白い靴下 2足組み

今日も靴下 はいてます




twitter 始めました。

https://twitter.com/whitesocksX2

ブログの簡易版&ちょっとした小話なんかを呟いていきます。

過去の記事も、これからいくつか追加していく予定です。

良ければ併せてご覧ください。



tstop btop
妙に人間くさい長男・漱石(白トラ靴下・6歳)と

ビビりでやんちゃな次男・ともちゃん(白黒靴下・4歳)に

昨年末産まれた赤ちゃんが加わって

おバカな母親が右往左往するネコ&育児ブログです。


テーマ:



1年ほど前から
2~3カ月に1回くらいの頻度で
鍼治療に通っています。

手首が痛くて通い始めたのですが
imt01
日々重たくなる妹ちゃん↑を抱っこするせいか
最近は背中や肩なども診てもらっています。

先生は男性ですが、育児経験もあるため
会話は自然と子供の話に。

先生「赤ちゃん、夜泣きとかします?」

ワタシ「あー…夜泣きはあんまりないですね」

先生
「それは良かったですねぇ。
夜泣きで抱っこは大変ですからねー」

ワタシ
「でもなんか…
泣きもしないけど寝もしないというか…
すっごいご機嫌で起きてるんですよ」

先生「え?」

ワタシ
「電気消してベッドに寝かせるんですけど
しばらく一人でニコニコして
何か喋りながら起きてるんです」

先生
「それ…
誰かがあやしてるんじゃないですか?

ワタシ
「ちょっ、怖いこと言わないでくださいよ!」

なんて、その時は笑って終わったのですが
数日経ち、いつものように夜8時消灯。

以前は眠るまで抱っこしていたのですが
だんだん体がつらくなってきたので
今は、妹ちゃんは一人でベッドに寝かせ
ワタシは机の上のスタンドライトだけつけて
片付けやパソコンなどをしています。

すると、暗がりの中ムクッと起き上がり
どこかを見てニコニコしながら
「だぁ―だっ、じぃ―っじゅ、ぶっぶ―」
と話し始める妹ちゃん。

もしや……いるのか?そこに。

あやしてくれる誰かが。

もし仮にいるのだとしたら
「人の娘に何してんだ、出てけ」
と言うべきか
「お疲れ様です。ありがとうございます」
と言うべきか…。

いや、そもそもその人は誰なんだ?

赤の他人が、ひとんちの赤んぼの
寝かしつけを手伝ってくれるとは思えない…

ってことは身内?

思い浮かんだのは
父方の祖父
母方の祖父

でもなぁ…
母方の祖父は昔堅気で子供が苦手で
育児の手伝いなんかしなかったらしいから
お化けになってまで
ひ孫の面倒見てくれるとは思えない…。

ってことは父方の祖父か…。

確かにあの人は
穏やかで世話好きな人だったから
あり得なくはないんだなぁ…。

でもなぁ…十数年前に亡くなって以来
何の心霊現象も起こさなかったじーさんが
今頃になって頑張るってのも不自然だよなぁ…。

なんて考えたところで、ふと気づく。

まさか… 

まさか…

ssk01
漱石の中の人⁉

最近、漱石が昼間寝てばかりいるのは…

ともちゃんが妹ちゃんに近づこうとしているのは…

妹ちゃんが夜泣きせずに寝付くよう
漱石(中の人)が頑張ってあやしているから
だから昼間は眠いのか…!

そしてともちゃんはそのことを知ってるから
「昼間はできるだけボクが頑張るニャ!」
と怖がりながらも
妹ちゃんに歩み寄ろうとしているのか…!

そう考えたら全て辻褄が合うじゃないか!

と、くだらないことを考えているうちに
いつの間にか寝ていた妹ちゃん。

まぁ…、あるわけないですね、そんなこと。

先生が変なことを言うもんだから
おかしなことを真剣に考えてしまいました。

普段はあまり夜泣きしない妹ちゃんですが
夜中や明け方に泣いてぐずった時は
「じいさーん、漱石の中の人ー、助けてー」
と思いながら過ごしている今日この頃です。




AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:



お久しぶりです。み@にゃーです。


すっかりご無沙汰してしまいましたが

ともちゃん、漱石、妹ちゃん、みんな変わらず元気です。



以前は漱石の方が妹ちゃんを気にしていて

「このまま子守りとかするのでは…?」と思っていたのですが

最近は意外なことに

ともちゃんのほうが妹ちゃんと仲良しに。


とは言え、基本的にはビビりのともちゃん。


日増しに動きが豪快になる妹ちゃんに

「近づきたいけどちょっと怖い…」という状態。


一方、漱石は妹ちゃんのことを

「怖くはないけど関わるのもめんどくさい」

と思っているようで

あまり積極的に近づこうとはせず

ちょっと離れたところで地蔵化。


とはいえ、漱石は良識ある律儀なオトナのネコ。


面倒でも毎朝必ず妹ちゃんのところへ来て

おはようございます。

今日も一日元気に頑張りましょう

と数秒間対面して去っていきます。


きっと漱石の中には

中小企業の責任者の方でも入ってらっしゃるんでしょうね…。


最近はこんな感じで

妹ちゃんをベビーサークルに入れて

お兄ちゃん達と接触させています。


こうすると妹ちゃんの動きが制限されるので

お兄ちゃんたちも安心するのか

妹ちゃん、何やってんのー?


覗き込む漱石。


一見ネコと赤ちゃんの微笑ましい光景に見えますが

これ、妹ちゃん側からしたら

きっと、こんな感じでしょうね。

進撃の漱石…(笑)


もちろんともちゃんも

「妹ちゃん、遊ぶニャ?」


ちょっとドキドキした様子で妹ちゃんの近くに。


妹ちゃんがもう少し大きくなって

「小さい声で」とか「優しくナデナデ」がわかるようになったら

もっと仲良くなれるかな?


ちなみに、妹ちゃんが入っているベビーサークル、

内側から見た光景はこんな感じです。


漱石の威圧感…。


お兄ちゃんたちに触りたい妹ちゃん

好奇心と恐怖心が半々のともちゃん

とにかく静かに寝ていたい漱石

仲良し3ショットはもうしばらく先になりそうです。




AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

お久しぶりです。み@にゃーです。

 

忙しく過ごしているうちに月日が経ち

気が付けば今日はもうクリスマスですね。

 

実はですね、ワタシ…

ずっと昔に会ったんですよ、サンタに

 

「んもぉ―、み@にゃーさんってばメルヘンなんだから―。

どうしたんですか?

育児疲れで脳みそのボルトでも外れたんですか?」

なんて声が聞こえてきますけどね

いやいや、ホントなんですよ。

 

あれはワタシが幼稚園児だった頃のことです。

 

そのくらいの年だと

「サンタなんていないよ。本当はお父さんだよ」

なんて言う、ちょっとおませなお友達がいたりして、

ワタシ自身も

「そんなことないもんっ!い、い、いるもんっ!」

なんて半信半疑だったりして

そんなドキドキのクリスマスの夜。

 

「み@にゃー!来てごらん」

という親の声に呼ばれて玄関に行くと

そこにはなんと真っ白なヒゲのサンタの姿が!

 

近づいてみると、

父親でも親戚でも幼稚園の先生でもない

まさに初めて会うサンタがいたわけです。

 

白いヒゲがあるものの

思っていたより若い印象のサンタさんに

サンタさんはおじいさんじゃないんだ!

と驚いたのを覚えています。

 

そうして、サンタさんはワタシに

「メリークリスマス!」と言って

笑いながらプレゼントをくれました。

 

今となっては

プレゼントに何をもらったのかも覚えていませんが

きっとこのときのワタシは

相当興奮していたのでしょう。

 

当時はものすごく人見知りが激しくて

母親にベッタリで絶対に離れなかったのに、

帰ろうとするサンタを追いかけて

玄関から飛び出したワタシ。

 

するとサンタは颯爽と

ワタシの前から去っていったのです。

 

 

高島屋マークの車に乗って。

 

 

 

 

あのサービス…

今はもうやってないんでしょうかねぇ…。

 

 

 

 

AD
コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:



妹ちゃんがハイハイの練習中。

im01

頑張れば少しだけ進めるものの
まだあまり上手にできず、
前に行こうとすると
なぜか後ろに下がってしまう
マイケルジャクソン状態の妹ちゃん。

それでもどうにか動きたいらしく
うーうー言いながら
必死に手足をジタバタ。

すると
ti01
ともちゃんが来ました。

少し離れたところから
不思議そうに
妹ちゃんをじーっと見ていたともちゃん。

見慣れない動きに警戒してるのかな?
と思ったら
ti03
違うニャ!後ろ足はこう!
もっとチカラを入れるニャ!


とばかりに目の前でケリケリ。

…お手本のつもりでしょうか。

「ともちゃん…
妹ちゃんにはまだそれ無理だから。

ってか、そんな高速ケリケリ
ワタシだってできねぇよ…」

とたしなめたものの、
珍しくともちゃんが
ti02
「ママは黙っててニャ。
四足歩行ならボクのほうが得意ニャ。
ボクがみっちり教え込むニャ」

みたいな厳しい顔をしているので
この際任せてみようかと思います。

まぁ、確かに…
我が家で一番運動能力が高い生き物は
ともちゃんですからね。

にゃんこ式ハイハイ術、
果たしてうまくいくのでしょうか。

そして、そんなともちゃんと妹ちゃんの様子を
ssk01
ガキ共が面倒なことを始めましたよ…

と、とても迷惑そうな顔で
漱石が見てました。





★twitter版もどうぞよろしく↓
https://twitter.com/whitesocksX2

コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:



お久しぶりです。み@にゃーです。
ずいぶん長い間ブログを放置してしまいました。

実はだいぶ前に
ts2
お兄ちゃんたちが帰ってきました。

去年実家に連れて帰ったときは
緊張して
慣れるのに1週間くらいかかったともちゃん。

いくら前の家に戻ったとはいえ
少ない脳みそで覚えているとは思えないし、
部屋もベッドや棚がなくなったりと
だいぶ変わってしまったので、
きっとまたしばらくは大変だろうなぁ
なんて思っていたのですが
意外なことに
ts1
そう言えばここボクんちでしたっけね
みたいな感じですんなり。

ほっと安心する一方で
「ってことは、この部屋はよっぽど強烈に
彼らの匂いが染みついてるのか?」
なんて若干のショックを受けたワタシ。

だって…
実家に預ける前は、毎日掃除機かけて
週1回アルコール綿で床も拭いて、
預けた後にはカーテンも洗ったんですよ?

預けていた間にも念入りに掃除して
思い出せないくらい消臭したと思ったのに…。

そんなお兄ちゃんたちは
実家にいた時から
妹ちゃんとは何度も会っていたので、
ともちゃんは
tm1
も、もう慣れたもんねっ

ちょっとドキドキしてますが
だいぶ近寄れるように。

漱石にいたっては
ssk4
今眠いので後にしてもらえます?

緊張のカケラもなし。

とは言え、久々の我が家ということもあり
やっぱりともちゃんが少し警戒しているので
「妹ちゃんはそっちには行かないし
手も出さないから大丈夫だよ」
とわかってもらうために
net
お馴染みのワイヤーラティスで仕切りました。

前回 と違い
今回のは取り外しできるようにしたので
人の行き来も可能です。

これなら直接の接触がないから
ともちゃんも安心だし、
姿や声は伝わるからお互い早く慣れるだろうし、
うん、我ながらいいアイディアじゃないか
と思っていたら、それに不満を唱える者が…

それは…漱石。
ssk2
なんで妹ちゃんだけそっちなんですか

妹ちゃんは最近寝ぐずりをするのですが
寝かしつけに手こずっている時に限って漱石が
ssk3
待ってて!今そっち行くから
と、よじ登ってこちらに来ようとします。

むしろその姿にビビって余計に泣くから
そっとしておいてほしいんだけどなぁ…。

漱石は妹ちゃんに触りたいようで
ここに妹ちゃんを座らせると
高確率で目の前にやってきて
ssk1
調子はどうですか

何やら話しかけています。

この光景を見た夫が一言。

「昔こういうのテレビで見たよね」

おそらく夫が言いたかったのは
lion
ホントにホントにホントにホントに
ライオンだ~
♪(富士サファリパーク)

そんなわけで
お兄ちゃんたち、無事に戻ってきて
妹ちゃんとも仲良くしながら
ts3
以前と変わらず伸び伸び過ごしております。



★twitter版もどうぞよろしく↓
https://twitter.com/whitesocksX2

コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。