NHKは25日、地上デジタル放送の難視聴地域で、これまでの国やNHKの支援だけではなお視聴者の経費負担が大きい共同受信施設の改修などに対し、追加助成を行うための認可を原口一博総務相に申請したと発表した。3月に認可予定。

 NHKは09年度から約161億円かけて、共同受信施設を改修するための経費などの一部を負担してきた。だが加入世帯が極端に少ない過疎地域などでは自己負担が大きく、デジタル移行が進まない要因になっていた。

 新たな助成は、高性能アンテナなどの自宅敷地外設置と、ケーブルテレビなどへの移行支援。さらに自主共聴施設の改修でも、9世帯以下の少数世帯の助成を「1世帯10万円」から「1施設100万円」に引き上げ、負担軽減を図る。対象は約6万世帯。実施は4月1日からで、2年分で総額約26億円を見込む。

【関連ニュース】
地デジ:受信障害の対応率まだ25% 目標達成難しく
総務省:通信・放送関連法を再編…地デジ化見据え
総務省:電波障害の改修工事、助成対象拡大 地上デジタル放送
PS3:地デジ録画キット「トルネ」が3月18日発売
地上デジタル放送:調査キット、1都3県で貸与

首相動静(2月23日)(時事通信)
別姓導入へ「首相が先頭に」=千葉法相(時事通信)
水俣病 関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン(医療介護CBニュース)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)
AD