コスモス地球浄化プロジェクト参加者募集☆「かぐや姫」発売間近☆
---------------------------------
界面活性剤ゼロ☆の洗濯洗浄料「かぐや姫」
http://kaguya369.web.fc2.com/
リーダー:ゆみちゃん/座長:むう/クリエイティブチーム:miya・Takeshi

コスモスWIK食研究会とは?
---------------------------------

WIKはウィックと読み、こころワクワク(W)、からだイキイキ(I)、魂キラキラ(K)の略で、WIKの食事、特にヤマト食(穀菜未来食)を推進する研究会です。

食の形式や産地にこだわらず、土・太陽・水・ミネラル・空気・そして人の心と体のバランスを整える新しい食の概念を研究。食と人との関係は「身土不二」のみならず「心土不二」。肉類・魚介類を使用しない五感で美味しさを味わえるような食事。自然な穀物・菜食を日本の風土に合った作り方で収穫された素材で作る食事。作る側のこころと食べる側のこころが感謝と歓びにあふれる食の研究を行い、食事で下記を解決します!
1) Ecological Diet 持続可能な地球環境
2) Vegetalian Diet 人の健康
3) Spiritual Diet 心のシフト



コスモスメンバー紹介
---------------------------------
こちらをクリック♪

コスモスお当番
---------------------------------

下記の順番(原則)で更新しています♪(敬称略)
 火:むう(村田)→シゲル(あまてらす渡辺茂)→しげちゃん(木村重一)→つとむ(町田)→ウィッキー矢島
 金:miya(宮之内)→のんたん(木村紀子)→ゆみちゃん(松川)→レモン(杉原)→マチュピ(西川)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-02-25 05:04:04

PHって何???ハワイから…

テーマ:■活動報告


WIK「食」研究会のブログ-ホノルル

皆さん、こんにちは。


ウイッキーこと、矢島 実です。

私は今、家族でハワイに来ています。


ワイキキサンセットという普通のコンドミニアムを

予約したのですが、着いたら…、


なんと、最上階の一番良い部屋にグレードアップ!!


最初にエレベーターに乗ると、

 「38階??」


そう、エレベーターのボタンがないんです。

あれ?間違えたかな?と思いきや、


37階の横に「PH」というボタン!


とりあえず、ボタンを押してみると

38階へ…???


「PH」は、ペントハウスの略だったんですね~。



笑いながら家族と部屋につくと、

ダイヤモンドヘッドからワイキキビーチすべてが見渡せる

超高級ペントハウス!!


ビックリして、家族でフルチンでふらふら…。(笑)



こんなラッキーなこともあるものだと、

ウイッキー!ウイッキーです!!



ということで、くだらない日記更新ですいません。(笑)


29日に帰国します。感謝

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-30 16:42:46

幸せな生き方

テーマ:■想い・概念

こんにちわ“つとむ”デスニコニコ


寒い日が続いておりますが、風邪などひいて
いませんか?


インフルエンザも大流行の兆し・・・叫び
お気を付けくださいね。


さて今日は、先日ボクがあるセミナー開催の
お手伝いに出向いた時のお話ですDASH!


開始まで少し時間があったので、同じ会場の
別フロアーで開催されていた他のセミナーを
覗いてしまいました目

(主旨主題は存じませんデスが・・・汗


そちらで紹介されていたお話が、何かの教科
書にも載っているお話らしいのですが、
(ボクは存じませんでした・・・あせる
内容がとってもWIKだなぁと感じましたの
でご紹介しますねにひひ



とある大学でこんな授業があった。


『クイズの時間だ!


と言って教授は大きな壺を教壇に置いた。


その壺に教授は石を一つ一つ詰めた。


壺が一杯になるまで石を詰めて学生に聞いた。


『この壺は満杯か?』


学生達は「はい!」と答えた。


『本当に?』


と言いながら教授は教壇の下からバケツ一杯

の砂利をとり出した。


そして、砂利を壺に中に入れて揺らしながら石
と石の間を砂利で埋めた。


そして、もう一度聞いた『この壺は満杯か?』


学生達は答えられなかった。


一人の学生が「多分違います」と答えると、
教授は『その通り!!』と笑い、今度は教壇

の下から砂の入ったバケツをとり出し、石と砂

利の隙間に流し込んだ後に3度目の質問を投

げかけた。


『この壺はこれで一杯になったかな?』


学生達は声を揃えて「いいえ」と答える。


教授は最後に水差しをとり出して壺の口まで

なみなみと水を注いだ。


『僕が何を言いたいか解るかな?』


と問いかけると一人の学生が手を挙げた。


「どんなにスケジュールが忙しい時でも最大

限努力すれば、いつでも予定を詰め込むこと

が可能ということです。」


『う~ん、それは違う』教授は続けます・・・


『この例が僕たちに示してくれている真実は、
大きな石を先に入れない限り、他のものが

る余地はその後二度と無いということ。。。』


つまり、ジャリや砂が先に入ってからでは大き
な石は入れられないというコトなんですね。。。ひらめき電球


『私たちの人生にとって大きな石とは何だ

うか?家族や、愛する人、仕事、夢、

ここでいう大きな石とは君達にとって一番

大切なものだ。それらを最初に壺に入れな

さい。さもないと君達はそれらを永遠に失う

ことになる。』


『もし、君達が小さな砂利や砂、つまり自分

にとって重要度の低いもので自分の壺を満

たしたならば、君達の人生は重要でない何

かで満たされたものになってしまうだろう。』


『そして入らなかった大きな石、つまり自分

にとって本当に大切なものを失ってしまう。』



如何でしたか?ニコニコ


ボクはこのお話を聞いた時に、昔サラリーマン
時代に読んだ“成功して不幸になる人々”とい
う書籍を思い出しました叫び


地位や富を求めた競争の現代社会においてこそ、
菜食を心掛けた穏やかな気持ちとWIKな生き方

が必要なんですよねクラッカー


そうしていると自然にバランスのとれた最高の
幸せが訪れると思いますよビックリマーク


WIK「食」研究会のブログ-壺とひまわり


つとむ@みんなの壺をWIKで一杯に!!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012-01-07 08:59:15

毎日に「美(雅)」を取り戻す流れが来ています

テーマ:■WIKヒーリングシード
メイクセラピスト宮之内美津です。

シンプルライフの元祖といわれているウィリアム・モリスさんの言葉で

「役にたたないもの、美しいと思わないものを、家に置いてはならない」

というものがあります。


デザイナーにして思想家・詩人でもあったウィリアム・モリスは急激な工業化による社会や環境へのさまざまな弊害が問題となっていたのを憂い、

伝統的な職人の手仕事の復活と、自然と親しむ素朴な暮らしを追求し、それによって社会を変革することを訴える「アーツ&クラフツ運動」を提唱しました。

当時の問題とは

・粗悪な工業生産品の氾濫による伝統技術の喪失
・労働の疎外
・テムズ河が悪臭を放ち、ストリートチルドレンが溢れ

と、今にも当てはまるものですね。


「毎日使うものにこそ、美しいものを」

というのがアーツ&クラフツ運動の願いだったそうです。


・・・今の日本にも当てはまりませんか?

本当に気にいった訳でもない、特に思い入れのないものを「とりあえず安いから」買っておく。

これを続けると、自分が本当に欲しいものはなんだろう?っていうのが分からなくなってきて

ついには「自分が何をしたいのか分からない」なんてことにもなってきます。


話は違いますが、メイクセラピー「なりたい自分になる」ためのツールです。
カウンセリングを行って、どういう印象の人間になりたいのかを深く見ていきます。

例えば、「エレガントになりたい」と言ったクライアントさんがいらっしゃっても、どうしてエレガントを望むのか?を掘り下げていくと、実はお母さんがエレガントで在りなさいという思いが強かったために、それをそのまま踏襲していた、という事に気付いたりします。

となると自分の意思ではないので、カウンセリングの中で解放していくと、本当の自分の思いというのが出てきますね。

「元気でスポーティーな私でいたい」

という風に☆

来られた時のクライアントさんの印象からは全く想像出来ない印象であっても

「これが本当の自分が望んでいたことだったんだ」
と自覚できた時点で、お顔が変わり始めます☆

これを日常に定着させるためにメイクの力を借ります。
つまり「元気でスポーティー」な印象にメイクで外見の「印象」を変えます。
色は多用しなくても、スーパーナチュラルメイクで素顔のようなメイクでも、印象ってガラッと変えられるんです☆
↓コチラ

閉じこめていた気持ちに光を当てて・・・
http://ameblo.jp/sei-miya369/theme2-10040085613.html
 

 
今までどうしたらきれいに見れるかも分からないまま流行のメイクをしている状態とは、全く違う人生が展開していきます

そのうちにメイクをしなくても同じ印象でいられるようになります。
この変化って本当に不思議で、生命の輝きが燦燦と出てくるので圧巻のひと時、メイクセラピストで良かった~というか、顔の事を勉強していて良かった☆思う瞬間です♪


漫然とメイクしているのと、朝「元気でスポーティに!」意識設定するのでは、その後の人生の展開が大きく違ってきます。魂が望む方向に導かれます(^^)

とにかく、本当に望む自分でいることって、本当にパワフルなんですね。

☆ありのまま☆という状態は、地球と調和しているからです。

ありのまま、といっても、そのまま野放図にしておくのは漫然と意識を使っていることになります。

メイクをするしないではなく「自分なんていつも眉もぼさぼさだし・・・」と「ナチュラルが好き」という理由をつけて、単にほったらかしているケースの場合

「自分は自分の人生を演出する力を持っていない」という現実を創造していることになるからです。


自分が美しく在ることは、自己顕示欲から行われるときは「我欲」でありますが

「ありのままの自分でいる」事で美しく在ることは

最大限の自分でいる(美しく在る)事が多くの人の為になる事を理解しているので、

「思いやり」が源(みなもと)です。

必ずしも世間で言われる美人の条件をクリアしている必要はなく、命がきちんと輝いているかどうか。

この状態の美は、人に沢山の力を分けられるし、自分自身も、自然に楽にいられます。

本当の自分が望む自分でいるから、力が出てくる。

ナチュラルが好き☆という理由付けの元に実際には自分を等閑(なおざり)にしている状態の時は、きれいになる技術を取り入れる事に抵抗があったりします。

(この理由付けというか、言い訳!本当に多いんですよ~、きれいになるために来ているのに(笑)、その理由もセッション中に明らかになり解放するのですが)

この状態の時は、「自分はきれいになる価値がない」という現実を創造しています。


同じように、モノを買うとき、家に迎え入れる時にも、思い込み(観念)のない状態で自分に問いかけることが大切になってきます。

「安いから」

という理由は、人を思考停止に導きますよね。


どんどん自分に問いかける機会が減っていき、安いから、あると便利そうだから・・・と家にモノがたまって行きます。

結果的に自然界と切り離され、経済至上主義にすっかりからめとられて、何でも「お金」で考えるようになっている自分が残っています。

地球全体のバランスでどうなのか、なんて思いも寄らなくなってしまう。

感性が磨耗してしまうのです。


この結果の最たるもの?が原発事故です。
命ではなく、お金でものを考えた結果。

想定外は現実の生活にはありえないのに、机上のお勉強だけをしてきた人のように、理論上考えられる狭い範囲を勝手に区切って限定して

「ボクのせいじゃないんだもん、だって想定外なんだから」なんていってる状態(笑)



私もそうだったのですが、目先の便利さをフィルターにして、原発の本質から目をつぶり続けていました。

だからこの事故は黙認していた人たちも含め全員の過去の行動による当然の結果なのです。

現在は未来の伏線

過去は現在の伏線ですから(^^)


でも、この原発事故のおかげで、小さなお子さんのいらっしゃる親御さんたちは、給食が危険だと判断しお弁当にしたり、そうでない家でも外食や加工品は危険だということで、家で食べることが増えているようです。

放射能のおかげで、取り寄せた食材を大切に料理する、そういうサイクルが定着せざるを得なくなりつつあるように感じます。

その過程で思うのは、本来、野山や畑で出来たお野菜を食べるというシンプルな生活の中にこそ、一つ一つの行動に愛を込めて、美を求める、というものが育つ余地があったんだなぁと、観じます。



今はまさに

「停止させていた感性再起動するとき」

そんな風に感じています。



元々日本人は、雅(みやび)を大切にしてきました。

自然と調和した生活を楽しむ感性。

月を一晩中眺めて(愛でて)過ごしたり、そんな豊かなシーンなどは源氏物語などでも頻繁に出てきますね。


雅とは「上品で優美なこと、宮廷風であること」

そして「美しい」とは、バランスが良い事。

愛でるとは愛すること。


もう自然の摂理と切り離して、お金で飾り立てたつかの間の「美」は持続できないことがはっきりしました。
自然界の摂理に従えない生き物は消滅します。
これはどの時代を切り取っても、例外のないことです。

もうおわかりかと思いますが私たちは岐路に立っていますね。


以前の記事に書きましたが、ヨガの先生に「その行動は愛を込めて行ったか?」ということを良く確認させられます。

私たちは自然を「愛でる」楽しみを、本来は愛をそのまま現実に体現するという基本的な生き様であったにも関わらず

娯楽として扱い、経済効率という「便利さ」のなかに捨ててしまいました。

そして、人の本質的なものから切り離されていってしまったように思います。

本質的なものとは、自然との調和、地球の生命のサイクルの中で生きることです。


野山や畑で出来たお野菜を食べるというシンプルな生活が主になっていかざるを得ないこの流れは、
人工的な放射能という救いがたいものが原因ではあるにしても、

自然と共に生きること=シンプルな雅(みやび)を、多くの人が思い出していく

そういう流れに入ったと、観じています。


自然と調和しつつも、エコだからといって色もない香りもない、、といったようにストイックすぎるのではなく

文明の持つ便利さも享受していく、新しい時代の土台を作る年になるでしょう。

一方で、twitterでは
(6.27)ガンダーセン博士「4号機から目を離さないこと。4号機が倒れたら、政府が何を言おうと信じてはいけません。それはもう科学が想像すらしたことのない領域なのです。飛行機に乗って東京を出るときです。」
http://goo.gl/j0hQg

http://matome.naver.jp/odai/2130590017719038501

といったことがささやかれ続けている危険な状態とも隣り合わせですから現実逃避をするつもりもありませんが(^^;

私たちが目をつぶり続けたことで招いたこと。仕方がないです。

どんな時にも雅(みやび)を常にハートで感じて、地球と調和した生活を本当にスタートする年だと思います。
清濁合わせて、両方の統合です。

悪いものだけを見ないように蓋をする事ではなく、雅を体現し続ける。
その繰り返しが、両方の統合を加速させるのでしょう(^^)。

ワクワク・イキイキ・キラキラな2012年を!

魂が共鳴する庭☆醒Sei☆
メイクセラピスト 宮之内美津
http://sei.sunnyday.jp/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-06 17:15:45

「雅なニッポン」目指そう!

テーマ:■想い・概念
 
むうです、あけましておめでとうございます。
新年にあたり僕の思いをお伝えしたいと思います。
しげちゃんの記事にあるように今年はいろんなことが同時進行すると思います。
が、私たちは信念を持って生き抜かねばと思っています。
そんな中で、今日のタイトルは今僕が思っているテーマです。


最近よく見るニュースに「由紀さおりの唄が世界中で大ブレイク中!」というのがあります。
今朝もみのもんたの番組に生出演していた。
歌っている唄は「夜明けのスキャット」と、聴きなれた歌です。



何故この唄が今頃、しかも22カ国で大ブレークするのだろう?
本人も「何故ヒットしているのか私にもわかりません」
しかも、日本語で歌っているのです。
由紀さんは「なぜかわかりませんが、あえて言うなら日本語の響きが心地よいのかもしれませんね」と説明していました。

日本人なら判りますよね!
由紀さんの美しい声とゆったりしたメロディに魅了される独特の雰囲気が・・・

これも日本の「」の一つじゃないでしょうか?
音霊と言霊のハーモニー
日本人には当たり前すぎて聞き流していましたが・・・
外国人には「日本人の魅力」としてやっと感じ取れるようになったのです。
コンサートを聴き終えたある女性は、「とっても素晴らしかったわ!
意味はわからなかったけど、気持は伝わってきたわよ!」と言っていました。

私たちも「」といえば、宮中の伝統文化として庶民とは別物と区別してきたのではないでしょうか?
でも、よく見れば匠の技と言われる「日本の伝統工芸」はすべてこの「みやび」が根底にあるから出来たのではないでしょう
これを書いている最中に「新日本風土記スペシャル」(手の国日本)が放映されていました。(是非検索して見て下さい、感動しますよ!)
http://www.nhk.or.jp/fudoki/
その中の一つを簡単にご紹介しますね。

青森県の農家に使われていた「ぼろ」、
当時、青森には麻の布しかありませんでした。
冬は寒いので縫い重ねて「野良着」を作って寒さをしのいでいたのです。
その後、まだ寒いので木綿糸で「刺し子」を行い何とか使われていました。

その「野良着」が何とも暖かくて「ホッとする」のです。




黒澤明監督は、1989年に「夢」という映画の中でその「野良着」を使ったのです。
「暖かさと素朴さとほっとする姿」を再現したくて・・・・・(以下略)

これもれっきとした「」ですよね!
そうです、日本人は自然をお手本に「美」を紡いできたのです。
そして、その美は「」に繋がっているのです。
この「」を今一度思い出し世界中に広げたいと思いました。

これが出来れば、日本の「雅」が世界に広がり、地球上の人々は「日本人の文化について行こう!」となるのではないでしょうか?
これこそアインシュタインが「東の果てに日本という国を作ってくれてありがとう!」と、言った真意じゃないかと思うのです。

このブログは「WIK食研究会」のブログです。
食と「雅」とどう関係するの?と、言われそうですが・・・
皆さんはもうお気づきですよね!

毎日いただいている「食」ですが、
この「食」の中にも何気なく「雅」が大切だと思います。
素材、盛り付け、食べ方、美味しさ、香り、色合い、あと味など全てに重要です。
でも、「」に振り回されるのではなく「それとなく自然に」を演出するのが大切だと思います。

この研究会では「穀菜食」と称して主に菜食をお勧めしていますが、菜食も唯ベジ食だけでは「雅」が実現しません。
雅なベジ」を目指したいと思います。

ご一緒に生活の中の「雅なニッポン」を見つけ、広げませんか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-05 00:37:32

あけましておめでとうございます

テーマ:■活動報告

みなさん。

新年明けまして

おめでとうございます。


しげちゃんです。



昨年は、本当に多くの方に

お世話になりました。

ありがとうございます




WIK「食」研究会のブログ-正月の弥勒像

『サングラスをかけた正月の弥勒像』

みなさんご存知のように

123日の、旧正月節から

真の水瓶座のエネルギーに

変わります。


本当の自由を思い出す

時がやって来ます。


ミロクの時代は

そこまで来ています。

三次元現象界では

天変地変。

五次元のこころの世界に

平和が甦る為です。



私たちのイメージの中に

リアリティーがある事を

思い出します。



すべては私のこころの中で

起きています。

外には幻の残像が

広がります。

過去の思いの追体験を

手放して、

今の私にフォーカスします。



現実という幻を淡く見て

イメージの中にある

夢や希望に命を吹き込み

ましょう。


揺るがない私の真実に

心を定めることこそ

グランディングです。



見せかけの現実重視は

未来を捨てて、過去に

循環することを加速します。

現実は過去の思いの現象化

だからです。



地に足の着いた生き方は

自分の本心に素直になって

宇宙のリズムに委ねる事です。


日本の国宝第一号のみろく様は

夢と希望を叶える佛さまと

言われていますが、

私たちが夢や希望を

諦めてしまうとそれを

叶える事が出来ません。


だから私たちのすることは

ひとつ。

夢や希望を持って、

それを諦めない事だけです。


今年、それを証明します。

みなさんに感動を提供します。




WIK「食」研究会のブログ-水瓶座



私たちの人生は私が主人公なのだ

という事を思い出します。

その周波数を合わせる為に

菜食を奨めています。


みなさん、

WIK食研究会は今年とても

素敵な活動をします。

楽しみにイメージしていて下さい。

とっても嬉しいです。



新年早々、楽しくて暖かくて平和な

時間をありがとうございます。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


by しげちゃん




『自由を象徴する水瓶座』


今年、どう生きたいかを決めれば
その通りに事が起きてきます。


もし今までのように葛藤したければ

葛藤する人生を送れます。


悩みたければ悩む人生が待っています。

分別相対の世界を卒業して楽しい人生を

送りたいと思えば、そう決めれば大丈夫。

そして思った通り行動する事を

おすすめします。



いつのまにか自分を悩まし葛藤していた

存在が消えているか、環境が変わっているか

悩ませてくれていたその人自身が全く違う人格に

なっている事に気づくでしょう。


いつのまにかパラレルに存在している

世界にシフトしてワクワクした人たちと

イキイキ、キラキラな毎日を送る事が

自然に始まります。


決して遠い将来にその人生が待っている

のではなく、今この場で知らないうちに

シフトしています。


チェンジ(変化)時空の中ですが

シフトはアミの言葉をかりれば

『位置する』感覚で
いつの間にか変化しています。



私たちの人生は私が主人公なのだ

という事を思い出します。

その周波数を合わせる為に

菜食を奨めているのです。


WIK「食」研究会のブログ






byしげちゃん2






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。