追憶の骨 (bones)

音楽や映像だけでは残せない、あの時の僕たち。


テーマ:

(ANNnewsCH 7月24日)

 

 

こんにちは、すでに夏バテ気味のボーンズ88です。

 

「記録がない」

「記憶がない」

「言ってない」

「聞いてない」

「知らない」

「関与してない」

 

国会で見せた安倍晋三の「丁寧な説明」、多少大人しいフリをしながら、中身については何の説明もありませんでしたね。

 

自民党は「岩盤規制が~!」「50年ぶりの~!」「1点の曇りもない~!」と、相変わらずのキャッチコピー戦法で、この問題を感情論にすり替えようとしていますが、残念ながら効果は出ないでしょう。

 

今回の件、僕たちはもうダマされません。

 

「ゴチャゴチャ言わずに、証拠だせよ、コラ!」

 

その事に、多くの人が気がついているからです。

 

 

 

(報道ステーション 3月24日)

 

 

国民の税金で行われる行政は、当然ですが、公平、公正でなければならず、国民から疑惑を抱かれるような行為は、あってはなりません。

 

僕たちが通常接する公務員の方々は、お茶を出しても飲まないし、提出書類を入れていた封筒も返してきます。そういう感覚が身に着いています。

 

なぜ、こうまで徹底しているのか…。

 

それは、国民から疑惑を抱かれたとき、それを説明する責任は行政側にあるからです。

 

その説明とは何か…、というと

 

法律やロジック、会議など、決定の証拠となる文書を明らかにすること、なのです。

 

それ以外に、疑惑を晴らす方法はありません。

 

 

(TBS NEWS 7月24日)

 

 

「記録がない」「記録がない」「記録がない」

 

防衛省、財務省、文科省、そして内閣府、首相官邸まで、何かと言えば「記録がない」のオンパレードですね。

 

これは偶然…??

 

「記録や文書の類は一切出すな!!」

 

誰かが全省庁にそう命じている…、そう感じるのは僕だけでしょうか?

 

「記録がない」「記憶がない」「知らない」「聞いてない」

 

それを繰り返すうちに、国民は忘れる…。

 

そういうシナリオを組んだ人間が政権中枢にいるのでは…?

 

 

そう考えると、稲田朋美をはじめとした大臣たち、答弁に立ったすべての官僚が、このシナリオ通りに動くだけの、ただの役者だとしか思えません。

 

まさに安倍晋三劇団です。

 

この劇団にかかった疑惑は、文書を出すことでしか解消できません。

 

間違ったシナリオで進む自縛ショー。

 

劇団は崩壊への道を歩み始めています。

 

 

<おわり>

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。