Dr.SlavkinとDr.Sekiguchiを囲む会。

テーマ:

今週末は、USC(南カリフォルニア大学)から来日しているDr.SlavkinとDr.Sekiguchiを囲んで食事会でした。

Dr.Slavkinは、USCの歯学部長、Dr.Sekiguchiは副学部長で前アメリカ歯科医師会会長、とまぁとても偉い先生方なのですが、そこは陽気なカリフォルニア人。

気さくでとってもいい方達。


Dr.Slavkinは、昔ウチの解剖学教室の教授がお世話になっていたこともあり、このお二人を昭和大学の30周年記念講演のため、ご招待したのです。

また7月に自分がロスに行ったとき、Dr.Sekiguchiは、USCを案内してくれ、そのうえディナーまでご馳走してくれて、本当によくして頂いたので、今回はそのお返しということで、研究生を代表して自分が企画したのでした。


会そのものは、日本の歯科医療の現状や、これからの展望など、カタイ話もありましたが、彼らからはやはりそういう大局観というかリーダーシップというかそういうものを感じました。

数年のうちに4人に一人が65歳以上になるという時代を迎えて、日本は日本独自の歯科医療を提供していかねばならない。。

決して、アメリカの優れているとかそういう態度は全くないし、やる気のある者には非常に寛容で、チャレンジ精神を評価してくれる。

それは東海岸だろうが、西海岸だろうが関係なく、アメリカ人が持つ精神文化なんだろう。

ボストンやらNYやらに惹かれていた訳ですが、USCもやっぱり優秀なスタッフに支えられたいい大学のようです。

最後に、彼らが強調していたのは、ゴールを明確に設定すること、そして何事も「パッション」を持って取り組むことが大事だということでした。

別に偉くなる気とかはサラサラありませんが、そういう気持ちはやっぱり忘れてはいけませんよね。

今宵も美味い酒が飲めました。。



AD

同期の桜。

テーマ:
今日は、転勤で大阪にいる大学ラクロス部の同期と久しぶりに会ってきました。

家族連れでいい?って言われたので、断る理由もないのでもちろん快諾。で、会ってきました。


大学時代、I君は合宿で枕が変わると寝れないと嘆いてたくらい繊細だったのですが、今日会ったらポツリと「東京には戻りたくなぁ~」って言ってました。

大の阪神ファンである彼は、現在甲子園球場の前のマンションに住み、家族4人でホントに幸せそうでした。

もう一人の同期O君も、すっかり大阪生活を満喫しているようでした。

大学を卒業して10年。

さすがに10年も経つとそれぞれ進む道が分かれてくるもんなんですね。

これから留学するために準備する者、家庭を持ち幸せに暮らす者、海外に赴任する者、海外に赴任している者、仕事に邁進している者。。

昨日のラグビー部の同期もそうでしたが、今日の二人の奥さんも専業主婦で、我が同期ながら甲斐性あるなぁと感心したりもするわけですが、一方自分を振り返ってみると。。

色々と考えさせられます。。
AD

男泣き。

テーマ:
落合監督、泣いてましたね。

やっぱり勝負事は勝たないとだめですね。

そして、どうせ泣くなら、勝って泣かないと!!

嬉しくて泣くこと、最近ないな。。

AD

稲村ジェーン

テーマ:
昨日、虫歯の治療をした患者さんが、高校の後輩であることが判明しました。

治療中、雑談してたらその流れの中で、芸術系の大学を受験するって言ったので、高校聞いたら、東高って言われてビックリ!

今週末は東雲祭(文化祭)らしいです。クラスメイトにラグビー部の学生がいて、どうやら彼は劇で主役はるらしいです。

自分の高校時代を思い出して、何だか切なくなってしまいました。

どうせ、花園行けなかったんなら、恋愛とか学校行事とか、もっと楽しんでおけば良かったなぁと。。

その頃、よく聴いていたのが、標題の映画の主題歌、真夏の果実。
http://homepage3.nifty.com/sinbunyadou/midi/room1/manatu_b.htm


30OVERの皆さん、家でひとりで聴くと、淡い青春時代に戻れる。うん、懐かしい。

nakataの今後。

テーマ:

引退して正解だった中田英
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=58671&media_id=10

11年で、100億円か。。

プロの通信簿は、「稼いだお金の額」だから、そういう意味では超優秀なプロフェッショナルですね。

サッカーという手段でそこまで稼げるのが素晴らしい。
そもそもこのタイミングで、サッカーを辞めるという決断のタイミングが素晴らしい!

かなり自分という商品の価値、売り方を知り尽くしたプロモーション戦略だと思う。

人間、引き際を自分で決めるのは本当に難しい。

まだ先のことだけど、年齢で決めておくか、

週2日だけ働くとか、そういう風に若いうちから決めておくのもいいかもしれない。



青春真っ只中。

テーマ:

高校生諸君のマウスガードを作りに、今日は某高校を訪問してきました。

ここのラグビー部、自分らの頃は結構強豪だったのですが、昨今のラグビー不人気にあおりを受けて、しばらく休部に追い込まれ、昨年10年ぶりくらいに復活したそう。

現在、期末テスト休み中らしく、「お前ら、赤点取ったらペナルティな!」って選手達、顧問の先生からプレッシャーかけられてました。

自分も高校2年の終わりに、「確率・統計」が赤点で、当時担任だったT先生に、「君、残念だけど、この成績じゃ、進級出来ませんね。。」と真顔で言われたのをはっきり覚えています。

当時、もうひとり進級のピンチに陥っていたのは、小学校からの幼馴染で、今は医者になったK。

ほんとに世の中、どこでどうなるか、わからない。自分達みたいに、赤点取っても医者になれる(場合もあります)ので、選手諸君には何事にもめげず、頑張って欲しい。

ちなみに、現在期末テスト期間中で、練習は休みだとか。ひとり、ひっきりなしに携帯がなる子がいて、どうやら彼だけ彼女がいるらしく、みんな羨ましいやら憎らしいやらで大騒ぎしてました。






1年生総勢15名。

皆、挨拶もしっかり出来て元気もよく、将来が楽しみな感じだった。
高校時代、もっと遊んどきゃ良かったなぁ。。

それにしても、最近マウスガード訪問作成の依頼がやけに増えて、6月だけで30個くらい作りました。。

こんな形で、高校に頻繁に出入りするようになるとは、夢にも思わなかったけど、

皆さんに喜んで頂いているみたいなので、嬉しいです。


ボランティアでも、こうして役に立てるのは光栄なことです。

師匠の師匠。

テーマ:

先週の土曜日は、S先生の師匠の講演会がある、とのことでANAホテルへ行ってきた。

さすがに話が面白い。今年卒寿で、ご本人曰く、目もロクに見えず、手も動かないらしいですが、口は全く衰えない。ホントすごい先生。

師曰く、


○医療を行う上で、大切なもの
1)惹き
2)資本
3)技術

引き、つまり人を惹きつける人間性。自分を信用してもらって、信頼を得ることが一番大事だということ。

お金とか技術は、それが伴ってはじめて意味のあるものになるということみたいです。

たしかに、成功に至る過程、その秘訣の本質をついた言葉だ。

「技術ではなく、最後は人間性の勝負」

W杯が行われている今、多くの人がそう実感しているかもしれない。

自分は患者さんから、信頼を得られる医療を提供しているか?

出来ているとは言い切れませんが、そう思い続けることが大事なんだろう。


そこにブレがなければ、大成功したり、大金持ちにはなれなくても、幸せな人生が送れるはず、自分はそう考えています。

是非の心

テーマ:

惻隠の心 羞悪の心 辞譲の心 是非の心 四端

 孟子が言いました。
 「誰かの不幸を深く哀れんで悲しむ惻隠(そくいん)という心が生まれたときに、『仁』が芽生えます。

自分が約束を破ってしまったり悪いことをしてしまったことを恥ずかしく思って憎む羞悪(しゅうお)の心が生まれたときに、『義』が芽生えます。

自らが一歩退いて人に譲ろうとした辞譲(じじょう)の心が生まれたときに、『礼』が芽生えます。

そのことが良いかどうか考えて判断しようとした是非(ぜひ)の心が生まれたときに、『智』が芽生えます。

 人の体には生まれたときから両手・両足の四体が存在しています。それと同じように、人間には生まれながらにして惻隠・羞悪・辞譲・是非の四つの心があり、そこから仁・義・礼・智が芽生えるのです。

この四端(したん=端は”芽生え”の意)を人々が理解して充実させてゆけば、仁・義・礼・智が広まり、世界中が安らかになっていくことでしょう。」 


どれも自分に備わっているとは思えないけど、少しでもそう思おうとする気持ちが大切なんだと思います。

一期一会。

テーマ:

一期一会。


今後、同じ人たちと何度も茶会を開くことがあったとしても、今日のこの茶会は二度と開くことができない。ということは、毎回の茶会は自分の一生でたった一度きりの会である。


 したがって、茶会の主人となった人はその茶会が一生に一度のものだということを十分に心得ていささかの失礼もないように客をもてなし、客人も精一杯の誠意を尽くさなければならない。そういう心がけのことを、一期一会(たった一度と期する=覚悟する、一度きりの会という意味)と言う。

(茶湯一会集より)


患者さんとの出会いもそうだろう。

ある意味、運命の糸で結ばれた縁を、大事にしたい、いやそうした心がけがいい準備につながり、結果的にいい医療に結びつくのかもしれない。


そうした心構え、こころの余裕をいつも持っていたい。

学会参加~2日目~

テーマ:

今日は、昨日とはうって変わって、臨床メインの発表、シンポジウムでした。

午前中は、歯周基本治療、再生治療、歯周形成外科、インプラントに関するシンポジウム。

再生医療を用い、一本の歯を残すことに執念を燃やすH先生のすぐあとに、インプラントの即時埋入の講演するH先生。。

午後は、SJCDのS先生やJIADSのM先生の発表。

先週受けた、O本先生との違いは興味深かった。

それぞれの先生方は、それぞれ自分のやっていることにプライドもあるでしょうから、お互い言い合っていますが、ようは目指すものが違う気がします。

O本先生やH岡は、基本的に炎症が治まればOKという医療だし、インプラントや歯周外科を好む先生方は、その先の審美性、機能性なに対する患者さんの要求に基づいている。

だから、O本先生は、やり過ぎだっていうし、逆からいえば、彼らは何もしない、歯肉退縮ばっかりで治ってないじゃないかってことになるんだろう。

まぁ、個人的な意見としては、どちらが正しいとかいう問題ではないと思う。患者さんの希望に沿っている、という意味ではどちらも間違いはないのかもしれない。自分の場合、まず目指すは基本、初期治療(プラークコントロール)、デブライドメント等の基本的な処置をしっかり行う、ってことになるのかもしれない今のところ。

学会参加のメリットとしては、
・各スタディグループの活動内容の比較が出来る
・ポスター発表などを通じて、同年代の臨床家の診療レベルが分かる
・最新の研究内容、診療内容を知ることが出来る
などでしょうか。

せっかくの学会が千葉で(家から近くて)残念でしたが、次回は大阪(10月)なので、スケジュール調整して参加しようと思っています。