今回で行政法は最終回。
夏前に行政法の総復習をしておきましょう!


□国賠2条
無過失責任の原則
ただし、不可抗力、会費可能性のない場合

①公の営造物
②設置管理の瑕疵

判例を読む際は、
要件該当性の問題か(特に「瑕疵」に当たるか)
要件に該当するが不可抗力若しくは回避可能性のない場合なのか
を区別して読む。

□国賠3条以下
条文確認


■行政組織法
□行政主体と行政機関
それぞれの役割を理解

□行政機関相互の関係
権限の委任、代理、専決・代決
違いと帰結

□国家行政組織法
□国家公務員法
テキスト記載の知識しっかり
公務員の身分保障は頻出テーマ

□地方自治法
種類、事務
混同しないように。

住民ができることは頻出テーマ
直接請求権
住民監査請求
住民訴訟
数字までしっかり押さえること

執行機関
権限、種類

長と議会の関係
頻出テーマ


どの場合に何ができるのか確認

資格(行政書士)ランキングへ
組織法はルールブック。理論がない分記憶だけで得点源になりうる。直前期の見直し必須。
AD