フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。

NEW !
テーマ:

「地球外生命体」つまり「エイリアン」と聞くと、SF映画の世界、或いは「絵空事」とひと言でかたをつけたがる人たちが殆どだろう。
特に昨今、科学技術の進歩がめざましいと思われるなかで、科学的に立証されなければ非現実的であると一笑に付されるのが現実であろう。
しかしながらもう少々思考を深めてみると、その一笑は間違いであることに気づく筈だ。
先日、どこかの番組で、新進気鋭の物理学者が宇宙の謎を紐解くと云った内容の特別番組があった。しかしながらどの学者も、どんな学説も「有限」を前提とした理論を組み立てているように思えてならない。 

 

続きを読む・見る>>

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)
同じテーマ 「世に問う」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

弥勒菩薩の高貴で穏しかる微笑みは、衆生済度を願い、高尚で慈悲の精神に溢れ、民衆の幸福をただひたすらに願う一途なお姿が、ひしひしと伝わってくるようだ。
その弥勒菩薩のように、自己愛よりも他者(人)愛、仁愛や博愛を重んずる姿勢こそが、崇高で尊く、心底から尊崇の念を持って拝顔したいと思う対象であり、象徴と云えるのではないだろうか。

 

一昨昨日の1月10日早朝、新春の恒例行事である「開門神事福男選び」が兵庫県西宮市の西宮神社で行なわれた。
約5000人が集い、そのなかからくじ引きによる258名の当選者が、開門と同時に境内を2百数十メートル先の本堂に向かって疾走する。
見事先陣を切ったのが、岩手県大船渡市出身の鈴木隆司君(21歳大学生)であった。
彼は5年前の中学生当時、東日本大震災による巨大津波の災禍に見舞われ避難生活を余儀なくされた。

 

福男の栄冠を掴み、インタビューに答えた際、「僕は中学生の時に東日本大震災を経験しているので、今年1年被災がなく、皆さん安全にしていける年になれば」と話していた。
その言葉に、仁愛や博愛の精神が溢れ、他者に配慮するその姿勢は、正に弥勒菩薩の精神の根幹をなす、高貴で高尚な精神を彷彿とさせた。
そんな愛他的精神を持つ人物にこそ、夢を叶えてもらいたい。
弥勒菩薩に手を合わせながら、しっかりと彼にエールを贈りたいと思う。

 

余談
弥勒菩薩の物柔らかで情け深い微笑みを拝覧する度、いつの間にかファンクラブの一員となった元タカラジェンヌの花總まりさんを思いだす。
是非ともその可憐で淑やかであたたか味のある花總さんの微笑みが、沢山の人たちにも届くことを願うばかりである。

 

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

迂闊にも、新年早々風邪に悩まされている。
最初は喉の痛み、次第に鼻水が止まらずティッシュは既に2箱は消費しただろうか。
熱は然程でないがそれでも37度を超えた。
それも気の緩みによる油断からであって、自業自得と云うもの。
その風邪対策として、どこかのブログ記事にあったが、レンコンが良いらしい。
それも生で。
生のレンコンを擂り潰し、その搾り汁を飲むと短時間で改善すると書いてあった。
レンコンはビタミンCや鉄分も豊富で、免疫力を上げるとのこと。
注意事項としては、生で口にするので漂白していない国産物を選ぶべきとのことだ。
是非とも試してみたい。

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

一般的に初夢は1月2日の夜に見る夢のことを云うようだが、今年は元旦から高校来の友人らと深酒をやらかしてしまい、ぼおっとした状態で2日目を迎えた。
そんなことから、迂闊にも今年1年間の計を立てる筈のものをすっかりと忘れていた。
本来であれば今年の計画を入れ、縁起の良い富士や鷹、茄子などを含んだ夢をみる筈のものが、全くと云っていいほど脳裏を過ぎることはなかった。たぶん!

以前はどうだったのかと、過去のブログを確認してみると  続きを読む・見る>>

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

今年も色々ありました。
今年9月、希望郷いわて国体の公開競技として10日・11日の2日間、平泉町立平泉小学校体育館を会場にパワーリフティング競技が行われ、成功裏に終わることができました。
それも偏に、開催地の青木幸保平泉町長を初め、日本パワーリフティング協会役員の方々、北海道・東北ブロック協会役員並びに関係者の皆様、競技機材を快くご提供くださったザオバ様、ステージ設営の土台部分を進んでご提供くださった(株)千葉工務店様、広告等によりご支援くださった中尊寺様、毛越寺様を初め、地元企業様や有志(個人)の方々、競技の補助員と尽力してくれた東北大学ボディビル部の選手諸君、それに何と言っても、平泉町教育委員会職員の方々の御厚意、全面的なご支援、ご協力があっての成功であったと確信しております。
この場を借りて深く深く御礼申し上げます。

来年からは平時に戻りますが、趣味も一つ(陶芸)増えたことから、相も変わらず時間に追われること目に見えておりますけれども、マイペースで、坦々と謳歌または消化して参ろうかと思っております。
縁あって当ブログサイトをご覧になっておられる皆様方、今年一年誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
どうか風邪など召されませぬようご自愛くださり、良いお年をお迎え下さることを切に願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

昨日、大戦後初めて日本の総理が真珠湾を訪れた。
今年8月、オバマ大統領が広島を訪問したことを受けて、「お返し」なのかもしれない。
1937年7月7日の盧溝橋事件を発端として、1945年迄の約8年の長きに於いて、晴天が見えない雲天状態の日中戦争が続くなか、欧米からの圧力として石油の輸出が禁止される経済制裁があった。
当時の日本は国際的な孤立を余儀なくされた。
その窮状を打開すべく、未だ石油の在庫があるうちにと1941年(昭和16年)12月8日未明、アメリカの軍事施設があった真珠湾を攻撃し、太平洋戦争を引き起こした。

 

続きを読む・見る>>

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は一日中自宅の大掃除に追われた。
年の瀬を迎え、一年間の煤を払う、と云っても今は煤はでないので、蜘蛛の巣払いとでも云う方が正しいのかもしれない。
朝からムッたり、クタクタになるまでやったものの、手をつけ始めると気になる箇所が次から次と出てくるものだ。きりがないので、妥協し、やったつもり、やり終わったことにしたい。
あとは事務所の大掃除が残っている。イヤハヤ・・・とため息が漏れるが、致し方なし。

 

ため息と云えば、超大国の次期大統領の発言がまたまた物議を醸している。
核兵器の更なる強化を図っていくとのこと。
本来なら、非人道的な核兵器の廃絶を望むのことが正しい考え方だと思うのだが、核保有国の論理では、軍縮どころか更なる増強を目論んでいる。
今夜はクリスマス当夜(クリスマス・イブ)。たとえ信者でなくとも、軍縮を心底から祈りたい。

 

 

 

その他の写真>>

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

手作りやオリジナル作品にこだわり、ものづくりに集中し精進することは実に楽しいものだ。
完成したものをしげしげと眺めることは勿論だが、それまでの過程がまた楽しい。
失敗してもまた作り直せばいい。人生と同じである。

予てより、念願だった陶芸を始めることにした。
最初から自己流でも悪るいとは思わないが、何事もやはり基本が大事。
そんなことから、地元一関の「陣の里」陶芸教室に通い始めて今日で2回目を迎える。
前回は粘土の練り方から始まって、手びねりでの作品成形。まずはじめにマグカップと変形の皿を作ることにした。

 

粘土に触れるのは小学生以来だろうか? あまり記憶にないが、懐かしの感触である。
練り方も色々あるようで、何でもいいと云うものでもないようだ。
しっかり空気を抜かないと、焼きの際に破裂するとのこと。
のっけから戸惑い、先が思いやられる。ウゥゥ!

本日の作業はマグカップに取っ手をつけることや、削りにより形を整える作業などを行った。
今後の行程は、素焼き、釉薬掛け、本焼きと進むが、完成が実に待ち遠しい。

 

 

 

土は生きている ― 私のエッセイ集>>

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

今朝方、岩手県南も冷え込みがかなり厳しかった。散歩時の吐く息は真っ白。路肩の草葉はみなカチカチに凍っていた。
その凍えた草々に、朝の浄い光が煌々と音をたてるようにふりそそぎ、色とりどりの反射光が万華鏡のようにキラキラと輝きを放っていた。
眩いばかりに輝く、穏しかるそのフォトジェニックに慌ててカメラを向け、ファインダーを覗きシャッターを切った。
嘗て幾度となくシャッターチャンスを逃し、後悔の念に駆られたことを思い出しながら。

 

続きを読む・見る>>

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

久方ぶりに仙台を訪れ、美味い酒とうまい肴を堪能した。
また恰度2日前の12月9日より、今年で31回目を迎える仙台の冬の風物詩。
約60万個のイルミネーションが、夜の定禅寺通りの街路樹を彩る2016SENDAI光のページェントが行なわれ、見るものを神秘的で幻想的な光の世界へといざなってくれる。
東日本大震災の2011年の年の暮れにも、皆を元気づけ、震災に負けぬようにと、「希望の光」として開催されたことを思い出す。
あの美しく輝く60万個の光、そのひとつひとつに、色んな思いや願いが込められているかのように感じる。


昨日の仙台はかなり冷え込み、初雪だった。雪と光のコラボレーションもまた一興であった。

ライトアップは年末の12月31日迄。
時間は午後5時30分~午後10時迄。
金・土曜及び12月22日は午後5時30分~午後11時迄。
最終日の12月31日は午後5時30分~深夜12時(午前0時)迄とのこと。

イルミネーションとしては全国で初だそうで、60万個の光の中に1個だけピンクの光があるそうだ。じっくり観察して探してみるのもいい。幸運が舞い込むかも・・・。
因みに、期間中の使用電力(5,000kwh)はバイオマス発電によるグリーン電力を利用しているとのこと。

 

 

 

その他の写真>>

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。