ホワイトリーのブログ

Whitely(ホワイトリー)が日々行っています木工品製作を中心とした事柄をブログにしています。


テーマ:

まだまだ寒い日々が続きますね。

徐々に日が長くなってきて、日差しが強くなってきたような気がしてます。春が待ち遠しいですね。

 

前回のブログでは、木象嵌を試してみた内容を書きましたが、何に作り上げるか決めていませんでした。

4cm程の木片で作ったので、キーホルダーにしました。

ワンコの横顔のキーホルダーが完成しました!!

2種類の色の違う木片を使用しています。

濃い茶色はウォールナット材で、もう一方はメープル材です。

 

木象嵌は楽しいですね。

色の違う木を何種類も使って、複雑な組み合わせのものはまだまだできそうにありませんが、糸鋸盤を使ってカットしたものを、同じ形にくり抜いたものにはめ込むには、もってこいの技法ですね。

 

木片を2枚重ねてカットします。

糸鋸刃がほんの僅か傾くように、糸鋸盤のテープルを傾けます。斜めにカットするわけですね。

2枚重ねてカットしているので、4つのパーツになります。

重ねて斜めにカットしたので、上と下を組み替えると右側のようにピッタリとはまるわけですね。

左側は逆のパーツの組み合わせです。斜めにカットしているので、こちらは隙間が開きますね。

カットして戻しただけでは、糸鋸刃の厚み分隙間が開いてしまいます。

 

2枚重ねてカット面を僅かに斜めにカットする木象嵌の技法では、木の厚みと糸鋸刃の角度の関係をうまいこと調整する必要がありますが、糸鋸刃の厚み分の隙間を塞いでピッタリとはまってくれるので、実に画期的です。

 

接着剤でくっつけて、紙やすりでエッジを丸くして、丸カン用の穴を開けて、クリアーで塗装して、キーホルダーのパーツをつけて完成です。

 

キーホルダーにしてみたものの、ワンコの名前を入れてみたいものです。

なんとか焼印や焼ペンで行おうと検討しましたが、レーザー彫刻機にしました。

レーザーを当てて焦がすので、焼印や焼ペンと同じですが、レーザー彫刻機はデジタルものなので、ハンドメイド系では邪道だと賛否が分かれそうです。しかしながら、より確実に正確な文字が入れられるということで導入しました。

サンプルで行ったレーザー彫刻です。卓上で使える小型のものです。さほど高価なものではないので、精度はいまひとつなのかもしれませんが、名入れでは十分であると思います。

これでワンコの横顔キーホルダーの完成です!!

 

こちらのキーホルダーはイベントでも販売できればいいのですが、Whitelyのイベント出展の予定が当面ありません。なのでまずはWhitelyのショップでのみとなります。名入れも可能です。

とても小さいショップですが、ご注文など気になる方はご面倒でもショップのほうへ足をお運び下さい。

ショップ情報は「栃ナビ!」に掲載されています。

Whitelyの栃ナビ!掲載内容はこちらから

 

ご来店、お待ちしてます!!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。