今が一番の見頃かも。




















AD
 |  リブログ(0)
同じテーマ 「フォト短歌」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:
本日、中尊寺本堂を会場に第55回平泉芭蕉祭全国俳句大会が行なわれた。午前9時30分より中尊寺僧侶や関係者らによる芭蕉供養会が行なわれ、開会式は午前10時30分から始まった。
その後前もって提出してあった地元児童や小・中学生らの表彰があり、その後当日句の審査を兼ね、暫時休憩に入った。
私は仕事の都合上、午前中で会場を後にしたが、一般の部の表彰は午後、西村和子さんの「奥のほそ道回り道」と題する特別講演の後だ。
入選の期待は極めて低いが、時間があれば最後まで残り、各選者による選評を拝聴したかった。返す返すも残念無念!!

それは兎も角、地元と云うこともあり、以前から是非平泉芭蕉祭全国俳句大会に出席してみたいと思っていた。私の本命は短歌だが、ジャンルを問わず、表現欲、創作欲など、本能に逆らうことなく詠歌作句活動に努めていきたい。勿論、出来不出来は問題ではない・・・・・・。

入選作品など、情報が入り次第後日改めて掲載したい。


フォトはいく「梅のはな」
私の投稿句



フォト短歌「モリアオガエル」
本堂隣りの峰薬師堂前の池には、天然記念物のモリアオガエルが涼やかに鳴いていた。




















AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日掲載しました岩手県南花ライン の中で、一部数値に誤りがありました。

みちのくあじさい園のあじさいの種類や株数について、3百種3万株以上と記載しましたが、本日の地元紙には5百種6万株と紹介されておりました。
確かに3百種3万株はかなり前の数値であり、年々種類や株数を増やしていることは既に承知しておりましたが、まさかこれ程迄に増えているとは予想だにしておりませんでした。
園主とは親類 でありますが、認識が甘かったこと、この場を借りて訂正並びにお詫びを申し上げます。
それにしてもこの種類・株数ですと東日本では勿論、日本でも1・2の規模ではないでしょうか。





AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
「池坊 花逍遥100選」の中に、岩手県内の花の名所、2箇所が認定されている。
その一つが世界遺産平泉の「毛越寺の花菖蒲と萩」。もう一つが一関市舞川の「みちのくあじさい園」である。
池坊 花逍遥100選 と は、平成26年6月27日の「花きの振興に関する法律」制定を機に、花と関わって550年以上の歴史を誇る「池坊」が、「華道の精神を映している」と「未 来に残したい」の両方を満たす花の風景を、都道府県別に抜粋し、日本文化を誇るにふさわしい花風景100箇所を認定したもの。

毛越寺 の花菖蒲、あやめ祭りが6月20日(月)より開かれ、3百種3万株の花菖蒲が咲き誇っている。
期間は7月10日迄。
その開園期間に、邦楽演奏会や延年の舞公演などの行事が準備されている。
一方のみちのくあじさい園 の開園期間は本日、6月24日(金)から7月25日(月)迄。
期間内には色んなイベントも企画されている。

15ヘクタール(約4万5千坪)の杉木立の中、クロヒメやアナベル、ヤマアジサイなど3百種3万株以上のアジサイの開花がこれからピークを迎える。七変 化の微妙な色合いのコントラスト。両性花、装飾花の大小によるコントラストも楽しめ、違った味わいや楽しみ方が出来るのではないだろうか。

毛越寺の座標は北緯38度98分、東経141度10分。そこから東に約10分。緯度はそのままにしてみちのくあじさい園がある。すなわち北緯38度98分上に、花逍遥100選認定の岩手県南花ラインが存在する。
これからの約一ヶ月間、是非とも岩手県南花ラインを縦断していただき、花と緑の競演を堪能し、みちのくの風土と古(いにしえ)の文化に触れてみていただきたい。
「明日ありと思う心の仇桜夜半(よわ)に嵐の吹かぬものかは」と、親鸞上人の道歌にもあるように、見ようと思った時に見ないと嵐が吹いて散ってしまうかもしれない。人生もまた同じである。

また、岩手県南花ライン以外にも、世界遺産の中心的存在の天台宗東北大本山 関山 中尊寺 を初め、20km圏内には、西に国の名勝及び天然記念物の厳美渓 、東に日本百景の一つ、名勝猊鼻渓 と云った巨岩、奇岩を配する渓流、清流の美を堪能できる。勿論、随所に美味い処も点在しており、目と心とお腹を満たすこと請け合いである。





フォト短歌「みちのくあじさい祭り」

フォト短歌「毛越寺菖蒲祭り」

https://www.youtube.com/watch?v=FnIPqFcm_IY

https://www.youtube.com/watch?v=PQ5O3IMLEJs









 |  リブログ(0)

テーマ:
去る6月19日、埼玉県草加市にあるイトーヨーカ堂7F特設会場で、第15回オールジャパンアームレスリング選手権大会が行われた。その大会に、一関市大 東町在住の小山寿喜(21)選手が、A2クラス・ライトハンド(-90kg級)の部に出場し、見事金メダルを獲得した。因みにレフトハンドは3位だったと のこと。
試合内容は、ライトハンドの初戦は破れたものの、その後敗者復活戦では地力を発揮して着々と勝ち進んだ。決勝では2戦して全て勝利を収め、値千金の優勝だった。

彼は本来、左(レフトハンド)が   続きを読む・見る>>


フォト短歌「剛力」

 |  リブログ(0)

テーマ:
漸く1回目(1巡目)の草刈り作業が終わった。田植え前から始めたのでかれこれひと月半程かかったことになる。通常は毎朝小一時間程の草刈りでひと月足ら ずで終わるが、昨年今年と、高齢などを理由に貸してあった圃場を返され、刈る面積が増えたことや、尚且つ腰の調子も悪かったことから順調にとはいかなかっ た。
腰への負担を極力軽減するために、一振りする幅を狭めながらの作業が続いた。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「あたらし草」

 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日も腰痛の鎮痛効果を狙い、矢びつ温泉「瑞泉閣」に小一時間ほど立ち寄り、100%源泉掛け流しの絶景露天風呂に、のんびりとはいえないが浸かってきた。瑞泉閣の紹介は後日改めてするとして、今回も先週に続きTea Room「風 (FU~)」に訪れてみることにした。
前回のブログにも掲載したように、今回は「ケーキの盛り合わせセット」を注文することにした。

注文してから暫くして、奥の方からママさんが慎重に運んできた。そして「お待ちどう様」と徐ろにテーブルの上に、丁寧に置いた。
目が点になった。
テーブルの上に置かれたケーキの盛り合わせの美しさは、前回のかぼちゃのタルト の感動を間違いなく上まった。

左手前はパイン入りのチーズケーキ、その奥はガトーショコラ(チョコレートケーキ)、その横にはプリプリ感たっぷりの紅茶のゼリー、そしてイチゴとオレンジ、サクランボのカットフルーツ、手前側の爽やかな緑色は抹茶のシフォンケーキ、その直ぐ右隣のマコロンのようなものが、アメリカで古来から食べられてきた木の実、ペカンナッツ(ピーカンナッツ)で作ったクッキー。美容や健康でいま注目を集めているそうだ。 
 
抹茶のシフォンには小豆餡がサンドされており、和のテイストが嬉しい。
前回のかぼちゃのタルトもそうだが、どれをとっても程よい甘さによって食材の特徴をしっかりと引き立てている。また、ママさんこだわりの特製紅茶は、ここち良い潤滑液となって喉を潤し、後に引かないと云うか、実に後味がすっきりとするのである。
コーヒー&ケーキも勿論いいが、やはりケーキには紅茶がベストマッチなのかもしれない。


フォト短歌「癒やしの居場所」







 |  リブログ(0)

テーマ:
20日程前に植えた夕顔がかなり育ってきている。蔓棚の準備に取り掛かることにした。
育った夕顔の実はかなりの重さになる。大きいもので3・4kgぐらいにはなるだろうか。
蔓棚もできるだけ頑丈に作るに越したことはないが、時間がなかったので、補強は後でやることにして取り敢えずは骨組みを組んでみた。
しかしながら骨組みだけではちょっと寂しい。なので近くに生えた細竹を横木代わりに使ってみることにした。夕顔の蔓が竹の枝をつたって上へ上へと上っていくに違いない。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「夕顔棚」  フォト短歌「雨のヤマボウシ」


 |  リブログ(0)

テーマ:
「手作りケーキ」の小さな看板に誘われ、ついつい寄り道をしてしまった。
以前にも2・3度訪れたことはあったが、生憎定休日にばかり当たった為か、未だ嘗て店内の様子を拝見したことがなかった。昨日、漸く念願の初入店が叶ったのだった。

ママさんこだわりのオリジナル紅茶と、手作りケーキが人気を呼び、また隠れた癒やしのスポットとして知り人ぞ知る穴場の喫茶店である。
一関インターから厳美街道を西に、左手に厳美渓、右手に道の駅、一関市立博物館を見ながら須川岳(栗駒山)方面に暫く進むと、統合の為廃校となった元・一 関市立山谷小学校跡地が右手に見えてくる。そこから約300m程右手前方にJAいわて平泉の山谷倉庫が確認でき、その手前の左手にサウンドフリークス が確認できる。そのサウンドフリークスを過ぎて間もなく、大岡商店の看板が目に飛び込んでくる。その大岡商店手前のT字路を左折すると磐井川をまたぐ橋が確認できる。その橋を渡り、その先のT字路を左折すると左手にTea Room「風(FU~)」の看板が見えてくる。
そこから200m程奥に進むと、新緑に包まれた閑静な佇まいの、一見洋風の洒落た建物に突き当たる。
そこが目的地のTea Room「風 (FU~)」である。

続きを読む・見る>>


フォト短歌「かぼちゃのタルト」

 |  リブログ(0)

テーマ:
2週間前に植えた3本の夕顔が順調に育っている。葉の色は濃青を増し、ヒゲ状の蔓は勢いを強めている。もう少し伸びてくるのを待って蔓棚を作らなければならない。

フォト短歌「つた」

お田植えも無事に終わり、今は草刈り作業が毎朝の日課となっている。我が家は中山間地なので急勾配の土手が多く、その草刈りに非常に難儀をしている。膝や腰への負担もかなりのもので、痛みに堪えながらの作業が続いている。
そんなことから、時間が空いた時には少しでも痛みを和らげてくれそうな温泉を探し訪ねている。

その中の一つに、栗駒山(須川岳)の麓、一関市厳美町字祭畤に「祭畤温泉 かみくら 」がある。
2008年(平成20年)6月14日の宮城岩手内陸地震の折り、かなりの損害を被ったが無事に再開を果たし、営業を続けている。
在所の祭畤(まつるべ)地区は、神々が降り立つ場所という意味を持つそうだが、霊験あらたかなそのお湯の所為か、腰痛もかなり楽になった気がする。僅か1 時間足らずの滞在だったが、身も心もリフレッシュできた。今後も時間調整を図りながら、是非また閑静な寛ぎ空間と時間を求めて、訪れてみたい。

フォト短歌「さ庭べ」


 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。