今を遡る10年以上前であろうか?
wという大衆向けの家族連れが来るような健全店が行きつけであった。
その当時に付き合っていた彼女と何回か一緒に通っていた。
2人でお店に行くと2階の大広間ではなく、隣の建物の3階に誘導され、そこで2時間のタイマッサージを受けていた。

身体が疲れていたある日の深夜に1人でお店に行った。
いつもの3階の部屋で顔馴染みの人にやってもらった。
平日の深夜だったからなのか、途中に先客が帰り2人きりになった。
とはいっても自分より年上の女性だったので変な気持ちにはならなかった。時々、店の男の店員も見回りに来ていた。

突然古式のパンツをめくってパク、1秒くらいで元の施術に戻る。今の早業は何だ?夢か妄想か、まだ若いのに幻覚を見るようになったか。 5分おきくらいに同じことを繰り返され、現実である事を悟った。1秒の至福、短すぎて笑。
後で話しを聞いた所、前に彼女と来て、施術後にキスをしている風景を見て感じる所があったといっていた。

例えば、タイ人の知らない女の子とタイ人が集まる飲み屋で仲良くなりたいと思ったら、男同士でいってもイケメンじゃない限りは相手にされない。タイ女と行くと、その女がトイレに行ったすきや目を離した隙にアプローチを受けた経験が何度かあった。
今の理論で行けば、奥さんや彼女と一緒にタイマッサージに行ってラブラブぶりを見せつけるとモテる可能性があるという事だが、核心に近い結論だと思います。お試しあれ
AD
肩の凝りがひどくなり、久しぶり新大久保に立ち寄った。
今回は迷う事なくホームページのできたパンターに行ってきた。
前回の訪問でも左肩の凝りを取ってくれたし、昔から通っていたお店なんです。
入店すると年配の方が受付をしてくれる。
期待込みでスペシャルコースを考えていたが、年配すぎて迷い始める。
すると、年配の方が高いコースの方がいいよと耳打ちする。
これはママでスタッフを案内してくれると思い、スペシャルコースホームページ割引60分7200円をチョイス。

担当は年配の方で一人しかいない模様。
シャワーに一人で行き、洗い一人で戻る。
背中の指圧から始まる。しばらくすると違う嬢の指名客が来て施術は中座。
コース案内をしているがさりげなく高いコースを進めている。
初回だからと60分オイルコースを選択したようだ。

担当が戻ってきたら、携帯で話しながら、背中に両膝を乗せ施術し始めた。
すぐにまずいと思ったのか、部屋を離れ電話をしている。
どうやら指名嬢と連絡を取っているようだ。

戻って来てしばらく指圧をしてオイルに入る。
背中の指圧だが手の平がシワシワで自分の肌と手が合っていない。
また、身体に入るような指圧ではなく、流すような指圧でせわしなく動く。
肝心の肩だが指が入らずに諦めて撤退。
背中に関してははっきり言って下手だと感じる。

次に足のマッサージは良好。また、際どいリンパセンもしっかり揉んでくれた。
最後に仕上げで顔、首のマッサージで健全に終了。後半は満足できたし、中座した分という事で10分サービスをしてくれた。

施術中に隣に入ったお客が施術開始後すぐに60分から90分へのコース変えをすすめられていた。
人当たりの良さそうなお客であったが頑なに断っていた。
当時者や隣でそのやりとりを聞いて客が何を感じるか少し考えた方がいい。

昔、パンター2という悪名高いママが経営している時代もあったが一回の訪問で今日のように不愉快な事はなかった。
例えばスペシャルコースも身体全身できないのであれば60分は不要ではないか。
リンパ店であればサービスでごまかしが聞くが、健全店でこの内容だと疑問を感じる。
疲れた時に通う新しいお店を見つけようと思いました。



AD
最近、めっきりマッサージに行く機会が減った。
一時期訪問をやめた結果、依存状態を脱したようだ。
そんな年の暮れ、久々にマッサージを体験しようと思い、大久保の駅に降り立った。
久しぶりの夜の大久保ですら新鮮に感じる光景であった。

北口を降り、アジアンスタイルに行こうとすると看板の照明が消えている。
潰れたのか?と一人ごとを呟きながら、新大久保のアロカヤがある通りに向かう。
パンター、右の道を曲がるとサイアムリラックス、そして未開の店ラッキー。
そんな3択になった。さて2階のお店が2つ、地下1階が1つ。
年寄りはどこを選ぶか?答えは楽な地下一階のお店になる。
帰り道を考えれば、階段を上るから同条件になるが、目先の利益が優先になる。

店に入ると初めて見る顔の人に応対される。
オイル90か100分くらいで申し込み、一番奥の部屋に案内される。
シャワー室に行くとシャワーが既に出ていた。なかなかの心配りである。
シャワーを出ると誘導がなく一人で部屋に戻る。
経営者が変わろうが、一人で部屋に戻るのもこの店に長く続く伝統か。

うつ伏せになり、担当嬢が入ってきてオイルマッサージが始まる。
日本語はほとんどわからない方で、マッサージを真面目に続ける。
一切怪しい雰囲気にならずに終了する。
老いたのかあろうがなかろうが昔ほど気にならなくなった。
内心はあって欲しいものだが。

帰り道に左肩の凝りが取れていて体が軽くなった。
昔ほどのマッサージに対する情熱がなくなったなとも思う。
マッサージが楽しかった事を思い出してみると単純に優しさを求めていたんだなとも思う。
優しい人にあったら楽しくなるのか?
今後も時々訪問しながら考えていこうと思う。



AD