警察庁は、整形手術を行う美容外科に指名手配容疑者の顔写真などを配り、情報提供を受ける協定を業界団体との間で締結した。3月1日から運用を始める。英国人女性のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)殺害・死体遺棄事件で、逮捕・起訴された市橋達也被告(31)が顔を整形して逃亡していたことがきっかけ。

 締結先は社団法人「日本美容医療協会」(内沼栄樹理事長、会員507人)とNPO法人「日本美容外科医師会」(高木千枝子理事、同514人)。

【関連ニュース】
大麻事件:摘発、過去最多…罪悪感が希薄化か 警察庁
警察庁:国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化
人事:警察庁(15日)
人事:警察庁(15日)
コンビニ強盗:景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ

<収賄裁判>前和歌山市長の実刑確定へ 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈(産経新聞)
元入管職員、収賄認める(産経新聞)
郵便不正公判、検察側やや守勢 24、25日にヤマ場の元係長尋問(産経新聞)
「政治とカネ」自民の追い風にならず 「一人相撲」の審議拒否(産経新聞)
AD