住宅ローンが通らない!?個人信用情報開示請求の仕方

ローンを組めるかどうか気になるなら審査を頼む前に信用情報の開示で確認してみましょう


テーマ:

時効の援用を行いたいが、情報記録開示書によって裁判を起こされてしまった場合

の対処法について

以下の事例や下記URLをご覧下さい。

 

 

相談

 

先日、信用情報機関の情報を取り寄せました。

なぜ取り寄せたかと言いますと、先週に見知らぬ番号から着信があり「~さん、電話ください。」と留守電に入っていました。
その番号を検索しましたら、消費者金融の番号と判明しました。

過去に融資を受けており、債務整理をしたのですが支払い途中のまま今日を迎えております。
債務整理を行った住所から2回引っ越しをしており(その都度住民票を移動してます)、その間請求は来ておりません。

そこで質問なのですが、信用情報開示記録書の異参サ内容日に延滞H.19/09/01と入っており、これが最終支払日なのでしょうか?
そして時効の援用を行いたいのですが、情報記録開示書に裁判を起こされていた場合に何か乗るのでしょうか?(上記の通り住民票はその都度移動しておりますが、裁判所、消費者金融から郵便物は一度も届いておりません)

皆様、宜しくお願いします。

 

<引用元:https://www.bengo4.com/c_1/c_1808/b_527867/ >

 

 

見知らぬ番号が着信があったということは

金融業者から督促状等の書面が近日中に届く可能性があります。

時効の援用を考えているのならば、その書面を受け取り、検討してから時効の援用を決断するのもよろしいかと思います。

しかし、時効の援用をしても、実際には裁判を起こされていたケースもあるようです。

公示送達という送達方法があるため、裁判所から書類が届かない場合があるからです。

もしも現在裁判が起こされていなかったら、時効が完成している可能性が高いです。

時効の援用をするときは証拠が残る内容証明郵便を利用しましょう。

 

 

信用情報開示請求について相談するなら専門家に

アヴァンス 信用情報開示

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。