シンガポールで歯医者さん Dr.Yumiko's Journal 

Love&Protect Your Teeth!
2008年よりシンガポールにて、在住日本人の方の歯科診療を行っています。
もっと多くの方に「歯の美と健康の大切さ」を知ってもらいたい!という願いを込めて、
歯医者としての率直な気持ちを綴っています。

歯の健康と美の増進に興味を持って自信の持てる健康で美しい歯でよりHAPPYに!!


                をモットーに診療中!!


      ラブラブ歯医者Dr.Yumikoの診療のご予約希望・お問い合わせは、


              右下矢印こちらにご連絡ください。 


              dr_yumiko@ymail.com



           Aesthete Smilestudio エステートスマイルスタジオ 
               医院の詳細は、右矢印こちら


                      クローバークローバークローバー 


 このブログは、シンガポールで歯医者をする私が、日々つれづれと綴っているものです。一人の女として、たわいのない日常の出来事や気持ちをアップデートする事もしばしばですが、歯医者という目線から、より多くの人が歯の健康についてのノウハウや、何が歯には本当にいいのか?などを知ってもらい、ご自身の歯の健康を守ってもらえるようになって欲しいなぁ~♪と願っています。


 歯の専門的な記事もDentistryというカテゴリー内に時々載せています。一人の歯医者が皆様に向けて発信する正直な気持ちですので、何かのお役に立ちますように~


テーマ:
今朝、パリに着きました。
またフランスか…?てな感じですが、
今回は真面目に、学会参加の為に来ています。
(とは言っても、場所がパリゆえに、
真面目には聞こえないかも?)

パリはいつも素通りばかりだから、正直、パリの事情にはまったく疎い私。
…だったのですが、
今日街中をブラブラしてみて、
なんてパリって素敵なんだー!
と改めて感動。

いいなぁ…、こんな街で住めたら…
と無性に思ってしまった今日でした。

さてさて、明日からは学会です!
1日の締めのディナーを楽しみに⁈
それまでは気を引き締めて、いろいろな事を吸収してきます。

では!
{C757B49D-0416-4F0B-B835-3CAEB7A05F3C:01}

{3D1BD713-31A1-4282-BFA2-43B814B64137:01}

{452C508F-17E3-462A-8705-C70869DB71FA:01}

{D8E02354-CF2F-4022-8D8A-088FEBF866DA:01}





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の皆さんで、歯科治療は安くて当たり前!

そう思っている方どのくらいいらっしゃる?

いや、それは愚問かも??

 

もとい‼

 

歯科治療が1回2~3000円とか…というのが、

日本では当たり前なんですよね?

 

私自身が歯医者で、

しかも今シンガポールという(その前は日本・・・もちろん!)という環境にいるからなのかもしれませんが、

正直、

良い歯科治療=質の良い歯科治療に関しては、

険治療では、これ、もうすごく厳しい!

厳し過ぎると思います‼

 

大学歯学部卒後ずっと日本(東京)で一般保険治療歯科医として長らくやってきた経験があるからこそ言っているのですが、

もう、日本(特に東京という都心?)での歯科保健治療は、

完全に終わっています。。。

というのが、東京で勤務歯医者をしてきた私の意見。

(私が患者だったら、決して保険診療歯医者には行きません!)

 

・・・ま、そんな詳細はまた後日書くとして、、、

 

 

なぜ私が今日ここでこんなことを書いているかというと・・・、

 

もうね、根管治療の不出来が、

日本の保険治療下では、ホント、

多すぎる‼

のですよね。

 

・・・と、そう思わせられる今日この頃だったからなのです、私。

 

昨日も、過去の甘い根管治療の結果行わざるを得なかった、再根管治療、

そして、今日も、

同様なケースを目の当たりに。。。

 

最近だけじゃなく、

これはもうずっとコンスタントに目の当たりに出くわす課題です。

 

 

ごめんね、

同じ歯医者としては

保険治療でも、中には、しっかりとした治療をなさっている歯医者さん方も中にはいらっしゃるわけですよ。

でも、自分が歯医者柄、再治療が必要な患者さんに多く出くわす私、

そして、以前保険診療の現場にいた私からしてみれば、

 

あ~、保険診療での、

ちゃんとした質の良い歯科治療(特に根管治療)は、

難しいのが現実だな~!

 

と、そう思わざるを得ないんです。

 

 

実は、そんな私も、

もう何本も、神経のない歯が自分の口の中にあります。

そのうち私は過去に再根管治療をしたのは2本。

しかし、そこに含まれていない、

根管治療後、予後の悪い歯を抜いてしまった、

というのを入れると、3本ですね。

そして、再根管治療をした歯はその後4年で根っこにひびが入って抜歯・・・あせる

 

私が再根管治療の本数が少なめなのは(多いか少ないかは正直よくわかりません)、きっと、

私が歯科大生だったというのと、

田舎(徳島←生まれ故郷)というのが理由だと思います。

*ちなみに、大学卒業後は、抜髄(神経を抜く)はしていません。

 

日本の世間一般的な常識からいうと、

これはショッキングなことかもしれませんが、正直、

根管治療にかんしては、特に、

私自身歯医者が言うことですが、

保険診療では実際、良質な治療を受けられることは、

す~ごく難しいのが現実だと思います‼

 

ま、もしかすると、

私がここでこう書いても、

歯医者じゃない一般の人にはなんのこっちゃ?と

理解難しいかもしれませんが、

歯医者の私はそう思うのです、とにかく。

 

詳しくは書けなくて、ごめんなさい‼

 

も~し今、私が根管治療をしなくちゃならない羽目になったら・・・、

私、きっと、

高い治療費払ってでも、

根管治療の専門医=根管治療の上手な歯科医

に率先して診てもらいますから!

 

そう、それくらい、根管治療は重要なんです。

それなのに、きちんとした根管治療が保険治療ではなされないというのが日本の現状

というのを皆さまご理解くださいませ。

それに反論されるのでしたら、

ご自身の歯を、神経治療されないように、

虫歯にさせない‼ということをいかに留意することですね。

 

一見、大衆の皆さまにやさしいような安い保険歯科治療、

でも、それは実際、患者さんの歯の健康には一利すらなしていません。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の記事の続きです。

 

インビザライン治療を終えた妹、

それと同時に、

気になる虫歯っぽいものを発見したので、有無を言わさず治療!!

 

私の妹はね、

私とは真逆で、

歯がむっちゃくちゃ丈夫!なんです。

これはもう、幼児期の頃から明らかでしたね。

私は乳歯時代も永久歯もボロボロ。

なのに妹は、その頃からというか、

乳歯も虫歯ゼロ、そして、今まで虫歯ゼロをずっと通してきましたから。

同じ親からの子で、しかも同じような育て方をされたにも関わらず、

こうも歯の丈夫さ加減というのは違うんですね~。

そりゃあ今、過去を振り返ってみれば、

妹は躍起になって虫歯を作らないように磨きまくっていた若かりし時代が確かにありましたけれど(私は?・・・おいておきましょうあせる

 

なのに私は歯医者、そして妹は歯医者業界からは程遠い文系出身。

(しかもあの有名大学出とは・・・理系の私からしてみれば羨ましい限り!←余計だな)

なんともアイロニーというか何と言うか。。。

幼い頃の私が、かかりつけの歯医者で泣き喚き、

何度もウンザリさせた私の親にとっては、そりゃあ滑稽なものでしょう。。。

なんせあの大の歯医者嫌いだった私が今歯医者なのですから。

そして、そんな私が今、歯の丈夫な妹の治療なんかしてるのですから。

 

 

 

さてさて、本題の妹の虫歯に話を戻しましょう。

 

ここまで妹はね、虫歯を作らなかった意地というかなんというか、

ちょっと意固地になっていたのでしょうね、治療をされことがないことに対し。

でも、だいぶん前から実は、C0つまり要経過観察歯(虫歯になりかけ)みたいな歯が数本あったようなのです。

 

近所の歯医者で6か月に1回は検診とクリーニングを受けていたみたいだから、

その歯医者を訪れるたびに、C0の治療は勧められていたらしい。

でも意固地にそれを拒否する妹だったので、

どうやらそこのドクターは、

だったら削らずに、C0の小窩裂溝部分を自然に取れてなくなるかもしれないと言われる材料で埋めておきます。それならいいですよね?(←妹談)

ということで、その部分に何か詰めたらしい。

これ、フィッシャーシーラントなんでしょうね、きっと。

 

でもね、そのシーラント部分の中で、やっぱり、虫歯が進行してましたわよ~、先生!!

と、妹の歯の虫歯を進行させてしまったそのドクターに

血を分けた私の妹に、なんてことするのじゃ~むかっむかっむかっ

てな感じで、歯医者としてちょいとプンプンモードチュー

 

そうそう、

小窩裂溝齲蝕はよくよく注意しなきゃ、中で案外虫歯が広がっていることがあるから、

そのまま詰めたりすると逆に詰めた内部で虫歯を進行させてしまうという。。。

実は、怖~いものなんですね~。

つまり、削るべき虫歯が完全にないことを確認してから詰めないとダメなんだってば!

 

私は逆に、6歳の時に6歳臼歯が生えた直後に、かかりつけの大学病院教授にシーラントをしてもらったおかげで、その歯は最後の最後まで虫歯を予防できましたドキドキ

 

 

では、そんな妹の治療写真をどうぞ。

 

①中が黒く透けて見えています。中に虫歯があるのではないか?という一番の疑いです。

 

②別のアングル

 

③ちょっと削ると

 

④やっぱりあるじゃん、軟象(柔らかくなった削るべき虫歯の歯部分)

 

⑤軟象を削り、色は黒いけれど削るには至らない部分は残す

 

⑥ただ、念のために、ドックスセメントを詰めたりして(ま、念の入れ過ぎかもしれませんが)、

 

⑦その上からはグラスアイオノマーセメント

 

ま、コンポジットでもいいのですけれどね。

上の歯で見えないですし、小さいですし。

しかも、グラスアイオノマーは意外と優秀な立役者ですからね。

 

⑧詰めた部分のレントゲンを見てみると、

白いところが詰めた部分。

浅いとはいえ、神経にちょっとでも虫歯菌が到達すると歯髄はパーになるのでね。

小さい虫歯とはいえ、予断ならないのですわよ。

 

 

ということで、

妹の歯の治療は、妹には有無を言わせず、私の独断と偏見で治療を行いましたウインク

ま、私が妹だったら、こうしてもらいたい!という治療ですね~。

 

 

とにかく、妹よ、

あなたはなんてラッキーなのでしょうはてなマーク

持って生まれて歯が丈夫な上に、

姉から破格で矯正出来たり、最善の虫歯治療が受けられたり!!

いいものづくめですなぁ・・・と。

逆に歯が悪い私は、そんな姉が欲しかった・・・・・・・かも?

 

もうほんと、歯が弱いって、悲しいわ、損だわ。。。あせるあせるあせる

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。